無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

オンライン状態

« 間違いを訂正する能力 | トップページ | あのライザップが英語学習に進出、あのライザップが英語学習に進出 »

2016年8月21日 (日曜日)

小学生の英語学習への質問

小3男児の英語の勉強について相談願います。
現在は公文で「G」の中一レベルに入ったばかりです。
ローマ字はしっかり覚えており、単語はスペルを見て何となくで予想しているみたいで、きちんとは書けません。
(アップルは読めるけど書けない・・・など)

願わくば、実用的な英語の取得ですが、当面は中学校の定期テスト用の英語力を考えております。

4~8月までの勉強方法ですが
1中一の教科書とガイドを使い、書かせずに一通りの勉強内容の説明をしました
・動詞・疑問形・返事・出身・時間・5w1hなどです
2教科書準拠のドリルを教科書を見ながら解いている

今後は中一の教科書の日本語訳を英文に直す、または教科書の英文をそっくり詰め込みで書けるように覚えさせようと考えています。
詰め込みで単純に書けるように英文を暗記させることは、定期テストには有効だと思うのですが、現在小学3年生で覚えたとして中一まで忘れないものでしょうか。

勿論覚えた場合は、中二中三と同じようにガイドで内容を説明しドリルを行って英文丸写し暗記を行うつもりですが、例えば小5で中三まで完了した場合、中学生までの期間何度も繰り返しを行っていればいいのでしょうか。

それとも高校英語や英語教室などの塾へ入れた方がいいのでしょうか。
子どもの英語レベルが上がっていけば、中学の教科書の暗記は忘れても「書ける」ことは学んだままで、日本語を見れば思い出したり理解で点数をとれるということでしょうか。
また、おすすめの勉強方法がありましたら教えてください。

桜井恵三のアドバイス
レスのタイトル 何を目的にするのか
本文 言語には音声と文字の2つの種類があります。言語の基本は音声です。母語の場合は全て音声から学習します。米英に言語以外で留学する場合も、話せる事が前提です。

まず将来的に使える英語を目指すなら、音声英語主体の勉強をすべきです。
ディープラーニングと言って日本語と同じように反復練習をしてネイティブを真似る練習を繰り返す事です。フィードバックで修正と矯正をします。
大事な事は反復練習で忘れないように覚える事です。そのために音声英語に集中すべきです。小学生でも大人でも文字と音声を同時に学習するのは無理があります。

それは音声英語の方がずっと楽しく、効果的な学習ができるからです。
音声英語は自分の発音とかスピーキングとかリスニングの上達が分かるので励みになりどんどん上達します。

将来、大人になった時も必要となるのは音声英語の方です。
高校や大学受験の英語を目指すなら文字英語を主体に学習した方が良い成績が取れます。それは文字英語では英語の知識を学ぶからです。しかし、これからの大学試験もは現状のような筆記試験ではなく、話す・聞くの英語が重要視されると思います。

子供でも大人でも読み書き、聞く話すの4技能を同時に学習するのは非常に無理があります。もし集中するなら、音声英語からやるべきです。その方がずっと効果的な学習ができます。
何より楽しく学べて継続できる事がもっと大事です。
全ての言語は音声から学習をします。その順序が自然であり、効果的な学習ができるからです。

« 間違いを訂正する能力 | トップページ | あのライザップが英語学習に進出、あのライザップが英語学習に進出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/67108217

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生の英語学習への質問:

« 間違いを訂正する能力 | トップページ | あのライザップが英語学習に進出、あのライザップが英語学習に進出 »