無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

オンライン状態

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土曜日)

平均年収に約137万差

英語の開始時期で年収が違うようです。

日本英語検定協会は12月19日、英語力と人生・生活の質「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)」の関係性を測る調査についてまとめた結果を公表した。調査結果によると、英語の開始時期が早いほど英検最終取得級が上位級となり、将来的な平均年収が高いことがわかった。

公表した調査結果は、同協会が運営する英語学習情報サイト「英ナビ!」の社会人会員にアンケートを実施し、1,828人の回答をまとめたもの。調査時期は2016年3月。

英語学習開始時期と最終取得級についてたずねたところ、小学生以前に英語学習を始めた人は中学生以降から始めた人より、1級・準1級などの上位級を取得している割合が10%以上高かった。

また、英語学習開始時期と現在の年収についてたずねたところ、40代・50代男性において、小学生以前に英語学習を始めたグループが中学生以降から始めたグループに対し、平均年収が約137万円高かった。

さらに、40代・50代男性における英検最終取得級別の平均年収について調査したところ、50代男性では最終取得級が上位であるほど平均年収が高かった。40代男性についても、英検1級取得者は英検準1級・2級・準2級取得者より平均年収が200万円以上高かった。50代男性の英検1級取得者の平均年収は40代・50代の中でもっとも高く、1,114万円であった。

仕事における英語の必要性については、20代・30代の若い世代ほど必要性を感じている傾向がみられた。また、仕事における英語の必要性と幸福度について英検最終取得級別に調査したところ、英語の必要性を感じている人ほど幸福度は高く、最終取得級が高い人ほどその傾向が強くみられた。

同協会はこれらの結果から、英語力と人生・生活の質「QOL」には相関性がみられ、英語の早期学習は効果的であるとしている。

2016年12月30日 (金曜日)

同時通訳に必要なのは場数と経験

横山カズ氏が下記のサイトで通訳の心得を話しております。

http://news.infoseek.co.jp/article/president_20868/

【三宅】まさにプロ根性と言いますか、仕事に対する意気込みを感じさせてもらった気がします。私自身にとっても、改めて英語学習についてモチベーションが上がりますし、1人でも多くの英語学習者に聞かせたい話ですね。横山さんが講演でも支持される理由がよくわかりました。ところで、素朴な疑問なのですが、英語から日本語に訳すのと、日本語から英語にしていくとでは、どちらが大変なのでしょう。

【横山】人それぞれでしょうね。僕の場合は、あえていえば、英語から日本語です。ただ、その齟齬を少しでも埋めていくには、場数と経験、そして練習法の工夫しかないと思います。

【三宅】最近、若者が海外にあまり出たがらないという話も聞きます。しかし、外国に行くと、さまざまな体験をするはずです。そこから日本の魅力を再発見するというようなことも当然ありますよね。

【横山】ありますね。僕自身、帰国子女でもなく、大学時代の留学経験もありません。日本の再発見というと大げさですが、例えば、カナダのユーコン準州というところにしばらくいたことがあります。

自然がすごく雄大なんですが、どこか荒涼としていて変化がない。気がついたら、盆栽のように小さな空間のなかにも繊細な趣のある日本の景色に飢えているんですよ。おそらくそれが、日本人としてのアイデンティティの確認なのかなと思いました。

【三宅】やっぱり日本人なのですね(笑)。

【横山】海外経験ではこんなこともありました。数年前、仕事で旧ソ連のリトアニアに行ったときのことです。この国は、すごく格闘技が盛んなところなんです。僕が武道や格闘技の経験があると知った現地の人が総合格闘技やK-1の選手もいる道場に見学に行きたいか」と話しかけてきたものですから、「もちろん」ということでついて行きました。

なぜか更衣室に通され、数分たつとものすごくゴッツイ男たちが部屋になだれ込んできました。しばらく待っていると、コーチのような人がやって来て「きょうは日本人格闘家が見学に来た」と紹介されてしまいました。すると、何人かの選手たちが「よろしくな」と英語で握手をしてきました。ソ連が崩壊して、すごく時間がたっていて、教育も変化していてみんな英語を話すんですね。たぶん、海外遠征などで身につけたのでしょう。スパーリングに誘われて、僕も引き下がれないですよね。182cmほどで体重が3ケタない私では、本場の大型プロ選手になかなか大変な目に遭いました。

【三宅】それはまた壮絶な体験ですね。

【横山】ところが、楽しいんですよ。たまにはギブアップを取れたりして、「おう、やるじゃないか」と言ってくるのも全部英語。プライベートな出来事ですが、そのとき、本当に英語をやっていてよかったと思いました。痛みも忘れるぐらいでしたね(笑)。

2016年12月28日 (水曜日)

大谷の英語力、メジャーへ準備

大谷翔平選手は英語の勉強をしているようです。

英語、やっています! 日本ハム・大谷翔平投手(22)が27日、千葉・鎌ケ谷市の球団施設で行った自主トレ終了後、趣味の一環として英会話の勉強に取り組んでいると明かした。早ければ来オフにポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する二刀流右腕は、着々と準備を進めている。

大谷投手はシーズン中にメンドーサと球の握り方などについて英語で会話をするなど、地道に努力を重ねている。

2016年12月27日 (火曜日)

森田鉄也(東進講師)氏がブロック

twitterで森田氏と次のような議論がありました。

森田:リスニングの技術はあります。覚えたものしか聞こえないということ自体ナンセンスだと思いますが(初めて聴く文は理解不可能?)、そもそも聴く準備をする方法やスキャニングの技術の話をリスニング能力全体の話と混同しては議論にもなりません。

桜井:”技術はあります。覚えたものしか聞こえないということ自体ナンセンスだと思いますが(初めて聴く文は理解不可能?)、そもそも聴く準備をする方法やスキャニングの技術の話をリスニング能力全体の話と混同しては議論にもなりません。”
言語音の認識は記憶にある音との照合です。統計的なパターンマッチングです。覚えた音か、または類似との音しか認識できません。
事例基盤のマッチングがナンセンスと言うのであれば、森田さんは音声認識はどうやっていると言うのでしょうか。
なぜ、”聴く準備をする方法やスキャニングの技術の話”をしているのかも理解ができません。リスニングにはそんな面倒な事は必要ありません。

森田:まず、まったく関係のない話を持ってこられても議論にもなりません。リスニング力の前に日本語の読解力に問題ありです。話になりません。ピンカーについてももう少しきちんと理解してから名を上げるべきです。どうぞご自由にその怪しい啓蒙を続けてください。

ここで森田氏にブロックされました。

桜井:怪しいのはあんなたでしょう。説明に窮してツイッターで私のブロックするしかなかったのでしょう。リスニングに”聴く準備をする方法”なんかあるはずはありません。塾の生徒を相手にお山の大将をしているだけ。まともな音声認識の議論もできない。

2016年12月26日 (月曜日)

ピコ太郎と英語学習AIロボット

ピコ太郎と英語学習AIロボットが……出会ったぁ
12月22日、『PPAP』でお馴染みの歌手・ピコ太郎と英語学習AIロボット・Musio Xのコラボ動画がYouTubeにて公開された。Musioは英語学習を楽しくするお友達ロボットで、最先端であるDeep learning基盤の人工知能エンジンを搭載しているため自ら考えて会話ができ、その会話内容をだんだんと覚えていく。

また、Musio自身も多くの感情をもっているため、ユーザーとの生活を通して、いたずらっこな性格や豊かな感情を表現していくそう。なんという知能の高さ……。近未来を感じさせるものすごいポテンシャルをもった子(?)であることがうかがえる!

ロボットにダメ出しされるピコ太郎が笑えるッ
そんなMusio Xとピコ太郎のコラボ動画では、代表曲『PPAP』を歌うピコ太郎に対しMusio Xが「もっと“Pの発音に情熱(Passion)を!」「パーティ感(Party)も足そう!」などと英語でダメ出し。そんなMusio Xの要望を受けたピコ太郎は必死に”P“の発音に気を付けながら同曲を感情たっぷりに熱唱。

歌いきったあとには「良かったでしょ?」とMusio Xに語りかけ、達成感のあふれる表情をみせている。ピコ太郎とMusio Xのやりとりはまるで人間同士のように密なコミュニケーションが取れており、ロボットだということを忘れそうになるくらいだ。

これらの指摘は間違いであり、AIに学習を頼る問題です。

2016年12月25日 (日曜日)

英語ニュースが読めるおすすめアプリ

つぎのようなアドバイスがありました。

2017年の抱負として、今年こそ英語ができるようになりたい!または、会社での昇進やスキルアップのためにTOEICのスコアを上げていきたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

英語を勉強する中で一番大事なことは、「コツコツと続けること」 です。飽きずに毎日少しずつでもいいので英語に触れ、英文を読んだり、英語のスピーチを聞くことに抵抗がなくなってくることが最初のステップだったりします。

英語リーディングアプリPOLYGLOTS(ポリグロッツ)
ざっくり英語ニュース!StudyNow(音声・解説付)
ニュースで英語
英語ニュース、英語新聞、TV、YouTube 英語の勉強
初級リスニングNEWS
NHK WORLD RADIO JAPAN
BBC News

2016年12月23日 (金曜日)

英語で手紙を書く時に使えるフレーズ20選

英語で手紙を書く時に使えるフレーズ20選が紹介されています。

http://getnews.jp/archives/1575842

1.Hope all is well with you.
お変わりなくお過ごしのことと思います。

2.How have you been? Did you have a nice holiday?
いかがお過ごしでしたか?楽しい休日を過ごされましたか?

3.How is the weather there? It’s been very cold here in Hokkaido.
そちらの気候はいかがですか?こちら北海道は、最近とても寒いです。

4.Hope you are doing well.
お元気でお過ごしのことと思います。

5.Time flies. It’s already new year!
光陰矢の如し。もう新年になりますね。

お礼の文章

6.I wanted to say thank you for your kindness.
親切にしていただき、お礼を申し上げます。

7.Thank you for your hospitality during my stay.
滞在中は親切にしていただき、ありがとうございました。

8.It is certainly the best memory of the trip.
それは、この旅行での最高の思い出です。

9.I would not have been able to experience it without your help.
あなたの助けがなければ、それを経験することはできなかったでしょう。

10.Thank you very much for your help.
助けていただきありがとうございました。

近況報告の文章

11.Because of an unbalanced diet, I am gaining weight these days.
バランスの悪い食生活のせいで、最近私は太ってしまいました。

12.Hang on to your hat, I became a mother of triplets.
驚かないでくださいね、私、三つ子の母になりました。

13.Finally, I split up with my girlfriend of five years.
とうとう私は5年間付き合っていた彼女と別れました。

14.My company sent me to Kuala Lumpur in 1999.
1999年に私はクアラルンプールに転勤になったんです。

15.After the study for one year, I passed the test.
1年間の勉強の後、私は試験に合格しました。

締めの表現

16.Let me know when you come to Japan next time. Hope to see you soon.
次に日本に来るときは知らせてください。近いうちにお会いできるのを楽しみにしています。

17.I am looking forward to hearing from you.
お返事お待ちしております。

18.Please give my best regards to Mr.Tanaka.
田中さんによろしくお伝えください。

19.Please take care of yourself.
ご自愛ください。

20.Please send me some pictures of you. Take care.
あなたの写真を送ってくださいね。お体に気をつけて。

ぜひ参考にしてください。

2016年12月22日 (木曜日)

ディープラーニング・マニュアル

ディープラーニングのオンライン・マニュアルができました。これまでディープラーニングは口頭で説明する場合多かったのですが、やっと完成しました。

http://ディープラーニング.net/page-355/

このマニュアルで特になぜディープラーニングが効果的であるかを丁寧に説明しました。これを見てもらう事により、効果的なディープラーニングを進めてもらう事ができます。

2016年12月21日 (水曜日)

週末勉強する人は続かない

下記で、Duolingoの大規模データを分析して分かった、外国語学習に成功する人に共通する特徴を紹介することによって、外国語の習得のためのヒントを提供されています。

http://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/foreign-language-learner_b_13737392.html

まとめ
残念ながら、日本人にとって英語は習得が難しい言語の1つであることは疑いない。文法や発音など、 言語学的も文化的にも英語は日本語とはとても異なる言語である。これは逆の例になるのだが、英語話者にとって日本語は世界のメジャーな言語のうち最も習得が難しい言語とみなされており、2200時間以上の学習が必要だという見積もりもある。日本語話者が英語を勉強する場合も、そのぐらいの勉強時間は少なくとも覚悟したほうがよさそうだ。

また、日本国内では、またまだ英語話者と接する機会が少なかったり、英語を仕事で直接使う必要性が少なかったりと、環境やモチベーションという要因も、外国語、特に英語を習得することを難しくしている。

総合的な練習

人間がどのように外国語を獲得するか、そのためにどのようなメカニズムが絡んでいるかというのは、最新の科学でもよく分かっていない部分が多い。

ただ、これまでの膨大な第二言語習得の研究の積み重ねから1つだけ言えるのは、外国語は「聞き流すだけでマスター」できるような単純なものではないということだ。ダイエットでも、例えば、ある食品だけを食べる「◯◯ダイエット」などの極端に単純な方法が流行することがあるが、健康的なダイエットのためには、さまざまな食品や栄養素をバランス良く摂ることが重要であることを否定する人はあまりいないだろう。

正しい方法に関する知識

「ダイエットに必要なもの」と聞くと「ジムに行って運動」などのようにまず「運動」を思い浮かべる人が多いかと思う。しかし、医学的な立場から見ると、ダイエットのためには運動よりも食事のほうがはるかに大切であることが分かっている。

外国語習得でも、最初に触れた「どのぐらいの時間勉強すべきか」などの問題以外にも、例えば「文法はしっかり勉強したほうが良いのかどうか」など、長い間、専門家たちの間で研究調査がなされてきた。

「1日何時間勉強するべきか?」といった一見して非常に簡単な質問に対しても、自信を持って答えられる人は少ないのではないだろうか。そのような「正しい方法に関する知識」がなかなか広まらないのはなぜだろうか。

1つの理由は、外国語の習得は複雑かつ時間のかかるプロセスなので、大規模な対照実験(例えば「学生をたくさん集めて2つのグループに分け、片方のグループに教材Aを使ってもらい、もう片方のグループに別の教材Bを使ってもらう」など)を実施して異なる学習法の効果などを比較することが簡単にはできないからだ。

しかし、パソコンやスマートフォン上で外国語の学習をすることが一般的になるにつれ、これまででは考えられなかったような数の外国語学習者の学習パターンを自動的に分析し、そこから知見を得ることが可能になってきた。

2016年12月19日 (月曜日)

人工知能のMusioの問題

下記の動画で、実機レビューをしています。

https://youtu.be/P6Rpn9vbJbA

結果的にはあまり評判は良くありません。
Musioの問題と言うよりは人工知能を相手に言語を学ぶ事に問題があると思います。人工知能は人間の学習う方法を真似た学習機械です。真似るとか、学習に関しては人間の方がずっと能力があります。人工知能は辞書のような機能は人間より優れていますが、言葉を新しく習得するとか、リスニングに関しては人間の方がずっと能力があります。

そのような人工知能に英語を教えてもらうのはほぼ無理な事だと思います。

2016年12月18日 (日曜日)

SpeakBuddyの問題点

次のような書き込みがありました。

Takuya @takuya0206
AIと英語の練習で注目されているSpeakBuddy、時間が出来たので早速フリートークを試してみたけど、会話の練習に使うには正直まだまだという感じだった。
1件の返信 0件のリツイート 0 いいね

AI英会話 - SpeakBuddyさんがTakuyaをリツイートしました
ご利用ありがとうございます!これからどんどんバージョンアップしていきます!ご意見非常に有難いです。ご期待に添えるよう開発していきます!AI英会話 - SpeakBuddyさんが追加

人間の学習方法を真似したAIを、人間の言語学習に使う事が間違いだと思います。言語の学習能力で言えば、人間の方がAIよりはるかに優れた学習能力を持っているからです。人間が人型ロボットに歩き方を学ぶようなものです。

AIに英語を学ぶと言う基本的な考えが問題です。

2016年12月17日 (土曜日)

例文はすべて英語ニュースのフレーズ

次のような発表がありました。

創設36周年となる有限会社茅ヶ崎方式英語会は、世界のリアルを通じて英語を学習することができる『英文法書』を2017年春に発売いたします。

「茅ヶ崎方式」とは

「茅ヶ崎方式」はもともと公共放送の国際報道記者達により神奈川県茅ヶ崎市で創設されました。普通の日本人として育った創設者らが、いかにしてバイリンガルの英文記者として大成できたのか、そのプロセスを体系化した日本で唯一の学習法です。

「聴き取れなければ話せない」を合言葉に、徹底したニュースリスニングトレーニングが目玉となっている「茅ヶ崎方式」ですが、創設者が英文記者ということもあり正確で汎用性の高い英文ライティング力がつくことでも評判です。

教材の素材はすべて英語ニュースから採用しており、世界のリアルを通じて英語を学習することができます。

本書の特長
例文は「茅ヶ崎方式」らしく、全てニュース英語です。架空の例文ではなく、実際に現代で通用する生きたフレーズで文法学習を行うことができます。
例えば、五文型を学ぶ項目では、ひとつのニュースをもとに文型の違いを掘り下げていきます。

2016年12月16日 (金曜日)

「レアジョブ英会話が日本の英語学習を変えています」 第二弾 

次のようなニュースがあります。

http://www.rarejob.co.jp/news/topics/other/2016/1214/3501/

レアジョブ英会話の教育機関向けサービスは、2013年から様々な教育機関様へサービスを提供しており、
オンライン英会話業界唯一の上場企業として、安定した経営基盤での運営を行ってまいりました。
そして提供開始から3年が経過し、この度、導入校が100校を突破いたしました。
ご導入頂いているのは公立小学校から大学まで幅広く、また英語のレベルも様々です。
しかしながら、場所を選ばず、一人ひとりのレベルに合わせてサービスを提供できる強みを活かし、
多くの教育機関様で採用いただくことができました。
今私達スタッフが感じているのは、100にのぼる導入校に対する感謝はもちろんのこと、
そこに所属する多くの生徒の皆様に英会話の楽しさを気づいていただけたという、この上ない喜びです。
これからもその歩みを止めず、「学校教育で英語が話せる」を当たり前に、を実現したいと
本気で考えています。

英語が話せないのは英語を話す機会がないから話せないのではありません。英語を話す練習をしていないから話せないのです。英語をす練習だけなら一人だけでもできるます。

2016年12月15日 (木曜日)

英語上達のコツ、基本押さえ時間を集中投下

日経新聞に次のような堀義人氏の記事があります。

http://www.nikkei.com/article/DGXKZO10449200Y6A201C1X12000/

「日本語を学んだように、英語を学ぶといいよ」。英語上達の秘訣を聞かれたら、僕は必ずそう答えることにしている。もっとも「日本語なんてどうやって学んだか覚えてないよ」と返ってくる。実はその返答の中に、語学学習の本質が隠れている。そう、覚えていないのだ。
 幼少期から生活の中で日本語を毎日シャワーのように浴び、試行錯誤しながらしゃべったり、読んだり書いたりしてきた。家庭で発音を直されたり、単語を覚えたりしてきた。そして学校の国語の授業で、常用漢字を覚え、文法を体系的に学んできた。この日本語環境と学校教育とが日本語習得の方法論だった。

 英語も同じことをすればよい。つまり、英語のシャワーを浴びるのだ。英語を徹底的に聞き、読み、しゃべり、書くことを繰り返し行い、学校教育で文法などを学ぶのだ。
 その英語学習で留意すべき3つの鉄則がある。1つ目が発音だ。発音がしっかりできていないと、英語は通じにくい。英語の特徴である「th」「r」「v」や曖昧母音など、子音・母音ともにできる限り正しく発音しなければならない。僕は、辞書を引くたびに発音記号を必ずチェックする。最近では発音が聴ける電子辞書がお薦めだ。

 2つ目が文法だ。「文法なんか関係ない。通じればいいんだ」と言う人がいる。僕から言わせれば暴論だ。文法は数学で言えば方程式のようなものだ。方程式とも言える文法を理解していないと、単純な会話はできても、高度な論理構成をもった英語表現ができなくなる。そういう意味でも、現状の文法重視の英語教育は理にかなっている。

 3つ目が単語の選択だ。間違った単語を選択すると、意味が不正確にしか伝わらない。できるだけ的確に単語を覚え、伝えたい内容やニュアンスに従って適切なものを当てはめることが肝要だ。語彙を広げることにより、幅広い表現ができるようになる。
 この3つの鉄則を子どもたちにも伝えているが、鉄則を理解しただけでは上達しない。必要なのが学びの時間の量と集中、継続だ。

 あるとき学びに関する本を読み、面白い視点を得た。「集中して短期間のうちに1000時間学ぶのと、1000時間を1000日に分けて1日1時間学ぶのとでは、どちらの方が学習効果が高いか」という問いがあった。答えは「細切れよりも集中した方が能力は向上する」だった。
 その本を読んでから、限られた期間に徹底的に集中して学ぶことにしている。その結果、十数年前に囲碁を学び始めた時は1年足らずで初段になった。スノーボードをやるときも1シーズンに集中して雪山に繰り出し練習した。考えてみると、経営学も2年間で集中して習得した。
 短い時間を継続的にやってもなかなか上達しないが、集中して学ぶと早く習得できるものだ。

 日本人の多くが、英語を中学校から高校まで6年間学んでも、しゃべれるようにならない。それは集中した学びをしていないからだ。おそらく小学校から早期英語教育を実施してもほとんど効果はないだろう。

 しゃべらざるを得ない、聞かざるを得ない環境でどっぷり集中して過ごすことが、英語能力向上には必要だと思う。僕自身も高校時代に1年間オーストラリアに留学し、授業も試験も、はたまたラグビーのクラブ活動もすべて英語漬けであった。ついには英語で夢をみるようになった。そして、集中して学んだ後に、しっかりと継続すれば良い。僕は毎日英字新聞を読み、英語でブログを書き、スピーチする機会を多く作っている。

 このように良き鉄則を持ち集中して上達させ、その後は日々継続する努力をすることが、学習の基本だと思う。そしてその学びのプロセスを思いっきり楽しむことが重要だ。

英語は文法を学ぶ用例基盤でなく、事例を覚える事例基盤です。するとネネイティブの真似をして覚える事により、英語のシャワーも、文法も、単語の選択の必要もありません。これは日本語を覚えて時と同じ学習方法です。

2016年12月14日 (水曜日)

4割の女性が「習い事、やるなら英会話

ウートピから次の発表がありました。

「習い事、やるなら英会話」 みんなの英語学習法
「今、何か習いごとを始めるなら、英語かな」という女性は結構いるのでは? 英語ができたらもっと仕事の可能性が広がるのに……。海外旅行をもっと自由に楽しめるのに……。などなど英語を勉強し直したい理由はさまざま。

「学生の頃よりお金はあるから、やるならマンツーマンの英会話かな?」なんて、考えている人も少なくないかもしれませんね。「気になるニュースの数字」、今回は英語学習と女性の関係に迫りました。

英語能力のスコアは女性の方が上
英語能力を測定するEF試験によってわかった、2016年の日本のEF・EPIスコアは72ヵ国中、35位。これまで「標準」と位置付けられていた英語能力が、今回「低い」に下がってしまいました。

この調べによると、比較的高い結果が出た日本の都市部の男性のスコア平均は50.45、女性は52.91となっています。女性は男性よりも少し平均点が高くなっています。また、2015年に公開テストが200回を迎えたTOEICの調査によると、第一回のテストでは受験者全体に占める女性の割合が30.4%であったのが、200回には38.2%と約7.8%も増加。英語を学ぶことに対する女性の意識は少しずつ高まっているようです。

女性の7割が「社会人になって習いごとを経験」
英会話のGABAが2015年3月に行った調査によれば、社会人になって習いごとやスキルアップに取り組んだとした女性はなんと75.2%。男性の57.2%をはるかに上回っています。また、習いごとの中で「英語・英会話」に取り組んだとした女性は23.9%。「フィットネス・ジム」、「ワード・エクセル・パワーポイント」に次ぐ3番目に多い結果となっています。

さらに、同調査によれば「今後始めたい習いごと・スキルアップ」でもっとも多かった回答は「英語・英会話」で男女ともにトップ。女性は39.3%、男性は38.6%が「英語・英会話」を始めたいと考えていることがわかりました。実際に「現在取り組んでいる習いごと・スキルアップ」でも女性でもっとも多いのは「英語・英会話」で13.7%となっています。

しかしながら、こちらは男性の23.1%に比べるとやや割合は低め。「始めたい」と思っていても、実際に行動に移せた女性は少ないようです。

女性は「趣味で」、男性は「仕事のため」
では、なぜ英語や英会話を学習したい女性が多いのでしょうか? 

マイボイスコムが2016年に行った「英語教育」に関するインターネット調査によると、「英語力の必要性を感じる」とした割合は全体で59.7%。また「必要性を感じる」と回答した比率は男性より女性の方が高いという結果が出ています。

2016年12月13日 (火曜日)

お金をかけずに簡単子育て英会話

お金をかけずに簡単子育て英会話が次のサイトで公開されています。
   
http://english-hacker.jp/archives/10979/

グローバル化が進み、英語が出来る人を優遇する企業もどんどん増えてきています。公立小学校に英語教育が導入され、一部の高校では、英語の授業を日本語で行わずに英語で行う様になってきました。
日本中どこへ行っても外国人を見かけない街はないという位、日本にも外国人観光客や外国人の移住者が増えてきており、英語で対応できるレストランやコンビニも増えています。
今が英語教育の過渡期にある日本。「子どもには英語を話せる様になって欲しい」と願うパパママが、ますます増えるのも当然のことです。英語が苦手なパパママでもお金をかけることなく、子供をバイリンガルに育てる方法をご紹介します。

子どもの英語教育方法にも色々あり、最もポピュラーな方法は、
英語教材を購入
英会話教室に通わせる
の二つかと思います。

教材や教室の値段もピンからきりまでありますよね。しかし、そこにお金をかける前に、家庭でできる事があります。それは、「子育て英会話」を取り入れる事!「子育て英会話なんて、英語が出来る親しか出来ない」と思っている方、安心して下さい。英語が苦手なパパママでも出来ますよ!

子育て英会話を家庭で取り入れるにあたって

まず、子育て英会話で一番大切な事は、親も一緒になって英語を楽しむ事です。子どもに英語を覚えさせようと必死になったり、子どもに英語を強制したりする必要はありません。むしろ、そういう事は、しないのがベターです。そうする事でかえって子どもが英語アレルギーになってしまう場合もあります。
子育て英会話の一番の目的は「英語を好きになってもらう」事です。小さい頃から英語に親しんでいれば、英語が好きになりやすく、英語を好きになれば、将来自然と英語を勉強する様になります。
子どもに英語を好きになってもらうためにも、まずはパパママ自身が英語を好きになって楽しみましょう。

絵本で子育て英会話
小さなお子様のいるご家庭には、どこにでも絵本が沢山あると思います。子ども達は絵本が大好きですよね!そのコレクションに、英語の絵本を何冊か加えてみましょう。
絵本と言っても、英語が苦手なパパママには難しい絵本も沢山あります。また、長い絵本は英語があまり分からない小さな子どもにとっては、長すぎては飽きてしまいがちです。短くてシンプルな英語の絵本をゲットして親子で楽しめるのがベストです。

Good Night, Gorilla

ベッドタイムストーリー(寝る前の絵本)にお勧めの一冊です。この絵本は、動物園の動物達に、動物園の飼育員のおじさんが”Good night”言う絵本で、”Good night”と、動物の名前しか出てきません。とても簡単なので、英語初心者のパパママに是非お勧めしたい一冊です。
私は日本で英語を教えたり子育てをしたりする以前にアメリカで保育の仕事をしていましたが、アメリカの子ども達も日本の子ども達も、例外なく皆この絵本が大好きです。
そして、この絵本を何度か読むだけで、子ども達は、”Good night!”と言える様になり、動物の名前も覚えられる、素晴らしい一冊です。(購入ページ)

Today is Monday

そして、食べ物の名前と曜日が覚えられるこの一冊。「はらぺこあおむし」で有名なエリックカールの作品です。色鮮やかで、子ども達の目をひくこの絵本は、実は歌もあるので、是非歌も一緒に覚えて下さいね!(購入ページ)
月曜日には、”Today is Monday!” 火曜日には ”Today is Tuesday!”など、絵本で覚えたフレーズを、日々の生活の中で取り入れて使うと、より効果的です。
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
動物の名前と色が覚えられる絵本です。この絵本の良いところは、動物の名前と色が覚えられるというだけではありません。同じ文が、単語を入れ替えて繰り返し出てくるので、何度も繰り返して読んでいるうちに、自然と応用出来る様になるという、英語教材としては最高の一冊です。

Maisy Big, Maisy Small
Maisyちゃんシリーズは全部お勧めなのですが、この絵本は、「大きい、小さい」「暑い、寒い」「遅い、速い」「背が高い、背が低い」など、反対言葉を覚えられるのが特徴です。
文ではなく、単語のみが出てくるので、英語が苦手なパパママにも読みやすく、”Spikey”(とげとげ)など、日本の中学高校では習わないけれど日常生活では使える単語も出てきます。読みやすだけれなく、しっかり勉強になるとても良い一冊です。
ダイソー「はっけん!こどもはじめてずかん」シリーズ
なんと!ダイソーに、子ども向けの英語図鑑があるんです!「おうちにあるもの」と「おそとにあるもの」の二冊がオススメです。
「おうちにあるもの」
家の中にあるもの、例えば、部屋の名前(nursery 子ども部屋 bathroom お手洗い など)、食べ物(curry and rice カレーライス hamburger ハンバーガー など)、16項目の英単語が200語以上載っています。身近にあるものばかりなので、毎日の生活の中で少しずつ覚えられますね。
「おそとにあるもの」
街の中(restaurant レストラン、bookstore 本屋 など)、公園(swing ブランコ、slide すべり台 など)、海(sea 海、shell 貝殻など)や山(moutain 山、pinecone まつぼっくり など)などの単語が、こちらも200語以上。この図鑑で学んだ単語を、お出かけの時に復習できます。

2016年12月11日 (日曜日)

日本の英語学習

英語学習に関する記事があります。

http://blogos.com/article/200988/

“学校の宿題であっても、受験のためであっても、本当に大事でないことに多くの時間を使うのは無駄だ。”

それならプロにもなれないサッカーの選手が練習をするのは無駄であるのか。そうではない、人間は楽しい事ができるならばそれなりの意味がある。

英語も学習することが楽しいなら意味がある。私は英語を50年以上もやっているが、現在は英語を教えたり、英語の映画を楽しんだりしている。もちろん英語を教えるために英語をやったのではない。「最初から高みを目指して」いたのではなく、楽しいから続けてきたらこうなっただけの事だ。

現在の英語教育の問題はでは学校で教えている英語学習は楽しいかと言えば楽しくない。それは先生が知識を教えるからだ。
言語は使い方を学ぶ用例基盤であり、どんどん事例を覚える事例基盤だ。その事例をどんどん覚える方法がネイティブを真似て、フィードバック得て矯正する方法だ。知識の集積ではなく、スキルの向上だ。これはディープラーニングと呼ばれているが、これは人間の脳の学習メカニズムだ。

母語と同じように事例を覚える学習は発音も表現も使い方もどんどん上達して、英語の学習が楽しくなる。サッカーの選手が練習するのと同じ事だ。

これだけグローバル社会が進むと英語を知って楽しめる人は非常に多い。ネットで遊んでも、海外旅行でも楽しめる。

すると英語の必要性を論じるのはナンセンスであり、どう教えるか、どう学ぶかが大事な課題となる。

2016年12月10日 (土曜日)

質より量ではない

次の英語学習記事があります。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/skillup/15/093000004/120900033/?P=2

“とにかく英語で意思を疎通させる”、“まずは、質より量です。”は非常に理解し難い説明です。

日本語でも意思の疎通は難しいものです。英語が十分でない人がどうやってそれの意思の疎通ができるのでしょうか。そしてなんで質より量が重要なのでしょうか。

英語が話せないその原因は自分の言いたい事を英語で言えないからであり、会話をする相手や会話の機会がないからではありません。

単に本人の学習と練習不足によるものです。

英語で何かを言いたいと言うなら、ネイティブの使う表現を忘れないように真似て覚える事です。忘れなければ自分の言いたい事は言えます。意思の疎通ができるかどうかは、相手次第の部分もあります。取り敢えず自分の言いたい事がたくさん言えるようになれば会話は成立します。

オンラインの英会話が効果的なら“日本語を活用した英会話学習得法”はどうなるのでしょうか。

“とにかく英語で意思を疎通させる”、“まずは、質より量です。”が大事であるなら、ますます、その意味や必要性はなくなってしまいます。しかも、質より量の学習方法は以前に説明のあった達人を真似るディープラーニングとは程遠い学習方法です。

2016年12月 9日 (金曜日)

英語学習のためのリンク

年頭に今年こそは英語の勉強をやろうと思ったものの、結局続かなかったという人も多いのではないでしょうか? 継続が大事だと頭では分かっていても、なかなか続きませんよね。ただ、英語を学習する場は英会話教室だけではありません。自分で空き時間できる英語学習ツールや、英語の勉強が楽しみになるような記事をピックアップしました。

“発信力”強化で本当に使える英語力が身に付く!

実践的になったTOEIC Program を受けてみよう
http://dime.jp/genre/314390/

TOEIC対策に!英語のニュースがメールで届くおすすめサイト4選
http://dime.jp/genre/316920/

秋から始めたい人に!「英語」で「英語」を学べる無料サイト5選
http://dime.jp/genre/286189/

なぜ、英語力の必要性を感じている人は多いのに、勉強している人は少ないのか?
http://dime.jp/genre/311653/

「英語力を身につけると年収が上がる」は本当か?
http://dime.jp/genre/224808/

ホームステイ感覚で英語や料理が学べる教室『Tadaku』体験レポート
http://dime.jp/genre/285233/

2020年から改訂される小学校の英語授業の内容を知っている母親は3割
http://dime.jp/genre/303735/

中学英文法の知識で、大学入試の英語の問題の8割が解答可能だった!
http://dime.jp/genre/297240/

教科書英語のはずがエッチな表現に!?日本人が誤解しがちな英語
http://dime.jp/genre/291818/

ぜひ参考にしてください。

2016年12月 8日 (木曜日)

脳を知りたい

人工知能に人気が集まってきました。その元となるのが脳の事です。

http://s0sem0y.hatenablog.com/entry/2016/04/30/173951

次のような説明があります。

人工知能の研究が始まってから60年が経ちます。
現在まで様々な手法が試されてきましたが、現在人工知能開発の主流になっているディープラーニングは脳の活動の模倣によって発展しました(従来からニューラルネットワークとして、脳の神経の構造を真似ることはしてきましたが、ディープラーニングでは脳の神経の振る舞いを真似るようになりました)。ディープラーニングが知的な振る舞いをする機械に発展するのか、あるいは他の方法なのか、それは誰にも分かりませんが、現在多くの分野で成果を上げていることは誰にも疑いようがありません。

ここまでディープラーニングが成果をあげてきたともなれば、そもそも脳の働きがどれだけ優れたものであるか、一体どのように動作しているのかに興味が湧いてきませんか?脳の構造を真似ているディープラーニングは、あくまでそのアルゴリズム通りに動作しているに過ぎません。まだまだ人間の脳の汎用性にはかなわないのです。しかしある特定の問題に対しては、そのアルゴリズム通りに動作することで人間を超える成果を挙げるのも事実です。人間には感情などが邪魔をして、特定の作業を邪魔することもあるでしょう。もしも脳のことをもう少し知っていて、ある作業のときにどういうふうに脳を使えば良いのかが分かれば、もっと上手く物事を運べるかもしれません。

2016年12月 6日 (火曜日)

商社マン50人が明かす「英語」習得法

商社マン50人がいろいろと「英語」習得法を解説しております。

http://diamond.jp/articles/-/110056

今も昔も、「英語がデキない商社マンは人間以下である」(三井物産のベテラン社員)という実態は変わっていません。グローバルで事業を展開する日本の総合商社には、海外からの電話やメールが多く、「英語の巧拙はあるけれども、一般職社員も含めて全社員が受け答えできることが前提」(三菱商事人事部)となっているからです。

 そんな語学エリートの商社マンですが、初めから語学が堪能だった人ばかりではありません。海外駐在が決まったり、昇格に必要だったりと、必要に迫られて語学を習得した人たちも多いのです。本誌では、50人以上の現役商社マンに取材を敢行し、彼らにとっておきの語学習得法を明かしてもらいました。

 一口に商社マンと言っても、英語をほとんど使わない国内組から帰国子女まで、若手からベテランまで、部門や年代によって語学力にバラツキがあります。英語などの語学習得法の中身も千差万別で、「50人50色」。特集では、50通りの習得法を、コストと難易度で分類しわかりやすく紹介しました。

 これだけのケーススタディがあれば、これまで英語習得にチャレンジしては挫折を繰り返してきたあなたでも、まねできる勉強法がみつかるはずです。

”英語などの語学習得法の中身も千差万別で、「50人50色」”と言ってますが事実でしょうか。
それは出版社の詭弁です。世界的な言語学者のクラッシェンは人間の基本的機能の食べ物の消化、生殖、言語習得は、人種、年齢、性別、文化に関わらず同じだと言っています。

https://t.co/Ycn1Cp75hJ https://t.co/Wlh4lHjAV6

この50人の説明で共通していることは反復練習をして英語表現を覚えている事です。つまりどんな方法でも反復練習をすれがディープラーニングが促進して覚える事ができます。

2016年12月 5日 (月曜日)

QQイングリッシュの大きな間違い

QQイングリッシュの藤岡氏が次のように書いています。

http://toyokeizai.net/articles/-/147534

英語学習の基本を間違えています。言語は文法のような使い方を学用例基盤ではなく、事例の集まった事例基盤です。基本はネイティブの真似をする事です。発音、表現、使い方を真似るのです。事例基盤と言う事は皆が使う表現や発音を真似る事です。
事例を真似るのですから“ネーティブに通じる必要はない”と言うのは暴言です。ネイティブに通じなければ英語ではありません。
言語は事例基盤ですからその数が多い程自分の意思を伝えるのが上手になります。すると大事な事はインプットの量ではなく、記憶にある事例つまり自動化され使える英語事例の数になます。
反復練習は大事ですが、覚えるべきはネイティブが自然に使う事例であり、文法を基本として教える不自然な英語ではありません。
英語を話していると言っても、文法用のDUOの377の短文を無理して使い回しているだけの事です。多くの日本人のように言いたい事を無理してその範囲で誤魔化しているのです。

2016年12月 4日 (日曜日)

留学前に英語を効果的に勉強する5つの方法

留学前の準備を万全にして出発したいので、事前に英会話力をつけておきたい。そんなご相談がよく寄せられます。

事前に英語力を付けて行けば、留学中の学習効果はより一層高まりますし、短期留学でも最大効果を得ることができるでしょう。事前に英会話に慣れておくのは、留学前の心の準備として大変よいアプローチだと思います。

しかし、具体的にどんな方法があるのか、お困りの方も多いようです。今日はそんなご相談にお答えして、少しユニークで、生きた英語力を身に付ける方法5つをご紹介します。

1.MEET UP に参加する

Meet Up (ミートアップ)とは、自分の住んでいる地域で、興味のある分野のサークルを開催しているグループを見つける事ができるソーシャルサイトです。

自分の住むエリアから範囲を指定でき、興味のある分野を選択するだけで、沢山のサークルが検索結果に上がってきます。世界中で展開されており、日本国内でも盛んに利用されています。

「国際交流」、「英会話」、「Language Exchange」など検索キーワードを使い、自分の興味のあるサークルを覗いてみましょう。英会話グループはカフェなどで集うことが多く、国際交流関連のグループはピクニックやイベントなど、日本にいる外国人と活発に交流できる機会がふんだんに設けられています。

参加費用などは各グループや各アクティビティによって異なるので、必ず詳細を確認してほしいのですが、ほとんどの場合お手頃な価格で参加できます。地域は自由に設定ができるので、留学後にも現地のMeet Upを探して参加するのも良いですね。

2.ボランティア活動に参加しよう

日本の各自治体では、国際交流課などが設けられている地域が多く、地域で暮らす外国人の方たちをサポートしたり、国際交流イベント等を開催しています。

活動内容は自治体により様々ですが、通訳・翻訳のサポート、イベントのお手伝い、日本語の会話の練習パートナーなど多岐に渡ります。

こういったボランティア活動は、参加するご自身にとっても貴重な経験となりますし、地域の外国人の方も、自治体からも感謝される、万人にとって良いことづくめの活動といえます。気になる方はぜひ、ご自分のお住まいの自治体へ問い合わせてみましょう。

3.英語を使うアルバイトをする

外国からの観光客の増加に伴い、飲食店や販売系のアルバイトなど英語で接客をする機会が増えています。英語を使うアルバイトなら、働きながら英会話を身に付けられるので、留学前の貯金もできて一石二鳥。バイト先からも重宝されるでしょうし、良い事づくめです!

4.語学アプリを活用する

学校の休み時間や通勤途中など、隙間時間を利用して英語を学べるのが、語学アプリを利用する方法です。DuolingoやEnglish Liveなど、場所や時間を問わずに勉強できるアプリを活用しましょう。

大切なのは、常に耳を英語の環境にさらしておくこと。その為にはスマホを利用しない手はありません。

5.事前のオリエンテーションやサービスを利用する

留学出発前は、オリエンテーションやワークショップが開催されることもしばしば。過去の参加者との交流会や、同時期に出発する同期の参加者と積極的に会話をして、彼らの英語学習法を聞いてみましょう。

留学前の準備プログラムや英会話サービスなどを提供している語学留学もあるので、見逃さないよう確認しておきましょう。

まとめ

教科書やリスニング教材を使っての学習も、もちろん大切ですが、実際に英語を使って会話をする事が重要なキーだと思います。

「言語は生きもの」とはよく聞かれるフレーズですが、日常的に少しづつ会話をすることで、頭の中が留学モードに入っていくでしょう。ぜひ留学前の準備を万全にして、有意義な留学にしましょう!

英語は話す事で上達するのではありません。自分の言いたい事をネイティブを真似て反復練習して自動化するから話せるのです。忘れないように覚える事が大事です。英会話の勉強をするなら、旅行やイベントに参加するより、表現集や対話集で勉強する方がずっと効果的な学習ができます。

2016年12月 3日 (土曜日)

商社の英語

商社で必要な英語とその習得方法が解説されています。

 TOEICのスコアが身長より低い人。中山慎一郎さんは、双日社内で何とも不名誉な称号を与えられてしまった。内定時のスコアは170点。TOEICは990点満点の四択テストなので、誰でも約250点は取れるはず。「確率論を超えた」と、周囲に笑われたものだった。

 中山さんは、入社当時は本気でプロ野球選手を志望していた。双日マンとして生きる決断をしたのが入社2年目の秋。そこから猛勉強を始める。実に3年半もの間、東京の会社と千葉の社員寮との往復2時間の通勤時間を全て、英語にささげた。教材は、『TOEICテストはじめから英単語2500語』と文法書『Forest』を使い、内容を頭にたたき込んだ。

 今春の試験で680点を獲得。8月に初めて一人で海外出張を経験した。「勉強当初は完璧を目指して、外国映画を英語で見ようとして失敗しました。野球も英語も継続のコツは焦らずに現実的な目標を立てること」(中山さん)。次なるターゲットは、海外駐在要件の730点だ。

 2人目の澤井遼さんは、外国人の同僚を使い倒した。理系出身で、内定時のスコアは300点。ランチ時や勤務後に、TOEIC対策のための時間を設け、米国人や英国人の同僚らに、正しい文法表現から時間配分まで、ボランティアで教えてもらった。今春、海外駐在要件を超える780点を獲得できただけでなく、「日常会話までできるようになりました」(澤井さん)。まさに一石二鳥である。

 とはいえ、試行錯誤もあった。「最初からリスニングや長文読解に手を出して遠回りしました。英語力がゼロの人は、単語や文法などの基礎を先に固めるべき」(同)とアドバイスする。

「YouTubeでサッカーを見る暇があるんなら、単語の一つでも覚えたら?」。妻の何げない一言で、“聖地”トイレのドアは英単語の付箋で埋め尽くされた。

 3人目の山田太郎さん(仮名)の持ち点は285点。胃腸が弱くトイレにこもる時間が人よりも長いことから、「用を足す時間すらもったいなくて、勉強に充てる時間を捻出しました」(山田さん)。

 山田さんの学習法は一風変わっている。TOEIC対策の勉強法が肌に合わず、留学もしないのに、TOEFL対策をすることによってTOEICスコアを引き上げることにしたのだ。

 50万円の巨費を投じて、TOEFLに強い予備校アゴス・ジャパンに4カ月通った。アゴスの宿題の量は恐ろしく膨大で、「1日5時間は勉強しないと終わらないレベル」(同)なのだそうだ。トイレにいる時間すらもったいなくなるのもうなずける。集中期間中は、「社内の飲み会の9割5分は断った。周囲に、勉強を“やってるぜ感”を醸し出すこともモチベーションアップにつながる」(同)のだという。覚えた単語は2000語。ビジネスよりも日常会話〝寄り〟のTOEFL対策でも、TOEIC775点をゲットできた。

 急がば回れ。双日3人衆に共通しているのは、地道な勉強である。英語学習に奇手妙手はない。

緊急100社調査でわかった 英語必修のタイムリミット

『週刊ダイヤモンド』12月10日号の第1特集は、「商社の英語?門外不出のサバイバル習得法?」です。

 今も昔も、「英語がデキない商社マンは人間以下である」(三井物産のベテラン社員)という実態は変わっていません。グローバルで事業を展開する日本の総合商社には、海外からの電話やメールが多く、「英語の巧拙はあるけれども、一般職社員も含めて全社員が受け答えできることが前提」(三菱商事人事部)となっているからです。

 そんな語学エリートの商社マンですが、初めから語学が堪能だった人ばかりではありません。海外駐在が決まったり、昇格に必要だったりと、必要に迫られて語学を習得した人たちも多いのです。本誌では、50人以上の現役商社マンに取材を敢行し、彼らにとっておきの語学習得法を明かしてもらいました。

 一口に商社マンと言っても、英語をほとんど使わない国内組から帰国子女まで、若手からベテランまで、部門や年代によって語学力にバラツキがあります。英語などの語学習得法の中身も千差万別で、「50人50色」。特集では、50通りの習得法を、コストと難易度で分類しわかりやすく紹介しました。

 これだけのケーススタディがあれば、これまで英語習得にチャレンジしては挫折を繰り返してきたあなたでも、まねできる勉強法がみつかるはずです。

 また、大手企業100社を対象に、語学スキルに関する緊急アンケートも行ないました。5年前に実施した同様のアンケートと比較して判明したのは、「もう英語から逃れることはできない」という現実でした。すでに、8割の企業では、英語会議を導入しています。

「英語ができなければ人にあらず」は、商社だけの話ではなくなっているようです。

 それどころか、商社を含めた大手企業では、重要視する言語が英語から「次の言語」へ移っている実態も明らかになりました。中国語、ロシア語、スペイン語――。ビジネスの需要に応じて、企業が注力すべき言語も変容しています。

 ビジネスにおいて、言語は一つの武器に過ぎません。でも、武器を持たずに戦場へ出ることができないのも事実です。

私は英語力をTOEICの点数で計るのは問題があると思います。

2016年12月 2日 (金曜日)

効果的なボキャブラリー学習

効果的なボキャブラリー学習が紹介されています。

意味の暗記は「ゴール」ではない

読者の皆さんは、どのような方法でボキャブラリーの学習をしていますか?ひょっとしたら、単語帳にマーカーで線を引いたり、リング付きの暗記カードなどを使用して、英単語の日本語訳を覚える学習をしている方もいるかもしれませんね。残念ながら、これでは成果は上がりません。というのも、こうした学習法では単語の「意味」を覚えることしかできないからです。もちろん意味を覚えること自体は大切ですが、意味の暗記を「ゴール」にしてしまうのは問題ありです。

アウトプットで使える覚え方を

例えばreferendumという単語があります。これは「国民投票、住民投票」という意味ですが、「referendum=国民投票」とだけ覚えるとしたら、これは果たしてコミュニケーションで使える知識でしょうか?「referendumの意味を書きなさい」という単語テストには合格できるかもしれませんが、これだけでは実際の会話でこの語を使いこなすことができません。そもそも、われわれが単語を覚えるのは、英語を理解するためだけではありません。その単語を自分でも使えるようにして自身の表現力を高めるというのも、ボキャブラリー学習の大切な目的の一つです。だから、単語の意味だけ覚える学習法では不十分なのです。

改めてreferendumを例にとってみましょう。「国民投票を実施する」ならhold / conduct a referendumだし、「国民投票によって承認される」ならbe approved by referendumと表現します。せっかく意味を覚えるなら、もう一歩進めて、こうした代表的な「使い方」まで含めて頭に入れるようにしましょう。こうすることで、その単語を自分でも使えるようになっていくのです。

知識を覚えることを「インプット」、それを実際に使うことを「アウトプット」といいますが、単語をインプットする際には、アウトプットで使える状態でインプットするというのが、賢い覚え方ですよ。

「目」以外も活用すべし

ボキャブラリーの学習において、「単語がなかなか覚えられない」、「覚えてもすぐに忘れてしまう」という人は多いと思います。まず、覚えられない原因の多くは、文脈と単語を切り離しているからではないでしょうか。「referendum=国民投票」という字面だけで暗記しようとしても、頭に入ってくるはずがありません。必ず文章の形で覚えるようにしましょう。単語とは文章の中に置いて、初めて意味を成すもの。文章から切り離した単語は、意味のない単なる「記号」に過ぎません。これでは覚えられないのは当然です。

また、すぐに忘れてしまうという方は、その単語を「目で見た」だけで覚えたつもりになっていませんか?視覚情報だけでは、なかなか単語は頭に定着しませんよ。

そこで、私がお薦めする方法は22つ。まずは、その単語が使われた文を何度も音読すること。2つ目は、その英文をネイティブスピーカーが朗読した音声を何度も聞くこと。このように「目」だけでなく、「口(音読)」「耳(リスニング)」も活用しないと、単語は定着しません。じっと単語帳とにらめっこするだけの学習法では、効果が出ないですよ。

以上を考えると、単語を覚える際に使用する教材は、音声付の英文が載っているものがよいでしょう。

単語で覚えより、英語事例で覚える方が効果的だと思います。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »