無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

オンライン状態

« 保育園に保護者が求める幼児英語教育 | トップページ | 日本の英語教育は「大惨事」 »

2016年9月30日 (金曜日)

英語の勉強を成功させる10のコツ

英語の勉強の10のコツが紹介されています。

「英語がペラペラになりたい」多くの人がそう感じながらも、難しいと諦めている人も多いのではないでしょうか?世界各国で通じる言語ですし、比較的覚えやすい言語(単語数は75万語と言われています)ではあるものの、英語を流暢に話す近道はないと思い込んでいませんか?

そんなことはありません!学習方法を工夫すれば、英語をマスターする近道になります。これからお伝えする10のコツを抑えれば、あなたもきっと英語をマスターできます。

1.英語の出版物を読む
硬く聞こえますが、要は英語の印刷物やウェブサイトを読むクセをつければよいのです。サッカー好きならサッカー雑誌を読むのもいいですし、海外セレブのファッションに興味のある人はファッションサイトやインスタグラムのコメントを読んでもいいでしょう。

英字新聞を読む必要はないの?答えは、「必要ありません!(興味があるなら別ですが)」自分が気になるトピックに目を通すことで新しいボキャブラリーが頭に残りやすくなり、元々持っている知識と重なって、新しい単語が早く身に付きます。単語が早く身につけば、次は単語の使い方や言い回しの表現などワンステップ上の英語習得が可能になります。

2.新しい英単語はメモを取る
昔から言われている学習方法ですが、なぜこの方法が有効なのか?答えは簡単、「必ず効果が出るから」です。新しい単語を目にした瞬間は、「きっと覚えていられる」と思うのですが、人間の脳は忘れやすいものです。

せっかく目にした新しい単語を忘れずにメモできるよう、小さなノートやスマホのメモ機能を活用して記録に残しましょう。書き留める際のコツは、単語の意味だけでなく、例文を1つメモしておくことです。そうすれば、その単語を使った表現を自然な形で覚えられます。

3.英語で会話をする
英語で会話をしない事には、英語を勉強する意味がありません。現在はメッセージアプリなど、文字のみで会話が成り立つことが増えました。しかし実際に英語を使って会話をすることは、読み書き以上に頭に残ります。

それは脳の中で、会話の内容を理解しながら、同時に英語でも考えているから、より効果的に英語が頭に残るのです。身近に英語を話す人がいれば、会話の練習パートナーになってもらったり、オンラインの英会話レッスンなどを利用するとよいです。

緊張して言葉が出てこなかったらどうしよう!? ミスしたらどうしよう!?と不安な気持ちは、とてもよく分かります。でも、その壁を超えた向こうには英語でコミュニケーションをするという素晴らしい世界が待っています!

4.英語のポッドキャストやYOUTUBEチャンネルを購読する
コメディ、クッキング、スポーツ、音楽。名前を挙げればきりがありませんがYouTubeやポッドキャスト上には沢山の英語の番組が流れています。いくつかフォローしておいて、通勤・通学の途中の電車の中で観るようにするといいですよ。

初めのうちはネイティブの英語は聞き取りにくいかもしれませんが、数をこなしているうちに何となく分かるようになります。そこまで来れば、より的確なヒアリングができるようになるまで、そう時間はかかりません。このときも、新しく出てきた単語はメモする習慣を忘れずに!

5.現地に留学する
一番手っ取り早いのは、やはり語学留学することでしょう。英語留学をする場合は世界中に選択肢がありますので、趣味や気候、気になる都市や文化など条件を絞って滞在先を決めることが可能です。

フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アメリカ、カナダ、南アメリカ、マルタなど数を上げればきりがありません!

6.友達のソーシャルメディアを見る
英語でソーシャルメディアに投稿している友達がいれば、彼らがどんな記事をシェアしているかチェックしてみましょう。ニュースや雑誌の記事、YouTubeビデオ、ブログや歌などいろいろな情報がアップされていると思います。

あなたが興味のある分野であれば、内容も自然と頭に入り易いですし、英語で読むことへの抵抗も低くなります。最新の情報をゲットできることもあるので、有効活用しましょう。

7.とにかく質問をする
分からない単語や表現に出くわしたら、とにかく質問してみましょう。分からないで悶々とするよりも、人に聞いてみた方が案外すんなり頭に入ってくるものです。英語のコースを受けているなら先生にどんどん質問しましょう。

独学で勉強している人も心配いりません。今は英語文法に関するウェブサイトやブログ、掲示板など、どこからでもアクセスができ質問を書き込むシステムがあります。

8.海外セレブの真似をする
気になる海外セレブのインタビュークリップをYouTubeなどでたくさん観ましょう。初めは軽く流す感じで見てよいと思いますが、内容が理解できるようになるまで繰り返し見ることをお勧めします。

そうする事でスラングやストーリー、ジョークなども分かるようになるので効果てき面です。

9.なぜ英語が話せるようになりたいのか?理由を振り返る
何事も続けるためにはモチベーションを保つことが重要なキーとなります。なぜ英語がペラペラになりたいのか?理由を再認識するのも大切なステップです。海外留学へ行くから?

その場合、現地で勉強する分野に関する英単語を習得するようにしましょう。海外出張や海外展示会に行く人は、現地の同僚やカンファレンス主催者に聞きたい質問などを英語で準備する目的が出来ますね。

もしくはバックパッカー旅行に出発するのであれば、旅行に関するボキャブラリーを覚えることが勉強の指針になるでしょう。何においても言えることですが、目的や方針をはっきりさせる事で、自分のすべきことがはっきりと見えてきますので、語学習得の近道になり得ます。

10.スランプに陥っても諦めないで

勉強が思うようにはかどらない時は、語学を勉強している人なら誰でも経験します。スムーズにいかないときも、勉強を諦めないでください。無駄のように思えても、少しだけでも良いので毎日コツコツ続けることが大切です。

今日は勉強したくないーそういう日もありますが、雑誌の1記事でもよいので目を通すようにしましょう。小さな努力を積み重ねていけば、ある日突然ヒアリングが分かるようになる日が来ます。

そして、昨日、先週、先月の自分と比べてみれば自分の進化を感じることができます。小さな成功体験を積み重ねることで、大きな成功へ繋げていけるので、諦めないでコツコツ取り組みましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。いきなりすべてのコツを取り入れるのは難しいかもしれません。1つ1つ試してみて、自分にピッタリの方法を探してみてくださいね。

英語力とは自動化された英語事例の総量で決まります。大事な事はディープラーニングでコツコツと覚える事です。

« 保育園に保護者が求める幼児英語教育 | トップページ | 日本の英語教育は「大惨事」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/67729945

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の勉強を成功させる10のコツ:

« 保育園に保護者が求める幼児英語教育 | トップページ | 日本の英語教育は「大惨事」 »