無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

オンライン状態

« 「英語を聴ける人」がコッソリやってる練習法 | トップページ | セレブ好きの英語勉強法 »

2017年1月 5日 (木曜日)

英語応対能力検定

3社は今年8月25日、「英語応対能力検定」事業で基本合意したことを共同発表した。学びUPコミュニケーションズは、3社間の基本合意に基づき、「英語応対能力検定」の運営法人として設立したもので、12月26日から検定試験の実施に向けた準備を進めていくという。

英語応対能力検定は、相手の状況や意図を理解し、適切な英語を使って必要な案内やサービスができるかなど、基本的なおもてなし英語力を評価するもの。外国人への応対が特に必要とされている5業種(販売・宿泊・飲食・鉄道・タクシー)の「業種別試験」と、一般の人々が街なかで臆せず応対できる英語力を磨いてもらうための「一般試験」を実施する。

試験内容は、リスニング・リーディング/スピーキング。現場で大切な「聞く」「話す」の2技能を中心に実践で役立つ英語力を測り、合格/不合格を判定するのではなく、「知識」「理解」「応答」の3つの観点から、到達度(A~Dランク)を評価する。

受験料は6,500円(税別)。試験方法はiBT(Internet based testing)方式で、パソコン、タブレット、スマートフォンからの受験となる。第1回試験受験期間は、2017年3月1日12時~31日17時(期間中は24時間受験可)。申込期間は、2017年1月16日12時~2月28日17時(期間中は24時間受付)。

そこで今回は、毎日の通勤時間や空き時間を活用しながら、英語のニュースを読めるアプリについてご紹介していきます。

« 「英語を聴ける人」がコッソリやってる練習法 | トップページ | セレブ好きの英語勉強法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/69121397

この記事へのトラックバック一覧です: 英語応対能力検定:

« 「英語を聴ける人」がコッソリやってる練習法 | トップページ | セレブ好きの英語勉強法 »