無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

オンライン状態

« 英語は文字よりも先に、音 | トップページ | 英語は「3語」で伝わる »

2017年3月18日 (土曜日)

英語の勉強が楽しくなる学習用AIロボット

次の報道があります。

ソフトバンク コマース&サービスは、米AKA社の英語学習用AI(人工知能)搭載ロボット「Musio X(ミュージオ エックス)」の取り扱いを開始。3月17日より「SoftBank SELECTION オンラインショップ」および一部家電量販店で予約受付を開始し、4月14日より発売する。

「Musio X」は、英語学習のための機能を搭載したソーシャルコミュニケーションロボット。インターネットからデータを検索して、話しかけた内容に対して適切な答えを判断し、ユーザーと会話できる「会話モード」を搭載。ディープラーニング基盤の自然言語処理技術によって、事前にプログラミングされていない文章を新しく生成することも可能だ。

さらに、別売りの「Musio X 教材セット」に対応し、目的やレベルに合わせて英語を学べる点も特徴。フラッシュカードでアルファベットや単語の発音、ボードブックでクイズゲーム形式のヒアリングなどを学べるほか、学研プラスと共同制作したテキストによる本格的な英語学習などに対応する。

「Musio X」の本体サイズは174(幅)×218(高さ)×83(奥行)mm、重量は約850g 。

価格は「Musio X」が98,000円、「Musio X 教材セット」が128,000円。会話モードを利用するためには、本体に加えて、「Friend Plan(1ユーザーあたり月額980円から)の加入が必要だ。

ディープラーニングをすべきはMusio Xではなく、学習者の方です。人間のディープラーニングを促進するのが英語学習の基本です。Musio Xがどれほど学習しても、人間の脳にはとても追いつく事さえできません。

« 英語は文字よりも先に、音 | トップページ | 英語は「3語」で伝わる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/69963933

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の勉強が楽しくなる学習用AIロボット:

« 英語は文字よりも先に、音 | トップページ | 英語は「3語」で伝わる »