無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

オンライン状態

« 「TOEICのスコアUP」と「英語力UP」を両立させる | トップページ | 発音の確認はこのソフトで »

2018年3月10日 (土曜日)

外国人に学ぶ最強の英語学習テクニック

池田 和弘氏が日経ビジネスで次のように書いています。

昨年、ある人の紹介で、日本人と変わらないレベルで日本語を操り、実際に日本の企業で活躍されている外国人の方とお会いする機会がありました。その方とは、そのあとも数回メールでやり取りしましたが、書く方も達者で、「言葉を学ぶ」という次元をとうに越え、日本人と変わらないレベルに到達しているのがよく分かりました。

 彼が日本語の勉強を始めたのは、何と20歳のときです。また、彼が言うには、日本語を学んだのは自分の国で3年間学んだのが主で、来日して日本で2年間学校に通ったものの、日本に来た段階ですでにかなり話せたので、さらに磨きをかけるため級友や先生と日本語で会話をするようにしていたそうです。また、ライティングについても日本の2年間でたくさんの添削指導を受け、それがとても役に立ったということです。

 母国にいたまま、たった3年でそれなりに話せるようになったというのはとても興味深い話で、当然ながら根ほり葉ほりその勉強方法を尋ねることになったのですが、彼のとった方法はある意味で斬新極まりないものでした。なぜなら、今の日本の英語教育の流れと完全に逆行するものだったからです。それは、また偶然、私が日本で実現できれば良いと考え、英語教育の問題など一夜にして解決すると30年来願っている方法と極似していました。

 前回に続いて、またもや炎上必定、「参考にならなかった」の山を築くことになりそうですが、20歳から自分の国で「外国語」として日本語を学び、今実際に日本において仕事をしている人が言う方法ですので、参考にする価値はあると思います。

 一点だけチェックがいるのは、私がお会いしたときには、彼はすでに数年日本に住んでいたという点です(現在29歳)。数年の滞在というのはとても大きく、5年以上海外で生活した人(帰国せずに頑張り通した人)は、かなりのレベルに到達します。しかし、そうはいっても、語学は何といってもやはり出発点が大切です。つまり、基礎、基盤。それを自国でしっかりと築き上げ、日本に来て磨きをかけたというのはやはり凄いことです。さて、では彼が取った勉強方法とはどんなものだったのでしょうか。

 まず第一に、それはズバリ、「母語をフルに活用した方法」でした。この点について、彼は当然のこととばかり、スラリとこう言ってのけました。「意味が分からないと言葉は身に付けようがありません。ですので、つねに母語を参照して、自分が学んでいる日本語がどういう内容を伝えようとしているのかを確認していました。ある程度のレベルに到達するまでは、母語による基盤作りが大切だと思います。でも、一定のレベルを越えると母語を使うことがマイナスになることも起こり始めます」これは実にリアルな言葉です。

ただ、ひとつ注意しないといけない点は、彼が勉強し始めたのが20歳だったということです。もし、小学生低学年、さらには幼稚園から英語の授業をすべて英語で教えるとしたら、話は多少変わるのかもしれません。私自身は、母語優先・母語活用が近道であると考えていますが・・・。

 そもそも、英語科だけの授業で少しばかりオールイングリッシュにしたところで、相当集中的に行わない限り、生徒は無意識のうちに日本語で考えますし、ごくごく初歩的な内容ならともかく、少し高度な内容になると、この人が言うとおり、意味が明確につかめなくなります。

 唯一の利点があるとすると、それはある程度の動機付けになるということでしょう。しかし、その場合も、先生がしっかりとした話し方で生徒に鮮烈なインパクトを与えるというのが、大切な点ではないかと思います。

母語をフルに活用した方法は私も採用しており、効果的な手法であると思います。

« 「TOEICのスコアUP」と「英語力UP」を両立させる | トップページ | 発音の確認はこのソフトで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/73077758

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人に学ぶ最強の英語学習テクニック:

« 「TOEICのスコアUP」と「英語力UP」を両立させる | トップページ | 発音の確認はこのソフトで »