無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

オンライン状態

« ジョン万次郎英語とは | トップページ | 英語学習に最適の環境とは »

2017年9月26日 (火曜日)

中学で習った基本の動詞だけで十分

『英語は7つの動詞でこんなに話せる』が発売されました。

株式会社ジャパンタイムズは、『英語は7つの動詞でこんなに話せる』を出版しました。
日本人は「go= 行く」のように、日本語と英語の単語を1対1で置き換えてしまいがちです。さらに、なぜだか難しい言い回しをしたがる人も多くいます。それではネイティブスピーカーが日常で使うようなシンプルで自然な英語は身につきません。
本書では、誰もが中学で習う基本中の基本の7つの動詞―be、get、do、have、make、take、go―の使い方を厳選して紹介。これら7動詞を使ったさまざまなフレーズに触れれば、「こんなに簡単な動詞なのに、こんなに話せる!」を実感できることでしょう。

〈日本人が陥りがちな英語学習の勘違い〉
・簡単な表現で言えるのに、つい難しい言い回しを使ってしまう。
・「英語の勉強=単語の暗記」だと思っている。
・日本語と英語の単語を1対1で置き換え、丸暗記している。
⇒難しい内容でも、簡単な表現を使って説明できる力こそが大切。
語彙を増やすより7つの基本動詞をマスターし、その基本動詞を使ったフレーズを覚えましょう!

英語は話すより聞く方が何倍も難しいのです。ネイティブは10万語くらい知っているはずです。7つの動詞では話してくれません。相手の英語が分からないでどう会話するのでしょうか。

« ジョン万次郎英語とは | トップページ | 英語学習に最適の環境とは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/71813399

この記事へのトラックバック一覧です: 中学で習った基本の動詞だけで十分:

« ジョン万次郎英語とは | トップページ | 英語学習に最適の環境とは »