無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

オンライン状態

« 中学英語、先行し学ぶ 県内初、白川郷学園6年生 | トップページ | 進化する学習法、英語教育の最前線 »

2018年1月30日 (火曜日)

子どもに英語を習わせる親の「致命的な誤解」

ラボ教育センター教育事業局長の木原 竜平氏が次のように言っています。

「子どもに英語を習わせる親の「致命的な誤解」 「自分が苦労したから習わせる」は親の言い分

文部科学省が行った「小学校外国語活動実施状況調査」(2014)によると、小学校5、6年生や中学1年生は「英語が使えるようになりたい」と回答しています。英語を使って「海外旅行に行く」「外国の人と友達になる」「外国の人と話す」などをしたいそうです。

昨夏、アメリカで1カ月間生活した秋田県に住むKさん(中1・女子)は「ホームステイを終えて、私には目標ができました。次回会うときはホストファミリーともっと話をしたいです」と話していました。ホストファミリーと思うように会話ができなかった経験が、新たな目標につながったのです。

人との交流は子どもにとって冒険
本来、英語を学ぶことはそれ自体が目的なのではなく、英語で何をするのかが大切なはずです。たとえば、Kさんの場合は英語を使ってホストファミリーと交流を図ることが「目的」です。運動をしているのであれば、他国の選手とコミュニケーションを図ったり、遠征などを行うために英語を習得したいと考えるかもしれません。

中でも、語学習得において、他言語を話す人とコミュニケーションを図りたい、というのは大事な視点です。子どもが英語を学ぶときに、「いろんな国の人と話ができるようになりたい」といった目的を持つと、比較的長く英語を学ぶモチベーションとなります。なぜなら人との交流は、子どもにとって楽しみでもあり、未体験の冒険でもあるからです。

これまでの日本の英語教育では、多くの場合、英語の成績をあげることが目的でした。しかし、今後私たちが目指すべき英語教育の最終目標は、多様な社会において、異文化を持った人々と共存できるコミュニケーション能力を育成することではないでしょうか。

「言語は生涯にわたって学び続けるもの」とは、ヨーロッパの複数言語主義の考え方ですが、母語も外国語も習得の到達点はなく、一生かけて学ぶ価値のあるものです。子どもに英語を習わせたい、と考えている親は、まずは自らがこうした視点を持つことが重要です。そのうえで、子どもが自ら「英語を学んでみたい」と思えるような環境を作ることが求められます。

英語を学ぶのは点数を稼ぐ事ではありません。スキルを向上させることです。「海外旅行に行く」もその一つですが、それよりも自分の脳力を向上させる方が継続的できると思っています。

« 中学英語、先行し学ぶ 県内初、白川郷学園6年生 | トップページ | 進化する学習法、英語教育の最前線 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/72808284

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもに英語を習わせる親の「致命的な誤解」:

« 中学英語、先行し学ぶ 県内初、白川郷学園6年生 | トップページ | 進化する学習法、英語教育の最前線 »