無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

オンライン状態

« 科学で証明されている7つの方法 | トップページ | ジョン万次郎の英会話 »

2018年5月19日 (土曜日)

CALL(Computer Assisted Language Learning)で学ぶ

聖徳高等学校ではCALLシステムで英語教育をしています。

このCALLとは、Computer Assisted Language Learningの略で、パソコンによる学習支援システムです。英語学習には古くはLLという学習支援がありましたが、これは音声のリスニングを基本にスピーキングの練習までを行うというものでした。

一方CALLでは、LLがコンピュータに繋がっているため、原稿を見ながらリスニングをしたり、聞き取ってから書き取ることも、学習成果の確認のために各自が小テストを行ったり、あるいは自分の作った英文を正しい発音で読み上げさせることもできます。

「読む・聞く」というインプットも、「書く・話す」というアウトプットも バランス良く、立体的に学んでいけるのが大きな特長です。その日に学んだこと が、その日のうちにより深くわかるという授業も実現できます。

聖徳高等学校の生徒からも次のような声があります。
「ネイティブの発音を気軽に聞くことができるので、すごく勉強になります」
「何度でもマウスのクリックで簡単に聞き直せますし、そ れぞれ、自分のペースで勉強ができます」
「他の授業とスタイルが違うのでメリハリがあります」
「英語が苦手な人でも、楽しく取り組めると思います」
「家でも勉強できるので、復習がしやすいです」
「今まで『話せない』と思って、ネイティブの先生に話し かけられなかったのですが、話しかけてみようという気持ちになってきました」
「テレビの英語番組を見るのが楽しくなってきました」
「ネイティブの先生のお話が、今までより聞き取りやすく なった気がします」

CALLの授業は、パソコンに向かっているだけではなくて、友達と声を出してスクリプトを読み合わせたりするのですが、それで自分の弱点が解ってきます。

生徒たちがパソコン操作に慣れてきたら、例えばインターネットで調べ物をして、プレゼンテーション原稿を作り、正しい発音を聞きながら練習してみんなの前で発表する、というような発展的な学習も実施できます。

今、このCALL教室は聖徳学園では5・6年生(高校2・3年制)の選択授業「異文化理解」でも利用しています。英会話革命画や音楽を通して英語に触れ、練習ができるのです。

こうした 活用方法もさらに研究しながら、いずれは放課後に教室を全生徒に開放して、生徒が自主的に英語を学習して楽しむことができるように計画されています。

聖徳の英語教育は、このCALL学習という強力な「学習支援」の仕組みを得て、一歩 一歩着実に進化し続けているようです。

大きな間違い

CALLとはLLという英語学習支援にコンピュータが繋がったものです。LLから改善されたものはコンピュータによって多くの情報が提供でき、そしてコンピュータによって生徒の管理ができる事です。

逆にコンピュータ任せのために先生のやる仕事がなくなり、評判も悪く結果的にはあまり普及しておりません。

実は以前に普及していた英語のLLのシステムもほとんど使われておりません。多くの学校ではLLはもうPCの部屋になってしまいました。

そのLLにコンピュータが繋がっても、教材が増えて、生徒が管理できるようになっただけです。英語を話す仕掛けはまったく改善されておりません。

LLであってもCALLであっても、英語の表現や音声がたくさんあっても英語が話せるようになるのではありません。システムにある教材の量の問題ではなく、学習者がどうその教材を使い、忘れないように覚えるかどうかの問題です。

最大の問題は英語学習の楽しみを得る事が難しく、モチベーションの維持ができません。管理ができる事は逆にモチベーションを下げてしまいます。

語学はやはり “パソコン対人”ではなく、“人対人”で学ぶことが望ましいため、友達同士で読み合いをさせたり、ロールプレイを取り入れ会話させたりしたいと思っています。“教員対生徒”または“生徒対生徒”でのコミュニケーションが大事です。

“人対人”で学ぶことが望ましいのであれば、CALLではなくインターネットに接続して多くの人との交流を促進すべきです。

インターネットにつなげるのであればもうCALLシステムよりはずっと柔軟性があり、汎用性のあるスマホやタブレットの方が使い勝手が良いのです。

« 科学で証明されている7つの方法 | トップページ | ジョン万次郎の英会話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/73514361

この記事へのトラックバック一覧です: CALL(Computer Assisted Language Learning)で学ぶ:

« 科学で証明されている7つの方法 | トップページ | ジョン万次郎の英会話 »