無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

オンライン状態

« "カタチ"から入るビジネス英会話 | トップページ | ミスをしないと話す力は伸びない »

2016年8月 6日 (土曜日)

同時通訳者も使う究極の英語上達法

同時通訳のノウハウでオフィス内英語学校サービスを提供する株式会社テンナイン・コミュニケーション(本社:東京都港区、代表取締役:工藤 浩美)は、法人向けに海外出張を直前に控えた予定者を対象にした「1週間英語漬けマンツーマントレーニング」プログラムを開始。第一弾として2016年8月17日(水)より夏季特別プログラムを実施します。

プログラム概要
英語講師歴10年以上のベテランネイティブ講師とマンツーマンで学ぶ5日間。朝9時~夕方6時までの1日8時間、合計40時間の英語漬け集中トレーニング。直後にひかえている海外出張に向けて語彙力はもちろん、特にビジネスコミュニケーションに必要なプレゼンテーションやディスカッションにも対応できるようシャドーイングを中心にレッスンします。また屋外での実践トレーニングもあります。

期間:2016年8月17日(水)~23日(火)
場所:株式会社テンナイン・コミュニケーション内ほか

実施の背景 ビジネス英語で求められているのは“話すこと”
オフィス内英語学校サービスを提供している当社は、これまで数々の企業様の法人英語研修に採用されてきました。教材作成チームによるオリジナル教材や外国人講師が常駐する英語レッスンサービスは、実践できる英語を習得できると、人事ご担当者様からもご好評をいただいております。

海外への事業展開に向けて日本企業のグローバル化が進む中、社内公用語を英語にする企業、TOEIC等のスコア取得を採用や昇進の条件にする企業はますます増えています。その一方で、TOEIC高スコア取得者が、必ずしも英語でコミュニケーションできるものではないことを指摘する声も高まっていることも事実です。
このような背景をふまえ、当社では、多様なニーズにお答えしながら企業様の英語環境を作り、英語も仕事もできる人材育成サービスの提供を開始いたしました。

プログラムの特長
(1) 同時通訳者も使う究極の英語上達法「シャドーイング」を活用
「シャドーイング」とは、同時通訳者が必ずやっている「耳と口」を鍛える英語学習法で、聞こえてきた英語をそのまま英語で繰り返します。まるで影(シャドー)のように英語の音声を聞いて、耳から入る情報と同じ情報を同時に声に出すことで、実践的な英語力を向上させます。

(2) ゴールは“英語も仕事もできる”人材を育てること
仕事ができる人材はいる、英語が話せる人材はいる、しかし両方できる人材は少ないといった経営陣の声をよく耳にします。

そこで今回提供を開始した「海外出張直前マンツーマンプログラム」では、TOEICのスコアが高くてもプレゼンテーションなど本番でうまく生かせない、実際に外国人を目の前にすると緊張してしまうのでネイティブ講師とマンツーマンでトレーニングをしたいといった、企業様ごとの悩みやご要望にお応えします。プログラムを希望される企業様にしっかりとヒアリングを行い、オリジナル教材から作成する完全オーダーメイド型です。本プログラムによって、仕事もできる、英語も話せる人材を育てます。

« "カタチ"から入るビジネス英会話 | トップページ | ミスをしないと話す力は伸びない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/66864430

この記事へのトラックバック一覧です: 同時通訳者も使う究極の英語上達法:

« "カタチ"から入るビジネス英会話 | トップページ | ミスをしないと話す力は伸びない »