無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

オンライン状態

« シャドーイングは効果的 | トップページ | CLIL(内容言語統合型学習) »

2018年7月24日 (火曜日)

牧野式メモリッシュ英会話

サイトには次のような説明があります。

必死で英語を勉強し、外国に行ったことのある日本人であれば、一度は同じ悩みを抱えた事があるでしょう。さらに、実際に外国で生活するとなると英語が話せないという事は、日常生活に大きな問題が生じます。日本で暮らしている時にはなかったストレスを感じるものです。

特に日本人は、外国で暮らしていても、英語の壁を超えられていない人がたくさんいます。

では、なぜ日本人は英語が話せないのか。
その根本的原因を探るために、私たちの学習背景を見ていきましょう。

日本の中学・高校での英語の学習時間は、約1500時間とされています。
その1500時間を使ってあなたが今まで学校で勉強してきた単語・熟語・文法・フレーズ。もしも、それらすべてを完全に記憶できているとしたら、英語を喋ることができると
断言できませんか。
そう言い切れるほど、私たちは高校までの授業で「日常生活に必要な英語力」は勉強してきています。

それもそのはず、あなたが仮に経験したことのないスポーツを1500時間練習したとしたら、最低でも試合ができるぐらいにはなっているはずです。

いいえ、もしかしたら大会で何回か勝てるぐらいの実力が付いているかもしれません。小さな大会なら優勝できるかもしれません。
なぜなら、1日2時間で1500時間を分割すると750日にもなります。
土日を休みとした場合、中学や高校の部活動3年分の時間を英語の学習に費やしていることがわかるでしょう。

それが膨大な時間である事はすぐにわかっていただけると思います。

ではなぜ、スポーツだとすぐに試合ができるぐらいになれるのに、英会話は1500時間も勉強しても、一向に話せるようにならないのか。

その鍵を握るのは、「使える英会話」を学んでいるかどうかなのです。

いまの世の中には、英会話を習得するための本や教材、教室で溢れています。
しかし、自分の伝えたいことを英語で的確に表現できるのは、日本人のわずか15%しかいないと言われています。

世界各国の成人英語能力を指数化した「EF英語能力指数」では、日本は80カ国中37位と、先進国の中ではダントツに低い数値です。

学ぶ環境があり、学ぶ必要もあり、日常に英語が溢れているはずの日本人。
なぜ、日本人のバイリンガルは増えないのでしょうか。
それは、実用英会話力を身につけることにフォーカスしていないから。

テストでいい点を取るための能力と、外国人と問題なくコミュニケートする能力は全く異なります。

その事は、すでに1500時間以上も英語の勉強をしているあなたなら身をもって体感しているはずです。

突然ですが、一つ質問をさせてください。

あなたは、テストで良い点を取るために英語を学んでいますか。それとも、外国人と話すために英語を学んでいますか。

もしもあなたが、TOEICや英検で良い点を取るために勉強をしているのなら、私たちはあなたの手助けをすることができません。

なぜなら、私たちはあなたに、TOEICや英検でいい点を取るための攻略法のような英語は教えられないからです。

ですので、あなたがテストで良い点を取ることを目標としているのなら、この先を読み進めないでください。

ただし、そうではなく、外国人が経営している店やレストラン、病院に気軽に行けるようになったり、外国人の友達と仲良く話すために必要な英語を学びたいのなら、決して日常会話に出てくることのない、無駄な英語を暗記する努力はもう嫌だと思うのなら

なぜなら、私たちメモリッシュは使える英会話を専門的に教えることに特化しているからです。
メモリッシュは、英会話を話したいと思う気持ちを大事にし、常に上達の実感を与える教室でありたいと思っています。

日本人が英語を話せない原因を徹底的に追求し、その原因を一つづつ解決することに努力を惜しみません。

テストで良い点を取るための英会話教室ではなく、「実用英会話力を身につけて頂く教室」を目指して。

悩みや問題が山積みメモリッシュがあなたのお悩みを解決します!

今まで50社以上の大手法人語学研修を担当し2000人以上の英語初心者を3ヶ月以内に世界に送り込むことに成功。

述べ1万人以上をバイリンガルにしてきた実績を持つ英会話界のカリスマ。

その牧野智一が5年の開発期間をかけて作り上げたのが”牧野式英会話メソッド”。

英会話を習得する上で必要なポイントだけを厳選し効率的な学習法で習得していくことで、超短期で英会話を習得することを実現しました。

牧野 智一
昭和43年7月17日、静岡県掛川市生まれ。
大手予備校、代々木ゼミナール、家庭教師のトライ人気No.1英会話講師。
さらに、英会話講師だけではなく通訳としても第一線で活躍
オバマ元米大統領や2020年東京オリンピックの通訳を担当。
英語・スペイン語・ポルトガル語の公式通訳。
大手予備校、代々木ゼミナール、家庭教師のトライ人気No.1講師。

英語を使うプロでもありながら、教えるプロでもある、ハイブリッドな英語プロフェッショナル。

英語力0の状態からいきなりネイティブになるのではなくネイティブと会話できるレベルになることを必達とし、英語だけでなくスペイン語やポルトガル語でも同じ成果をあげていることから企業からも生徒からも厚い信頼を寄せられている。

どんなに英語が嫌いな人にでも英語を面白いと思ってもらうことを信条としている。

英語学習において避けては通れない、”記憶”という作業。
いくら良い教材や良い教師に出会えたとしても、それを覚えられないことで英語習得を諦めてしまう人が大半です。

その、「覚えられない」という根本的原因を解消するために、ギネス世界記録保持者であり、日本一のメモリーアスリートである”大野元郎”プロに監修を依頼。

脳外科医も認める、従来にない全く新しい記憶メソッド”大野式記憶術”を、英語学習に活用することで、覚えるのが苦手な人でも単語やフレーズを簡単に覚えられるようになりました。

メモリッシュでは、牧野智一が厳選した重要英単語335語を”大野式記憶術”を使って完全記憶していただきます。
”世界一の記憶術”を取り入れることで、あなたの英会話力は加速度的に成長するでしょう。

プログラム監修
大野元郎 (記憶力コーチ)

ギネス世界記録保持者
2015年 記憶力国際資格 IMM 取得
2016年 記憶力日本選手権 優勝

1時間以内に数字1000桁以上を正確に記憶再現できるその技術を、誰でも活用できる形にしたオリジナルメソッド”大野式記憶術”を開発。

自身もその技術を活かし、432ページある重要英文集「DUO 3.0」を完全に記憶するという非常識な方法でバイリンガルとなり、世界を転戦する英語力を身につけている。

語学や学習など、様々なシーンで活かせる、”人生を豊かにする技術”としてメディアにも取り上げられ、受講を希望する人が絶えないメモリー教育のトップランナー。

母国語以外の知識記憶がなぜ難しいかと言われると、”発音・意味・活用法・スペル”と一つの言葉で4つも覚えなければならないからです。

中学校までで約2000語の単語を教えると言われる日本の英語教育界ですが、意味や活用法などを加味すると実質8000個近い項目を覚えることとなり、その全てを大人になって覚えている人は少ないのではないでしょうか。

ですが、もしあなたが世界のメモリーアスリートが使用している”記憶術”を使用することができれば、1万個や10万個でも問題なく脳内に永久記憶でき、反復して練習することによって、その記憶の引き出しスピードも上がっていきます。

メモリッシュでは、”大野式記憶術”を用いて英語を覚えられるように私自身が講義をしているオンライン講座を受講していただけます。

暗記が苦手な方も、僕の講座を受けて楽しく英語をマスターしてください。

脳外科医も認める大野式記憶術

人間の脳の仕組み上、意味のない文字の羅列というものは私たちがもっとも覚えにくい記憶の一つです。
人間は語学の単語や人の名前など、生命に関わる事以外の単純な情報を記憶することをそもそも苦手としています。

大野先生が提唱する大野式記憶術は、一般的な記憶法をさらに上のステップまで引き上げた新しい記憶メソッドとして、脳科学の観点からしても理にかなった記憶法です。

記憶することに何かしらの悩みがある方には大野式記憶術が大きな力となるでしょう。

メモリッシュは完全マンツーマンレッスンです。

グループレッスンとは違い、あなたのためのカリキュラムを二人三脚で進めていくので習得スピードが段違い。

レッスンを初めてすぐに成果を感じることができ、モチベーションが高いまま学習に取り組むことができます。

一方、グループレッスンでは、あなたのレベルに合わせた授業を常に行うわけではないですし、コーチングを直接受けられる時間もとても少ないです。

短期間で英会話を習得したい方、結果を出したい方はレッスン全てで講師を独り占めしてください。
そして、メモリッシュの講師は、全員が牧野智一 ”認定講師”です。

認定講師は、英語の知識・スピーキング力・コーチング力といずれも厳しいテストをクリアしたものがなれる、短期英会話ティーチングのスペシャリストです。

その認定講師が、1万人以上の豊富な指導実績がある牧野式メソッドをベースにし、あなたの英語力やライフスタイルに応じてレッスンをカスタマイズ。

常に統一された結果から作り上げる逆算型のレッスンを提供します。

英会話スペシャリストによる質の高いレッスンを提供することをお約束しますので、安心してメモリッシュを受講していただけましたらと思います。

あなたは、「英会話フレーズさえ覚えればコミュニケーションが取れる」という話を耳にしたことはありませんか。

実際、会話フレーズを覚えれば覚えるほど多様なコミュニケーションを取ることができます。

あなたの日々の生活で使用している日本語の中でも、よく出てくる言葉やよく出てくる文章があるはずです。

それらのフレーズだけでも英語で話せるとしたら、海外旅行や日常生活では困らない英語力がすぐにつきます。

単語を覚え、文法を学び、基礎から固めるよりはるかに即効性はあります。
しかし、フレーズは単語数が多くなり覚えることが困難です。
単語でも記憶することが難しいのに、フレーズになるとさらに労力が必要になります。

そこでメモリッシュでは、”記憶術”を英会話に活用できる強みを活かし、日常で頻繁に使う英会話フレーズ50を”記憶術”で完璧に覚えられるようなオリジナルプログラムを開発しました。

さらに、レッスンとも連動し、”記憶術”を使って身につけた英会話フレーズを、反射的に口から出るようにレッスン中にもコーチングしていきます。

近頃よく見かける”ネイティブとのスカイプレッスン”。
なかなか話す機会が持てないネイティヴスピーカーと通話できるサービスは、英会話練習にはとても有効です。

ですが、この”ネイティブとのスカイプレッスン”は上級者向け。実際に行ってみればわかりますが、普段接点のない人との会話は大変で、ましてや英語で30分も話すことはとても苦痛に感じることでしょう。

特に留学経験のない初心者では、英語が嫌いになってしまうかもしれません。

しかしメモリッシュでは、スカイプレッスンの良いところだけを活用するために、隣に講師がいる状態でスカイプを行い、ネイティブとの会話を補助します。

実際に起こりうる会話を想定し、反復して会話を練習できるように隣でサポートするのです。
メモリッシュのレッスン時間内に行う”Wコーチングスカイプ”では、聞き取れない英文や、文法間違いなど即座にコーチングが入るので、みるみるうちにスピーキング力が向上します。

しかも、そこで練習した会話は、全て実用的な英会話ばかりなので、回を重ねるたびに自信もついていきます。

Wコーチングスカイプは、1回のレッスンのうち平均30分行います。

メモリッシュが選ばれる8つの理由

日本人講師の英語は聞き取れても、ネイティブの英会話を聞き取れなくて悩んでいる人はとても多いでしょう。

なぜなら、ネイティブの英会話は”リエゾン”(リンキング)が生じているからです。
あなたは、”リエゾン”をご存知でしょうか。
もしかしたら今、あなたの頭にはクエスチョンマークが出ているかもしれません。
では、わかりやすいよう例えを出しましょう。

ネイティブが”on it” という単語を口に出した時の音は、日本人用にカタカナ変換すると”オニットゥ”です。

その時のAさんとBさんの頭の中を見てみましょう。

Aさんは、ネイティブの英語が”オニットゥ”と聞こえただけ、Bさんは”オニットゥ”と聞こえたものが頭の中で”on it”に自動変換されています。

実は、この自動変換能力は、”英語を聴き続けるだけ”では鍛えられないのです。

聴き続けても頭はオニットゥと認識するだけで、それが”on it”という文字であることを認識できないのです。

ですので、Aさんはたとえ1万回聞いたとしても、”オニットゥ”の意味を理解することができません。
たとえ、その単語や言葉の意味を知っていたとしても。

ではどうすれば良いのか
聞いた英語は、頭の中で英文字化してあげないといけないのです。ネイティブが発した音を頭の中で英文字化する能力は”英語耳”と呼ばれます。
”英語耳”は英語を聴き続けるだけでは開発されません。
メモリッシュでは、リスニング力を鍛えるために、牧野式”目で聞くリスニング訓練”を使い、あなたの英語耳を超短期間で開発します。

この、リスニング力を鍛えるという点にメモリッシュは絶対の自信を持っています。

一度体験していただければ、他の英会話教室や英会話教材との違いをはっきりとわかっていただけるでしょう。

さらに、このオリジナル音声教材を、いつでもどこでも聞けるようにプレゼントします。あなたの家や職場への移動時間を利用して聞き続けることにより、ネイティブレベルのリスニング力を身につけることができるでしょう。

単語知識力・スピーキング力・リスニング力・文法力・英会話反射スピードの5つのポイントを定期的に測定し、レーダーチャートであなたにも見ていただきます。

弱点と英会話レベルを明確化し可視化することによって、英会話スピーカーへの道を着実に登っていきます。

忙しい仕事や多忙な生活の中で、受験生並みの勉強時間を毎日確保できる人がどれだけいるのでしょうか。

メモリッシュは、英会話を習得することだけに目を向け、”牧野式メソッド”に基づき1日たった30分やるだけで英文作成能力が身につく宿題を出します。

あなたの毎日の時間の中から、たったの30分だけ英語学習に使わせてください。
2ヶ月後には、あなたの思っていることが英語で表現できることに、あなた自らが驚いていることでしょう。

メモリッシュの会員様には、”牧野式メソッド”の創始者である 牧野智一先生のオンライン講座が見放題です。

このオンライン講座は、あなたが受ける実際のレッスンとリンクしているので、 空き時間で動画を見ることにより成長スピードが段違いに早くなります。

果たして、日常生活でコミュニケーションを取る時に、TOEICで出てくるような難しい英語や複雑な言い回しを使っているのでしょうか。

日本語で例えるなら、「いかにも」とか「まさしく」という単語をあなたは日常的に使っていますか。

おそらく、英語でも同じことが言えるのだと思いませんか。
それを裏付けるような、こんな話があります。

ニューヨークに住む30代独身女性4人の生活を舞台としたあの有名なドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」では、全45時間のドラマの中で、12,088個の英単語が登場しますが、そのうち、100回以上使用されている単語はわずか335個だけなのです。
つまり、残り11,753個の英単語が、45時間のニューヨークの実生活の中でほぼ使われていないのです。

英語で会話するときに必要な単語は、私たちが思っているよりずっと少ないと感じませんか。

義務教育のテストでいい点を取ることに特化して英語を学んできた私たち日本人が、どれほど無駄な勉強を重ねているかがわかっていただけるはずです。
そこでメモリッシュでは、楽しく、超短期で、確実に結果を出すために、プロ英会話講師が厳選した実用的な英会話だけを深く学んでいきます。
日常で使えない言い回しを覚えるための、多すぎる勉強量に悩まされたり、押し寄せる宿題にプレッシャーを感じることはありません。
重要なポイントを確実に抑え、超効率的な方法を用いて英会話を学習すれば、英語を学ぶ時間が楽しいと感じ、学習意欲も高まり、成長が加速していきます。

もちろん、基礎的な会話力が身についたあとは、あなたの目標に向かってさらなる知識を効率よく学び、英会話力を高め続けていきます。

他の英会話教室では、レッスン時間内で講師がいなくなり受講者一人でテストをさせられることもあり、レッスンと謳いつつ自主学習の時間があるケースもあります。

一方、メモリッシュはレッスン中、講師が席を外すことはありません。
あなただけの80分を提供することで、毎回のレッスンで成長を実感していただき、密度の濃い学習時間を提供する英会話教室です。

しばらく次のレッスンまで時間があるというときでも、講師にスマートフォンやパソコンから相談ができます。

疑問が生じたときにすぐ質問をしたり、学習進捗を報告しアドバイスをもらうこともできます。

自宅からでもコーチへの質問、相談ができる!

レッスンに参加しても、途中で「自分には無理そう」「思っていたのと違った」と感じたら、参加から30日以内であれば、どんな理由があろうとなかろうと、参加費を全額返金します。
新しいことを始める時には不安がつきもの。
そこでメモリッシュでは、あなたにリスクなく英会話を初めてもらえる保証を用意しました。

悩み・弱点・意志力・ライフスタイル...
100人いれば100通りの英会話ができない理由があります。
メモリッシュは、その理由を全て解決するためのメソッドを専門家が開発し、あなたにあったオーダーメイド型のカリキュラムを提案。

ひとつずつ丁寧に英語が喋れない原因を解決していきました。英会話に必要な5つの能力を、5STEPで可視化し、基礎から鍛えあげます。

メモリッシュでは、目標に合わせてペースや回数を自由に決めることが出来るので、無駄なく効率的に通うことが出来ます。

時間に余裕がある時は1日に2コマ、忙しい時は月に1回など、あなたの都合に合わせて通い方を対応いたします。
※推奨は1週間で2コマ、3ヶ月で全24コマ受講です。

世界一の記憶術も体験できる無料カウンセリング「入会を決める前にもっと詳しく知りたい」「自分にできるか不安」まずはお気軽に無料カウンセリングをご利用ください。
公認講師が丁寧にご説明いたします。

体験レッスンのお申し込みはこちら
通常、大人になってから英語を学び、英語圏で日常生活・仕事等において言語が大きな障壁とならないレベルになるまでには、およそ2000~3000時間の学習時間が必要だと言われています。

これを現実的な数値に換算すると、
・毎日 3時間 x 3年
・毎日 1時間 x 9年

です。

さらに現在、数え切れないほどの英語教材や英会話教室がある中で本当に効果が出る英会話メソッドに出会うだけでも困難なので、もしあなたが、間違った学習法や教材を使って学習していたとしたら、その時間は2倍にも3倍にもなってしまうでしょう。
そして、英会話学習者が、テキストや英会話スクールなどの英語学習に費やした合計金額は、平均35万円と言われています。
これはなんと、英語を話せていない人を対象としたリサーチです。

つまり、英語学習にかなりの金額を費やしているにも関わらず、大半の人が、結局英語が話せるようになっていないのです。

それと比べると…
かかるお金は、英語が話せない人の平均学習費用よりも安く、かかる時間は、わずか13分の1で英語が話せるようになるのです。

あなたは、2ヶ月後に英語が話せる理想の自分を、他の日本人に比べて格安で手に入れることができるのです。

大きな間違い
英語を教える人と、記憶術を教える人がいるのは何とも奇異に映ります。英語を学ぶ事は記憶する事であり、英語の先生はどうやって覚えたのでしょうか。

英語を覚えるのは記憶術ではなく、ネイティブを真似て手続き記憶をして自動化をした長期記憶に保存します。これは脳が持っている効果的に記憶する方法であり、幼児でもだれかに教えてもらう事もなくできる学習の方法です。

日本語だって多くの表現を覚えていますがその記憶術は特別なものでありません。脳が持っている学習能力を使っているだけです。

英語を覚えるのは記憶術ではなく、脳が学習した結果として覚えているだけです。英語と記憶術は別のものではなく、言語学習のほとんどは記憶する事です。

脳が学習する事は言ってみれば忘れないように覚える事であり、その記憶が学習した結果であります。

聞いた英語は、頭の中で英文字化してあげないといけないと言うのも、事実ではありません。全ての言語は音声言語が基本であり、音声言語だけで使う事ができます。

文字言語はその音声を記録する目的であり、聞き取りのためでありません。日本語だって文字を書けるようになる前に問題なく聞き取りができます。

« シャドーイングは効果的 | トップページ | CLIL(内容言語統合型学習) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/73914995

この記事へのトラックバック一覧です: 牧野式メモリッシュ英会話:

« シャドーイングは効果的 | トップページ | CLIL(内容言語統合型学習) »