無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

オンライン状態

« 社会人の勉強スケジュールは「細かく決めない」こと | トップページ | 語強制丸5年で社員はペラペラに? 公用語化への道のりは険しい »

2017年3月21日 (火曜日)

ネパールでは幼稚園から英語教育が始まる

アジアでも最貧国といわれるネパールですが、英語のレベルはアジアの中でもかなり上かもしれません。
トレッキングの村を歩けば、村の子供たちに英語で話しかけられますし、そのへんの八百屋のおばちゃんでも、片言の英語ができたりします。
でも、それも当然のことかもしれません。

ネパールでは、かなり英語教育に力を入れていて、公立の小学校でも、一年生から英語の授業があります。
私立に至っては、幼稚園から英語教育が始まるというのですから、驚きです。
年小さんのクラス(3?4歳児クラス)で、フォニックスと呼ばれるアルファベットと発音の基本、そして、身近なものの名前を学びます。

年中さん(4?5歳児)や、年長さん(5?6歳児)になると、簡単な日常英会話や英文を学びます。
そして、小学生になると、英語以外の算数や、理科の授業も英語で書かれた教科書で学ぶのです。
これだけ日々の勉強で英語に接していれば、英語が上手になるのも当たり前かもしれません。

でも、ネパールにおいて、何故、ここまで英語に力を入れているのでしょう。
ひとつは、お隣の大国、インドの影響を受けてのことでしょう。
宗教、文化においてネパールは、インドの影響を多大に受けていますが、教育制度もその例にもれません。

イギリスの植民地であり、多民族で多言語国家であるインドでは、英語は準公用語であり、そのため、英語教育には力をいれています。
その影響をネパールも受けていると考えられます。

また、ネパールにおいて、大きな産業と呼べるものは、観光業くらいです。
外国からの観光客を相手にする仕事ですから、当然英語が必要になってきます。
また、ネパールにおいて、大学を出ても就職先がないという状況も、英語教育に拍車をかける要因になっています。

海外に留学し、海外で就職することを希望する若者が増えており、そのためにも英語での教育が重要になっているのです。
このような様々な理由のために、ネパールでは、英語教育が熱心です。
若者の英語の能力はかなり高いといえます。

ただ、最近では、母国語のネパール語よりも英語の方が得意という若者が増える傾向にあり、それを問題視する動きも出てきつつあります。

« 社会人の勉強スケジュールは「細かく決めない」こと | トップページ | 語強制丸5年で社員はペラペラに? 公用語化への道のりは険しい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/69995332

この記事へのトラックバック一覧です: ネパールでは幼稚園から英語教育が始まる:

« 社会人の勉強スケジュールは「細かく決めない」こと | トップページ | 語強制丸5年で社員はペラペラに? 公用語化への道のりは険しい »