無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

オンライン状態

« 日本人の英語は完璧主義すぎる | トップページ | 英語の勉強はどこから始める »

2018年6月 1日 (金曜日)

「スピーキング幻想」が生んだ大学入試 “改悪”

nippon.comで阿部 公彦氏が次のようなコメントをしております。

2020年度からの大学入試改革で英語が「4技能化」され、民間試験が導入される。特に「スピーキングテスト」が注目されるが、高校や大学の現場では不安や懸念の声が多い。この早急な改革の根底には、長年にわたる日本人の「英語ぺらぺら」幻想と、それにつけこむ英語産業の思惑がある。

話すことより大事なのは「聞き取る」能力
そもそもなぜ学校で英語の勉強をするのか、私たちは改めて考えるべきだ。その上で、もし本当に「英語の習得」を目指すのなら、「英語ができる」とはどういうことかを問い直す必要がある。英語が好きという言う人も、得意分野はそれぞれ異なる。読むのが好きな人もいれば、作文が得意な人もいる。

“単語博士”もいれば「発音大好き」という人もいる。
にもかかわらず、「英語ができる」と聞くと、私たちは英語を読んだり書いたりすることより、「ぺらぺら話す」というイメージを思い浮かべる。さわやかな日差しの下、芝生に座り、ちょっと薄着でにこやかにアメリカ英語で談笑する人たち―まさに「美しい英会話」の光景である。

私たち消費者はこうした“絵”に乗せられやすい。仕事や研究でどうしても英語を使う必要があるなら、当然、1人で単語を覚え、聞き取りや音読練習の地道な努力をしなければならない。スピーキングの練習だけをしても効果がない。一番のネックは聞き取りだろう。

相手の言っていることを聞き、それに反応してこその会話である。ところが日本語と英語では音のシステムが異なるので、「聞き取れる」ためには相当な訓練が必要だ。海外に留学しても、みんなここで苦労する。だからこそ一番時間をかけねばならない。

だが、ブランド品としての英語が映えるのは、一足飛びに「美しい英会話」としてなのである。実はこれはバブル期の1980年代前後に流行したイメージだ。今、そのイメージが50代のバブル世代に再利用され、いつの間にか「スピーキングテストこそ大事だ」という流れになった。

これからも日本人は「英語ができない」
今回の早急な入試改革の推進派の中には、英語を社内公用語とした楽天の三木谷浩史社長もいる。三木谷氏をはじめ「学校英語は仕事では使えない」と批判する経営者がいるが、そもそも学校英語ではまず土台となり幹となる単語を学ぶのだから、当然、限界がある。あらゆる状況に即した単語を高校までに学べるわけがない。

だから自分の必要に応じ、学んだ幹の上に継ぎ足す形で自ら単語数を増やす努力をする。「これからは即戦力のある実用英語だ」などという口車に乗せられて、形だけ「実用英語」風に仕立てた試験を受けても、肝心の基礎となる単語を身に付けなければ役に立たない。学校の授業以外の時間でたくさんの英語を聞き、読まなければだめなのだ。

他にも「話せる」ために必要なのは、状況の把握、他者に対する想像力、それからもちろん話す中身だ。ところが2020年に向けた今回の入試改革は、表層的に英語を話す練習さえすれば「話せるようになる」との誤ったメッセージを発してきた。実に無責任だ。むしろ「スピーキング」などという独立した技能はないと考えるべきなのだ。

英語教育に関わる重大な政策が、一部の人の思惑で推し進められたのは問題だが、それを許した私たちにも責任がある。こんなことでは、この先も日本人は「英語ができない」ままだろう。

大きな間違い
話すことより大事なのは「聞き取る」能力が大事だと言うのは、理解に苦しむ事です。話す練習と聞き取る練習は別ではありません。

母語の日本語の場合には特に聞き取りの練習はしていませんが、完全に聞き取れます。その理由はネイティブを真似て、その音の調音を覚えていますから、その音を覚えている事になります。

言語の聞き取りは記憶にある音と聞いた音の特徴の照合です。つまり自分の記憶にある音だから、特別な聞き取り練習の必要はありません。

言語の習得方法は文法とか発音とかスピーキングを学ぶ事ではありません。ネイティブを真似てフィードバックで矯正する事です。するとネイティブの音声には文法も発音も使い方も含まれています。音を覚えるのでリスニングもできるようになります。

「スピーキング幻想」がリスニング練習を疎かにしていると言うのは効果的な英語習得の方法を知らないだけです。そのような人が英語教育を批判する資格はありません。

« 日本人の英語は完璧主義すぎる | トップページ | 英語の勉強はどこから始める »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/73601700

この記事へのトラックバック一覧です: 「スピーキング幻想」が生んだ大学入試 “改悪”:

« 日本人の英語は完璧主義すぎる | トップページ | 英語の勉強はどこから始める »