無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

オンライン状態

« 娘に英語で話し続けたら2歳で英語がペラペラに | トップページ | ベレ出版と森沢洋介氏への質問 »

2016年11月 1日 (火曜日)

ビートルズで英語の「アウトプット革命」

茂木 健一郎氏が次のように言っています。

「アウトプット革命」のために、お勧めしたい教材がある。それは、ずばり、ビートルズの5番目のアルバム、『ヘルプ!』(邦題『4人はアイドル』)である。

1965年、『ヘルプ!』がリリースされた当時のビートルズ。
『ヘルプ!』は、若くて勢いのあるビートルズの名曲がたくさん入ったアルバムで、表題作「ヘルプ!」はもちろん、代表曲の1つ「イエスタデイ」や、「涙の乗車券」などの、誰もが知っている曲がたくさんちりばめられている。

そして、アルバムを通して聴いて驚くのは、使われている単語がほとんど、日本で言えば「中学校レベル」のものだということだ。嘘だと思ったら、歌詞を参照しながら通して聴いてみてほしい。

言うまでもなく、『ヘルプ!』は、音楽の歴史に残るバンドの代表作の1つである。シンプルで強く熱いメッセージに満ちた楽曲は、これからも聴き継がれて、古典として残っていくだろう。

そのような高い芸術性を持つ楽曲が、中学校レベルのボキャブラリー、文法で表現できるというのは、日本人にとっての1つのインスピレーションではないだろうか。心を動かすためには、何も難しい英単語を、高度な言い回しで使う必要はないのだ。

『ヘルプ!』の中にあるのは、多くが恋の歌である。人生で一番「真剣勝負」のコミュニケーションは、他のさまざまな状況での会話の、1つの模範ともなる。

『ヘルプ!』を聴いて、英語で表現する勇気を持ってほしい。「ほんものの英語」は、思っているよりも身近にあるのである。

茂木氏は英語学習は人工知能に学べと言ってました。アウトプットを重視するのは間違いです。

« 娘に英語で話し続けたら2歳で英語がペラペラに | トップページ | ベレ出版と森沢洋介氏への質問 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/68201373

この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズで英語の「アウトプット革命」:

« 娘に英語で話し続けたら2歳で英語がペラペラに | トップページ | ベレ出版と森沢洋介氏への質問 »