無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

オンライン状態

« 英語を話すために知っておきたい、英語と日本語の9つの違いと勉強法 | トップページ | 話題の「英語を聞き流すだけ」学習は第二言語習得研究的にはアリ? ナシ? »

2017年11月 6日 (月曜日)

和田アキ子、来年1月に洋楽カバーアルバム発売 英語猛特訓中

スポーツ報知で次のような報道があります。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171024-OHT1T50275.html

「50年やっても緊張します」と手を震わせながらリハーサルで歌った和田アキ子
 歌手の和田アキ子(67)が24日、東京・葛飾区のかつしかシンフォニーヒルズでデビュー50周年ツアー(15公演)のリハーサルを公開。グラミー賞受賞歌手の楽曲を中心とした洋楽カバーアルバム「WADASOUL COVERS~Award Songs Collection(仮)」(来年1月24日発売)に向け、本格的に英語の勉強に取り組んでいることを明かした。

 アルバムには、「中学の時、音楽に目覚めるきっかけになった」と敬愛するレイ・チャールズの代表曲のほか、フランク・シナトラ、アデルら新旧のグラミー賞最優秀レコード賞曲を選曲。全編英語歌詞で、「3人の先生にレッスンを受けて、英語を猛特訓してます」。米国出身のディレクターやカナダ出身のバンドメンバーからネイティブの発音を学び「becauseが『ビコーズ』でなく『ビカーズ』だったり、大変。でも、必死で勉強してます」と力を込めた。

 さらにマーク・ロンソンとブルーノ・マーズのコンビで大ヒットした「アップタウン・ファンク」ではラップにも初挑戦。「声が似てると言われるアデル、若者のラップ初挑戦のマーク・ロンソン…。いっぱい聴いてほしい」。英語とラップを身につけた“シン・アッコ”の完成に自信を見せた。

 ツアーはデビュー日の25日に初日を迎える。ファン投票の上位10曲などを収録したベスト盤「THE LEGEND OF SOUL」を同日に発売し、投票1位の「あの鐘を鳴らすのはあなた」や新曲「また明日も歌いましょう」などをパワフルに歌う。

ラップにも挑戦「まだ夢の途中」 「80歳になってシワができても、真っ赤なマニキュアを塗ってブルースを歌いたい。まだ夢の途中です」。最近はすっかり芸能界のご意見番のイメージが強いが、「歌をちゃんと歌う人と知らない人もいるかもしれない。自分の自覚が歌手でなければバラエティーには出てない」と自負をのぞかせた。

すばらしい英語の発音を期待しております。

« 英語を話すために知っておきたい、英語と日本語の9つの違いと勉強法 | トップページ | 話題の「英語を聞き流すだけ」学習は第二言語習得研究的にはアリ? ナシ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/72148147

この記事へのトラックバック一覧です: 和田アキ子、来年1月に洋楽カバーアルバム発売 英語猛特訓中:

« 英語を話すために知っておきたい、英語と日本語の9つの違いと勉強法 | トップページ | 話題の「英語を聞き流すだけ」学習は第二言語習得研究的にはアリ? ナシ? »