無料ブログはココログ
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

オンライン状態

« 進化する学習法、英語教育の最前線 | トップページ | 自信を失っている子こそ、「英語」に本気で取り組むべき »

2018年2月 1日 (木曜日)

臨界期とは言語獲得の敏感期

臨界期に関して次のような記事があります。

また「臨界期」を信じて、早くから英語を学ばせようとする親もいます。臨界期とは、アメリカの神経生理学者のレネバーグが提唱した、言語の習得は3、4歳~11、12歳までが適しているという考え方です(言語獲得には個人差があるので、近頃では「言語獲得の敏感期」と呼ぶ研究者が増えています)。

しかし、そもそも日本のように日常生活でほとんど英語を使用しない環境において、「早くから習えば、苦労することなく英語ができるようになる」ということはありませんし、こうした環境に身を置く日本人の子どもが内容を伴った英語を身に付けるのに、臨界期は存在しないといっていいでしょう。むしろ何歳になっても努力さえすれば英語は身に付けられます。

このように、「早くから習えば、苦労することなく英語ができるようになる」は幻想にすぎません。子どもに英語を習わせるには、どのような学び方をするのか、誰がどのように教えるのかなどといった点を、親がきちんと見極めなければ意味がないのです。

私も臨界期以降に英語を学び始めました、結構いい線まできています。臨界期を言語獲得の敏感期と捉えるのは大変に賛成です。

« 進化する学習法、英語教育の最前線 | トップページ | 自信を失っている子こそ、「英語」に本気で取り組むべき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/72821395

この記事へのトラックバック一覧です: 臨界期とは言語獲得の敏感期:

« 進化する学習法、英語教育の最前線 | トップページ | 自信を失っている子こそ、「英語」に本気で取り組むべき »