無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

オンライン状態

« ZoomとLive Chatの組み合わせ | トップページ | 海外旅行に行く前に短期間で英語力をアップさせる8つの知恵 »

2017年7月16日 (日曜日)

小さな習慣、大きな成果

井津川倫子氏がつぎのように述べています。

あなたが英語に挑戦して、なぜ「3日坊主」で終わってしまうのか、わかりますか――。

今回は、米国の人気ブロガーが唱える「小さな習慣」の効用を、英語の学習に応用してみました。これまで、あなたが挫折してきた理由が見えてくると思います。

なかなか、長続きしません……
なかなか、長続きしません……
「とりあえず、朝30分」がTOEIC高得点につながった

あなたは、何かにチャレンジする時に、どんなスタンスでのぞんでいますか?

□ 毎年、新年の抱負を掲げている
□ 大きな目標にチャレンジするのが好きだ
□ 目標達成には、モチベーションが大事
□ 「よし、やるぞ!」とやる気に頼るタイプだ
□ 多少無理をしても、大きな達成感を味わいたい

   米人気ブロガー、スティーヴン・ガイズ氏は著書『小さな習慣』(ダイヤモンド社)で、「小さな行動」の効用について解説しています。

   「1日腕立て伏せ1回」の「小さな習慣」から始めて著書を出版するという目標を達成した筆者のセオリーに、私は何度も「そうそう、その通り!」と、膝を打ってしまいました。 ありとあらゆる英語教材に手を出しては長続きしなかった、そんな私の英語体験に当てはめながら、いくつかポイントを抜き出してみました。

(1)「小さすぎて失敗できないポジティブな習慣」で大きな効果

   筆者によると、「ちょっとしたポジティブな行動」を「毎日これだけはやる」と決めて、気軽に取り組むことがポイントだそうです。「小さすぎて失敗すらできない」ほどささいな行動でも、習慣化することでびっくりするほどの効果が得られるとか。

   私が「英語のやり直し」を決意した時に、一番こだわったことが「効率」でした。ムダを断捨離して「やること」を絞りこむ。その中で、学習時間を「朝の30分」だけに限定。「やること」も「勉強時間」も限界まで「小さく」することで、短時間で集中することを意識しました。

   最初のうちは「朝30分だけ早く起きる」ことを目標にしていましたが、そのうちに「30分間でできること」が少しずつ増えてきました。気がつくと、朝、出社前に英語にふれないと落ち着かない「体質」になっていましたから、「習慣」の威力はスゴイのです!

   初受験からたった1年で、TOEIC L&Rで970の高得点を取れたのは、「30分だけ早く起きる」という小さな行動が「習慣」になって、大きな力を生み出したからだと思っています。

(2)「意志」は筋肉と同じように鍛えることができる

   英語の学習はスポーツのトレーニングに似ています。

   筆者は、「1日20分の運動を習慣にすれば、筋力がついて体形を変えられる」ように、「小さな習慣を続けることで、意志の力も筋肉と同じように鍛えることができる」と言います。

   スポーツも英語もトレーニング(学習)を続けるためには「意志」が必要だと思っていましたが、逆に「小さな習慣」を続けることで意志を鍛えられる、という発想は目からウロコでした。

   「わずかな意志で小さな行動」を繰り返すうちに、「強い意志」が鍛えられて大きな成果を得られる、という「好循環」が生まれるのですね。たしかに私も、「朝30分」の習慣を続けることで意志が鍛えられました。飽きっぽい性格でしたが、忍耐力がついたと思います。
大きな目標はもたないほうがいい

(3)モチベーションよりも「意志」が大事

   筆者は「モチベーションを上げたいと思ってはいけない」と言います。モチベーションは強い「感情」であり、結局は「気分」に左右されるから、という理由ですが、私もまったく同感。これまでの経験から「やる気」は当てにならない、と痛感しているからです。
 
   ムラのある「やる気」よりも、冷静な「意志」のほうがよほど信用できます。

   「よし、やるぞ!」といくら「やる気」を出しても続かなければ意味がない。これまでの人生で「やる気」が2週間以上続いたことは...... 恥ずかしながら、一度もありませんでした。

(4)たくさんやろうと頑張ると、かえってできなくなる

   私がもっとも共感したのが、「たくさん頑張ろうとすると、かえってできない」というセオリーです。まさに最近も、欲を出して失敗したところだったからです。

   アラフィフになってオンライン英会話にはまっていることは、以前にこの連載でご紹介しました。ところが、1日1レッスン(25分)のノルマでは物足りずに、欲を出して1日2レッスン(50分)に増やしたとたんにブレーキがかかってしまいました。

   予想以上にハードルが高くて、「今日は時間がない」と、ゼロレッスンの日が続いたのです。ふたを開けてみたら、1レッスンずつコツコツと受講していた時のほうが、たくさんレッスンを受講できていました。

   1日たった25分レッスン時間が増えただけですが、この差は大きかった。25分ならスキマ時間でやりくりできますが、50分は無理。精神的にも肉体的にも負担にならない程度の「小さな習慣」にこだわる大切さを痛感して、今はまた「1日1レッスン」に戻って毎日コツコツやっています。

   「やる気」にこだわって大きな目標を追い求めることが、3日坊主を招きます。小さな行動を続けることの大切さに、あらためて気づかされました。

英語の学習はスポーツのトレーニングとは違います。スポーツのトレーニングなら機械的にやっても、負荷をかければ鍛える事ができます。しかし、英語はいやいややっても意味がありません。そして英語で大事な事は知識の蓄積ではなく、スキルの向上です。

英語のスキル向上をモチベーションとしないと本当の英語力はつきません。

« ZoomとLive Chatの組み合わせ | トップページ | 海外旅行に行く前に短期間で英語力をアップさせる8つの知恵 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/71153673

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな習慣、大きな成果:

« ZoomとLive Chatの組み合わせ | トップページ | 海外旅行に行く前に短期間で英語力をアップさせる8つの知恵 »