無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

オンライン状態

« 瞬間英作のベレ出版から2回目の返事 | トップページ | ETN(English Tutor Network)への質問 »

2016年11月 8日 (火曜日)

瞬間英作最大の間違いと矛盾

綿引様
森沢洋介様

返事がないので、私からの一方的なメールになってしまいます。

綿引さんは瞬間英作が基底能力をつけるための「英語回路を作る」のものだから英語の基礎となる部分を自由自在に使いこなせるところが到達点になっているため、と言っております。

基礎の部分と言うならポンポン、スラスラ、どんどん英語が話せる瞬間英作の目的はなんですか。他の出版社から“瞬間英作文トラベル編”があるのはどうしてですか。“例文は他の旅行英会話本と特に変わりがない”と言っていますから、基底能力をつけるための「英語回路を作る」目的ではありません。

綿引さんはこの事実をどう考え、森沢氏が信頼に足る人間だと思っているのですか。
トラベル編では、私に言った疑似英語を教えているのもウソですね。

旅行編があるなら、瞬間英作の目的が基礎ではなく、英語を自由自在に使う事であるのは明らかです。

そして、英語回路ができてもトラベル英語も話せないのが実態ではないですか。もし、トラベルでは教え方を変えたと言うなら、基底能力をつけるための「英語回路を作る」と言った説明はどうするのですか。綿引さんは英語回路を信じているようですよ。

日本人は日本語が話せればトラベル日本語を勉強しなくても、まったく問題ありません。森沢氏はゴリゴリ暗記が最悪といいながら、結果的にはトラベル編では旅行用表現をゴリゴリ暗記しろと言う事ではないですか。

森沢氏にお尋ねします。最初からネイティブの音声で瞬間英作文トラベル編をやったら英語を使えるようになりますか。それで十分に使えるのであれば、基底能力をつけるための「英語回路を作る」必要はあるのですか。

つまり森沢氏は英語の基底能力とそれを使う英語回路が必要だと考えた英語教育、英語学習は基本的な間違いです。事実、自身も自然な英会話は得意とされておりません。

英語をディープラーニングで覚える場合には達人(ネイティブ)を何度も真似、フィードバックを得て、矯正と修正をします。これで発音、スピーキング、リスニングの学習が同時にできます。基底能力をつけるための「英語回路を作る」必要はありませんから、音読も瞬間英作も必要ありません。

ディープラーニングならパターン学習で加速度的に学習が促進され、パターン認識で精度も向上します。これは、臨界期前の子供、大人、シニアにも有効な方法です。

言語は用例を覚える用例基盤ではなく、事例を集積した事例基盤だからです。事例基盤であるなら、英語回路も必要とせず、瞬間的に英語を自分で勝手に作り出すのは間違った英語学習です。事例を学習して記憶する方法がディープラーニングです。脳はその事例をルールではなく、ベイジアンネットで統計的に運用しております。

覚えた英語なら話すだけでなく、映画やドラマででてきてもクリアに聞き取る事ができます。最初から基礎無しで、英語を自由自在に使う事が目的です。

このように音読や瞬間英作は間違いと矛盾ばかりです。
私に間違いがあれば指摘してください。

« 瞬間英作のベレ出版から2回目の返事 | トップページ | ETN(English Tutor Network)への質問 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/68316440

この記事へのトラックバック一覧です: 瞬間英作最大の間違いと矛盾:

« 瞬間英作のベレ出版から2回目の返事 | トップページ | ETN(English Tutor Network)への質問 »