無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

オンライン状態

« 1年で英語をマスターできる “One Year English”プログラム | トップページ | ベレ出版と森沢洋介氏からの返事 »

2016年11月 4日 (金曜日)

訪日客増で英語研修多彩に 

企業の英語教育はいろいろあるようです。

外国人講師(奥左から2人目)と一緒に店頭でのやりとりを練習する「天丼てんや」の店長ら=東京都台東区
企業の英語研修が多彩になっている。外国人観光客の増加により、鉄道や外食チェーンなど従来は英語を使う機会が少なかった「国内派」企業が日々の仕事に直結する研修を実施。また、同じ地域で別の会社の社員が集まり、英語研修で異業種交流を図る取り組みも出ている。

 「笑顔とアイコンタクトを意識して」「恥ずかしがらずに積極的に」

 9月中旬、東京都墨田区の東武鉄道本社近くの一室に20~50代の社員約40人が集まった。

講師は英会話学校イーオン(東京)が派遣、東武鉄道向け専用に考案した内容だ。「良い1日を」「すてきな旅を」など基本フレーズを反復し、ジェスチャーを交えて改札や券売機を案内する練習へ。「英語の勉強は30年ぶり」などと話しながらも、真剣な表情だ。

東武鉄道は、今年7月から全社員約6000人を対象に英会話研修を順次開いている。沿線に東京スカイツリーや栃木県・日光など観光スポットがあり、駅員だけでなく乗務員や技術職員ら全社一丸で「おもてなし」に磨きを掛ける。

昨年、外国人客への対応について社員にアンケートをしたところ「困っている人を見ても何もできず歯がゆい」「話しかけたいが自信がない」といった回答が続出したため、研修を企画した。「外国語の看板などは整った。人の対応というソフト面を今後充実させていく」と人事部の杉本洋輔さんは話す。

これらもどちらかと言えばディープラーニングの一種かも知れません。

« 1年で英語をマスターできる “One Year English”プログラム | トップページ | ベレ出版と森沢洋介氏からの返事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/68245227

この記事へのトラックバック一覧です: 訪日客増で英語研修多彩に :

« 1年で英語をマスターできる “One Year English”プログラム | トップページ | ベレ出版と森沢洋介氏からの返事 »