無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

オンライン状態

« QQイングリッシュの大きな間違い | トップページ | 脳を知りたい »

2016年12月 6日 (火曜日)

商社マン50人が明かす「英語」習得法

商社マン50人がいろいろと「英語」習得法を解説しております。

http://diamond.jp/articles/-/110056

今も昔も、「英語がデキない商社マンは人間以下である」(三井物産のベテラン社員)という実態は変わっていません。グローバルで事業を展開する日本の総合商社には、海外からの電話やメールが多く、「英語の巧拙はあるけれども、一般職社員も含めて全社員が受け答えできることが前提」(三菱商事人事部)となっているからです。

 そんな語学エリートの商社マンですが、初めから語学が堪能だった人ばかりではありません。海外駐在が決まったり、昇格に必要だったりと、必要に迫られて語学を習得した人たちも多いのです。本誌では、50人以上の現役商社マンに取材を敢行し、彼らにとっておきの語学習得法を明かしてもらいました。

 一口に商社マンと言っても、英語をほとんど使わない国内組から帰国子女まで、若手からベテランまで、部門や年代によって語学力にバラツキがあります。英語などの語学習得法の中身も千差万別で、「50人50色」。特集では、50通りの習得法を、コストと難易度で分類しわかりやすく紹介しました。

 これだけのケーススタディがあれば、これまで英語習得にチャレンジしては挫折を繰り返してきたあなたでも、まねできる勉強法がみつかるはずです。

”英語などの語学習得法の中身も千差万別で、「50人50色」”と言ってますが事実でしょうか。
それは出版社の詭弁です。世界的な言語学者のクラッシェンは人間の基本的機能の食べ物の消化、生殖、言語習得は、人種、年齢、性別、文化に関わらず同じだと言っています。

https://t.co/Ycn1Cp75hJ https://t.co/Wlh4lHjAV6

この50人の説明で共通していることは反復練習をして英語表現を覚えている事です。つまりどんな方法でも反復練習をすれがディープラーニングが促進して覚える事ができます。

« QQイングリッシュの大きな間違い | トップページ | 脳を知りたい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/68731323

この記事へのトラックバック一覧です: 商社マン50人が明かす「英語」習得法:

« QQイングリッシュの大きな間違い | トップページ | 脳を知りたい »