無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

オンライン状態

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日曜日)

「英語はネイティブのように」の誤解

吉田 研作 言語教育研究センター教授が次のように言っています。

もちろん、英語教育について目に見えて変わっている点もあります。たとえば、小学校高学年への「外国語活動」の導入。現在、その開始を3年生に前倒しし、5年生からは英語を正規教科にするという早期化案が検討されています。

これに対し、母国語の能力が固まらないうちに外国語を教えることを疑問視する声もあります。しかし、かつての僕のように、周りがすべて英語という環境に置かれるのならともかく、せいぜい週に数時間という「英語環境」が、日本語の修得に悪影響を及ぼすとは考えにくいでしょう。

では反対に、そんなわずかな英語学習に効果があるのか。小学校の段階で重視すべきは、他の教科同様、知識より体験です。英語がわかった、通じたという体験の積み重ねが、学びへの動機づけにつながるのです。実際、小学校で英語を学んだ子供のほうが、海外や外国語に対して前向きな意識が強いという調査結果がいくつもあります。むしろ怖いのは、親が「勉強」させ過ぎて、子供を英語嫌いにしてしまうことかもしれません。

英語を話せない自分に教えられるのかと、不安を感じる小学校の先生も多いでしょう。もちろん一定の訓練は必要だと思いますが、加えて、こんな研究結果もあります。

一般に教科書などに付属する音声教材は、ネイティブスピーカーが録音しています。これに対して、あえてノンネイティブの録音教材を使って高校で授業を行なったところ、生徒たちは日本人として英語をしゃべることに自信を持つようになり、英語によるコミュニケーションの量も増えた、というのです。

これはある上智卒業生の博士論文なのですが、僕が常々主張している「インターナショナル・イングリッシュ」、すなわちネイティブの英語とは別の、「国際共通語としての英語」の重要性を実証してくれる研究ともなっています。

国際社会で話されている英語のうち、3分の2は「英語のノンネイティブ・スピーカー」によるもので、発音も文法も、実はネイティブのものとは違います。それでも互いに理解でき、話し合いや交渉は問題なく行なわれている。日本人には、英語はネイティブのように話せなくてはいけないという固定観念が強いのですが、それを捨てる必要があるのです。

まず小学校の先生が自信を持って英語を教え、英語を話すことが好きな子供が増えていけば、中学・高校の英語教育も変わっていくことでしょう。課題はたくさんありますが、我が国の英語教育がよい方向に向かいつつあることも事実のようです。

*********************

言語の基本はネイティブのような音でネイティブのように話す事が目的です。ネイティブの英語とは別の、「国際共通語としての英語」を作るのはもう言語の創作で、言語習得とは別のものです。

2014年11月28日 (金曜日)

英英辞典の大きな間違い

外国での通訳の仕事から昨晩帰りました。

英語学習者がこのように言っています。

オンラインレッスンを始めてから先生は英語しか話さないので当たり前ではありますが英単語の意味を英語でしか説明されません。

普段から英語の単語はできるだけ英語で調べるように努めてはいましたが先生によっては『単語の意味を英語で説明して』と言われることがあります。

また、レアジョブでは初めてレッスンを受けたある先生(男性)からレッスンの間中ずーーっと単語のdefinition (定義)についてレクチャーされまくるという体験までしました(笑)。

その先生によれば単語の意味をその言語で説明できることが究極の言語運用力となるらしい。

毎回英英辞書で調べて理解できればそこまででええんちゃいまんの?と。

でも毎日のように先生に英単語を英語で解説してもらっているうちにもしかするとこの聞いてわかるけど自分で説明できない定義を毎日毎日やっていたら自分でもできるようになる(だんだん簡単になる)ような気がしてきたのですよ!!!

*******************

このような事はあり得ない話です。単語の理解は英語や日本語でやっているのではありません。日本語でも思考言語で理解しています。

英語も日本語と同じように思考言語で理解しています。それを英語や日本語で表現するのです。すると英英辞典を見ると言う事は英語単語を英語で表現する事を覚えている事です。

そんな単語の表現を覚えてもあまり意味がありません。単語の意味を理解するなら和訳を見た方が理解は速くなります。英語単語の定義を英語でかく練習は意味がありません。

日本語だって日本語の辞書の定義などほとんど言えません。

2014年11月21日 (金曜日)

27日まで出張

今日から27日まで通訳として出張してきます。実際の現場で英語を使う事により、自分の英語のレベル、そして学習方法の評価ができます。

以前は日本語を英語にする傾向にありましたが、自動化の英語学習を始めてからはどんどん英語が話す事が楽になりました。

通訳をする場合でも多くの自然な表現を覚える事が効果的な学習のようです。

28日からまたブログを再開します。

2014年11月20日 (木曜日)

齋藤兼司氏からの返事:英語で考える

桜井様

お問い合わせをいただいておりましたが、
ご自身のご意見を書かれていただけでしたので、
特に返信をせずに読ませていただきました。

英語学習には様々な方法論があり、その指導方法、
学習理念は多岐にわたると思います。

私の学習理念、哲学は本に書かせていただいたとおり
ですし、「そう思わない」と桜井様が考えるのも
自由だと思います。

ですから、私が桜井様が「英語で考えることはできない」
と思われるのと同様に、「英語で考えることはできる」
と信じるのも自由ですし、それを実際に行っておいる以上、
自信を持って「できる」ということができます。
(日本語で思考しているのと同様に、頭の中が英語だけ
になり、英語で思考しています)

また、自分の子供たちもネイティブに負けないくらい英語で考え、
話すことができ、その学習方法を指導して、実際に英語で考える
ことができる生徒さんも多くいます。

だからと言って、すべての英語指導者に「英語で考えること」
を徹底させるために、メールをし、議論をし、相手を説得
することは行っておりません。それは、それぞれの方が
自分で考え、学び、気づいていくことだからです。

ですから、今回の桜井様の意見を読んで、「そう考える方も
いるのだ」とは思いますが、特に議論をすることはありません。
それは時間の無駄だと思いますし(桜井様がそう信じ込んでいる
以上、桜井様にとって「英語で考えることはできない」のでしょう
「できない」と信じ込んでいる方には、それができるようには
ならないからです)、物理的にその時間を取ることもできません。
私自身、多くの生徒さんをかかえ、その方々に真摯に向き合う時間
を取る方が大切だと考えるからです。

桜井様のご希望に添えず、申し訳ありませんが、何卒ご了承
ください。

P.S. ゴーン氏が英語で考えていないからといって、それを
全ての人が「英語で考えることができない」という論拠に
することはできないと思います。

Your Personal Consultant
Kenji Saito (齋藤 兼司)

2014年11月19日 (水曜日)

英語で考える頭はできない

斎藤氏に次のようなメールをだしました。

齋藤 兼司様

斎藤さんは"英語で考える頭"を提唱しています。しかし、そのような英語で考える事は脳科学的に考えればできるはずはありません。

日本人でも全ての日本語が理解できるのではありません。すると日本人が日本語で考えていない事は明白です。日本人も日本語以外で理解しております。それは思考言語と言うものです。英米人も英語で考えておりません。

言語には内語と外語と言う表現があります。内語が思考言語のあたります。内語とは音声を伴わない自分自身のための内言語(inner speech)であり、主として思考の道具としての機能を果たします。外言語(oral speech)とは他人に向って用いられる音声言語であり、主として伝達の道具としての機能を果たします。

英語通訳や英語翻訳の場合日本語に訳す前は最初から整然とした日本語でなく、内語で理解しています。英語を聞いた場合でも内語で理解できていれば、英語で話している間は、いちいち日本語にする必要はありません。

多言語をあやつる日産のゴーン氏は「フランス語、英語、ポルトガル語など何カ国語も操るゴーンさんは考えるときはその国の言葉で考えるのですか。」の質問に次のように答えています。

「それはないですね。考えるプロセスは言語とは別の行為だと思います。思考内容は体、言語は洋服のようなものです。キャスパー(透明なお化けのキャラクター)は洋服を着ないと人の目に見えないのと同じで、考えは言語にしないとわからない。誰かを見ただけではその思考まで見透かせないでしょう。言語は考えを具現化するもの。私が考えることは英語でもフランス語でも表現できます。」

ゴーン氏も言葉を話す事と思考は別だと言っております。

日本人が英語を話せないのは教える先生の問題だと思っています。斎藤さんが提唱する、”英語で考える頭”もその間違った教えの一つです。

基本が間違っていますから、方法論の部分でもいくつかの間違いが存在します。

2014年11月18日 (火曜日)

ふじみ野英語学習会

今月の16日からふじみ野市の市民講座の継続してふじみ野英語学習会が始まりました。内容なおなじ対話集をどんどん進めていきます。

ふじみ野市の教育委員会からグループの認定をもらいましたので、公民館が無料で使えます。また生涯学習課とは別のものですから自由に運営ができます。

これからメンバーを増やして、上級者と初心者が同じクラスで、同じ教材で勉強できようにします。上級者は先に進みますが、初心者の相手にもなってもらい、復習ができます。初心者は対話練習の相手が増え、練習量も増える事になります。

現在は全てが紙ベースですが、来年くらいからはタブレットを導入したいと思っています。すると多くの教材が使え、更にLINE等のネットも使う事ができます。

2014年11月16日 (日曜日)

安河内哲也氏のスピーキング講座

安河内哲也氏は次のように答えています。

Q:では、スピーキング力をアップさせるコツをズバリ教えてください。

大事なことはデタラメ英語でもいいのでしゃべること。どんどんしゃべって練習するんです。アメリカ人みたい(なしゃべりかた)にならないとダメというのは、やっぱりおかしな話で、日本人はどうしたって日本人なんです。

だから、確固たるアイデンティティーと母語の日本語によって構築された論理的思考力や話術を土台にした上で、外国語として英語を載せていくというのが本来あるべき姿なんです。ここを見失っている人があまりにも多いように思います。

ただ、そうなってしまっているのには英語を教える側にも責任があって「これぐらいの英語が適切なんだよ」というものをはっきり示していないんですね。私がよく言っているのは、日本人の一流商社マンが使っているような、ビジネスが支障なくできるような明瞭な英語を目指すべきということです。

どこの国の人にもわかるようにするのです。それは、決して帰国子女やネイティブのような英語ではありません。

*******************

この発言は大きな間違いです。デタラメ英語でもどんどん話すのは良くありません。

ネイティブのように話さなくてはならないのではなく、ベストを追及すればそうなるのです。日本人は全員がきれいな日本語を話す事ができます。これはそうしなければならないからではありません。

自然にそうなるのです。ネイティブのような表現や発音の仕方は最適化された音であり、臨界期以前から言語を学べば自然とそうなります。

臨界期過ぎるとそう簡単ではありません。言語の場合に新しい音を習得するのが下手になり、そして母語の干渉が発生するからです。

しかし、だからと言って言語の基本はネイティブの表現や発音が理想です。臨界期が過ぎると意識した練習が必要であり、フィードバック得て矯正する必要があります。

2014年11月14日 (金曜日)

英検3級からApple社内でも通用する英語力

Apple Japan在宅社員・河野哲治氏の学習法が次のように紹介されています。

―― ご自身の中で工夫した勉強法を教えてください。

突然アメリカに放り込まれることになったので、とにかく渡米前に中学生レベルの基礎を固めました。あとは現地でとにかく話し、ネイティブが用いる口語をオウム返しで定着させていきました。

簡単な勉強法なのですが、これが一番有効でした。逆に、数万円で買った“英語耳”を作るという教材はほとんど役に立たなかったです。

初心者を抜け出したころの「恥じらい」を捨てることが上達のカギ
―― 仕事をする上で必要な英語スキルを身に付けるために工夫したことを教えてください。

外資系3社を転職した限り、ある程度日本人と関わったことがある外国人は日本人の英語レベルを知っているので、はじめからそう難しい言い回しはしてこない気がします。が、業界ならではの専門用語を習得する術が必要でした。

とにかく入社直後は、オウム返しで会話表現を覚えながら、社内で使う用語辞書を自作して身に付けました。ただし、用語辞書はあくまでもその社内で仕事をする時にだけ使えるものだったので、転職するごとに辞書を作るようにしました。

―― 英語力が不足していた頃に一番苦労していたことは何ですか?

英語力に自信がなくてコミュニケーションが不十分だったこともあって、ミーティングで流れを止めてしまうことがよくありました。そのフォローを最小限にするために、隙間時間に外国人同僚とコミュニケーションを密にとり、事前に距離を縮めておくのが大変でしたね。

********************

やはり繰り返しの反復練習が一番効果的なようです。これが自動化の基本的な学習になるからです。

2014年11月13日 (木曜日)

英語は文全体の発音を練習が先

甲南大学の発音の研究がでておりますから参考にしてください。

また、甲南大学の伊庭緑教授は、大学生を4つのグループに分け、個別の音の発音と「プロソディー」(イントネーションやリズム)をさまざまな順序で練習させて効果を測定したそうです。

その結果、ネイティブから最も英語らしいと判定されたのは、最初にプロソディーを練習した上で発音訓練を受けたグループだったそうです。文全体の発音・イントネーション・リズムを練習してから、個々の単語の発音を細かく修正していった方が良いのかも知れませんね。

個々の単語の発音を練習する際はストレス(アクセント)も一緒に覚えよう!

また、個々の単語のストレス(アクセント)も重要だということです。ストレスの場所を間違えると、ネイティブには全く通じないことがよくあります。ストレスの場所はある程度法則化されているものもあるので、それを意識することも効率的です。

例えば、単語の一番最後の母音を発音する場合は、その母音の一つ前の母音にストレスをおきます。日本人の名前はほとんど全て最後の母音を発音するので、ネイティブはその前の母音にストレスをおいて発音します。

「佐々木」であれば、「sa-sA-ki」となります(大文字がストレスの場所を示しています)。また、母音が2つ続く場合は、その2つのうちの最初の母音にストレスをおきます。“pionEer”、“agrEe”、“fiftEen”などです。基本、ストレスは単語を覚えるときに一緒に覚えましょう。

2014年11月12日 (水曜日)

PODの具体的なやり方

POD(パワー音読)の説明を見つけました。次のような説明になっていますので興味をある方は参考にしてください。

まずパワー音読には初級であるインストール版と上級であるバージョンアップ版があります。
パソコンのハードを体に、脳みそに取り入れる感じです。

特徴としては発音、アクセント、流暢さ、スピードなどの全てを15分間という時間で完結させる、というところです。

情緒と英語を合致させる事も目標にしています。
今日はインストール版をご紹介します。手順としては5段階です。

1、文章をチャンク(意味のつながりの固まり)に分けて読む。
2、それらをつなげてゆっくり読む。一つ一つの言葉に意味がある事を感じます。
3、感情を込めて日本語で読んでみる。
4、感情をさらに込め英語で読む。
5、スピードアップをして読み体内に取り込む。

です。これらを15分間という決まった時間内で行う、これがパワー音読です。

PODの具体的な方法と注意点が書かれています。
パワー音読の極意の一つ、“分量を減らし、数をかける”…音読100回って凄く聞こえる、でも20語ほどならどうだろう?脳のシワに、狭く、深く、刻み込んでいくイメージ。単語じゃなくて、“システム”を刻み込む。

視点を瞬時に変えたいなら、自分と視点の違う英文をPODをしてみよう:)短期間で、集中的にやると、<映像の嵐>を楽しめます...!!

PODで何より大事なのは、心に<染みこむ>感覚!!そんな英文を見つけるたびに、<自分は運がいいんだ>って思えるから!PODで、にがさない!!
情緒は思考より速い…ならば情緒と英語を直結したい…

PODにはどのような素材がよいの?
私自身、PODはさまざまな素材で活用できると考えているのですが、提唱者である横山カズさんは「ある視点」から選んでほしいとおっしゃっています。はたして、どのような素材がPODに適しているのでしょうか?

文章の選び方のポイントは関係詞、基本動詞、前置詞が多く含まれているものがいいんです。英語の世界で最も使われ、もっとも英語らしい要素がこれらなんです。そして日本人が最も苦手とする自然な英語、でもあります。

2014年11月11日 (火曜日)

海外ドラマを字幕なしで1ヶ月で見る方法

モデル・女優 七瀬アリーサさんが、「生きた英語を学ぶなら、参考書を買ったり英会話教室に通ったりするより、海外ドラマを見るのが一番」を説明しています。七瀬アリーサさんが、海外ドラマを用いて英会話や現地の文化をマスターする方法を伝授します。

今日から英会話についての動画をお話をしていって、皆で一緒に、英語をですね、頑張って身につけて、ペラペラにネイティブみたいに喋れればってことで、まず第一弾は「海外ドラマを1ヵ月で字幕無しで見る方法」ということですね。

何で海外ドラマかと良いますと、一応まあ、英会話ができるっていうのは、これ、みんな英会話が出来るようになりたいわけじゃないですか。

ところで、海外ドラマ、見たことありますかね皆さん。私、あることに気づいたんです。海外ドラマがわかるってことは、英会話が出来るってことなんですね。何でかって言いますと、まず、海外ドラマ。これいろんな有名なのとかもいろいろあるんですけれども、まず、いろんな登場人物が出てきます。

*********************

でも最初からこれで学習するのは無理な事です。何から始めてよいかも分かりません。海外ドラマを見るなら、日本語を見なくても楽しめる状態でなければ時間の無駄です。

分からないドラマを何回、何時間見ても英語が分かるようになりません。覚えなくては英語のドラマを聞き取る事はできません。

海外ドラマは良い教材ですが、その前にかなりの英語を覚えておく必要があります。そうでないとドラマの筋を追う事になり、英語の勉強になりません。

2014年11月10日 (月曜日)

勉強を継続するカギは「進捗管理」ではない

株式会社クラウドスタディ代表取締役の廣瀬高志さんはソーシャルラーニングに関して次のように言っています。

僕は1年浪人して大学へ入学したんですけど、2年間受験勉強をしていた中で、「非効率さ」というのを強く感じていたんです。浪人時代は駿台に通っていたのですが、そこで「できる人」はどういう勉強の仕方をしているか観察しました。

そしたらそういう人は、授業は役に立ちそうな一部しか聞いてなくて、あとは自分で参考書を黙々と読んだり解いたりしている。そこで僕が思ったのは、「教材ってもう世の中にいっぱい存在していて、参考書をやれば東大へ合格するレベルまで到達できるはず。到達できないのは、進捗管理、モチベーションの維持という部分が足りていないからではないか」ということなんです。

あと僕の高校時代の先輩で、その高校始まって以来の天才、と呼ばれて東大にトップ合格したすごい人がいるんですけど、その人に高3の時に勉強法をちょっと教わっていたんです。「どういうスケジュール組んで、こういう参考書とかをやっていったらいいよ」ということを教えてもらいました。そしたらそれがすごく効果があったんです。勉強それ自体を教わったわけでもないのに。

そこで、進捗管理が大事だと実感しました。逆に教材は良いものがいっぱい出ているので、自分に適切な教材を選択し、それをとことんやれば、勉強ができるようになるはずなんですよね。例えば何かの名参考書があって、やってみたけど点数が上がらないとします。本当は10回も20回も繰り返してやれば身につくはずなのに、できないのを「この参考書が悪い」と参考書のせいにして、他の参考書に浮気してしまう。そしてそれをやっても点数が上がらない、という事態にならないよう、同じ教材をやっている人同士で繋がれるソーシャルサービス機能を作っています。

例えばその『速読英単語』を使って、TOEIC600点から900点にアップした人がたくさんいる、ということがソーシャルでリアルタイムにわかれば、揺るぎない信頼というか、「これをやっていていいんだ!」というすごい安心感が生まれて、浮気しなくなる効果が見込めます。

あとはその参考書を使っている人のフィードが流れてきて、他のユーザーに「あ、俺もやろう」という気分にさせるみたいなことなど、いろいろなことをそのソーシャルサービスで する予定です。勉強は継続するのがなかなか難しくて、1人でやっているから挫折しやすい、というところある。まさにそこの部分をソーシャルで解決したいんです。

******************

ソーシャルラーニングの最もキーとなるのは進捗の管理や情報の交換ではありません。人間の持つ脳の報酬系をどう満足させるかです。

脳は管理されたり、ルーティンのような決まり切った事をするのが嫌いです。脳は出力するよりは新しい出力方法を考える事が好きだからです。

すると、多くの方と触れ合う事により、刺激を受けたり、刺激を与えたりする事です。英語で言えば情報の交換よりは、上手な英語を聞いて刺激を受けるとか、自分の上手な英語を聞かせて自慢する事が最も脳の報酬系を満足させるものです。

2014年11月 9日 (日曜日)

人間の脳とチンパンジーの脳の違い

人間とチンパンジーのDNAの違いはほんの僅かです。脳の基本的な構造もほぼ同じです。人間の祖先は哺乳類であり、ネズミのような哺乳類からいろいろな動物に進化しました。人間はネズミのような哺乳類の祖先から猿になり類人猿になって、そこから人類と進化しました。

従って人間の脳もそのような進化しており、脳を含めて基本的な構造は同じです。しかし、チンパンジーと人類は行動や思考に関して大きな違いが存在します。人類は言葉を話すなどの高度な事ができます。

能力のその大きな違いは脳の構造的なものでなく、記憶容量にあります。脳の細胞とか、何かを学習する仕組みが大きく違う訳ではありません。人類の脳のサイズは大きく、脳細胞が圧倒的に多く、そして記憶の長期保存ができる事です。人間の脳細胞はチンパンジーの3倍くらいになります。

数的には3倍くらいですが、能力差その何倍にもなります。その差は学習する仕組みが優れていると言うよりは、記憶の量に大きな違いがあるだけです。人間は学習した知識、つまり多くの記憶を保存できるのが、大きな特徴です。記憶の長期保存が利くので高度な事ができます。記憶が保存されるので、どんどん学習によりレベルを上げる事ができます。

そうして人間の脳には報酬系が敏感に働きその学習レベルが向上すると快感物質が分泌され意欲が高まり、そして更に学習を促進する仕組みが働いています。人類の高度な知恵と文明はこの長期記憶が学習を促進する仕組みのベースとなっているからです。

2014年11月 8日 (土曜日)

英語モジュール学習法

英語モジュール学習法についての本が出ています。

英語はモジュール(部品)に分けて学ぶとカンタンに学べる。学び直しに最適な「効率がよい+学びやすい+成果が出やすい」学習法のすべて。

目次 : プロローグ 「モジュール学習法」で英語を磨き直す!

第1章 英語を書く力を鍛えるライティング学習法―ビジネス・コミュニケーションに必要な「文法モジュール」と「語彙モジュール」を攻める

第2章 プレゼンテーション力を身につけるスピーキング学習法―話すための学習は「発音モジュール」で。プレゼンはフォーマットを理解することから始める

第3章 リーディング力を確実にアップする学習法―読む力は表現力を豊かにしてくれる。「語彙モジュール」と「文法モジュール」を攻略する

第4章 CNNやBBCが楽に聞ける自分になるリスニング増強法―「発音モジュール」で発音を磨けば、リスニング力が飛躍的に向上する!

第5章 瞬時に英語で応答できる自分になる「会話力増強法」―遠隔教育・オンライン英会話をフル活用して、会話力を身につける

第6章 ビジネスで戦える英語力を身につけた「グローバル人材」になる方法―英語以前の「世界の共通語」があることを知っておこう/ TOEIC650点・英検2級を確実に攻略するための「ステップ10」

言語はこのような機械のようにモジュールに分解できません。英語を分解するなら音声英語と文字英語があり、その2つの体系も音と文字の別れています。

まったく関係がない訳でありませんが、基本となるのは音声の言語です。音声にしても文字にしても言語は覚えなくてはどうにもなりません。

モジュールのように分解したり、組み立てるような機械的な構造にはなっておりません。

2014年11月 7日 (金曜日)

福士蒼汰の独自の英語勉強法を伝授

俳優の福士蒼汰が、流暢な英語を身につけた独自の勉強法を明かしておりますから、参考にしてください。

5日、フジテレビ系「ノンストップ!」(毎週月~金曜、午前9時50分)にVTR出演。

先月18日、主演映画「神さまの言うとおり」(11月15日公開)のワールドプレミア上映のため、イタリアで開催された「第9回ローマ国際映画祭」に参加した福士。

上映前に行われた記者会見では、イタリア語で自己紹介した後、「I'm excited!」などと流暢な英語でスピーチを披露。ネイティブ並みの感情表現豊かな英語が「上手い!」と話題になっていた。

留学経験はなし、独自の勉強法とは次のようなもの。

英語に目覚めたきっかけは、中学時代の英語の先生に「福士くんは発音が良いから、もっと勉強するといいよ」と褒められたこと。

英検2級を持つ福士だが留学経験はなく、学生時代に実践していた独自の勉強法は「感情を込めて話すこと」だそう。

「淡々と話すのではなく、抑揚をつけて話した方が伝わりやすいし、頭にも残りやすい」とその理由を説明し、「高校の時、登下校中に1人でぶつぶつ言って練習していた。かなり怪しかったと思うけど、そんなことは気にしていなかった」と笑いながら振り返った。

2014年11月 6日 (木曜日)

「TOEICスコア」を10日で45点UPさせた勉強法

TOEICを目指している人は参考にしてください。

スキルを磨きたい、変わりたい、でも時間がない……。そう諦めるなかれ。10日間で人は結構変わるものです。
そこで10日でTOEIC何点上がる? 英語不得意ライター(30歳・女)が挑戦したレポートがあります。

 ここ最近は、社内公用語を英語にする企業が増えるなど、TOEICスコアはサラリーマンにとって見逃せないアイテムになりつつある。 そのTOEICのスコア、果たしてたった10日で何点アップできるのか? 

 初日。模擬テストを受けてみると、結果は565点。低すぎると笑わないで欲しい……。そもそも勉強自体が学校卒業以来なのである。

 それにしても無残過ぎるこのロースコアをどうしたものかとネットで勉強法を探ったところ、「短期集中ならネットなどの勉強法は効果が薄い」と衝撃のアドバイスを寄せてくれた人物が。有名TOEIC講師の神崎正哉先生である。

「短期決戦なら、公式の模擬問題集を解くのが一番。それも普通にやるのではなく、まずは本番の試験時間の2時間以内で解く。そして、なぜ間違っていたのかを復習し、知らない単語があったら全部暗記。たとえ10日間しかなくても、1日10時間ぐらい勉強すれば50~250点ぐらい上がります。1日5時間なら最高で150点ぐらい上がるはず」

 そんな先生の言葉を胸に、早速『TOEICテスト新公式問題集』を購入し、粛々と模擬問を解く日々を送ってみた。最初の4日間は制限時間内に解くこと自体できず苦労するも、5日目ぐらいからようやく制限時間以内に解けるように! また、「リスニング問題の会話や長文を30回ずつ音読すべし」とのことなので、スキマ時間に喫茶店などでブツブツと例文を音読。明らかに怪しい人である。

 最終日の10日目。果たして結果は……。

なんと610点! 前回より45点アップ! すごすぎる。たった10日間でも人は変わる可能性を秘めているのだ。

2014年11月 5日 (水曜日)

右脳を使えば記憶力は10倍に???????????

次のような宣伝があります。

人間の大脳は言語的な役割を担う左脳と非言語的な役割を担う右脳に分かれています。
私たちは、日頃から多くの情報を左脳で処理しています。

英文法や単語を機械的に詰め込むのは、左脳を使った勉強法ですが、効率的とは言えません。

これに対し右脳の記憶できる分量は左脳の10倍~100倍あると言われています。これを使わないてはありません。

例えば人と出会った時、顔は思い出せる(右脳の記憶)けど名前が思い出せない(左脳の記憶)ということがよくあります。これは右脳の記憶力の良さをあらわしています。

『スピードラーニング』は、英語を音として捉える右脳勉強法です。ですから効率的に英語を身につけることができるのです。英会話習得の中心は「音のインプット」言葉を使うときには、左脳ももちろん必要で、最終的には左脳にある言語野でマスターするのですが、英会話を習得するうえでの中心は右脳への音のインプットです。

例えば「ゲッ、イッ?」と聞こえたとします。そんな英単語あったかな?と確認すると「Get it」でした。
このように、英語は子音が脱落して聞こえないことが多く、「ゲット イット?」と発音するアメリカ人はいません。

耳で聞いたままを右脳にインプットし、そのとおりに発音する。これがきれいな英語を話す秘訣です。
『スピードラーニング』の利用者が、きれいな発音で話せるようになる理由は、ネイティブの発音を聞こえたままインプットしているからです。

***********

音で覚えるのは正しいのですが、右脳だから覚えが良いと言う事はありません。意図的に右を使う事もできません。

2014年11月 4日 (火曜日)

ドラマ・メソッド

英会話習得法としてドラマ・メソッドがあります。それについて次のように紹介されています。

「初演は米国。オーディションをして、いい役者がそろいましたが、ほとんどの人は英語ができませんでした」――そう語るのは、UPS社長・奈良橋陽子氏。米映画『ラストサムライ』(2003年公開)を皮切りに国を越えた俳優のキャスティングや語学指導を行っている。冒頭は国内外で数々の賞に輝いた戯曲『THE WINDS OF GOD』(初演1988年)でのエピソードだ。

「でも集中して訓練したおかげで、1カ月で(英語での上演が)できるようになりました。最初、“ガッツ”“パッション”くらいしか喋れなかった原作・主演の今井雅之さんも、その後は海外で活躍されています」

ただの英会話ではなく英語劇である。記憶の覚束ない単語の棒読みなど許されないはず。それが1カ月で??――しかし奈良橋氏によれば、むしろ演劇というものの特性が語学の習得に役立つという。自ら40年前に米国から導入した「ドラマ・メソッド」なる手法である。

「日本の英語教育は暗記力に頼る『科学』。単語や表現・文体を知っていても、それを一人のコミュニケーターとして使っていないと意味がない。言語は人間が話すものです。話す本人の心とか魂とつながったやり方で習うべきで、くっつけたりしても役に立たないのでは」

そのために使う場が、役になり切った者どうしでやり取りする演劇なのだ。

「実は、ドラマじたいが一つのコミュニケーション。俳優がほかの俳優に投げたことを、耳でなく心で聴いて反応していくというキャッチボールです。このとき、人の本当のことを聴く、言葉だけでなく“全体”を聴くんです」

全体とは、その場にいる人物たちの心の内や表情、身振り手振りも含んだ関係の総体だ。セリフは初めからそこに溶け込んだ一部である。頭で覚えて、後から場面や感情に言葉を“くっつける”のではない。言語を身につけるうえで、この順序の違いは大きい。場面は好きに設定できるから、拡大・応用も利く。

「『ラストサムライ』に出演した渡辺謙さんは、私が相手役となって1日数時間、付きっきりで各シーンを何回も繰り返しました。私が言ったことを聴き、理解し、反応する。ほかにも様々な手法を使いましたが、主役級で目的意識が強いこともあって、習得は早かった。『冗談を早く英語で言いたい』と言っていた謙さんも、本格的に始めて7~8カ月でそれを達成しました」

そのほかに、演劇と無縁なビジネスマンにも使える「心や魂とつながった」レッスン法は、自己紹介だと奈良橋氏は言う。

2014年11月 3日 (月曜日)

英語学習でこんな事はあり得ません

スピードラーニングの宣伝ではこう言っています。でもこれは宣伝のためのウソでしかありません。このような事は脳科学的にみても現実味はゼロです。

「英語の勉強をやめてしまってもったいない。どうにかならないかなと思っていた時、石川遼くんの『スピードラーニング』のテレビCMを見たんです。」「聞き流すだけの英会話って何だろう。と想像できませんでした。
でも本当に聞いてるだけでいいなら、忙しい私にもできると思い試してみることにしました。」

届いたCDをさっそく聞いてみました。「英語の後ろにクラシックの曲が流れていて耳に心地いい。気持ちもリラックスしてきますね。聞きやすいっていうのが第一印象です。聞いてて邪魔にならないのが本当にいいなぁと思います。」料理をしたり、お皿を洗ったりしているときに、CDラジカセでBGMがわりに聞いているそうです。

「日によって違いますが2~3時間は聞いています。ほぼ1日中CDつけっぱなしの時もありますよ、
雨の日なんかは特に。子供たちがいてにぎやかなので、ボリュームを大きくして遊びながら聞いている事もあります。」

CDは2枚組。月の前半は英語の後に日本語が入っている1枚目のCDを聞く。耳が英語に慣れてくると日本語が邪魔になってくるので英語だけが入った2枚目のCDを聞く。石田さんはそうやって聞いています。

CDにはいろいろなエピソードが入っているので、子育てで家にいる事が多い石田さんにはいい刺激になるそうです。「語学留学みたいな感じですね。外国との文化の違い、価値観の違いを知る事ができておもしろい。その時々のシーンが浮かんでくるんです。留学しているような気持ちで楽しんでいます。」

毎日『聞き流し』を続けている石田さん。たまに数ヶ月前に聞いていたCDを聞き直してみると以前は聞き取れなかった英語が聞き取れるということが多くなりました。上達しているのです。

それだけではありません。洋楽を聴いていても、以前は聞き取れなかった単語がポン、ポンって入ってくるようになったのです。テレビで洋画を見るときに副音声の英語にチャレンジすることも。最初は「聞くだけじゃ覚えられないかな」と思っていた石田さんですが、実際にやってみて「聞き流し」の効果に驚きました。

その日は突然やってきました・・・。「始めて5~6か月すると、ただ聞いているだけじゃなくて英語を話したいと思うようになりました。それである日、思い切ってフリートーク(無料の英会話サービス)に電話してみたんです。
最初は緊張したんですけど、ちゃんと外国人と英語で話せたんです。子供のこととか普段の家事のこととか料理のこととか。」と嬉しそうな石田さん。

身近な事であれば結構話せると思った石田さんはその後も積極的に電話で英会話を楽しむようになりました。

「スピードラーニングを始めた時は、ただ聞き流していただけでした。でも何度も聞いてたら、だんだん英語が自分の中で蓄積されてたんでしょうね。それでいつの間にか口から出てたんだと思います。」

2014年11月 2日 (日曜日)

ふじみ野英語学習会

仲間と一緒に英会話をやりませんか。来月から自動化をベースにした英語を学習会を始めます。このグループはふじみ野市の市民講座の仲間を継続しているものです。
対話集を使い、自然な英語を自然な音でどんどん覚えてもらいます。現在5名の方が参加しています。いつからでも参加できます。

クラス:11/16,12/14,1/18,2/15,3/15 (日曜)
時間: 14時~16時
場所: 上福岡西公民館(東上線上福岡駅徒歩4分)
費用: 無料
教材: 250円/回
開始: いつからでも可
申し込み:桜井恵三(sakuraikeizo@msn.com

現在は紙ベースでやっておりますが、徐々にスマホやタブレットを使うようにしていきます。現在の教材は既に、スマホやタブレットで使えるものです。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »