無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

オンライン状態

« デイビッド・セイン氏の教材 | トップページ | 【我流】とにかく短期間で英語がペラペラになる方法 »

2018年6月 5日 (火曜日)

いきなり英語スピーキング

いきなり英語スピーキング 日本語で考えないイラスト反射特訓と言う本があります。

次のような説明になっています。

株式会社ジャパンタイムズは、『いきなり英語スピーキング 日本語で考えないイラスト反射特訓』を出版しました。

「中学生のころからずっと英語を勉強してきたけど思いどおりに英語を話せない。」本書はそんな多くの方の悩みを解決する英語スピーキング力アップ書籍です。
日本人は英語を話そうとしても、つい日本語が頭に浮かびます。そのため、頭のなかで日本語を先に考えて英語に翻訳するという作業をしがちです。これが、いつまでたっても英語が話せない人のパターンなのです。

英語を話せるようになるための解決策、それは「英語ネイティブのように、英語で考えて英語を話す」というもの。これを実現するメソッドが、本書で採用している「イラスト反射特訓」です。「イラストを見る」→「いきなり英語で考える」→「アウトプットする」というプロセスで、日本語を介在させることなく、英語を話す回路をつくります。

これまでの勉強法で挫折した方や、英検をはじめとする
4技能型試験でスピーキング対策にお困りの方などに、
ぜひおすすめしたい1冊です。

【目次】
理論編 あなたの日本語脳を英語脳に切り替える
実践編 PART 1 いきなり英語で話す基礎トレイニング
実践編 PART 2 情報を足して、豊かな表現をいきなり英語で話すトレイニング
実践編 PART 3 複雑な状況をいきなり英語で話すトレイニング
実践編 PART 4 ふしぎな昔ばなしをいきなり英語で語るトレイニング

大きな間違い
英語を話す時に日本語を英語に翻訳しないと言うのは正解です。しかし、日本語で考えないと言うのは理解できません。しかも、それをイラストで理解すると言うのはまったく理解できません。

我々が文字やイラスト見た時に理解するのは文字や絵で理解しているのではありません。もちろん日本語で理解しているのではありません。人間が生まれたばかりで言語を話せなくても思考はできます。日本語を使わなくても考える事は可能です。それは言語とは別の思考言語を使って考えているからです。

すると文字を見て、イラストを見て、思考言語で理解しています。そうであれば英語は日本語で理解しても、イラストで理解するのも同じです。

複雑な事は例外として、辞書で簡単に説明できる単語なら辞書で十分に理解できます。第二言語の習得では第一言語の知識をなるべく有効に使うべきです。

« デイビッド・セイン氏の教材 | トップページ | 【我流】とにかく短期間で英語がペラペラになる方法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/73624389

この記事へのトラックバック一覧です: いきなり英語スピーキング:

« デイビッド・セイン氏の教材 | トップページ | 【我流】とにかく短期間で英語がペラペラになる方法 »