無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

オンライン状態

« 英語は「仕組み」が8割 | トップページ | 英語嫌いでも英語が好きになる »

2017年5月22日 (月曜日)

瀬戸康史が英語教師

次のようなニュースがあります。

 俳優の瀬戸康史(29)が、10月期の日本テレビ系連続ドラマ「先に生まれただけの僕」(櫻井翔主演、土曜・後10時)で、アクティブ・ラーニング(AL)のエキスパートの英語科教師役を演じる。

 ALとは「課題の発見、解決に向けた主体的、共同的な学び」を指す。教師による従来の一方向的な講義形式の授業とは異なり、グループディスカッション、ディベートなど生徒の能動的な参加を取り入れた学習法。新しい授業のスタイルとして注目を集めている。

 瀬戸は、エリート商社マンの鳴海涼介(櫻井)が校長として赴任した私立高校勤務の島津智一役。英国への留学経験を持ち、英語が堪能。人見知りする性格で校内での存在感も薄かったが、鳴海が「学校改革第1弾」として打ち出したALの授業を見事に実践。改革の担い手として、次第に存在感を発揮していく―。

 瀬戸は役作りのため、中学校を訪れ、英語のALを見学。現場の声を聞き、イメージを膨らませた。「生徒たちにクエスチョンを投げかけ、考えさせる。授業中に席を離れたり、話し合ったりは(経験が)なかったこと。積極的に参加する形が素晴らしかった。先生と生徒との隔たりがなくなると思った」と話した。

 役どころに共感する部分が多かったという。瀬戸は「何かに挑戦することは不安、恐怖が付きものだけど、やってみたら意外とうまくいったり、知らなかった世界が見えてきたりする。自分自身が変わるきっかけになる作品だと思った。僕自身も、可能性を広げるために、いろいろなことに挑戦していきたい」と誓った。20代ラストイヤー、役者として成長あるのみだ。

« 英語は「仕組み」が8割 | トップページ | 英語嫌いでも英語が好きになる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/70636243

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸康史が英語教師:

« 英語は「仕組み」が8割 | トップページ | 英語嫌いでも英語が好きになる »