無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

オンライン状態

« 話すことを重視する英語学習がスタート | トップページ | 「英語ちゃん」 心の中でバカにしてました »

2017年7月 7日 (金曜日)

本格的募集のニュースリリース

本格的な募集をするために次のようなニュースリリースの依頼をしました。280社に配信してもらいました。

月間380円で英語の学び放題

英語のディープラーニング
https://ディープラーニング.net/

【提供の背景】
日本人の英語力が低いのは英語学習方法の間違いです。母語である日本語は文法を習わずに正しい日本語が話せるようになりました。つまり文法を基本とするのではなく、皆が使う多くの表現事例を真似てどんどん覚えました。最近の世界の言語学界では言語モデルを文法で学ぶ用法基盤モデルではなく、表現事例の集積である事例基盤モデルとして捉えています。

最新のグーグルの翻訳システムは、脳を真似たニューラルネットワークとディープラーニングで学習させています。その翻訳方法は文法解析ではなく統計的機械翻訳と呼ばれる、膨大な事例基盤のパターンマッチングのシステムです。

脳は死ぬまで成長する臓器なので、脳の学習メカニズムは臨界期を過ぎても変わる事がなく、大人の学習もディープラーニングです。大人は子供と違い論理的だから英語を文法ベースで学ぶと言うのは間違いです。人工知能も真似る、脳のディープラーニング(深層強化学習)とは昔からの学習方法であり、何度も達人(ネイティブ)を真似し、そしてフィードバックを得て修正する方法です。

ディープラーニングには多くの利点があります。自分で特徴を学ぶので先生を必要とせず、能動的な学習が可能です。またルールではなく特徴を学ぶので、達人よりも上手になる事もできます。脳の場合はフィードバックを得て報酬系が働き、これが好奇心や学習意欲を促進します。そしてパターン学習ですから累積効果で学習が加速度的に進み、認識精度も加速度的に向上します。

人工知能のディープラーニングは脳の学習を真似たものです。疲れを知らない人工知能は膨大なデータを使い学習ができますが、脳の方がはるかに効率的な学習が可能となります。我々人類こそディープラーニングを最大に生かすべきです。
同じディープラーニングでも脳のフィードバックは報酬系が作用して意欲を高揚させます。人工知能はフィードバックを評価するだけで、意欲が高まる訳でありません。
人工知能は最初から保存された電子データを使っております。脳の記憶は恒久的なものでなく、脳のディープラーニングは反復練習により手続き記憶として自動化され、そして長期記憶に保存されます。忘れないで覚える事が脳の学習では大事な事です。

英語を話せないのは文法を知らないからでも、話す機会がないからでもありません。ディープラーニングで話すための自動化された手続き記憶が無いから話せないのです。

また、対話練習をする場合にも英会話ロボではなく、人間相手の方が効果的な学習が可能です。人間にはそれぞれの個性や感情があり、その個性や感情を含んだものがコミュニケーションです。英会話ロボは音色を変える事ができても個性は一つで、感情はありません。人間を相手にすれば人数と同じだけの個性やそれぞれの感情も存在します。

SNSではいろいろな人と交流でき、多くの違った個性の方とも練習できる理想の英語学習環境となります。

【月間380円で英語学び放題】
<特長>
ディープラーニング(深層強化学習)は先生に教えてもらうのではなく、ネイティブを真似て学習をします。そのために電子書籍を使い、対話集60冊、そして表現集60冊合計120冊を準備してあります。電子書籍にはネイティブの音声と英文と和訳が収録されております。英文に換算すると計120冊の教材には約6,000のネイティブの英語音声と英文と和訳が収録されています。

学習者は対話集にあるネイティブの音声を聞いて反復練習(ディープラーニング)をします。そしてフィードバックで修正します。またマストドンを使ったSNSにも参加できるため、英語学習者はいろいろな情報を交換したり、気の合う友達を探したり、対話練習の相手を見つける事ができます。英語学習を継続できるようにモチベーションを維持できる学習環境も同時に使う事ができます。

<価格>
月間380円の会費の会員になると最初の30ヶ月間は毎月、教材として対話集2冊と表現集2冊の合計4冊の電子書籍が配信されます。30回の配信で120冊の教材となります。その教材はスマホやタブレットにダウンロードされますので、ずっと教材として使う事ができます。会員はディープラーニングの会員に限定されたSNSにも参加して活用することできます。

ICTの進化によりスマホ、タブレット、電子書籍、SNS等を使う事により、学び合いの大幅なコストダウンが実現しました。

最初の30日間は無料トライアルとして、その期間は最初の対話集2冊と表現集2冊とSNSを無料で試す事ができます。

« 話すことを重視する英語学習がスタート | トップページ | 「英語ちゃん」 心の中でバカにしてました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/71071193

この記事へのトラックバック一覧です: 本格的募集のニュースリリース :

« 話すことを重視する英語学習がスタート | トップページ | 「英語ちゃん」 心の中でバカにしてました »