無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

オンライン状態

« 「英語の成績がいい子=秀才タイプ」ではなくなる | トップページ | 取得したい資格は英語関連がトップ »

2017年12月22日 (金曜日)

「寡黙な外国人」を相手に話すと、英語力が伸びるワケとは

まぐまぐニュースに次のような記事があります。

外国語を勉強する過程で必ずぶつかるのが「話す」ことの難しさです。「読み」「書き」は問題なく出来ても、いざ思っていることを外国人相手に話す、表現する、という段階になると途端にできないという方は少なくありません。英語のスペシャリストで、無料メルマガ「カリスマ英語ナレーターユッキーがお届けする!週間ラジオ英会話♪」である著者ユッキーさんも、実は数年前までこの「英語を出す」という分野が苦手だったそうです。ユッキーさんが自身の経験から考える英語を話す能力を向上させる方法を教えてくれています。

なぜ、英語が「でなく」なるのか?〜外国人と楽しく話すには?
実は私も数年前まで、英語を「出す」ことに緊張していました。

私の場合、英語は主に

・映画や洋楽をより楽しむ

・知りたいことを英語で調べて情報を取る

・英語演劇や英語スピーチなど、英語を使って自分を表現する

・文学作品を読み解く

…のために使うことが多かったので、「英会話」に関しては、そこまで強く自信を持っていませんでした。

さんざん英語をやってきたにも関わらず、外国人に対しては少し緊張する部分があり、今でこそ慣れた、といえますがそれはごく最近の話です。

※具体的に言うと、2年前くらいです。アメリカを一人旅した時に、完全に慣れました。

小さな頃から英語も習っていたし、学生時代も英語を専門的に学んだのですが、実践的な部分がやや欠けていたんですね。

「完璧な英語じゃないと出しちゃいけないんじゃないか」という、よく言われる“日本人的発想”というものを持っていて【何か考えているくせに言わないor言えない】ということをよくやっていました。

でも、いざ外国の方と話してみると言葉には出していないのに、「あ、それってこういうこと?」と相手が汲んでくれて、自分も英語が出しやすくなる。

表情や雰囲気といった、非言語の部分で伝えられることはかなり多くあり、英語はあくまでもサポートなんだな、と、何かの栓が抜けたような心地がしていきました。

結果、今はあまり細かいことを気にせず英語が出せています◎

これは持論なのですが、英語って、学んだ年数が長ければ長い人、教科書や単語帳、テスト問題集に、真剣に向き合ったことがある人であればあるほど、比例するように「出しづらく」なっていくのではないか・・・?と思うんです。

あまり英語を学んだことがない人や、そもそも「学んだ」という経験が少ない人(=赤ちゃんとか小さなお子さん)はすぐにポンポン出せている印象がありますが、大人になればなるほど、そして独学が真剣であればあるほど、気軽さや手軽さからは遠のいていくのかな、と、最近私はそんなことを考えています。

あとは、外国人と話していると、“不完全でも通じてしまう”の他にも・・・

☆いろんな種類の英語があること

☆ネイティブの人でも、単語一語で喋る時もかなりあること

☆教科書で習った文法と、違う文法で話していたりすること

などに気付かされ、よく言うと、「どんな英語でもいいんだね!」言葉悪くいうと、「なぁんだ、みんな結構いい加減じゃないか^ ^;」と、感じることも多々あります。

…とはいえこれはあくまでも【気軽な英会話】の場面でのお話です。

第一印象が全てを決めるようなビジネスの場面や、絶対に失敗できないような勝負の場面では、きちんとした英語で堂々と受け答えできた方が良いのですが、少なくとも気軽な場面では、体当たり作戦は、かなり有効です!

あまり失敗したくない、とか恥ずかしい場面は見せたくない、という場合は…

・相手の目をしっかり見る

・ゆっくり頷く

・お腹から息を吸って出す

・相手の方に身体(胸)を向ける

・表情豊かにしてみる

など、言葉を使わずにできることもたくさんあります。

外国人と話しても、話す力はつかない!??
「英語を喋る力」を鍛えたい時は、“あまり喋らない” 外国人の方を見つけて喋るのがおすすめです。

これは私がいろんな国の人、国は同じでも性格が違う人と話してきて感じたことなのですが、お喋りが得意だったり、そもそもお話し好きな人は向こうからどんどん喋ってくれるので、こちらとしては、どうしても「聞く」側に回ってしまいがちです。

でも、寡黙な人。社交的というタイプではないけど、独自の世界観を持っていそうな人。グループの端っこで愛想笑いしながらひとりでお酒を飲んでいるような人に話しかけると、自分もわりと話せて、しっかりと「英語で喋った」感を持つことができます。

一見、寡黙に見える人でも得意分野の話になると急にマシンガントークが止まらなくなったりもしますが、少なくとも「あまり喋らない性格の人」をつかまえると、英語を話す力は確実に伸びます。

英語の基本はネイティブを真似る事です。自分が話す事が英語を話す学習にはなりません。単に知っている英語を使っているだけで、使う練習に過ぎません。

« 「英語の成績がいい子=秀才タイプ」ではなくなる | トップページ | 取得したい資格は英語関連がトップ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/72513379

この記事へのトラックバック一覧です: 「寡黙な外国人」を相手に話すと、英語力が伸びるワケとは:

« 「英語の成績がいい子=秀才タイプ」ではなくなる | トップページ | 取得したい資格は英語関連がトップ »