無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

オンライン状態

« 小学校の英語授業に人型ロボット「NAO」を初めて導入 | トップページ | 「原爆のこと伝えたい」と58才から勉強し英語習得した女性 »

2017年7月21日 (金曜日)

英語の先生はYouTube

ミサコ・ロックスです。ニューヨークでアメリカ人の子供たちにマンガを教えています。先日『落ちこぼれだった私がペラペラになれたすごい英語勉強法』という本を出しました。漫画家の私がこの本を出したのは、みなさんに英語を勉強するのではなく、好きになってほしいから。漫画教室でも、漫画が好きという気持ちが強い子ほど、どんどんと上達するんですよ。

そもそも私の渡米のきっかけはマイケル・J・フォックス。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観て以来、彼に夢中になりました。アメリカに行ったら会えるかも! そんな夢を抱いたわけです。つまり、私が英語をしゃべれるようになりたいという理由は、好きな人のため。

そんな理由? と笑う方もいるかもしれません。だけど、英語を習得するうえで、実はこの“好き”という気持ちがいちばん重要なんです。ついつい、苦手なことを克服しない限り、習得なんでできるはずないと思いがちですが、まずはその思い込みをかなぐり捨ててしまいましょう。

私がいちばんおすすめしたい英語学習法はYouTubeの活用。ある方法を使えば、ここは英語教材の宝庫なんです! それも無料! まずはその方法から。

YouTubeに限らずですが、英語に強くなりたいなら英語検索が基本。YouTubeの画面の一番下で「言語」は「English」、「コンテンツの場所」は「アメリカ合衆国」を選択しましょう。

YouTubeが楽しめて、教材になるなら映画でもビデオでもテレビでも使えます。しかし、それはかなり英語力が高い人の場合ではあり、問題はどこまでその英語力をつけるかと言う事になります。

« 小学校の英語授業に人型ロボット「NAO」を初めて導入 | トップページ | 「原爆のこと伝えたい」と58才から勉強し英語習得した女性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/71198350

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の先生はYouTube:

« 小学校の英語授業に人型ロボット「NAO」を初めて導入 | トップページ | 「原爆のこと伝えたい」と58才から勉強し英語習得した女性 »