無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

オンライン状態

« 中学英語で十分」は本当だった | トップページ | 「1日15分の英語」勉強法 »

2017年3月13日 (月曜日)

日本人が“英語が苦手”なのは、なぜ

デイビッド・セイン氏が英語学習に次のように答えています。

Q.英語教育に関心の高い多くの日本人が“英語が苦手”なのは、なぜでしょう?

A.日本人は英語が苦手なわけじゃない! 学習時間が足りないだけです。

「中高6年間も英語を学んだのに、うまく英語がしゃべれません……」という悩みをよく耳にします。そんな時はいつも「では、その6年間で何時間ぐらい英語の授業を受けたと思いますか?」と逆に問いかけます。何時間かおわかりですか? 平日に1日1時間勉強したとして、1560時間程度です。

でも、授業は日本語で進めますから、本当に英語と向き合っているのは1000時間ほどでしょう。しかも、英語の4技能である「聞く」(リスニング)、「話す」(スピーキング)、「読む」(リーディング)、「書く」(ライティング)のうち大半がリーディングとリスニングにあてられるため、ライティングとスピーキングの学習時間はさらに短くなります。一般的に基礎英会話の習得には3000時間が必要といわれていますから、学校教育を受けるだけでは、明らかに学習時間が少ないですよね。

時間の問題ではありません。1560時間だから話せない、そして3000時間以上なら話せると言う事ではありません。正しい学習方法なら100時間でもそれなりに使える表現はあるはずです。1560時間だから話せないのであれば、その倍の時間を掛けても同じです。

« 中学英語で十分」は本当だった | トップページ | 「1日15分の英語」勉強法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/69907606

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人が“英語が苦手”なのは、なぜ:

« 中学英語で十分」は本当だった | トップページ | 「1日15分の英語」勉強法 »