無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

オンライン状態

« お金をかけずに簡単子育て英会話 | トップページ | 英語上達のコツ、基本押さえ時間を集中投下 »

2016年12月14日 (水曜日)

4割の女性が「習い事、やるなら英会話

ウートピから次の発表がありました。

「習い事、やるなら英会話」 みんなの英語学習法
「今、何か習いごとを始めるなら、英語かな」という女性は結構いるのでは? 英語ができたらもっと仕事の可能性が広がるのに……。海外旅行をもっと自由に楽しめるのに……。などなど英語を勉強し直したい理由はさまざま。

「学生の頃よりお金はあるから、やるならマンツーマンの英会話かな?」なんて、考えている人も少なくないかもしれませんね。「気になるニュースの数字」、今回は英語学習と女性の関係に迫りました。

英語能力のスコアは女性の方が上
英語能力を測定するEF試験によってわかった、2016年の日本のEF・EPIスコアは72ヵ国中、35位。これまで「標準」と位置付けられていた英語能力が、今回「低い」に下がってしまいました。

この調べによると、比較的高い結果が出た日本の都市部の男性のスコア平均は50.45、女性は52.91となっています。女性は男性よりも少し平均点が高くなっています。また、2015年に公開テストが200回を迎えたTOEICの調査によると、第一回のテストでは受験者全体に占める女性の割合が30.4%であったのが、200回には38.2%と約7.8%も増加。英語を学ぶことに対する女性の意識は少しずつ高まっているようです。

女性の7割が「社会人になって習いごとを経験」
英会話のGABAが2015年3月に行った調査によれば、社会人になって習いごとやスキルアップに取り組んだとした女性はなんと75.2%。男性の57.2%をはるかに上回っています。また、習いごとの中で「英語・英会話」に取り組んだとした女性は23.9%。「フィットネス・ジム」、「ワード・エクセル・パワーポイント」に次ぐ3番目に多い結果となっています。

さらに、同調査によれば「今後始めたい習いごと・スキルアップ」でもっとも多かった回答は「英語・英会話」で男女ともにトップ。女性は39.3%、男性は38.6%が「英語・英会話」を始めたいと考えていることがわかりました。実際に「現在取り組んでいる習いごと・スキルアップ」でも女性でもっとも多いのは「英語・英会話」で13.7%となっています。

しかしながら、こちらは男性の23.1%に比べるとやや割合は低め。「始めたい」と思っていても、実際に行動に移せた女性は少ないようです。

女性は「趣味で」、男性は「仕事のため」
では、なぜ英語や英会話を学習したい女性が多いのでしょうか? 

マイボイスコムが2016年に行った「英語教育」に関するインターネット調査によると、「英語力の必要性を感じる」とした割合は全体で59.7%。また「必要性を感じる」と回答した比率は男性より女性の方が高いという結果が出ています。

« お金をかけずに簡単子育て英会話 | トップページ | 英語上達のコツ、基本押さえ時間を集中投下 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/68836596

この記事へのトラックバック一覧です: 4割の女性が「習い事、やるなら英会話:

« お金をかけずに簡単子育て英会話 | トップページ | 英語上達のコツ、基本押さえ時間を集中投下 »