無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

オンライン状態

« 音声学習のススメ(上) | トップページ | おはよう」の後には「グッドモーニング」 »

2018年4月 5日 (木曜日)

英語コンプレックス世代

毎日新聞の皆の広場の主婦の方からの投稿です。

先日、同世代の友人と近くの低山に登って、芽吹きの春を満喫した。その時、山頂付近で外国人と遭遇した。最近英会話を勉強し始めた友人は、「こんにちは」と日本語で声を掛けられたのに、とっさのことで返す英語が何も浮かんでこなかったと悔しがった。「もう少しで山頂だから頑張って!」というのは英語で何というの? と聞かれた私も、しどろもどろ、でたらめに答えるばかりである。

 私たちの世代は、長年英語を習ってきたのに、とっさの一言が出ない、情けない、英語コンプレックスが強くあると思う。

 しかし考えてみれば、彼は英語圏外の出身者で、英語が苦手だったかもしれない。私たちは日本語で話しかけられているのに必死で英語で答えようとしている滑稽(こっけい)な日本人だったのかもしれない。せっかく頑張って覚えた日本語で話しかけてきてくれたのだから、にっこりと笑顔で「こんにちは」と返してあげるのが一番良かったような気がしている。

これは世代の問題ではなく、日本の英語教育の問題です。私は長年通訳をやっていましたが「。「もう少しで山頂だから頑張って!」を通訳するのは簡単ではありません。なぜ簡単でないかと言えば、そのような英語表現を聞いた事がないからです。

知っている単語で作り上げるしかありません。そう簡単にできる事でありません。日本の英語の授業では日本語を英語にする事を教えます。これは通訳でも大変な事です。

「もう少しで山頂だから頑張って!」を言いたいのなら、英語文化圏でどのような会話をするかを知ってそれを真似るのがベストです。でもそれはかなり大変な事です。

そうではなく、どこかで休憩しているところで、「どこから来たのですか。」とか自分の使える英語から話す方がずっと会話が弾むはずです。

急に自分の言いたい事を、準備や練習も無で、英語で言うのは通訳でも大変な事です。

« 音声学習のススメ(上) | トップページ | おはよう」の後には「グッドモーニング」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/73241898

この記事へのトラックバック一覧です: 英語コンプレックス世代:

« 音声学習のススメ(上) | トップページ | おはよう」の後には「グッドモーニング」 »