無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

オンライン状態

« 英語はまず「話す」 元外務事務次官 薮中三十二 | トップページ | 内田樹「自動翻訳でどうなる」 »

2017年9月16日 (土曜日)

SenaDropsAnIcecream(下妻世成)氏との対話

 

ユーチューブで活躍しているSenaDropsAnIcecream(下妻世成)氏とのフェイスブックでの対話がありました。この後はブロックされてしまいました。

 

チャット開始

 

2017915 7:50

桜井:

下妻様 教える人が数を気にすると読者に迎合するものです。教える者は数の問題ではなく、正しい事を教える必要があります。

正しい事は全員が反対しても教えるべきです。そしてまず先に、正しい事を知っていないと、教える事もできません。 もし、英語を教えようとしてないとすると、動画を公開している目的が分かりません。

 

2017915 11:40

あなたのリクエストが承認されました。

 

SenaDropsAnIcecream

櫻井様 メッセージまで頂き、有難うございます。 申し訳ございませんが、僕はこれからも同じようにYouTubeの動画を配信していきます。英語に対する姿勢も変えるつもりはございません。 それが気に食わないのであれば、櫻井様自身が、視聴者さんたちに理解してもらえるような動画を作れば良い話しではないかと思います。 皆が違う意見を持ち、自分の意見がどう正しいか相手に伝えるよりも、他人の意見も理解し、本当に自分が正しいのであれば、他の人もやがて自分の意見に賛同してくれるはずです。 お互いに頑張りましょう。

 

桜井:

私は動画に関心ありません。私は日本人の英語のレベルを高めれる事に興味があります。下妻さんが正しいと主張されるなら、私の意見に対してそれなりの意見を言うべきです。 言語学習にはいろいろあるのではなく、科学的な方法は一つです。それを具現化するのはいろいろあります。

下妻さんは人数を集める事により正当化させようとしていますが、このネット時代に数は何の意味もありません。スピードラーニングが100万人に売ってもインチキ教材である事は変わりありません。 正しいかどうかはその説明が科学的に納得できるかどうです。ウソをいって数を集まるのは正しいやり方でありません。 もし私の批判が間違っているなら、どうかその間違いを直してください。正しい事が分かれば読者にも良い情報となります。

私は自分の英語学習の方法と教材を有料で公開して英語学習者の交流できるSNSも試しており、日本の英語レベル向上のために貢献するつもりです。 私は賛同者を集めるのではなく、自分の考えが正しい事を証明したいと思っています。 私も英語を長くやっていますが、ネイティブを真似るのが英語学習ですから、ネットでも動画でも私が教える事は何もありません。 私ができるのは方法論を示し、教材を公開して、学習の場を提供するだけです。

私がずっと多くの英語教育者を批判しているのは私のやっている方法に間違いが無いかを確認するためです。 私の意見に反論があれば、ぜひ堂々と述べてください。ネットの利点は意見交換ができる事です。

ネットでは黙るは認めたと同義になってしまいます。

 

SenaDropsAnIcecream

僕は嘘は言ってないですよ。 全ての事は経験から基づくものです。そして結果的に、YouTube動画で視聴者さんからも賛同をしてもらっています。 櫻井様には櫻井様なりのやり方があり、僕には僕のやり方があるので、そこは良いんじゃないですか? 科学的にどうだこうだということは全く気にしません。

 

桜井:

間違った方法で教える英語業者は皆そのような返事をしています。英語学習にはいろいろある、そして私の方法には関心がないと言う返事です。 スピードラーニングや瞬間英作や音読の業者も同じ返事でした。 それなら間違っている方法で英語を教えていると言う責任は感じませんか? 人が集まれば間違いは許されると思っているのですか?

ウソを言っているから私は多くのコメント書きました。しかし、私のコメントには何の反論もしておりません。

無料でも有料でもウソを教える事は許されません。そのためには科学的に考えれば正しいか、間違いかが分かります。人工知能も研究されているから、既に脳の学習の事はかなり解明されています。

下妻さんが動画を公開するのも自由。私がコメントするのも自由。その自由が意見交換することで真実や正しい事が見えてきます。北朝鮮のような一方的な情報発信が最も危険です。

 

SenaDropsAnIcecream

YouTubeもテレビと同じです。情報を受け取るか受け取らないかは視聴者次第です。

あなたも自分の正しさを証明しようと一方的になってはいませんか?

僕のYouTubeでの情報を受け取るか受け取らないかも、視聴者さん次第だと思いますが、大体僕は英語だけを教えようと思ってYouTubeをしているわけではないので、そこも理解して頂きたいですね。

 

桜井:

私は多くの方に意見を言っています。多くの媒体で実名で意見を言っています。多くの媒体で多くの人と交流することでお互いに意見の交換ができ、科学的な学習方法が分かってきます。もちろん2chでも常連の参加者です。

 

SenaDropsAnIcecream

活動の方頑張ってください。

 

桜井:

どんな媒体であれ、間違いを指摘されたら、それは間違いでないと反論するか、又は間違いを認めるかのいづれかです。そうする事により、間違いを一方的に発信する事を避ける事もできます。

私は以前から淡々と活動していますから、下妻さんに激励してもらう必要はありません。

 

SenaDropsAnIcecream

承諾致しました

失礼します

 

桜井:

私は日本の英語レベルを本気で高めたいと思っています。だから間違いの英語学習業者に多くのコメントを送っています。もしかすると私の間違いである可能性もあるからです。間違った方法であれば、それまでの私の努力は水に泡になります。

日本人の英語レベルが低いのはウソを教える人間が多くいるからです。そして、それを正しく指摘できる知識とスキルを持った人間がいないからです。もし、私に間違いがあるならご指摘ください。

 

SenaDropsAnIcecream

それは櫻井さんが正しいと思いますよ

まあでも、日本は日本語が第一言語なだけに、そういう英語教師が沢山いるのは正直仕方ない事だと思います。

 

桜井:

そうではありません。下妻さんのような若くて、留学されているような方までが科学的な学習方法を知らないからです。自分の知識や体験から、英語の間違った英語学習方法を間違っていると指摘できないからです。

多くの場合、自分の体験から英語学習を話すからです。自分がやった英語学習の誤りに気付けないのです。

下妻さんのような方がこれは間違いであると指摘すればそれなりの説得力があると思います。その方が間違い英語学習もあたかも良い方法のように新しい媒体などを使い宣伝されてはなかなか正しい方向へとは向きません。

 

SenaDropsAnIcecream

いや、それはしないですね

科学的根拠があろうがなかろうが、それが体現出来なければ意味がないと思います。

頭だけで分かっていても、出来なければ意味がないですね。

 

桜井:

私も発信力をつけようとワードプレスを研究しており、この数年でそれなりに使えるようになってきました。動画より、サイトでやる方が説得力あると思っています。

私は科学的な根拠のある方法で、ネットをつかい、効果的でたのしい英語学習の場を構築中です。学習者のソーシャルラーニングのSNSもマストドンでテスト中です。

方法論と、学習教材と、英語学習環境を提供します。英語は教えるものではなく、学習者が下妻さんのように自分で学習するものです。 問題なのは自分で学習した人が、他人間違って事を教えたがる事なのです。

いろいろな英語勉強しているから、何が英語学習に効果的かが分からなくなっているのです。そして悪意はないのですが、自分と同じ苦行を他の人にも強いるのです。

科学的根拠あると言うのは、ディープラーニングであり、そのディープラーニングをする教材と環境をテスト中です。ディープラーニングはグーグルを始めフェイスブックやIBMも人工知能に取り入れ、本来は脳の学習を真似たものです。

脳科学者も人工知能から学べと言っています。

 

人工知能から学ぶ「英語学習法」

 

http://president.jp/articles/-/17438

 

人工知能から学ぶ「英語学習法」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

日本人にとって永遠の課題である「英語の習得」について、少し変わった視点から検討してみる。カギとなるのは「人工知能の学習法」だ。

 

 

SenaDropsAnIcecream

そうですか

承知致しました

お互いに頑張りましょう。

 

桜井:

人工知能の出現により、翻訳システム、音声認識が全て事例基盤になりました。それは脳の学習メカニズムですが、効果的な学習だと世界中が認めています。囲碁や将棋の人工知能も全部がディープラーニングです。つまり達人の真似です。

 

下妻さんが素晴しいのはディープラーニング、つまり達人の真似なのです。それなのに動画では文法とか独り言とかまったく的の外れた事を言っています。どうか正しい英語学習方法教えるようにしてください。経験から正しい事を教えてください。

10年前までは、翻訳や文法解析、音声認識は音素照合でした。しかし、脳のようなニューラルネットワークが研究され、その脳の学習を真似た人工知能は急激な進歩を遂げております。脳はルールベースで学習するのではなく、事例を学ぶ事例基盤です。翻訳も音声認識も同じです。翻訳や音声認識で脳は処理をするのではなく、記憶にある事例との照合です。

英語を教えるのに脳や学習を知らないで教えると大きな間違をします。どんな方法でも必死でやれば英語は話せます。だからどんな方法でも良いのではありません。ネイティブを真似るディープラーニングを促進する方法が最も効果的です。

ネットでは長い間、記録が残ります。間違って教えると訂正するのが非常に難しくなります。だから私は2chから始めました。いろいろな意見が出るから、自分の間違いに速く気付くのです。

 

SenaDropsAnIcecream

自分自身で英語でYouTube動画出しながら教えたらどうですか?

顔出しもしたら影響力あると思うのですが、駄目なんですかね?

 

桜井:

英語を教える事は英語スキルを見せる事ではありません。なぜそのようにできるかを説明して、自分で学べる教材を提供し、学べる環境を提供する事です。私はSNSで学習者の型と一緒に対話集を使い、Zoom等で練習をしています。

 

SenaDropsAnIcecream

いや、見せることで自分の意見を確信あるものとする。ということです。

 

桜井:

だから教材と環境を提供してZoomで一緒に同じ対話集で練習します。教材は対話集と表現集を合わせて電子的に120冊用意してあります。学習者もお互いに練習もして、私もその一員として参加します。動画は誰がどう作っても、何万本みても英語を話す勉強にも練習にもなりません。それは下妻さんが一番良く分かるでしょう。

なによりも正しい方法を提案して、正しい教材を提供して、正しい学習ができる場を提供すべきです。現在その準備中です。言語はネイティブの真似ですから、学習の説明の動画を見る事は何の効果もありません。教えてもらう事は何もありません。下妻さんのように自分で学ぶしかありません。

自分で学んだ人が次に教えたがるのが大きな問題です。本人だってかなりの努力をしているのに、何か簡単そうに教えたがるのです。だから人数を集めるのは危険です。正しい事を知っていても読者に迎合するからです。

 

SenaDropsAnIcecream

いや、僕はYouTubeから沢山学びましたよ

教える人は人数は関係ありません。正しいかどうかです。ネットではその正しさはいつかは証明されます。

 

僕は英語を学ぶ努力も沢山語っています

正しさの証明を頑張ってください。

僕も自分のやり方で証明します

 

桜井:

私もYouTubeや映画で学びました、それはかなり英語ができるようになってからです。日本人の英語学習者でYouTubeや映画で勉強できるのはほんの僅かです。 そこまでの英語力をどうするかです。 分からない英語は何度聞いて分かりません。

 

SenaDropsAnIcecream

とりあえず僕に教え方が間違っているというのであれば、Youtube上で顔だしであなたの学習方法の正しさを証明してください

僕はそれについても話した事があります。

 

桜井:

”僕も自分のやり方で証明します” それでは英語(言語)は用法基盤ですか、それとも事例基盤ですか? まさか、動画のように両方必要だと言わないでしょうね。 グーグルの人工知能の翻訳は完全に事例基盤です。 やり方を試す前に、正しい理論や考えが大事です。 それでは英語(言語)は用法基盤ですか、それとも事例基盤ですか?

 

SenaDropsAnIcecream

それでは僕には届かないですね

当然まんべんなくです

なぜ、ネイティブでも大学のエッセイなどで、BCを取るのですか?

 

桜井:

私はtwitterも2chでも、フェイスブックでもブログでも、サイトでも私の意見を公開して皆の意見を聞いています。英語は学習であり、教える事がないので動画は使いません。多くの方に教材を試してもらっています。SNSも試してもらっています。

 

SenaDropsAnIcecream

ネイティブは真似をするなら誰でもA取れません

 

文法と単語力はネイティブでも第2ヶ国語でも大切ですよね

それでは僕には届かないですね

 

桜井:

私は米国のSDSUを卒業しています。学歴では大した違いはないでしょう。その後ビジネス通訳を長くやっていました。だから英語学習に日本語を訳す事が間違っている事に気付きました。

 

SenaDropsAnIcecream

 

桜井:

文法は英語の知識ですから学ぶ必要があります。私が言っているのは音声英語はディープラーニング、つまりネイティブの真似です。音声英語と文字英語が混乱しているようですね。

 

SenaDropsAnIcecream

それでは文法や単語の勉強の必要性がないと?

言う事でしょうか?

 

桜井:

言語の基本は文法ではありません。言語の基本は多くの事例が集まった事例基盤です。

 

SenaDropsAnIcecream

だから勉強の必要がないと?

 

桜井:

事例基盤モデルでは言語知識は具体的な個別事例に関する詳細で多面的なエピソード記憶から構成されているExemplar(事例)と呼ばれる個別事例の記憶の集まりと捉えています。つまり言語の事例はその使い方も含めてその事例を学習していると考えます。 事例基盤モデル(Exemplar-based Model)とは、脳が言語知識をどのように捉えようとするかのモデルであり、そして心理学的に我々がカテゴリー知識を捉える新しいモデルとして提唱されているものです。 事例基盤モデルは2006 年にThe Linguistic Review 誌で特集され、近年世界中で注目集めている言語モデルです。 言ってみれば、動詞であれば使うときに変化形を考えるのではなく、それぞれの使い方に応じた事例を学習していると考えています。

 

SenaDropsAnIcecream

質問に沿っていないのですが…

 

桜井:

そうです。母語では文法を学びません。それでも正しく話す事ができます。それは事例の中に文法が含まれているからです。

 

SenaDropsAnIcecream

それでエッセイでAを取れないのはなぜでしょうか?

桜井:

英語を話すと言う意味では文法は必要ありません。翻訳する場合にも文法は必用ありません。

 

SenaDropsAnIcecream

ほお

そうですか

 

桜井:

グーグルの人工知能の翻訳は文法を使ておりません。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_GdSC1Z1Kzs&t=41s

文法では翻訳できないと言っています。

 

人工知能は人間の持つ能力とは違うきがします

というか別ですね

 

人工知能は脳の真似たニューラルネットワークで、脳を真似たディープラーニングで学習します。

人工知能と脳のような人工的なもので、学習に関してはほぼディープラーニングができ、また囲碁や将棋では人工知能がプロに勝っています。

全部、下妻さんのように達人を真似るディープラーニングで学習しています。定石やルールは学びません。

人工知能が脳の仕組みを真似、人工知能の脳の学習を真似ているのです。

人工知能を良く理解しないで英語を教えようというのは時代遅れです。

Baiduの音声認識も事例基盤で音素の照合でありません。もちろんディープラーニングです。英語は記憶にある音と聞いた音の照合です。

下妻さんは最近の人工知能やディープラーニングや脳科学の事はほとんど知りませnね。それで英語を教えるのは大変危険です。もう脳の事はかなりの言が解明、証明されているのです。それで経験から動画を公開するのは無知を曝け出すようなものです。顔を出す事が大事でなく、正しい、科学的な事を言う事が大事です。

人工知能は脳を真似たニューラルネットワークで、脳の学習を真似たディープラーニングで学習します。 これは十分に理解できたでしょうか。

 

SenaDropsAnIcecream

いや、どちらも大切だという意見は変わりませんね

力説有難うございました

 

お互いに頑張り

ましょう!

 

桜井:

双方大事というのは間違った結論です。音声英語や翻訳には文法は必要ありません。言語は事例基盤であるからです。

どうか頑張る前に、動画を作る前に、科学的に英語を学ぶ最低の知識を身に付けてください。若い人は単なる経験からものを言われるのを嫌います。科学的な根拠が必要なのです。ネットの時代には直ぐにそれが事実かどうかが判明します。

理解できないのではなく、理解したくないのでしょう。理解した事になれば今までの動画の修正が必要になるからです。

 

SenaDropsAnIcecream

それが実現するまで待つことにします

いやないですね

 

桜井:

もう事例基盤の翻訳システムも、音声認識も実現して、使われています。スマホの翻訳や音声認識は全部事例基盤です。だからグーグルが強いのです。

 

ネットの時代で証明されるのを待つという事では駄目なのでしょうか?

やあ、もうアップルでもマイクロソフトでもフェイスブックで皆、脳型のニューラルネットワークでディープラーニングでさせています。証明されただけでなく、実用的に使われています。

 

SenaDropsAnIcecream

そうですね

良かったじゃないですか

 

桜井:

囲碁や将棋の人工知能もニューラルネットワークでディープラーニングをさせています。そしてプロに勝っています。

 

SenaDropsAnIcecream

実現されて僕も嬉しいです

 

桜井:

だから文法も必要、ディープラーニング覚えるのも必要と言うのは間違いです。事例基盤はディープラーニングで事例を忘れないように覚えるだけです。母語の学習でも証明されています。

英会話を学ぶなら下妻さんのようにネイティブを真似る事です。真似るのですから、訛りも真似てしまうものです。基礎として文法を学べと言うのは間違いです。

真似るのが基本ですから、独り言もあまり効果的でありません。自分の知っている表現を想起しているだけで、新しい表現を学習できないのです。もちろん発音も学習できません。

独り事も、文法も、音読も、瞬間英作も何もしないよりましです。しかし、正しい、効果的な英語学習ではありません。

 

日本人の英語力向上にご協力ください。日本人の英語が下手なのは日本人の問題でなく、私や下妻さんのような英語を教えようとしている者の問題です。正しい、効果的な方法が教えられていないからです。残念な事に動画と言う媒体がその間違いを加速させる可能性さえある事です。

 

SenaDropsAnIcecream

協力はできません

ごめんなさい

色々と解説有難うございました

いつか桜井さんの活動が注目を浴びる事を願っています

それでは、失礼いたします

 

桜井:

そうですか、残念です。しかし、twitterのような媒体がありますから、いずれ正しい英語学習が急速に普及する時がくるでしょう。

 

 

この方と連絡とれません。

 

この後はブロックされてしまいました。

« 英語はまず「話す」 元外務事務次官 薮中三十二 | トップページ | 内田樹「自動翻訳でどうなる」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/71726268

この記事へのトラックバック一覧です: SenaDropsAnIcecream(下妻世成)氏との対話:

« 英語はまず「話す」 元外務事務次官 薮中三十二 | トップページ | 内田樹「自動翻訳でどうなる」 »