無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

オンライン状態

« 商社マン50人が明かす「英語」習得法 | トップページ | 英語学習のためのリンク »

2016年12月 8日 (木曜日)

脳を知りたい

人工知能に人気が集まってきました。その元となるのが脳の事です。

http://s0sem0y.hatenablog.com/entry/2016/04/30/173951

次のような説明があります。

人工知能の研究が始まってから60年が経ちます。
現在まで様々な手法が試されてきましたが、現在人工知能開発の主流になっているディープラーニングは脳の活動の模倣によって発展しました(従来からニューラルネットワークとして、脳の神経の構造を真似ることはしてきましたが、ディープラーニングでは脳の神経の振る舞いを真似るようになりました)。ディープラーニングが知的な振る舞いをする機械に発展するのか、あるいは他の方法なのか、それは誰にも分かりませんが、現在多くの分野で成果を上げていることは誰にも疑いようがありません。

ここまでディープラーニングが成果をあげてきたともなれば、そもそも脳の働きがどれだけ優れたものであるか、一体どのように動作しているのかに興味が湧いてきませんか?脳の構造を真似ているディープラーニングは、あくまでそのアルゴリズム通りに動作しているに過ぎません。まだまだ人間の脳の汎用性にはかなわないのです。しかしある特定の問題に対しては、そのアルゴリズム通りに動作することで人間を超える成果を挙げるのも事実です。人間には感情などが邪魔をして、特定の作業を邪魔することもあるでしょう。もしも脳のことをもう少し知っていて、ある作業のときにどういうふうに脳を使えば良いのかが分かれば、もっと上手く物事を運べるかもしれません。

« 商社マン50人が明かす「英語」習得法 | トップページ | 英語学習のためのリンク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/68755756

この記事へのトラックバック一覧です: 脳を知りたい:

« 商社マン50人が明かす「英語」習得法 | トップページ | 英語学習のためのリンク »