無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

オンライン状態

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月曜日)

娘に英語で話し続けたら2歳で英語がペラペラに

”娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった”と言う本が発売されました。

著者は、物を持たない暮らしを推奨する「ミニマリズム」な暮らしを追求した『最小限主義』の著者である沼畑直樹。同書はミニマリズムではなく英語の本だが、「何もしない」というミニマルな要素が英語教育に大きなヒントになったという。

英語を読めたり、書くことはできる。でも「話せない」のはなぜ? 父である沼畑は娘が生まれたとき「英語だけで話しかける」と決めた。そして父が英語で話し続けたら、娘が初めて話した言葉は、日本語ではなく「More」だった。父は留学経験もなく、独学で英語を学んだだけ。母は日本語しか話せない。それなのに、娘は日本語も英語もペラペラに。一体どうして?

娘のそんな様子を見ながら、沼畑は「母国語」習得の謎を解き明かしていく。大人にこそ役に立つ、母国語習得の秘訣である画期的なリスニング法、そして、子どもに英語を教えたい人への実践法が盛りだくさん。すべての英語学習者へ伝えたい常識をくつがえす画期的な勉強法だ。

子供と大人の学習は基本は同じですが、実践方法は大きく違います。大人でも子供でも大事な事はディープラーニングなのです。

2016年10月28日 (金曜日)

レアジョブ英会話が日本の英語学習を変えています

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブは、法人向けサービス導入企業数が1,000社を突破したことを発表します。また、突破を記念して開催する「レアジョブ英会話が日本の英語学習を変えています」の第一弾として、法人向け記念企画を開始いたします。

レアジョブ英会話は2009年より法人向けサービスを提供開始し、この度導入企業数が1,000社を突破いたしました。この7年間で企業の海外進出や組織内での外国人人材活用など、企業を取り巻く環境のグローバル化は加速しており、特に2012年頃からは景気回復の影響を受け、企業向け研修・人材育成マーケットは拡大傾向で推移し、「社員の英語力向上」に向けても積極的に取り組む企業が増えています。レアジョブ英会話の導入企業動向を見ると、英語研修の目的として、「海外顧客の売上高向上」を置く企業が最も多く、事業へのインパクトをより明確に想定して実施をする傾向にあります。

英語研修を実施する企業が増える中、たくさん話すことが必要とされる英会話学習において、従来の通学型・集合研修では場所や時間の制約からなかなか思う成果が出ないという課題を抱える企業が多くありました。

そのような課題に対して、レアジョブでは時間・場所を選ばず、大量に話す機会を提供できるオンライン英会話サービスを中心として「成功する英語研修」をコンセプトにサービスを提供し、通学型・集合研修からの切替で導入する企業が4割を超え、1,000社以上の企業様に採用いただくまでに成長いたしました。この度、「法人向けサービス導入1,000社突破記念企画」として、研修の目標設定や現状把握など、英語力可視化のためにご利用いただいている「レアジョブ・スピーキングテスト」の合計1,000名への無料提供や、「外国人との協働」をテーマにしたセミナー等を開催いたします。

スカイプのオンラインレッスンが英語学習を変えたと思っていません。英語を話す事は英語の学習になりません。私は日本語を70年以上使っています。しかし、50年前と比べて上達したとは思えません。話しているだけでは英語も上達しないのです。

2016年10月27日 (木曜日)

英会話を早く喋るには

英会話を早く喋るようになるには、どうすればいいでしょうか?

次のような答えがありました。

エリア戦略で英会話のトレーニングするのがおすすめです。英会話を早くしゃべりたいというご相談ですね。

僕のおすすめは「エリア戦略」で英会話のトレーニングをすることです。エリア戦略という考え方を学べば解決策がみえてきます。

エリア戦略という言葉、聞きなれないと思いますが、これは強大な敵に勝つための戦略です。たとえば織田信長の「桶狭間の戦」ご存じでしょうか。有名ですよね。この戦は、エリア戦略の代表例たるものと言えます。
小大名だった織田信長は、エリア戦略で強大な今川氏に勝ちました。

私たち日本人にとっては、英会話は強敵ですよね。強敵な相手です。だからエリア戦略が効くんです。

で、エリア戦略は具体的には下記の3ステップがあります。

1.攻め込む領地(エリア)を分ける。
2.領地ごとに1つずつ各個撃破する。
3.撃破できなければ、さらにその領地を分断する。

エリアを決めて各個撃破するから、エリア戦略といいます。戦闘エリアを小さく分割して小さいものからつぶしていく感じ。攻撃目標を絞ってピンポイントでそこばっかり攻撃する感じです。

でこのエリア戦略、英会話のトレーニングに応用することができます。といっても、僕以外に英語に応用している人はいないと思いますけど…それでは順にステップを追っていきましょう。

ステップ1.英会話する場所(エリア)を列挙する。あなたが英会話を将来するであろう場所を想像してください。
たとえば「服屋さん」「スーパー」「コンビニ」「ホテル」「空港」・・・・
いろいろあるかと思います。列挙してください。

ステップ2.英会話する場所の1つを選ぶ
ここでは、先ほどの例から「服屋さん」を選ぶとします。

ステップ3.その場所で話すだろう英会話フレーズを探す
服屋さんで話すだろう英会話フレーズを探します。英会話テキストから探すとよいでしょう。服屋さんですから、たとえば試着するときの英会話などがありますね。

ステップ4.英会話トレーニング
英会話フレーズを1つか2つおぼえます。事前におぼえておくのがコツです。

ステップ5.英会話の実践
服屋さんにいって、実際に英会話をしにいきましょう。服屋さんでの英会話がすべて話せるようになるまで繰り返します。服屋さんでの英会話をマスターしたら、次の場所に移りましょう。たとえば次は「スーパー」の英会話を攻略するかんじです。

ステップ6.うまく英会話ができなかったら、フレーズを細分化する。
英会話がうまくできなかった場合は、フレーズを細分化します。

たとえば服屋さんの英会話の場合、下記のようにわかれます。「試着の英会話」「価格の英会話」「支払の英会話」そこで「試着の英会話」だけを事前におぼえておき、服屋さんで試着の英会話を話す。試着の英会話フレーズだけをおぼえて話すことで、難易度は下がります。

試着の英会話でも話せなかったら、さらにフレーズを細分化します。「服のサイズの英会話」「服のカラーの英会話」「服の形の英会話」などなど。細分化することで、また英会話の難易度は下がります。

あとは同じです。服のサイズについての英会話だけ事前におぼえ、服屋さんでフレーズを話す。

うまく英会話できたなら、次は「服のカラーの英会話」にチャレンジする。それもうまくいったなら、次は「服の形の英会話」にチャレンジする。これなら英語をしゃべることもかなりラクになるのではないでしょうか。

英語はなるべく日常の会話から始めるべきです。多くの場合に簡単な単語が使われており、覚えるのも楽であり、汎用性があるからです。

2016年10月26日 (水曜日)

ペラペラの英会話についていくには

メルマガに次のような質問と答えがありました。

質問:ペラペラの英会話についていくにはどうしたらよいでしょうか。

回答:英会話を1文1文解析しましょう。
意外とペラペラの英会話も1個1個は簡単ですよ。

ペラペラの英会話についていけない、というご相談ですね。

ネイティブや外国人の英会話はたしかに早く感じると思います。
でも高速なペラペラ英会話も、1個1個解析してみると意外ッ…!
簡単な英会話ばかりだったりするんです。

つまり、1個1個は簡単な英会話。意外と簡単にわかるものです。
ただ、それらの英会話が2個3個とつながると難易度は急にあがります。
「英会話と英会話のつなぎ目がわからない」からです。

そこで以下の方法がおすすめです。

1.自分がききとれない高速なペラペラ英会話を1文1文バラす。
2.1文ずつ英会話を聞いて、1つ1つ理解する。
3.最後に流しで聞いて、英会話と英会話のつなぎ目を聞きとる訓練をする。

この「3」の訓練をしている人は、外国人のペラペラ英会話の速度についていくことができるんです。

そこで具体的な方法をお教えしましょう。
僕の方法では、海外ドラマ、それもコメディードラマのDVDをつかう。
流れは以下のとおりです。

【流れ】
1.海外コメディードラマDVD起動
2.字幕を「英語字幕」にする
3.再生する
4.ペラペラ続く英会話で再生停止
5.何度も巻き戻し、英会話を1個1個紙に書く

早い英会話も一文一文解析していくと答えがみえる。英語字幕と発音が頭のなかでつながります。
それがネイティブのペラペラ英会話を聞きとる鍵になるんですよ。

2016年10月25日 (火曜日)

アプリのリスニング部門ベスト5

英語のリスニングのアプリのランキングが発表されています。

1位TOEIC presents English Upgrader
TOEIC公式が無料! これぞ鉄板の英語勉強アプリ
無料/販売者:国際ビジネスコミュニケーション協会
TOEIC公式アプリ。TOEIC問題頻出の「場面」の音声を基に学習できる。リスニングモードとクイズモードが用意されており、自分のレベルや学習時間に合わせて初級者から学ぶことができる。
また、最新の問題動向や試験の日程などの情報を入手することも可能。出てくる「フレーズ」も本番で頻出のものばかりで、知らないものはお気に入り登録機能を利用したい。

2位資格サプリ
わかりやすい講義動画! 学び直し派向けもあり
月額980円/販売者:リクルートホールディングス
リスニングだけでなく、リーディングなどTOEICのすべて知識を、わかりやすい講義動画と問題集が勉強できる。読むのも聞くのも「500点突破」「650点突破」「850点突破」とレベル別の内容で、基礎から学び直したい人向けのコースも用意されている。TOEICのパート別の学習も可。リスニングは日本人が聞き取れない根本の原因から教えてくれる。申し込みはwebからも可能。

3位TEDICT
TEDプレゼンターの英文音声を英文で書く
360円/販売者:SCIENART BB
TED講演動画でディクテーションができるアプリ。ディクテーションとは、聞いた英文音声を書いて原文と合っているか確かめる勉強法。やや上級者向け。
「独学では勉強しにくいが、このアプリならTEDのプレゼンを楽しみながらできる」(佐々木氏)
プレゼン中の英文の一部(単語など)を、自分でタイピングをして入力したり、いくつかの単語を並べ替えて文を完成させる問題など。

4位繰り返し聞くだけで満点がとれるTOEICリスニング
日本人が聞き間違いしやすい音と文法のレッスン
250円/販売者:Book21 PUBLISHING GROUP
TOEIC問題のパート別の聞き取りトレーニングができるほか、英語のさまざまな表現の音声を収録しているので英会話の勉強にもなる良質なリスニング対策アプリ。
日本人が間違いやすい文法などもリスニング音声を聞きながら修正できるので、何度も繰り返せば文法の知識もしっかり定着する。英語と日本語が交互に再生されるコーナーもあり、初心者のレベルから継続して使いやすい。

5位Listening Hacker
take onは「テイコン」。英語発音に慣れる
無料/販売者:Keigakusha,K.K
「日本人が苦手な英語の音を重点的に練習できるアプリ。前置詞の音の省略や弱形など、読み言葉と話し言葉の発音の違いがわかるようになる」(佐々木氏)
例えば、take onは「テイクオン」でなく「テイコン」と音がつながり、また、let it beは「レリビー」とラ行の音に聞こえるといった、事例をたくさん学んだ後に、理解できたかどうか分野ごとの確認テストを受ける。ネーティブの発音に慣れる。

2016年10月24日 (月曜日)

旅先で思わず使ってしまいそうな和製英語5選

そこで今回はWeblio和製英語辞書を参考に、旅先の海外で思わず使ってしまいそうな和製英語を5つ集めてみました。

「海外旅行に行く予定なんてない・・・」という人も、自分の家の近所で外国人旅行者に声を掛けられる日もあるかも・・・。ぜひともチェックしてみてくださいね。

1:コンセント
上述の過去記事でも触れられていますが、旅先でいかにも使いそうな和製英語ですので、あらためて復習。「コンセント」と日本の辞書で調べると、

<(和製語)電気配線から電流をとるためプラグを差し込む器具>(『広辞苑』より引用)
とあります。やはり和製語なのですね。英語では米国流に正しく言うと、
outlet [発音:autlet]ですね。英国流では、

power point とも。覚えておくと、とっても便利ですね。

2:ウォシュレット
次はウォシュレット。こちらはTOTOの商品名で普通の英単語ではないとのこと。何となく現地の英語風の響きがありますが、和製英語なのですね。

とはいえ『ウォークマン』が普通名詞みたいに使われていたように、『ウォシュレット』(Washlet)も似たような扱いを一部で受けているようです。

実際に先日もマレーシアのホテルに宿泊した際に、「washlet」という英単語がトイレの使い方を説明する解説文に、普通名詞として使われていました。むろん、TOTOの便器ではありません。

Weblio和製英語辞書の解説では、

<toilet seat with bidet functions>(Weblioより引用)
とあります。ビデ機能の付いた便座という意味ですね。ちなみにビデは、
bidet [発音:bidei]

と書いてフランス語。局部や肛門を洗う洗浄器ですね。

3:モーニングコール
ホテルのフロントなどで、朝起こしてほしい時間に電話をかけてもらうモーニングコール。いかにも英語みたいな響きですが、和製英語としてWeblio和製英語辞書に掲載されています。正しくは、

a wake-up call

ですね。ただ、「モーニングコール」でも通じます・・・。ニュージーランド滞在時に、ホテルのフロントで「Can I get a morning call?」と、得意げな顔で和製英語を使い、普通に通じた経験が・・・。

学校の英語の先生に怒られてしまいそうですが、とりあえず和製英語でも言ってみて、通じれば結果オーライかも!?

4:マナーモード
携帯電話やスマートホンの音が鳴らないようにする機能を何と言いますか? マナーモードですよね? いかにも英語風の響きですが、こちらも和製英語。正しくは、

silent mode

などと言います。海外旅行中にさまざまな場面で出くわす英単語。カタカナ読みをすれば、サイレント・モードですね。覚えておくと便利です。

ただ、試みに手元の日本製携帯電話を英語モードにして「マナーモード」ボタンを押してみると、「Manner Mode Set」「Manner Mode Reset」と出てきます・・・。

この表記は日本製携帯電話だからなのでしょうか、それともManner Modeでも一応通じるからなのでしょうか。

カナダ人の友人に聞いてみると、和製英語のManner Modeでも普通に意味は通じると教えてくれました。念のため・・・。

5:リムジンバス
空港と空港、空港と駅、ホテルなどを結んでくれるバスをリムジンバスと呼びますよね? 残念ながらこちらも和製英語。Weblio和製英語辞書を見ると、

airport shuttle bus

と書かれています。shuttle には往復便といった意味がありますから、覚えておきたいですね。

以上、旅先で思わず使ってしまいそうな和製英語を5つ紹介しました。

ただ、このように書くと、間違いを恐れて旅先で和製英語すら口にできなくなってしまうかもしれません。

黙っていても旅は進みませんので、とりあえず口に出して、通じれば御の字といった感じで臨むと気が楽かもしれませんね。

2016年10月23日 (日曜日)

英語学習にお金をかけるのは若手社員

『TORAIZ』英語に関する意識調査を実施され次のように発表されました。

トライオン株式会社 2016年10月20日 11時02分
 “One Year English”プログラム 『TORAIZ』を運営するトライオン株式会社では、このたび会社で働く新卒1年目以降の男性・女性400人を対象に世代ごとの英語に関する意識調査を実施しました。その結果、若手社員の英語への意識が、ベテランや管理職世代、中堅社員の方に比べて高くこれまで英語学習へのお金のかけ方も高いことが判明しました。さらにTOEICの点数も若手と呼ばれる世代の方が高いものの、一方でその英語力が高いにもかかわらず、会社で英語を使って働くことに対しては他の世代と変わらず、消極的であるということが明らかになりました。

調査結果概要
1.「ゆとり世代」を含む若手社員のTOEICの点数は断トツトップ!
調査の結果、新卒1年目~社会人9年目のいわゆる「若手社員」と呼ばれる世代のTOEICの点数は、ベテランや管理職世代の社員の点数とお比較し、高得点を取得していることが判明しました。
TOEICが公式で提示している、「企業が全社員に期待するスコア」である600点を満たしているのもこの若手世代であり、昨今注目されている「ゆとり世代」を含むこの若手社員の方が着実に企業で生き抜くための武器を手にいれていることが分かる結果となりました。
2.若手社員は英語学習にお金をかけている!焦る中堅は時間をかけて挽回を模索中!?
新卒1年目~社会人9年目の若手社員は、英語学習にかけてきた費用が、平均約20万4000円であるのに対し、ベテランや管理職、中堅社員の各世代は平均10万円以下という結果となり、若手はお金をかけて英語習得に臨んでいることが分かりました。
その一方で、1週間で英語学習にかけている時間についてアンケートを実施したところ、10年目から19年目の中堅社員が12時間と、最も英語学習に時間を割いていることが明らかになりました。
3. TOEIC800点以上の約2割が英語消極派!会社の英語公用語化に、年齢もTOEICも関係なし!
今回の調査で、自身が勤める会社で英語公用化が採用された場合の感想を聞いたところ、調査でこれまで最も英語学習にお金をかけTOEICの点数が高いことが判明した若手社員も、ベテランや管理職、中堅社員も、すべての世代の80%前後が「困る」ことが分かり、約20%は「困るので会社を辞めたい」とまで考えてしまうことが判明しました。また、一般に英語力があると思われているTOEIC800点以上取得者においても約2割が公用語化された場合会社を辞めたいと、英語に対し消極的であることもわかりました。

1.「ゆとり世代」を含む若手社員のTOEICの点数は断トツトップ!
 調査対象者に、自身の持つTOEICのスコアを聞いたところ、新卒1年目から9年目の若手社員の方が、ベテランや管理職、中堅社員の取得スコアと比べ、600点以上を取得している割合が高いことが判明しました。積極的に学ぶ姿勢の欠如や、チャレンジ精神が乏しいと上の世代から指摘されることが多い「ゆとり世代」も含む若手社員の、英語習得への意識の高さがわかる結果となりました。

Q. あなたはTOEIC スコアを教えてください。(SA)

2.若手社員は英語学習にお金をかけている!焦る中堅は時間をかけている!?
 家庭でTOEICの結果を裏付けるかのように、若手社員がこれまで英語学習にかけた費用は、平均約20万4000円という結果となり、軒並み平均10万円未満しかけていないベテランや管理職、中堅社員世代と比べ、英語学習にお金をいとわないことがわかる結果となりました。ベテラン社員からはゆとり世代と揶揄されてはいるものの、就職なども見据えてお金をかけてTOEICスコアの上昇を目指しているようです。

Q.今まで英語学習にどれくらいの費用をかけてきましたか?

 一方で、1週間で英語を勉強している時間を聞いたところ、最も多くの時間を費やしているのは約12時間の10年目~19年目ということが明らかになりました。下の世代の英語への意識の高さに焦りを感じているあらわれなのかもしれません。

Q. 1 週間でどの程度英語を勉強していますか?(SA)

3.TOEIC800 点以上の約2 割も英語消極派!会社の英語公用語化に年齢もTOEIC も関係なし!
 しかしながら、会社で働く上での英語の重要性を理解しお金をかけて勉強し、TOEIC の高得点を取得している若手社員も、自分が働く会社で英語が公用語になることへの嫌悪感があり「困るがしょうがない」が約50%、「困るので会社を辞めたい」と思う割合が約23%と、総じて70%以上が喜ぶのではなく困ることが判明しました。

Q. あなたが働いている会社で、明日から英語が社内公用語になったらどう感じますか?(SA)

若手社員が取得している傾向にあるTOEIC600 点台、700 点台は、企業で働く上でキャリアアップなどに有利と認識されていますが、実際には600 点台取得者の約6 割、700 点台取得者の約5割が、勤務先の会社が英語公用語化を採用すると困ると感じていることがわかりました。
 さらに、800 点以上を獲得している人の約2 割の人でも、会社が英語公用語化を採用した場合、「困るので会社を辞めたい」と考えており、高いTOEIC のスコアを持っていても仕事で英語を使うことに対し消極的である人が多いことが判明しています。

2016年10月22日 (土曜日)

Congratulations!に必ず s がつく理由

GETNAVIに次のような説明があります。

Congratulations!に必ず s がつく理由――複数形に秘められた気持ちとは?

英語の勉強をしていると、多くの人が混乱したり、間違えやすいポイントがあります。その大きな理由が「日本語との違い」ではないでしょうか。

例えば「単数と複数」は日本人にとっては馴染みにくい、苦労するパートです。

日本語では、単数と複数で言葉自体が変わってしまうことはほとんどありません。卵が一つでも二つでも「卵」です。でも、英語では「卵が二つあります」は “There are two eggs” です。

こういった “s” の付け忘れはよくありますよね。今日はそんな紛らわしい「複数形」に秘められた、ちょっとしたお話です。

単数か複数か、それが問題

「単数と複数」の話をする時に、私がいつも面白いなと思うことがあります。それは、みなさんご存じの「日清カップヌードル」です。

日本では製品のパッケージが “CUP NOODLE” となっているのですが、海外向け製品のパッケージは “CUP NOODLES” なんです。

“noodle” は見て分かる通り単数形です。麺が一本・・・・?そんなワケないですよね。

日本語ではカップヌードルという商標自体がそのまま受け入れられているので、友達に「今日のお昼はカップヌードル食べたよ」と言っても「え?おかしいでしょ?」とつっこまれることはないと思います。

でも、英語のネイティブにはとても不自然に聞こえます。そこは “noodles” なんですよね。

それぐらい「複数」には意味があるはずなのですが、そこで一つ気になったことがあります。

いつも複数形で使われる言葉 Congratulations

“Congratulations!” って聞いたことありませんか?

なんでいつも “s” がくっついてるんでしょうか? そう思ったのはある日、銀行に行った時でした。ニュージーランドの銀行でも、ある程度大きい支店にはロビー係の人がいます。

その時は係の人が「今日のご用件は何ですか?」と聞いてくれたので「結婚して名前が変わったので、変更を届け出たいんですが」と言うと、”Oh, congratulations!!” と満面の笑顔で言ってくれました。

その瞬間に二つのことが頭をよぎりました。

一つ目は「”congratulations” は何でいつも “s” が付くんだろう?」で、二つ目は「結婚のお祝いで女性には “congratulations” って使わないんじゃなかったっけ?」でした。

“Congratulations!” はいつも複数 Thank You

“Congratulations on getting a new job!” のように「おめでとう!」には必ず “s” が付きます。

でも “congratulations” だけではなく、いつでも “s” がくっついてくる単語の代表選手を皆さんはご存じのはずです。

“Thanks!” にも “s” がつきますよね。”Thank you.” とは言っても “Thank!” とは言いません。

他にも “Best wishes”、”Kind regards”、”greetings”、”condolences” などがありますが、どうしてこれらには全部 “s” が付いてるんでしょうか?

上の例を見てみると、ある共通点に気付きませんか?
お祝いの言葉だったり、幸せを祈る言葉だったり、よろしくとの挨拶だったり、哀悼の意だったり・・・これらを表したり伝えたりするのが上のフレーズや単語です。

そこにはたくさんのお祝いの言葉や気持ちが込められています。

私は専門家ではないので、ひょっとしたら違う説もあるかもしれませんが、お祝いする言葉や願いがたった一つではなくて、たくさん込められていますよという意味で複数形になると言われています。

「おめでとう!」と言う時には “Congratulations!” の “s” を忘れないようにしましょうね!

【おまけ】花嫁に使ってはいけない件

“Congratulations!” は、自分で努力をして何かを達成したり、何かを手に入れた人に対して使うお祝いの言葉なので、花嫁に言うと「苦労してよく結婚できたね」というニュアンスになって失礼になると、以前は言われていました。

でも、それは時代とともに変わってきていて “Congratulations!” も花嫁に対して使うことが増えてきたようですが、エチケットを守りたいなら、結婚式当日にはこんな言葉をかけてもいいですね。

I’m so happy for you.
I wish you every happiness.
Best wishes to both of you on your special day.

今回はほんの小話のようなコラムでしたが、ちょっと頭の片隅にでも置いておいてもらえたら、どこかで役立つと思います!

2016年10月21日 (金曜日)

法人向けオンライン英語学習

新しい英語学習が始まりました。

CoooriはiPhoneやAndroid端末用アプリ、パソコンを通じて利用できる。過去のユーザーの学習履歴データを基に、ユーザーとなる日本のビジネスパーソンの癖や習熟度に応じて、間隔を置いて反復学習できるように最適化した問題をAIで提示する。従来の学習法よりも効率的な語彙力の向上が可能としている。

アイスランド出身のアルナ・イェンソン社長CEOは東京工業大学大学院情報理工学研究科でアイスランド語音声認識システムを開発し、博士課程を修了。2015年に、アイスランド法人Coooriの日本法人コーリジャパンを設立した。プラットフォームの開発には自然言語処理などの技術を応用したという。

コーリジャパンは、1日15分3回分のプログラムを12週間継続することで、英語能力テストTOEIC100点のスコアアップを保証するとしている。法人向けプログラムのユーザー1人当たりの利用料は10万円で、利用数に応じて割り引く。これまでに大同特殊鋼など10社ほどの利用企業があるという。

個人によって違うので、過去のユーザーの学習履歴データを基に、ユーザーとなる日本のビジネスパーソンの癖や習熟度に応じて、間隔を置いて反復学習できるように最適化した問題を作るのは無理だと思います。

人間がどう学習するかは分かっていませんから、AIを使っても最適化はできません。AIは人間の脳を真似たものであり、自分でそれを覚えたかどうかを判断できません。それをAIでやると言うのは無理な事です。

2016年10月20日 (木曜日)

英語を最初から始めるなら

メルマガに次のような質問があり、その答えもありました。

質問:
小中高と英語の成績が良かった私ですが、それも過去のこと。
いまは英語をほとんど忘れてしまい、1からのスタートです。
これから私のやることをおしえてください。

回答:
英会話をはじめましょう。
英会話に興味ないならTOEICテストにチャレンジしましょう。

塾長として英語のご相談に回答します!

学生時代の頃の英語は忘れてしまった。1からはじめたいがどうすれば・・・?というご相談ですね。
僕のお勧めは「英会話」をはじめましょう、ということです。

小・中・高と学んできた受験英語をやり直すことは、あまりお勧めしません。理由は「また忘れるから」です。

受験英語は、基本的に楽しくないんですよね。
文法や単語を覚えさせられ、テストさせられ・・・がずっと続く。
子どもなら強制させられてもまだ耐えられますが、大人はちょっと無理じゃないかなと思います(笑)。
社会人になってやるほどの価値もないです。

僕は社会人になって英語を学ぶなら、英会話をするほうがいいと思うんです。
英語がしゃべれて、英語を聞いて理解することができれば、楽しいですから。
楽しければ続きますから、英語がうまくなる・・・というポジティブサイクルです。

英会話を学ぶ方法も、工夫次第で楽しくできます。
受験英語をやるよりも、楽しく続けられると思いますよ。
受験英語の知識はなくてもなんとかなります。

言語は用例を覚える事ではなく、事例を多く覚える事です。だから楽しいのです。

2016年10月19日 (水曜日)

リーディング・アプリ・ベスト5

英語アプリのランキングが発表されています。

1位●POLYGLOTS

遅い人も、速い人もOK。自分のペースで読める
無料(アプリ内課金あり)/販売者:POLYGLOTS Inc.
ビジネスほか各ジャンルの英文記事が豊富。内容は硬軟いろいろで、初級者向けのものも多い。自分でスクロールして読むもよし、自動スクロールでも読むもよし(速度調節可)。読むスピード(wpm)を計測しグラフ化してくれるので、継続学習すると成長度がわかる。日本語訳のある記事やリスニングできる記事もある。記事内の単語は、ワンタップで意味判明の便利機能。

2位●LissN

日経記事を英語音声で読み上げ! 日本語訳付き
月額360円(1カ月間無料)/販売者:日本経済新聞社
日本経済新聞の公式アプリ。日経記事を基にした英文テキストが1日5本配信される。
「記事を英語音声で読み上げてくれます。特にビジネス・金融系などの記事が多いのでTOEICの問題でよく登場する語彙も勉強しやすいですね」(佐々木氏)
日本語訳付き。「先に日本語で内容を把握後、英文を読んだり聞いたりすると効果的」(渡邉氏)

3位●Prismatic

英文多読で未知の単語やフレーズをインプット
無料/販売者:Woven Inc.
こちらも比較的英語力のある人向け。「海外メディアの記事が配信されるアプリ。Twitter などと連動させると、自分の好みにあった記事が自動的に配信される。アプリからでもウェブからでも見ることができる」(渡邉氏)。
英語の勉強を始めて、徐々に「英語脳」ができ、TOEICのリスニング対策でさらに英文多読で多くの単語やフレーズに触れたいと思ったときに役立つアプリ。

4位●TEDiSUB

TEDの講演動画を日英の字幕付きで読む・聞く
240円/販売者:Byulsaim Kwak
TEDの講演動画を日英の字幕付きで見ることができるアプリ(字幕切り替え可)。
「英語音声だけだと勉強しにくい人はとても重宝するはず」(佐々木氏)。リーディングにもリスニングにも効果的。学び方は、聞きながら英語字幕を読んでもいいし、日本語を先に読んだ後に、英語字幕で英語の言い回しを覚えてもいい。動画は0.5~1.5倍速まで速さを調整できる。プレゼンの練習にもなる。

5位●Zite

自分が興味あるジャンルの海外記事を毎日配信
無料/販売者:Zite,Inc.
こちらもどちらかといえば、上級者向け。英語文化圏の知識を増やすには最適。「自分に興味のある海外記事を探してきて毎日配信してくれるアプリ。興味のあるジャンルの記事を読めるので英文多読ができる」(佐々木氏)。
政治・経済・テクノロジー・スポーツ・アート・文学など細かくジャンルが分類され、好みで読む記事を選択できる。写真や画面デザインなども美しく、雑誌感覚で読める。

ぜひ参考にしてください。

2016年10月18日 (火曜日)

ベストティーチャーの宮地俊充さんへの質問

宮地俊充さんは次のように言っています。

“つまり、講師が生徒のアウトプットを見て、このアウトプットを正確にするためにはこのような単語や文法を勉強してくださいねとフィードバックする、いわばアウトプットベースでのインプットという学習メソッドで運営されています。”

私は英語を含む言語の言語モデルとして、文法をベースにするような用例基盤ではなく、事例基盤だと思っています。言語が事例基盤であるために、文法のようなルールで学習できないと思っています。

翻訳システムも10年前は文法解析であり、音声認識システムは音素ベースでした。しかし最新の人工知能は脳を真似たニューラルネットワークで事例基盤のシステムを使っています。

グーグルの翻訳のシステムも事例基盤であり、Baiduの音声認識システムも基本的には音素ベースではなく音声の事例基盤です。もちろんそれらの学習はディープラーニングです。

多くの翻訳や認識の事例から統計的なマッチングをするのが最新の翻訳や音声認識の仕組みです。これは脳の自然言語処理を真似たものです。

その言語の習得は多くの事例を脳がディープラーニングすると思っています。つまり達人を真似て特徴を少しずつ学習してフィードバックで矯正する方法です。少なくとも世界中の母語はこのディープラーニングで学習されております。

脳は唯一死ぬまで成長する臓器ですから、臨界期を過ぎても脳の基本的な学習の仕組みは死ぬまで変わる訳でありません。

もし言語が事例基盤であると考えるなら、人工知能が“アウトプットを正確にするためにはこのような単語や文法を勉強してください”と答えるは間違いでないでしょうか。英語は文法を勉強しないと言うようなルールを基本としているからです。最新の人工知能自身も人間の作ったルールで学習しておりません。

言語が事例基盤であれば、言語習得ですべきは事例を学習することであり、単語や文法を学習することでありません。グーグルは翻訳システムで文法を使わないのは例外が多すぎて、機械では翻訳ができないと言っております。

英語が事例基盤モデルであるなら、英語力と相関関係のある「変数」は、ディープラーニングで自動化された事例の数であり、運用できる単語数、文法知識、発音、長文読解能力、リスニング力、スペリングではありません。

英語ができる人は一般的に語彙を知っており、発音も良いのですが、それは多くの事例をディープラーニングした結果です。しかし、文法を学習して、語彙を増やして、発音を良くしても英語運用力が向上する事はありません。

もし、宮地さんが言語は用例基盤だと主張されるならその根拠を教えてください。

2016年10月17日 (月曜日)

TOEIC900点でも日本人が「話せない」理由

英語の話せない理由が紹介されています。

長年英語を勉強しているのに、なぜか話せない。日本人にありがちなこの悩みを突破するのには、どうしたらいいのでしょうか。
「勉強はしているのに、なかなか英語が話せるようにならない」――。これは、多くの日本人に共通する悩みの種ではないでしょうか。

ただし、日本人が英語を勉強していないわけでは決してありません。現在は、中学校で3年、高校で3年、大学の一般教養過程で2年と、計8年間を英語学習に費やしています。さらに、文部科学省は2020年度から、小学校の5、6年生を対象として英語を正式教科とすることを予定しています。

しかし、筆者はこれでも日本人が英語を話せるようになるとは思いません。「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」の4技能のうち、「読む」と「書く」では学校教育の中である一定のレベルに達すると思いますが、「聞く」と「話す」に関しては、多くの人がなかなか超えることのできない英語の「壁」に苦しんでいるのです。英会話に苦しむ大学生や社会人と接する中で、TOEICのスコアが900点を超えているのに、自己紹介すら苦労する人を多く見てきました。彼らはボキャブラリーが不足しているわけではないのに‘My name is・・・’の後がなかなか出てこないのです。

日本語を「英語訳」しようとするのが誤り

英語の壁とは、一体何でしょうか。1つ目の壁は、「英語思考」ができていないことに起因する壁です。日本人特有の癖として、英語を話すときにまず日本語で考え、その内容を英訳しようとしがちです。当然、日本語は全てを言語化しなくても通じる「高文脈」の言語なのですが、日本語で暗に言っていることを英語で逐一言語化しようとすると、英語力がついていかないため、言葉に詰まってしまうのです。また、会話や思考のリズム感も日本と海外では全く異なり、円滑なコミュニケーションを妨げてしまうという悪循環を生み出します。

もう1つの壁は、日本人独特の「英語コンプレックス」の強さによるものです。日本の学校教育の中では、常に正解が求められます。すると、実際の英会話でも頭の中でしっかりと正解を導き出してから話そうとするので、どうしてもワンテンポ遅くなりがちです。またネイティブ慣れしていないことによるある種の苦手意識も影響して、自身の英語能力を100%発揮しにくいことで、発言に至らないこともしばしばです。

①一定期間、完全な英語環境(留学がベスト)に身を置く
②授業(インプット)と会話(アウトプット)のバランスがいい
③ネイティブと話す機会を自ら作っている
④その日習ったフレーズは、その日のうちに数回繰り返し使う習慣をつける
⑤マンツーマン式や直接教授法など、会話に特化したカリキュラムを選択する
⑥目標を明確にしている

TOEIC900点でも日本人が「話せない」理由は話す練習をしていないからです。
私は日本人のいない米国の大学を卒業して、英語が話せるようになりました。でもこの方法はあまり効果的な方法でありません。
英語を自由に話せない人にとって、英語を話す事は話す練習になりません。
英語を話す練習はマンツーマンのレッスンでも、ネイティブと話す事でもありません。それはディープラーニングをすることです。ネイティブの表現や発音を真似て反復練習をして、フィードバックを得て、矯正することです。
この方法ならスピーキング、リスニング、発音が同時に学習できます。
忘れないように覚える事です。ディープラーニングで自動化して覚える事により手続き記憶として長期記憶に保存されます。
言語は文法基盤の用例基盤ではなく、多くの表現の事例基盤です。多くの英語を覚える事により、パターン学習やパターン認識が進み学習が促進され、認識精度も向上します。

2016年10月16日 (日曜日)

究極の外国語学習方法を教えます!

Yu-ki Matsuokaさんが究極の英語学習を紹介しております。

この「究極とも言える外国語学習方法」を編み出すのに苦節30年・・・・いや、もう50年はかかっただろうか。(まあ、50年もまだ生きていないけど)

せっかくこのコラムをお読みいただいた方にだけ、30万円も払わず、こっそりと無料でここだけでお教えしたい。

それは・・・・・・
1.「できるだけ短期間のあいだに、毎日長時間勉強する」ことだ。

返品もクレームも受け付けないし、「そんなこと知っているよ、バーカ!」という罵詈雑言も勘弁してほしい。高校球児やサッカー小僧だった人たちはみんな体験的に知っているだろう。また僕のように東大を目指して受験勉強に明け暮れた高校生だった人たちも当然わかっているはずだ。(嘘)

何も「青春時代よ、もう一度!」とか寝ぼけたことを言っているわけではない。

あの頃のエネルギーをもう一度、スペイン語なり英語なりにぶつければいいだけだ。

「天才とは、圧倒的な熱量をなにか一つのことに捧げることができるものだ」と誰かが言っていたが、なにかに夢中になるのに遅すぎることはない。

フィリピンやタイにいけば、若い女に目が眩んだ日本人や西欧人のじいちゃんたちが腐るほどいるし、韓流をはじめとしたイケメンにトチ狂うオバさんは後を絶たない。

そんな非生産的なものに貴重な時間と熱量を費やすのであれば、それをそのまま外国語学習にぶつければいい。

2. モチベーションの仕組みについて

「できるだけ短期間のあいだに、毎日長時間勉強する」以外に究極の学習法はない。べつにこれは外国語学習に限ったことではなく、スポーツや音楽を上達したいと思ったときでも当てはまることだ。

プロフェッショナルとは、そうやって身につけた技術にさらに磨きをかけて、その技術をプレッシャーのかかる試合、あるいは本番で発揮できるメンタルを身につけたもののことを言うのだろう。

そして、「才能を持つもの」とはその人が生まれ持った能力を指すのではなく、それだけの時間と努力を費やすことができる人たちのことを言うのだと思う。

そのためには「モチベーションを保つ」ことが必須だが、これが確かに非常に難しい。特にこの豊かな国である日本に生まれ育った人たちが、何かにハングリーになるのは不自然なことだろう。

生まれも育ちも貧乏だったり、なんらかのコンプレックスを抱えているのであれば、それを糧に頑張ればいい。内的な欲求があればいいが、そんなものを持ち合わせているのは稀であり、大抵の人はうっかり生まれてうっかり死んでいく。

3. 結論

語学的な才能がないことよりも、本来問題にすべきなのは、「外国語習得にかける時間がない」ことが問題であり、外国語習得においてはそれ以外障壁になるようなことはない。

それは結局、人生のプライオリティーの問題で、なにに時間をかけるか、なにをして生きていたいかなどというややこしい問題と密接に関連しているのだろう。

「モチベーションをどのように保つか」および「外国語学習にかける時間がない」という問題は、非常に個人的な問題であり、一般化はできないので、それはもう各自に解決してもらうしかない。

ひとつだけ言えることは、「やるなら徹底的にやる」ことが人生では肝要であり、そのほうが中途半端にやるよりは見返りが大きいということだけだ。

これがアドバイスになったでしょうか。

2016年10月14日 (金曜日)

GoodからAwesomeまで

良いと言ういろいろな言い方が解説されています。

英語を話すときは、同じような意味合いを持つ単語でも、どれを選択するかで会話の印象がかなり変わります。たとえば、”Good”や”Great”など、状況によってどの単語を選べばいいのか、迷ってしまいますよね。英語のスペシャリストで、無料メルマガ「カリスマ英語ナレーターユッキーがお届けする!週間ラジオ英会話♪」の著者ユッキーさんが、感情を表現する6つの英単語の使い方をわかりやすく説明します。

6つの英単語が持つ世界観を知ろう!
感想や感動を表す英語表現を紹介します。

英語上達の道はたくさんありますが、ひとつひとつの単語を見つめてあげること。これも確実に上達していくうちの方法の一つです。

回り道なようで、実はとても効率的な学習法です。

“good”や”great “など、普段何気なく耳にしたり口にしたりする英単語も「何となく」や「大体同じでしょ?」で同じにせず、一つずつ見つめてあげることはとても大事!

一つがしっかりわかると以降その単語に出会った時に迷わなくなったり、何より自分が英語をしゃべる時によりストレートに想いを表現することができるようになるんですね。

ひとつひとつの英単語の意味を知っていれば受け取る人も発する人もきっと嬉しいはず。

こんなことを思ったことはありませんか?

・goodとgreatの違いは?

・wonderfulとbeautifulはどう違う??

・awesomeって気軽に使える英語?

・最上級の褒め言葉は?

1.最も気楽に使えるGood 
最も気軽に使える「いいね」の表現です。

どのくらい気軽なのか?それがわかる映像を見つけました!

”It’s good.”

映画『ブルース・オールマイティー』より

多分これほどまでに“It’s good.”が登場する映画は後にも先にもないであろうというくらい一つの映画の中で多発されています。

映画『ブルース・オールマイティー』は自分ばかり不運なのではないかと神様に文句を言った男が、「だったらやってみなさい」と言われ全知全能の力を授かり神様の仕事をすることになり色んなことに気づいていく感動コメディーです。

映画の中で、この”It’s good.”は

・できますよ

・いいね!

いろんな意味で使われています。

つまりgoodは「いいよ」と頼まれごとを引き受ける時から「いいね」と純粋な感想を述べる時まで、幅広く気軽に使える単語なんですね。ちなみに、私はやっぱり月を引っ張るシーンが好きですね。みんな一度は必ずこっそり真似すると思います。

giphy

source by: media.giphy.com

2. 気楽に使えるNice 
主観的な判断による「いいね」を気軽に使える表現です。

It’s so nice to see you again.(また会えてすごく嬉しいよ。)

He looks nice in his new suit.(彼、スーツ新調していい感じ。)

自分の気持ちや心の動き、価値基準に基づいて主観的に述べる「いいね」です。

niceを口にする本人にだけ、その良さがわかっている状態です。

これとは対象的に先程出てきたgoodでは、

The car is in good condition.(車の調子がいい。)

Keep up the good work.(これからもいい仕事してね。)

機械の動作状況や仕事の質など「良い」か「悪い」かを、使い勝手や数値、見た目、味のようにある程度目に見えるものとして客観的な判断ができる時に使われることが多くなっています。

さて、goodとnice。

ここまでは「気軽に」使える表現でした。

この先からは、この気軽さが少しだけなくなっていき段々と言葉に重みや凄みがかかっていきます。

3. 偉大さを物語るGreat
「偉大な凄さ」の意味です。

「グレート」と聞くと何が思い浮かびますか?

グレートギャツビー グレートバリアリーフ グレートブリテン島

それとも、グレートティーチャー鬼塚?

…私がパッと思い浮かべたのはこんな感じです。

いろいろな「グレート」がありますが、どのgreatにも共通して言えるのは偉大・巨大・重大、とにかく「大きい」。

Great!(すごいね!)を使うときは、必ず

・スケールの大きさ

・人間としての大きさ

など「大きさ」が頭の中に描かれます。

Great plan! (いい計画だね!)

It’s great!(やったね!)

He’s a great person.(彼はすごい人よ。)

goodやniceにはない「大きな」すごさや夢が、greatには詰まっているんですね。

4. beautiful beauty(美しさ)がful(いっぱい)の素晴らしさ
「目で見て感じる客観的な素晴らしさ」を表します。

beautifulといえば「美しさ」ですが、

You’re beautiful.(君は美しいね)

It’s a beautiful picture.(綺麗な絵なんですよ)

こういった表現の他に、

It’s a beautiful day!(いい天気!)

It’s a beautiful weather!(快晴だね!)

「天気」について使うことも多い英単語ですよね。

そして、こうなってくると少し戸惑ってしまうのがこの後やってくる「wonderful」との違い。

beautifulとwonderful、どちらも「素晴らしい」と表現する単語ですが一体どう違うのか?

そのヒントは

beauty+ful

wonder+ful

何が「いっぱい」なのか? に隠されています。

5. wonderful wonder(驚き)がful(いっぱい)の素晴らしさ
wonderfulといえばこの曲!ルイ・アームストロング『What A Wonderful World』

自然や空を見上げた時、心がはっと驚くような素晴らしさを感じる。

他の言葉では形容できないような驚きや発見に満ちた素晴らしさ。

最近、ツイッターでもこんなご質問がありました!

【beautiful】beauty(美)がful(いっぱい)【wonderful】wonder(驚嘆)がいっぱい

beautifulは目で見てわかる客観的感動。wonderfulは心で感じる主観的感動と捉えるとわかりやすいです^ ^ https://t.co/I6ox5gmuC1

? ユッキー@英語教材プロデューサー (@yukki_eigo) 2016年8月30日

wonder+ful 心で感じる 主観的な素晴らしさです。

使い分けのポイント

視覚的に「素晴らしい」と思った時→beautiful

何より心が動かされた時→wonderfulを使いましょう。

6. awesome 畏敬を超えるような驚きの素晴らしさ
でも現代では主にアメリカにてスラングとして気軽に使える「いいね」の言葉として口にされています。

同じ年くらいのアメリカ人と喋ってみたら15分くらいに1回はこの言葉出るだろう、と言えるほど頻繁に口にされる「いいね!」の言葉です。(※個人差はあります。あくまで私がアメリカ人と話す場合です。)

旅先で知ったもうひとつの”Awesome”
私はこのAwesome.にあまり慣れておらず、去年アメリカ旅行をした時最初のユースホステルのカウンターで

ユースホステルにて

「May I see your passport?」(=パスポート見せてもらってもいいですか?)

(スタッフのお兄さん、パスポートを見て予約の名前をチェックする)

「Awesome.」

このAwesome.に一瞬戸惑ってしまいました。

ここでは「ありがとうございます。いいですよ。」という意味で使われていたのですが最初はわからず、何か褒められたのかな?なんて一瞬勘違いをして少しだけ恥ずかしかったです。

もちろん、That’s awesome!(=すっごいね!)といった褒め言葉としての意味もありますが、アメリカでは私のエピソードのように気軽に使える相槌のような存在としても口にされることの多い英単語なんですね。

でもawesomeはawe+some 

aweとは「畏敬の念を起こさせる」「畏敬」「恐怖」と言った意味を持つ英単語です。

「完全な悪」という意味での恐怖ではなくすごすぎて恐れおののくもの。

例えを挙げるならば、神様や自然の驚異の「おそろしさ」のイメージです。

おそれるくらい、素晴らしい。=畏敬。

もとはこういった意味でしたが最近はスラングとして若い人達の間では頻繁に使われています。

言語の意味を覚えるのに語源とか歴史まで知るのは多くの場合に無理です。とりあえず正しく使えればそれで十分です。

2016年10月13日 (木曜日)

「英語の味覚表現」5選

私たちの生活と切っても切り離せないのが、食べ物。食べ物に関することばを探ると、各文化の特徴が見えてきて面白いものです。

日本にはあまり見当たらない、味覚に関する英語表現を5つ挙げてみました。

日本人が持たない概念?日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現? TABIZINE 提供 日本人が持たない概念?

日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現

SMOKY
炭火で焼いたお肉の香ばしさ、燻製料理のふくよかな香り、これらを英語でsmokyと表します。燻製の仕方もいろいろで、applewood-smoked bacon「リンゴの木でいぶしたベーコン」、hickory smoked sausage「ヒッコリーの木でいぶしたソーセージ」などと細かく表現されます。

バーベキュー好きなアメリカ人はとりわけsmoky味が大好きなようで、ポテトチップスやドーナッツ(!)にまでsmoky味が存在します。

WAXY
日本人が持たない概念?日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現? TABIZINE 提供 日本人が持たない概念?日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現
マッシュポテトなど粘性のある食べ物を食べたとき、ねちねちした後味が残りますが、その感触をwaxyと表します。主にネガティブな意味で使われます。waxは、蝋(ろう)や床を磨くワックス、耳垢のこと。それらの感触を食べ物に当てはめればイメージしやすいでしょう。あまりイメージしたくないですが(笑)。

GRAINY
日本人が持たない概念?日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現? TABIZINE 提供 日本人が持たない概念?日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現
大麦やオーツ麦やふんだんに入った雑穀パン、ナッツがたっぷり入ったグラノーラやクッキー。またはキヌアのサラダ。健康ブームに伴って増えてきたこれらメニューの食感を、grainyと表します。粒(grain)がたくさん入っていて食べごたえがあり、ざくざく歯ごたえがある感じです。日本食でいえば十穀米のぷちぷち感が近いでしょう。

DRY
日本人が持たない概念?日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現? TABIZINE 提供 日本人が持たない概念?日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現
日本語でもそのまま「ドライ」といいますが、ビール、ワイン、ウィスキーなどお酒の辛口のことをdryと表します。カーッと口の中が乾くような感触は、確かにdry。

ちなみに「辛い」を表す英単語は、他にもhot、spicy、pungentがあります。和食にはあまり刺激的な味は使われないため、辛味の表現は少なめなのかもしれません。

GOOEY
日本人が持たない概念?日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現? TABIZINE 提供 日本人が持たない概念?日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現
ねっとり甘いチョコレートやファッジなどの食感をgooeyと表します。日本語にすれば「べとべと」「どろどろ」「ねばねば」などが適当かもしれませんが、gooeyには「甘くて美味しい」というニュアンスも含まれるため、日本語にあてはめるのはなかなか難しいです。

アメリカでgooeyなお菓子といえば、マシュマロとチョコレートをグラハムクラッカーにはさんだs’more(スモア)。キャンプやバーベキューの締めくくりに、みんなで火を囲んで味わいます。口の周りがべとべとになりますが、美味しくて楽しいスイーツです。

以上、日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現でした。

日本にはない味覚表現を求めて海外へ出かけるのも、面白い旅の形かもしれません。

2016年10月12日 (水曜日)

英語は勉強しておくべきです

松山さんはジュニア選手セミナーで“サプライズ授業”「英語は勉強しておくべきです」と言っております。

中高生のジュニアゴルファーを対象にしたセミナーで公演した。

男子プロゴルフツアーのメジャー第3戦、日本オープンが13日から4日間、埼玉・狭山GCで行われる。11日のプロアマ戦を終えた松山英樹(24)=LEXUS=は、ジュニア選手約40人を相手に行われるセミナーにサプライズで登場。10代の選手たちに拍手で出迎えられた日本の怪物は、緊張する場面でのメンタル術などの話をした。

 司会者に今のうちにしておくべきことを問われ「英語は勉強しておくべきです」と苦笑い。「コミュニケーションは普通にできるけど、真剣な話になるとわからない。自分のために英語の勉強をしていたらなって思う」。質疑応答を含めた約15分の“特別授業”に金の卵たちは目を輝かせていた。

2016年10月11日 (火曜日)

英語を勉強しなければいけない

次のような質問がありました。
質問:
英語を勉強しなければいけないと言われているのですが、きらいで、きらいで、しかたなくて、 誰か英語の勉強の仕方を教えてください!

答え:まずは英語が好きになれたらいいですね。『英語のしくみ』という本、一回読んでみてください!私はこの本を読んで、英語にとても興味を持つようになりました。おもしろいと感じたものに対しては勉強する意欲もわくと思うので、英語についてまずはいろいろ調べてみるのもいいかもしれません。

英語が学習が楽しいのは英語のしくみを知るような、知識の吸収ではありません。スキルの向上が楽しいのです。どのレベルの人でも向上させることができます。

そしてスキルなら自分で実感できます。発音を上手にする、スピーキングを上手にするを目標にすれば、自分が上達をすれば楽しくなります。

上達しなければいろいろと試して見る事です。少しずつ学習する、それがディープラーニングの大事な部分です。

2016年10月10日 (月曜日)

文法をビジュアル化

英語アレルギーを抑えるスピリチュアルテクニックの紹介があります。

ビジュアライゼーションという言葉がある。ニューエイジ系のスピリチュアリストがよく使う、?欲しいものとか望む状況をできるだけ詳細に思い浮かべる?ことを意味する言葉だ。このテクニック、実は英語の勉強にも使えそうなのだ。

英語→日本語→場面→理解じゃなくて、英語→場面→理解

英語学習におけるビジュアライゼーションのプロセスは、こういうことになるだろう。普通は目から入って来る(リーディング)場合も、耳から入って来る(ヒアリング)場合も、一度頭の中で情報を日本語にしてから理解する。これに対し、英語のまま読んだり聞いたりして、それをひとつの場面あるいはシーンとして脳裏に思い描く。
よく?英語脳?という言葉が使われるけれど、その本質はビジュアライゼーションなのではないだろうか。日本語化という段階を省いたやり方だ。

文法をビジュアル化する
英語が嫌いという人の大半が最もめんどくさいと感じるのは文法だろう。Be+動詞ingでつまずく人はいないかもしれないが、To+動詞の原形とか、Have+動詞の過去分詞となると、ちょっと怪しくなってくる人は少なくないはずだ。
こういう公式的な覚え方に、単語帳で丸暗記した知識(英単語を日本語訳の代表的なひとつの意味だけに置き換えて覚えることほど定着率が低いことはないし、運用力がまったくつかないと言われている)を乗せるのは、最悪のコンビネーションでしかない。つまり、高校までの過程でスタンダードとされてきた勉強法は英語が嫌いになるよう仕向けるだけなのだ。

コアという概念
ビジュアライゼーション(イマジネーションという言葉で置き換えることもできるだろう)を媒体にした文法攻略をテーマとする『イメージでわかる表現英文法』(:田中茂範・監・著、 弓桁太平・著/学研プラス・刊)の帯には、「英文法がこんなに面白いなんて、誰が想像するだろう」というキャッチが綴られている。聞くのも嫌な人さえいる英文法を面白く思えるなんて…。
大前提となるのは、コア=語や文法の本質という概念だ。

“それぞれの基本語が持つ1個の中核となる意味、これを「コア」と呼びます。コアは語の基本的な意味であり、文脈に左右されません。”

コアの概念の説明は、動詞や前置詞から始まって時制(現在形と現在進行形の違いとか、現在完了形と過去形の違いとか)、助動詞、受動態、準動詞(不定詞と動名詞の違い)、文型(第3文型とか第5文型とかやりましたよね)、冠詞(アジア人は、特に日本人はaとかtheの使い方がうまくないという話を聞いたことがある)と続いていって、最終的にコアの応用力で締めくくられる。

確かに、このコアの概念をある程度理解してしまえば、英文法も面白くはないにせよ、毛嫌いするほどのものではなくなる気がする。そしてコアの概念は、もちろんビジュアライゼーションと連動する。いや、ビジュアライゼーションそのものと言ってしまってもいいかもしれない。

形容詞と副詞の見きわめでTOEICスコア100点アップ
ある学生さんの話。彼は大学入学以来数回にわたってTOEICを受けていて、ベストスコアは550点。決して悪くはないが、突出して良いスコアではない。大学3年になったばかりの時点で彼が目指していたのは600点。一般的に就活にもプラスになるとされているスコアだ。
どうしても550点を突破できなかった彼は、問題集を何冊も買ってきて過去問を徹底的にこなした。その結果、形容詞と副詞の見きわめが曖昧だったことが自覚できた。ここから先が彼のクリエイティブなところだ。

英文法で普通に使われる修飾という言い方ではなく、トッピングという感覚で形容詞と名詞の関係をとらえた。そして、語尾がlyで終わることが多い副詞=adverbの基本的性質を、文字通りverb(動詞)にaddされるものというイメージで考えるようにした。

最初に思いついたusuallyを基本にして、「lyで終わるverbにaddできる言葉は副詞」という基本線を作ってビジュアルな形――電光掲示板で流れるニュースをイメージしたという――で思い浮かべるようになると、形容詞と副詞の見きわめが安定するようになり、就活に専念するべき時期が来る直前に650点をマークすることができた。

視覚化という大切な過程
生きた英語ってなんだろう。ピンポイントに定義するのは難しい。ただ、これまでの日本の教育現場で実践されてきた学習法で得られるものではないと思う。字面中心の読み込み型文法学習では、読む・書くという面が、聞く・話すという面よりも強調されていたことも否めない。

現場で「これではだめだ」と思っていた先生たちもかなりいたのではないだろうか。
2020年をめどに、英語が小学校3年生から必修科目、小学校5年生からは教科にされる。小学校の教育課程で、英語が算数や国語と同じ扱いになる。こうなると、少なくとも英語が大嫌いじゃなくなるようにする工夫が必要になる。

いきなりすべてを解決することはできない。でも、コアの概念やビジュアライゼーションが今ある障壁を取り除くきっかけになるはずだ。もちろん、これまでずっと感じてきた障壁に今も悩んでいる人たちにとっても、イメージを通じた文法学習法は、まったく新しいアプローチだ。

これからは、広い意味でのイマジネーションが英語学習の決め手になりそうですよ。

耳の不自由な人は言語習得にまったくのハンディはありません。言語情報の多くは音と関連して学習しているからです。
その言語情報をわざわざ視覚化すると言うのは邪道ともいうべき方法です。

2016年10月 9日 (日曜日)

ピース綾部「まずは英語の勉強」

ピースの綾部が来年4月からNY拠点に活動「まずは英語の勉強」と海外進出を発表しました。

お笑いコンビ「ピース」綾部祐二(38)が8日、都内で緊急会見を開き、来年4月から米国・ニューヨークを拠点に活動することを発表した。ピースは解散しない。

 かねて「ハリウッド進出」を夢に掲げていた綾部は「来年40歳になるということで、ニューヨークで活動をしていきたい。まずはコメディアンとして活動して、最終的には1回でいいから俳優としてハリウッドのレッドカーペットを歩くこと。ビッグになって帰ってくるのが夢」と告白。 

 ただ、現時点で語学力は不足気味で「全く話せないので、まずはニューヨークで英語の勉強。2~3年は下積みするつもり。3年後くらいからスタート。(いつ帰ってくるとか)考えてない。期間は設けてない」と覚悟をにじませた。

 コンビ活動については「解散はしませんが、来年3月いっぱいで、いったんお休みということです」。以前から綾部の思いを聞いていた相方の又吉直樹(36)は、今年6月に正式に伝えられると「ええんちゃう? 勝負してきてください」と快く背中を押したという。

 米国行きを決断したのも、又吉が処女作「火花」で芥川賞を受賞したことだった。「先生(又吉)が芥川賞を受賞した昨年7月16日、コンビも大きく変わった。先生が偉業を成し遂げて、自分もこのままでいいのか…自分も一度やってやろうと、夢を追ってみようかなと。まさか相方を先生と呼ぶ日が来るとは思わなかったので、刺激にはなって」と素直な心境を吐露した。

 ニューヨークに決めた理由は「初めて2015年のお正月に行って。仕事を含めて4回行った。もともと憧れてはいたけど、場所にパワーとスピードを感じて、味わったことがない感覚だった。今年のお正月にも行って『ここで勝負してみたい』と思いました」。

 所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシー社長に「お笑い界の野茂英雄になりたい」と伝えた時は爆笑されて「面白いやん、やったらええ」と言われたという。

 憧れの俳優については日米で活動する渡辺謙(56)を挙げ「すごい人だな、と尊敬している。いつか共演できたら」。他にもトム・クルーズ(54)、ブラッド・ピット(52)らが憧れだと明かし、昨年7月にトムが主演映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」PRのため、来日した際のエピソードを公開。「トムの5メートル後ろを歩いたんですけど、トムが呼んでる気がした。『5メートル後ろでいいのか? 横に並べよ』と言ってる気がした」と真顔で話した。

 現在、9つのレギュラー番組があるが、すでに今夏に米国行きの希望を明かし、制作側も快諾。「まだ半年あるので、お話ししたことで表向きに動くことができる。この半年の間にいろいろ決めて、準備とか、そういうことはやろうかなと思う」と渡米に向けた準備を進めていくという。

 綾部は2003年に又吉と「ピース」を結成。04年にはTBS系ドラマ「ラブ・ジャッジ2」で俳優デビュー。コンビ活動の傍ら俳優業も継続し、11年にはフジテレビ系「月9」ドラマ「幸せになろうよ」に出演した。コンビとしても10年に「キングオブコント」で準優勝し、M‐1グランプリで4位に入るなど実力派として知られる。

もし、英語ができないのにアメリカに行くのは本当のお笑いです。何かを学ぶ場合に言葉は最も大事です。すくなくてもかなり英語を学習してから行くべきです。同じ時間で得る事が多いはずです。

2016年10月 8日 (土曜日)

英語レシピに頻出する表現5つ

調理用の英語が紹介されています。

 英語力を伸ばすには、自分の趣味を通して学習するのがベスト。料理好きの人なら、海外で話題のレシピに挑戦してみるといいかもしれない。もちろん、レシピは英語で書かれているので、多少の語学力は必要となる。今回は、そんなときに役立つ“料理にまつわる英語表現”を紹介していきたい。

【1】sprinkle
 「振りかける」という意味。「パンケーキに粉砂糖を振りかける」など、さまざまなシーンで登場する単語だ。

<例文>
Sprinkle cheese over the top.
(チーズを上にまんべんなく振りかける)

【2】whisk
 「泡立てるようにかき混ぜる」という意味。似た表現に「whip」があるが、これは生クリームなどを「しっかりと強く泡立てる」といったニュアンスが強い。ショートケーキには「whip」が使われるので、間違えないようにしよう。

<例文>
Whisk the egg.
(卵を泡立てるようにかき混ぜる)

【3】season
 ハーブやスパイスなど、さまざま調味料で「味付けする」ときに使う単語。

<例文>
Season your steak with salt and black pepper.
(ステーキを塩と黒胡椒で味付けする)

【4】squeeze
 「(強く圧力をかけて)絞り出す」という意味。果物を使うレシピには、よく登場する単語だ。マヨネーズやチューブ入りのワサビなど、絞り出す物全般に使える表現。

<例文>
Squeeze lemon juice.
(レモン果汁を絞る)

【5】set aside
 「脇に置いておく」「一旦取り出しておく」「時間をとる」などの意味合いとして使われる。

<例文>
Set aside to marinate for 24 hours.
(漬け込むために24時間置いておく)

Remove the beef from the oven, wrap in foil and set aside to rest.
(オーブンから肉を取り出し、ホイルに包んで休ませておく)

 基本的な単語さえ覚えてしまえば、どのようなレシピでも読めるようになるはず。料理好きにはピッタリの学習法なので、実践してみるといいだろう。

2016年10月 7日 (金曜日)

正しい英語勉強法はどっち

安武内 ひろし氏は次のような判断をしています。

発音と会話の勉強が圧倒的に不足している
日本人には英語が話せない人が多い。学生時代に10年間も勉強しTOEICでそこそこのスコアを取る人も増えているのに、なぜ?

「実は、頭のいい人・英語の知識がある人ほど話せない傾向が見られます。周囲を意識したり、文法や語彙の些細なミスが気になって、言葉に詰まってしまうのです」

と、安武内氏。読み書きも大事だが、圧倒的に足りていないのは「発音」と「会話」の訓練だ。「発音はいきなりリスニング教材を聞きまくってもダメ。まず、英語は隣り合う音によって違う音になる『音変化のルール』を知る。例えばnot at allの発音はノット・アット・オールでなく“ナラロール”になる。こういうのは学校で習わなかったでしょう?」

安武内氏によると「音変化のルール」は大別すると5つある。これらを頭に入れてからリスニング教材を使えば、聞き取りはもちろん、発音もグングン上達する。「そうしたら次は、話す訓練です。上品に小声で喋っても、外国人には通じません。大声で唾を飛ばしながら、覚えたフレーズを相手にぶつけましょう。英会話スクールに通う人もいますが、クラスメートが日本人だと気恥ずかしさから本領を発揮しにくいですね」

家に居ながら海外の英語講師とマンツーマンで会話ができるスカイプ英会話でもいいし、パブでお酒を飲みながら、外国人に話しかけてみるのもいい。英会話の上達は話してなんぼ。周囲を気にせず思い切り話せる場を探したい。

これまでに挑戦するもうまくいかなかったり、挫折を繰り返した勉強法に固執しても意味がない。常識にとらわれず、ペラペラに通じるいちばんの近道を行こう!

外国人相手に英語が伝わるのはどっち?

A. 大声で唾を飛ばして発音するとき
B. 小声で節度をもって発音するとき

日本人が小声で話す英語では「子音」が聞こえないし、「母音」も長さが足りないので外国人相手には通じない。一音一音をごまかさずに、はっきりと(3m離れても聞こえるくらいの)大声で発音するように心がけないと発音も良くならない。英語の破裂音【p,t,k,b,d,g】や破擦音【ts, dz, t?, d?】は、唾を飛ばすくらいの圧力でちょうどいい。したがって答えはA。

一人で練習するならどっち?

A. カラオケで洋楽ヒット曲を熱唱
B. ケネディ大統領の演説原稿を朗読

リンカーン大統領でもキング牧師でも英語教師がお手本と勧めるものは内容が堅く勉強感が漂いすぎ(特にリンカーンは英語が古すぎる)。それよりも、全米・全英で今ヒットしている曲をリズムやイントネーションにいたるまでそっくりコピーできれば発音向上に大いに貢献する。一人カラオケなら周囲の目を気にせず感情を込め、大声で練習できる。したがって答えはA。

2016年10月 6日 (木曜日)

英語で5文型の勉強

質問:

英語で5文型の勉強をしています。
英語で5文型の勉強をしています。 分からない所があり困ってます。

内容は
私は毎朝公園を散歩します。
Iwalk in the park every morning.

という例文があります。

こちら教科書だと
Iが主語、walkが動詞、 in the park every morning.が修飾語となっています。

自分は「〜を」は目的語として認識しています。
ですのでin the park は目的語なのではないかという疑問が生まれました。

ご教授して頂ける方がいれば、よろしくお願いします。

答え:
英語は文型で学習できません。文法や文型が基本となっていないからです。英語はディープラーニングです。つまりネイティブが使う表現を、ネイティブの発音で真似る事です。これは日本語を習得した時と同じです。臨界期を過ぎても脳の学習は同じです。

文型を考える必要はありません。皆が使う表現を真似るだけの事です。そして覚えて使うのが英語の学習の基本です。

2016年10月 5日 (水曜日)

実際に英語を勉強している人は8%

「英語力は必要」と感じる人は60%、でも「学習している」人は8%?--英語学習のアンケート調査が発表されました。

マイボイスコムは、英語学習に関するアンケート調査の結果を発表。英語力の必要性に対する認識や、学習している人の割合などを明らかにしている。

マイボイスコムは、英語教育に関するアンケート調査(第3回)の結果を発表。英語力の必要性に対する認識や、学習している人の割合などを明らかにしている。

同調査は、2016年8月1日~5日に1万780人(男性5,599人、女性5,181人)を対象に実施。年代の内訳は10代46人、20代633人、30代1,614人、40代3,064人、50代以上5,423人。なお同社は同様の調査を、2006年2月(第1回)と2013年8月(第2回)にも実施している。

英語力の必要性や学習状況

“英語力の必要性”に関する質問では、「必要性を感じる」「やや必要性を感じる」と答えた人は合わせて59.7%だった。しかし自主的な英語学習に関する質問では、「現在学習している」と答えた人はわずか7.9%。「以前学習していたが、現在は学習していない」(37.7%)、「学習したことはない」(53.8%)という人が多い結果となった。なお「現在英語を学習している」人は10代で5割弱だったが、20代では1割強、30代以上では1割以下となった。

現在英語学習をしている人の理由は、「海外旅行に行く」「仕事で必要」「英語で会話をしたい」「自己啓発、習い事として」「本や映画、音楽などを英語で楽しみたい」など。年代別に見ると、若年層では「将来の仕事で必要」「就職・転職のため」、高年代層では「自己啓発、習い事として」「趣味・教養の一つとして身につけたい」の比率が高かった。

今後英語を「学習したい」と考えている人は35.5%。その理由としては「子供が英会話を習っているので、同時に復習を兼ねて勉強したい」(女性39歳)、「海外からの旅行客も増え、東京オリンピックのボランティアでも役にたつ。また自分の海外旅行でも必要と思う」(男性61歳)といった声が寄せられた。

一方「学習したくない」または「どちらともいえない」と答えた人からは、「スマートフォンやタブレットを使った翻訳機能がこれから上昇し、多国語を覚える必要がなくなる時代が近いと思うから」(男性39歳)、「英語を話せるとよいと思うが、今後使う環境や機会がないと思うので積極的に学習しようとは思わない」(女性72歳)といった声が寄せられた。

2016年10月 4日 (火曜日)

保育園に保護者が求めるものは幼児教育

保育ぷらす+(https://www.hoikuplus.com/)では、保育士だけでなく保護者のかたの保育の悩みの相談やコンテンツ作成行なっています。月ごとに集計をだし、悩みの多い物に関しての情報をコンテンツを作成し家庭や保育園での保育を推進しています。

保育ぷらす+は、2016年7月に保育士・保護者からの相談電話を集計し保育園に保護者が保育園に求めている情報を集計致しました。その結果、幼児教育が全体の70%を占めその中でも英語に対する関心が圧倒的に高いことが判明しました。

現在、英語教育の早期導入が実施され今まで中学生から授業に取り入れられていたのが小学生から実施されています。幼稚園や保育園でも英語を教えるところが多くなり保育士としても英語に対し無知ではいられない現状があります。

今回、保育ぷらす+では英語の中でも多かった3点をご紹介します。

1、幼児教育の大切さ!?子どもの頃に勉強しないと手遅れなのか

子どもは真っ白なために、新しい物を受け付けやすい傾向にあります。誰もがわかっているのですが実際にはどのようなメカニズムなのか徹底的に解明致します。

小学校入学前の子どもたちに対して行う教育活動である「幼児教育」
https://www.hoikuplus.com/post/usefulnurtureinfo/817
日本は世界に比べ幼児教育後進国!ノーベル賞学者が教える6歳児までの教育の重要性
https://www.hoikuplus.com/post/usefulnurtureinfo/726

2,英語勉強は語学スクール?プリスクール?教育法のどれがいいの?

英語を覚えるのに子どもはどんな方法で学ぶのでしょうか。

英語を日本語に変えることなく英語のまま理解する!注目を集めている「イマージョン教育」とは?
https://www.hoikuplus.com/post/usefulnurtureinfo/982

英語学習はいつからがいいの!?早期英語学習はプリスクールで
https://www.hoikuplus.com/post/usefulnurtureinfo/730

3,保育園での英語の資質はどう判断するか

英語勉強では専門の講師が英語を教えることが多いと思いますが普通の英語を教えるのと違い、幼児を教える場合はどのような違いがあるのでしょうか。

赤ちゃん言葉を英語でマスター!?新設された「保育英語検定」とは?
https://www.hoikuplus.com/post/usefulnurtureinfo/844

保育士も英語が必要になる?最近の保育業界の英語教育事情とは
https://www.hoikuplus.com/post/usefulnurtureinfo/249

幼児教育の重要性と理解は年々、高まって来ています。学べる環境も整いつつある今、子ども達に何が最適かを考えてみましょう。

2016年10月 3日 (月曜日)

TOKKUN ENGLISH

TOKKUN ENGLISHが注目を集めているようです。

METHOD
まずカウンセリングで英語を学習する理由、その先に何があるのかを徹底的に深堀し、目標を明確化します。その後、レベルチェック試験を受けていただき、現状の英語力を分析します。

①目標と現状の確認
得意分野・苦手分野を考慮し、お客様にとって最適な学習法を提供します。また、どのように学習時間を確保するか等のアドバイスも行います。

②最適な学習法の提供
日々の進捗をチャットツール(LINE)を用いて報告して頂き、それを基にコーチング致します。英語学習におけるワンポイントアドバイス等も積極的に行います。

③進捗管理コーチング
英語に関する質問はチャットで随時受け付け、30分以内に必ず返答します。(毎日9:00-23:00)

④オンライン質問対応
その週に学んだ事の定着度を計るため、週1回確認テストを実施致します。また、英語学習の進捗が可視化されることにより、モチベーションの向上にも繋がります。

⑤週次確認テストの実施
週1回対面でパーソナルコーチがカウンセリング致します。また、定期的に集合型トレーニングもあるため、一緒に目標を目指す仲間ができます。

⑥モチベーション管理
ただ英語に触れているだけでは、使える英語は身に付かない

TOKKUN ENGLISH 上級編

ビジネスシーンにおいて、英語で議論や交渉できるようになることを目指すコースです。本コースではビジネスシーンでよく使われる表現を習得した上でアウトプットトレーニングを行い、飛躍的なスピーキング力向上を目指します。また、リスニング力向上のため、シャドーイングを中心とした徹底的なトレーニングを実施致します。

英語は”特訓”することでも、コミットする事でもありません。目標をやり抜くことでもありません。スポーツや芸能と同じように学ぶ事が楽しいからやるだけです。英語はコーチや監督がいなくても学習できる方法を選択するのが必須条件です。たのしく学習できる方法を選ぶべきです。

2016年10月 2日 (日曜日)

日本の英語教育は「大惨事」

茂木 健一郎氏がblogosで次にように言っています。

昨日紹介した、バイロイトで英国のコメディアンのスティーヴン・フライが喋る動画 

http://lineblog.me/mogikenichiro/archives/6663666.html … 

を、今朝観た(ごめん、紹介した時点では、まだ観ていなかった(汗))、それで面白かったのだけれども、もうひとつ気になったことがあある。

それは、このビデオの中に出てきたワグナーの専門家が、面白いことを高度な言葉で喋るんだけど、なんかちょっとなまっているなあ、と思っていたら、ドイツの人だったのだ。ドイツの人だけど、とても達者に英語を駆使していた。

ドイツ語と英語は、同じヨーロッパの言葉だから近いだろう、と思うかもしれないけど、音も文法も発想もかなり違う。実際にドイツを旅していると英語を喋れない人はたくさんいる。問題は、このビデオの中のおじさんのように、とても高度な英語を喋れる人がどう出てくるか、ということだ。

あのおじさんは「インテリ」なんだから当然だろう、と言うかもしれないけど、日本には英語を喋れない「インテリ」がたくさんいる。というかむしろ喋れないのが普通である。英語なんて、言語の一つだからそれでいい、と言うかもしれないが、問題は学校であんなに時間をかけているのにそうだということ。

もういい加減、日本の英語教育は「大惨事」(disaster)であることを認めた方がいいと思う。日本の英語教育法の、あるいは英語に関する学力観の、何かが根本的に間違っているのである。大学入試も、言うまでもなく、根本的に間違っている。

そもそも、英語は、テストをするから使えるようになるのではない。アメリカの大学志願者も、SATのボキャブラリテストを受けるが、彼らが英語を駆使できるのは、ボキャブラリテストがあるからではもちろんない。

極論すれば、英語のテストなんて廃止してしまえば、きっと英語を使えるようになるのだろう。「英語を使えるようになるのは、テスト対策の勉強以外の要素によってである」ということに気づけば、その「テスト以外の要素」が何なのかを、真剣に考え始めるはずだ。

日本の平均的な中学生、高校生が、英語における「テスト以外の要素」を実質的に体験し始めない限り、日本の英語教育は「大惨事」(disaster)であり続けるだろう。私がTOEIC嫌いなのは周知だから繰り返さないが、英語=テストだと思っている国の悲劇ないしは喜劇だとしか言いようがない。

じゃあ、英語教育における「テスト以外の要素」とは何か、と言えば、今回紹介の動画のような知的で高度な会話をどれくらい自分でやっているかということに尽きる。日本の平均的学生は経験値ゼロである。このような会話がテストの点数の対象にならないことは、言うまでもない。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »