無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

オンライン状態

« 翻訳デバイスを試してみた | トップページ | これが「英語が上達しない人」の口ぐせだ »

2018年3月17日 (土曜日)

出ない杭より出る杭で学べ

今朝、テレビ寺子屋と言う番組で英語学習方法が紹介されました。

放送内容は「出ない杭より出る杭で学べ!英語学習法」と言う ジェフ・バーグランド (京都外国語大学教授)の番組でした。

英語を学ぶ時に一番大切なのは「心構え」です。日本の文化は「受信者責任型文化」と言われています。これは会話をしている受け手、つまり受信者側が責任をもって相手の言っている事を解読しなければならないという事です。逆に言えば、「一を聞いて十を知る」という素晴らしいものでもあります。

就職試験の面接前にトイレなどで体を大きくすると合格する率が高くなると言われています。部屋に入ってくる姿勢を見ただけで面接官はその人のパワーを感じるそうです。発信型の姿勢とはそういう事です。体を大きく見せる運動として、大きな熊が何かを攻撃する時の姿勢をやってみましょう。

両手を大きく上げて「オー!」と大きな声を出します。体が温かくなるでしょう。本当は2〜3分やった方がいいです。この「温かい体」、「大きく見せる体」で英語の勉強を始めるといいです。恥ずかしがらずに大げさに話す。これが英語を学ぶ時に大切なポイントなのです。

英語を話すなら心構えではなく、十分な練習です。ネイティブを真似、何度も真似、そしてフィードバックで矯正して手続き記憶で自動化をして覚える事です。そうすれば自信を持って、間違いもなく英語が話せます。心の問題ではなく、練習の問題です。

« 翻訳デバイスを試してみた | トップページ | これが「英語が上達しない人」の口ぐせだ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/73121672

この記事へのトラックバック一覧です: 出ない杭より出る杭で学べ:

« 翻訳デバイスを試してみた | トップページ | これが「英語が上達しない人」の口ぐせだ »