無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

オンライン状態

« 究極の外国語学習方法を教えます! | トップページ | ベストティーチャーの宮地俊充さんへの質問 »

2016年10月17日 (月曜日)

TOEIC900点でも日本人が「話せない」理由

英語の話せない理由が紹介されています。

長年英語を勉強しているのに、なぜか話せない。日本人にありがちなこの悩みを突破するのには、どうしたらいいのでしょうか。
「勉強はしているのに、なかなか英語が話せるようにならない」――。これは、多くの日本人に共通する悩みの種ではないでしょうか。

ただし、日本人が英語を勉強していないわけでは決してありません。現在は、中学校で3年、高校で3年、大学の一般教養過程で2年と、計8年間を英語学習に費やしています。さらに、文部科学省は2020年度から、小学校の5、6年生を対象として英語を正式教科とすることを予定しています。

しかし、筆者はこれでも日本人が英語を話せるようになるとは思いません。「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」の4技能のうち、「読む」と「書く」では学校教育の中である一定のレベルに達すると思いますが、「聞く」と「話す」に関しては、多くの人がなかなか超えることのできない英語の「壁」に苦しんでいるのです。英会話に苦しむ大学生や社会人と接する中で、TOEICのスコアが900点を超えているのに、自己紹介すら苦労する人を多く見てきました。彼らはボキャブラリーが不足しているわけではないのに‘My name is・・・’の後がなかなか出てこないのです。

日本語を「英語訳」しようとするのが誤り

英語の壁とは、一体何でしょうか。1つ目の壁は、「英語思考」ができていないことに起因する壁です。日本人特有の癖として、英語を話すときにまず日本語で考え、その内容を英訳しようとしがちです。当然、日本語は全てを言語化しなくても通じる「高文脈」の言語なのですが、日本語で暗に言っていることを英語で逐一言語化しようとすると、英語力がついていかないため、言葉に詰まってしまうのです。また、会話や思考のリズム感も日本と海外では全く異なり、円滑なコミュニケーションを妨げてしまうという悪循環を生み出します。

もう1つの壁は、日本人独特の「英語コンプレックス」の強さによるものです。日本の学校教育の中では、常に正解が求められます。すると、実際の英会話でも頭の中でしっかりと正解を導き出してから話そうとするので、どうしてもワンテンポ遅くなりがちです。またネイティブ慣れしていないことによるある種の苦手意識も影響して、自身の英語能力を100%発揮しにくいことで、発言に至らないこともしばしばです。

①一定期間、完全な英語環境(留学がベスト)に身を置く
②授業(インプット)と会話(アウトプット)のバランスがいい
③ネイティブと話す機会を自ら作っている
④その日習ったフレーズは、その日のうちに数回繰り返し使う習慣をつける
⑤マンツーマン式や直接教授法など、会話に特化したカリキュラムを選択する
⑥目標を明確にしている

TOEIC900点でも日本人が「話せない」理由は話す練習をしていないからです。
私は日本人のいない米国の大学を卒業して、英語が話せるようになりました。でもこの方法はあまり効果的な方法でありません。
英語を自由に話せない人にとって、英語を話す事は話す練習になりません。
英語を話す練習はマンツーマンのレッスンでも、ネイティブと話す事でもありません。それはディープラーニングをすることです。ネイティブの表現や発音を真似て反復練習をして、フィードバックを得て、矯正することです。
この方法ならスピーキング、リスニング、発音が同時に学習できます。
忘れないように覚える事です。ディープラーニングで自動化して覚える事により手続き記憶として長期記憶に保存されます。
言語は文法基盤の用例基盤ではなく、多くの表現の事例基盤です。多くの英語を覚える事により、パターン学習やパターン認識が進み学習が促進され、認識精度も向上します。

« 究極の外国語学習方法を教えます! | トップページ | ベストティーチャーの宮地俊充さんへの質問 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/67988674

この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC900点でも日本人が「話せない」理由:

« 究極の外国語学習方法を教えます! | トップページ | ベストティーチャーの宮地俊充さんへの質問 »