無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

オンライン状態

« 「スピーキング幻想」が生んだ大学入試 “改悪” | トップページ | デイビッド・セイン氏の教材 »

2018年6月 2日 (土曜日)

英語の勉強はどこから始める

TABIPPO.NETに英語の勉強の順序があります。

今年こそ英語力をあげて旅に出たい!テストで目指している点数を取りたい!そう思っている方も多いかと思います。しかし、何も考えず片っ端から参考書や問題集を解くのは、きっと気が遠くなることでしょう。
どこから始めたらいいのどうしたら効率的な勉強ができるのか、そう思っているあなたに、英語の勉強の始め方をご紹介します。

英語の勉強のゴールを決める

まず大切なのは、達成できそうな目標をサクッと決めてしまうことです。例えば、「旅先で困らない英語力を身につける」という目標と「TOEICで800点取る」という方法では、目標達成までのリーチ方法が異なるでしょう。
学ぶ時間を短くしつつも、しっかり目標が達成できるレベルに最短でいけるように、まずは目標を決めましょう。

英会話
英会話の目標を決める時は、以下のような基準が良いでしょう。
・自分の思いを伝えられるか
・相手の言っていることは理解できるか
・英語が流暢な人と会話をするのも問題ないか
・言いたいことはパッと口に出せるか

リスニング
リスニングに関しては、TOEICやTOEFLなどのテストの点数が一つの基準となります。
また、幼児用のアニメや中学生高校生が夢中になるドラマ、大人も泣ける映画など、海外ドラマや洋画でリスニングを鍛えることも出来るでしょう。

ライティング
ライティングに関しても、TOEFLなどのテストの点数が一つの基準となります。
日記が書けるのか、手紙が書けるのか、論文が書けるのかなど、文章力の向上とともに、単語力・語彙力も必要となります。

TOEICなどのテストで○点なのか
一番わかりやすいのがテストの点数です。TOEICなどは600点、700点、800点とわかりやすく企業が目安にしていることもあります。
それぞれの点数にあった対策をするのが良いでしょう。

自分の目指す英語力と今の英語力を把握する

目標を決めたら、次はその目標を達成するための一歩として、今の英語力を確かめることが大切です。その確かめ方をご紹介します。

英会話(把握する方法)
英会話力を把握する方法は、とにかくたくさんの人と話すということ。会話力は残念ながら数字では測れません。留学を希望している方は事前の英語学習が付いているエージェントなどがありますので、積極的に利用していきましょう。

リスニング(把握する方法)
TOEICなどのテストの点数が一番わかりやすいでしょう。
合わせて、アニメやドラマなどが英語字幕で意味がわかる、または字幕がなくても聞き取れる単語があるなど、映像で学ぶのもオススメです。

ライティング(把握する方法)
TOEFLなどのテストの点数が一番わかりやすいでしょう。
英語で日記をつけることもオススメです。最初は3語のみの文章でも、福祉や形容詞、関係代名詞などを上手に使うことで、最初の頃よりもライティング力が上がったことを実感できます。

TOEICなどのテストで○点なのか(把握する方法)
テストを受けてみましょう。「今すぐ点数を把握したいけれど、次のテストの日付が遠い…」そんな方は過去問やテスト付きの問題集を購入し、本番と同じ時間を取り回答してみるのがオススメです。

勉強方法

英会話
とにかく声に出してみることが大切です。例えば、日本を出て英語をとにかく使ってみる、英語が話せる友人と電話をしてみる、独り言でも目についたものや思いを口に出してみるなど。
英会話力は机の上での勉強では、なかなか上がりにくいでしょう。もちろん学ぶことも大切ですが、まずはこれまでに学んだことをざっと復習し、どんどんアウトプットしていきましょう。

リスニング
どんなテストや場面で使えるようになるリスニング力を身につけるのには、よりリアルなスピードに慣れておくことが大切です。インターネットで聴ける海外のラジオや、海外ドラマ、洋画などはとても良い教材となるでしょう。

ライティング
ライティングは文法力よりも、単語力が問われます。日本語の文章とは異なるルールがある英語の文章は、テクニックも必要となってきます。まずは日記をつけるところから始めてみましょう。英字新聞や英語で書かれた本を読んでヒントを得るのもオススメです。

TOEICなどのテストで○点なのか
TOEICなどのテストはまず受けてみることが大切です。その後帰ってきた回答用紙をみて、自分がどこが弱いのかどこを重点的に対策すれば良いのかを把握し、研究しましょう。ただ点数を目標にするのではなく、どこのパートが弱いのか、何ができていないのかをしっかり見つけ出して分析してみませんか。

少しずつ階段を登っていくことが大切です

英語力は目的によってどんな勉強方法を取るかの優先順位はまったく異なります。旅先で使いたい英語をマスターしたいのか、英語で論文を書きたいのか、手紙を書きたいのか、英語を使って仕事をしたいのか。まずは目的や目標を決めてから一つずつ目標に近づいていきましょう。
勉強法が向いていないと思ったら、すぐに別の勉強法を試すことも大切です。あなたにあった勉強法を見つけてくださいね。

大きな間違い
まず何をしたいか、そして現状を知って、対策を立てると言うのは一見、論理的なように見えます。何が問題なのでしょうか。

英語のような言語は体系的なものではなく、音声英語でも文字英語でも覚えないと英語力は向上しません。すると現在の英語力がどのような状態であっても継続できる英語学習でないと英語力の向上が望めません。

すると続けられる事が大前提であり、続ける事ができなければどんな計画も無意味になります。計画のために続けるはもう苦行となってしまいます。

英語を学ぶのであれば、まず英語学習が楽しくなる方法を選ぶべきです。英語力があるならそれに応じた事ができます。何をやるかはそれから決めても遅くありません。また英語力が向上すると自分ができる事の可能性も広くなります。

すると目標設定より継続的に学習できる学習方法を選ぶ事が最も大事になります。継続できるとは英語スキルの向上が実感できる方法です。自分で判断ができるなら、毎日でも可能であり、絶対に間違いのない判断ができるからです。

« 「スピーキング幻想」が生んだ大学入試 “改悪” | トップページ | デイビッド・セイン氏の教材 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/73606653

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の勉強はどこから始める:

« 「スピーキング幻想」が生んだ大学入試 “改悪” | トップページ | デイビッド・セイン氏の教材 »