無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

オンライン状態

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日曜日)

読者の方から問い合わせ

私は大学の学部生です。

桜井さんの「自動化すれば英語は話せる」のブロクを一通り読んだ上で、英語学習者の広場から参りました。

学習方法について共感したため、LINEのグループで対話型の学習に是非参加したいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

教材の購入を考えていますが、教材をダウンロードするページのリンクが切れていました。無料有料でいくつか試しただけですが、少なくともiPadとiPhoneでメアドなどを入力するページから先に進もうとするとリンク切れのページに飛ばされてダウンロードができません。
私のミスの可能性もありますが、どうぞ確認のほどお願いいたします。

学習方法に関して、私の経験と現状からひとつ質問がございます。

「発音の基礎知識は例文暗記の補助になるのではないか?」というものです。

桜井さんは、この学習方法のいくつかの実例では、使える例文を深く覚え込んでいくことで自然な発音が身についたケースがあったと述べています。

一方で、私自身、以前から発音は非常に重要なものだと考えていました。実際、音声CDを再生しながら対話型の例文が比較的多い教材DUOを内容を充分理解した上で朗読しておりました。毎日1時間の音読を3ヶ月ほど続け、日本語を見てすぐさま英語の文を言えるようになりました。

モノマネの芸で笑いが取れる程度に音の真似をするのは得意ですが、CDの音声を真似するだけではどうも発音の向上に限界を感じました。

そこで発音についての薄い書籍を読んで、知識を付けた上で朗読を続けたところ、自分の発音に改善された部分がありました。

現在、特別な対策なしで受けたTOEICの点数は745点で、週一回英会話教室でネイティブと話す機会を設けています。

ネイティブの声を生で聞くと得るものも多いですが、ネイティブとの会話で感じる発音の差を埋めたいと強く思うようになりました。現在、竹内真生子さんの「日本人のための英語発音完全教本」を使って発音を再度確認しています。

前述の通り発音についての知識を身につけることで学習効果が得られたと実感しておりますゆえ、インプット→アウトプット→改善のためのインプットという一連のサイクルの一部に発音に関する知識の獲得が含まれてくるのか、それとも発音はとにかくマネさえすればいずれ改善されるとお考えなのか、ご意見を伺いたく存じます。

当然、ネイティブが発音の知識を机上で学習するわけではなく、経験的に学んでいくことは理解しております。
しかしそれは周囲に英語を流暢に話す保護者や友人の存在があり、また直接体験するばかりか、間違いは指摘してもらえるという環境があるためです。
その環境に少しでも近づくためにLINEのグループは有効だと思いますが、極論、現在の発音の学習はやめて例文暗記とアウトプットに努めるべきでしょうか?

長文になりましたが、充分理解した上で参加し、英語を話せるようになりたいという意思の現れだと大目に見て頂けると幸いです。

2014年8月29日 (金曜日)

28の対話教材と30の例文教材

昨日で、ようやく28の対話教材と30の例文教材が完成しました。来月中には50の例文教材と35くらいの対話教材を完成させたいと思っています。

50の例文教材には5,000英文が収録されているのでかなりの量となります。対話教材は来年も継続的に作りますから、100近くになるかも分かりません。

その後は学習者の方からの要望を聞いて必要な教材を継続的に作っていきたいと思っています。

今まで作った教材も順次PDFからEPUBに作り替え、ライブラリーを豊富にしたいと思っています。

英語を話すなら話す練習をする前に、覚える練習をすべきです。するとかなりの量の教材があると便利だと思っています。

2014年8月28日 (木曜日)

子供英会話について

子供英会話について、2chに次のような書き込みがありました。

すぐ忘れるから、継続しないと駄目しょう。
文法もわかんない子がやって意味あるかね?

子供英会話って、挨拶に+それは楽しい!と外人に答える程度で、わずかなフレーズを言ってるだけなので、残念ながら効果は浅い学習だと思います。 I’great. とかいってるだけ

文法習ってからで充分では
唯一のメリットは、外人を見ても怖がらないこと?

三年間ほど英語を小学生から、高校生まで教えたことがあり、
久しぶりにあったらすっかり忘れてると言ってました。
六年間米国で働いたので、英語で考えることはできるのですが、
継続性がポイントと思うのですがいかがでしょう?

みなさんのご意見は?

********************

子供の場合に英語を話す環境があれば、その環境の中で育つ事により言葉を覚える事ができます。しかし、臨界期を過ぎる頃になるとそれは不可能になります。

すると日本で子供が英語を習う場合は英語学校に行く事になります。しかし、1週間に数時間、仮に1日に数時間英語の環境があるだけではとても英語話せるようになれません。

子供を英語を教えるなら、せめて母親がかなりの英語が話せないとあまり意味がありません。

2014年8月27日 (水曜日)

成瀬氏からの返事

桜井様

ご連絡ありがとうございます。
記憶については私は専門家ではないので、何人かの専門家の方のご意見に従わせていただいているのが実情です。
大人になるとまる覚えの能力が低下する(逆にエピソード記憶が発達する)というのは、おもに池谷裕二さんの本から
学ばせていただいたことだったように覚えています(これもエピソード記憶かな・・・)。
手続き記憶とプライミング記憶は構文把握には必要不可欠な能力ですから、それが外国語学習の基本になることは
私もまったくそのとおりだと思います。その能力が大人になると衰退するかどうかはこれまで考えたことがなかったですが、
おそらく衰退はしないように思います。たんなる素人の直観ですが。
ここで取り上げているのは単語の記憶のほうでして、特に池谷さんのおっしゃっていることは、おそらく
単語の英語と日本語の一対一対応のまるおぼえ能力が大人になると衰退するという意味と私は解釈しています。

成瀬

成瀬氏へ再度質問

成瀬様

速やかかつ、ご丁寧なご返事ありがとうございます。

私が拘るのは単語の記憶や手続き記憶ではなく、成人の英語習得法がどうあるべきかと言う事です。
手続き記憶とプライミング記憶の能力が大人になると衰退しないのであれば、臨界期を過ぎた成人でも手続き記憶とプライミング記憶を主体とした教育なり、学習が効果的だと思います。

手続き記憶は長期記憶となりますから記憶から無くなる事はありません。手続き記憶で記憶を増やし、その記憶を利用してプライミング記憶を利用する事により、記憶が次の記憶を呼び、累積効果が
生まれます。これが音声による言語習得の最も楽しい部分であると思います。

人間の言語活動は自動化された膨大な記憶に支えられており、その膨大な音声の表現データベースから脳は音の類似性による、パターン認識で瞬時に検索していると思っています。

多くの記憶により次の記憶を生み、多くの記憶から新しい表現を生み、多くの記憶から聞き取りも楽にします。

言語の本質は膨大な忘れない長期記憶であり、いかに忘れないように、そして効果的にその記憶を増やすかが言語習得のカギとなり、それを解決するのが手続き記憶とプライミング記憶となります。

臨界期を過ぎても新しい言葉を覚えたいと言う欲求があるのは、人間の脳であるニューラル・ネットワークが持っている本質的な本能だと思っています。

すると英語を手続き記憶で覚える事は、英語を音で覚える事であり、反復練習をして手続き記憶として保存する方法です。

フィードバックを得る反復練習により、手続き記憶で学習します。この反復練習ではフィードバック
機能により、脳の報酬系が満たされ、英語スキルの向上が実感でき学習意欲の維持が保持できます。

この言語習得方法は母語も第二言語も基本的には同じであると思っています。コミュニカティブ・アプローチは「実践的コミュニケーション能力の育成」を目標としましたが、思う通りの成果を上げませんでした。

しかし、英語を音で覚え、手続き記憶として体で覚えるアプローチは間違いではありません。言語の基本は音声であり、その音声データが脳の言語学習の基本となっているからです。

すると臨界期以降の第二言語習得においても、音声をベースにいかに効果的に手続き記憶やプライミング記憶を増やすと言う事になると思いますがいかがでしょうか。

現在の日本の英語教育の課題は脳科学等で得た科学的な知見を有効に活用して、この数十年目覚ましく発達した電子機器やネットワークを使い、現在にマッチした英語教育を確立する事ではないでしょうか。

桜井恵三

2014年8月26日 (火曜日)

成瀬由紀雄氏への質問

下記の成瀬氏のサイト見て次の質問をしました。

https://sites.google.com/site/naruseonlineschool/home

私も英語教育に大変関心を持っております。貴殿のページを興味を持って丹念に読ませてもらっております。

私が最も関心があるのは脳科学と言語習得の説明です。
英語学習に関する脳科学の説明は成瀬さんの間違いではないかと思い、メールを出しております。間違いは下記の部分です。

”第一に、上に述べたことをまず理解することである。10歳までの子供と異なり、成人は理解せずにただ丸覚えをする能力が衰退している。その代わりに理解をすると理解が強化される。「理解してから訓練して身につける」が大人の学習の最短ルートである。”

10歳までの子供と異なり、成人は理解せずにただ丸覚えをする能力が衰退していると言っていますが、それを説明できる科学事実はありません。
臨界期を過ぎた大人でも言語の習得は手続き記憶とプライミング記憶が主体ではないでしょうか。

私は自動化をすれば英語が話せると言っておりますが臨界期以降でも、手続き記憶による記憶を増やす事が言語習得のもっとも効率良い学習方法であるからです。

成人、つまり臨界期を過ぎても、この自動化の能力が落ちる事はありません。臨界期は人間の絶対音感等の聴覚だけ劣化する事で、手続き記憶による学習能力が落ちる訳でありません。

スポーツや芸能の多くは手続き記憶により習熟していきます。そして臨界期の方が上達の速度は上がっています。

言語習得で自動化学習を考えるとそれがプライミング記憶を増幅させますから、臨界期の前より後の方が学習は進むと思われます。

日本人の日本語の場合において、脳のニューラル・ネットワークが言語を学習したり、音声認識するメカニズムは臨界期前後ではまったく変わっておりません。
人体において脳は唯一死ぬまで成長を続ける臓器です。その臓器の基本的なメカニズムが年齢により変わると言う事実は聞いた事がありません。

言語の基本は音声であり、その音声をベースで言語を習得するの言語習得の第一歩であると思われます。臨界期の前後、年齢、性別、文化に関わらず言語習得の基本は同じであると思います。

脳の学習や音声認識等の機能が一生変化しませから、どの文化であっても、何才であっても、言語習得の基本は手続き記憶とプライミング記憶が主体であり、すると音声言語による言語習得を優先する方が効果的な言語習得が可能だ思います。

2014年8月25日 (月曜日)

理想的な成人の英語学習

世界に発信する日本人のための英語をと言うサイトで、次の提案をしております。

成人の日本人はどのように英語学習をおこなっていけばよいのか。

第一に、上に述べたことをまず理解することである。10歳までの子供と異なり、成人は理解せずにただ丸覚えをする能力が衰退している。その代わりに理解をすると理解が強化される。「理解してから訓練して身につける」が大人の学習の最短ルートである。

第二に、成人はエピソード記憶が発達しているので、できるかぎりエピソードとして心に強く残る学習をするべきである。例えば人前での英語でのスピーチやプレゼンはきわめて効果的である。またネイティブの会話などの特殊な状況を持つことも刺激になるだろう。

第三に、現在の仕事や研究などに関連させたトピックを学習することである。そのほうがエピソードとして記憶に強く残り、かつ間違いなく実利的である。

第四に、短期的で具体的な目標を立てることである。すでに述べたように学習にとって最大の課題は「やる気」の維持であり、その最有力方法は、身近な目標を立てて、それを達成していくことである。3年後ではなく、3ヶ月後に向けての明確な目標が必要である。例えば、自分の仕事に関する5分程度のスピーチやプレゼンテーションが英語でできるようになる、といったものである。

最後に強調しておきたいのは、成人になってからでも英語は十分にマスターできるということである。さらにいえば、そのほうが効率がよい。ただし上に述べたように、正しい知識をまず理解し、そのうえで正しい方法でトレーニングを積み重ねた場合のことである。現在の日本の英語教育では正しい知識の教授法もトレーニング指導法も開発されていない。成人の英語教育で成果があがっていないのはそのためである。しかしそれは本質的な問題ではない。一人一人が自覚すれば、この壁は簡単に乗り越えられるはずである。

************************

上記の説明で、10歳までの子供と異なり、成人は理解せずにただ丸覚えをする能力が衰退していると言う説明は正しくありません。

私自身そして教えている経験からでは成人の方が丸覚えする能力は高いと思っています。その際に大事な事は例文集よりは対話集の方が効果的な学習ができると思います。

2014年8月24日 (日曜日)

究極の英語勉強法

下記のページに究極の英語学習法が紹介されています。

http://englishbyenglish.web.fc2.com/english.htm#mokuji

この「英語⇔英語」リスニング方式究極の英語勉強法というページは

「全く英語が出来ない人」
「学校の昔ながらの暗記勉強法に嫌気が差している人」
「暗記が苦手で暗記中心の英語の勉強が苦手な人」
「勉強不能に陥っていて既存の英語勉強法で挫折した人」
「記憶が苦手で英語の短文さえ記憶できない人」
「貧乏で英語の予備校・塾に通えない人」
「ウン十万円する英語通信教育教材を買えない人」
「勉強の努力疲れで少しは気楽に勉強をしてみたい人」
かつ 「英語の成績が破壊的」
    (大学入試センター英語2~3割以下)

語学習得の基本中の基本は「リスニング」にあった!

(すべて昔の私のことですが・・・)

そんな人でも「英語⇔英語」方式で反復リスニングすることによって、生まれ変わったように英語が出来るようになる(かも)という、明治時代から続く現代の日本の英語教育ではほとんど行われていない英語を英語のまま習得するという「英語⇔英語」を追求した究極の英語勉強法の解説ページです!

現在莫迦でもアホでも金がなくても同じものを何回も聴きまくるという、やる気と忍耐力さえあれば英語が出来るようになるというのがコンセプト!

長い間英語の勉強に悩んできた人のお役に立てれば嬉しいです

長文ですが、英語が大の苦手だけど英語が出来るようになりたい人はぜひご覧ください

**************

残念ながらこのサイトは最近更新されておりません。そして正しい学習方法ではありません。聞き続けるから英語が話せる訳ではありませ。反復練習しているから話せるのです。

そして英語を英語で理解する事はできません。日本語を日本語で理解する事も不可能です。言語と思考は別のものです。

正しくは思考言語で英語や日本語の言葉を操っているのです。

2014年8月22日 (金曜日)

非ネイティブのための伝わる英語

英語でのビジネス相手は欧米人だけではない。実際はアジア人など非ネイティブ同士の方が主流だろう。伝わる英語とは"ネイティブ並み"を目指すことではない。

しかし、私はこの"ネイティブ並み"を目指さない英語学習に大きな違和感を覚えます。その理由は言語習得の目的は伝えるだけではなく、"ネイティブ並み"を目指しているからです。

つまりネイティブのような表現をネイティブのような発音で話す事です。実際にその域に達するのは大変ですが、だから面白いのです。

いい加減な表現を、いい加減な発音で話してしまえば、容易かもしれませんが直ぐに楽しさがなくなります。

英語は通じれば良いのではなく、上手な発音で、上手な表現を使う事にあります。言語の基本は真似る事であり、新しい物を作り上げる事ではありません。

学ぶの語源が真似ぶであり、学習の基本が素晴らしい事を真似る事から始めるのです。

2014年8月21日 (木曜日)

英語習得3つのステップ

次のように英語習得の3つのステップを紹介しております。

そこで、中学、高校と英語を勉強してきたにも関わらず英会話に活かせていないのはもったいない、と一念発起して英会話学校に通った人もいるでしょう。しかし思うようにはいかず、挫折してしまうケースがほとんどではないでしょうか?

結局帰国子女や、海外留学の経験でもないと英語は身につかないと嘆くかもしれません。ところが実は、同じ日本人でも、海外経験がないのに英語を流暢に話す人もたくさんいるのです。英語を身につけるヒントは、そうした人達が行ってきた学習方法にあるのかもしれません。

そこで、今回は日本にいながらにして、海外でも活躍できるほどの英会話力を身につけた人達が行ってきた英会話学習の3つのステップを紹介したいと思います。

1. 基礎知識
単語、熟語、文法などの基本的なリーディング・ライティング力を高めるステップ

2.実践的な表現のインプット
→実際に会話で使われる頻度の高い表現や、自分が使いやすい表現を大量にインプットするステップ
<具体的なサービス・学習法>
・Lang-8で英語日記
・NHKラジオ英会話
・海外ドラマの視聴

3.会話トレーニング(アウトプット)
→①と②で習得した知識をアウトプットする(話す)ことで実際の会話力を獲得するステップ
<具体的なサービス・学習法>
・オンライン英会話
・英会話カフェ

**********************

言語はこのようなステップを踏むのはあまり効果的でありません。つまり基本を覚えて、インプットしてアウトプットしてステップを踏むものでありません。

日本語を覚えた時はステップを踏みません。使える表現をどんどん覚えたに過ぎません。基本を覚えて、インプットしてアウトプットしての段階を踏んでおりません。

そしてどうでしたでしょうか。何も問題がありません。言語と言うのは多くの表現の集まりに過ぎません。それは滅茶苦茶な表現の集まりでなく、類似のパターンが多くあります。しかし、そのパターンつまり文法なような基本がベースになっているのではありません。

英語も日本語と同様に多くの表現を覚えるだけで十分です。

2014年8月20日 (水曜日)

5母音6子音の発音が最優先 これがイェール式最速学習法

5母音6子音の発音が最優先 これがイェール式最速学習法

週刊ダイヤモンド14年8月23日号のビジネスに勝つ英語でイェール式最速学習法として5母音6子音の発音が最優先が紹介されています。

私はイェールで学んだ事がありませんからその真偽はわかりません。しかし、5母音6子音で教えるのは間違いです。

言語音は基本の音を並べる事でありません。もちろん日本語も同じです。日本語を学ぶ時には基本の音を学んでおりません。どんどん表現を覚えました。つまり基本の音を並べる方法で覚えていないのです。

その方が正しい学習方法です。言語の音声には規則正しい音素が並んでおりません。逆に言えば音素を並べる必要がないのです。

英語の発音で5母音6子音で済むはずもありません。5母音6子音で教えるとその発音方法に拘るために単語や文章を発音しようと思うと発音がし難くなります。

発音は自分が発音し易い音を優先する方が自然な発音になります。発音が楽になれば、覚えるのが楽になり、覚える事ができれば学習が楽しくなります。

2014年8月18日 (月曜日)

Googleの音声認識

2chに、次のようなGoogleの音声認識についての書き込みがありました。
参考にしてください。

432 :名無しさん@英語勉強中:2014/08/16(土) 11:09:22.05 ID:VAUJm4uR語末のpとtの発音の仕方を教えてください
Googleの音声認識でcapと言ってもほとんどcatになってしまいます

433 :名無しさん@英語勉強中:2014/08/16(土) 11:39:24.22 ID:CXlUIMdL>>432
語中も語末も別に同じじゃないの?
pなら唇閉じてパてかプてかいうかんじだし
tなら舌を上のaveolar ridgeにつけてタてかトゥてか
違いといえば語末にアクセントは無いから意識的に
音を出すってことは無いくらいじゃないのかしら

434 :名無しさん@英語勉強中:2014/08/16(土) 11:57:17.72 ID:sIpQPMM7>Googleの音声認識でcapと言ってもほとんどcatになってしまいます

人間の音性認識は音素ベースではありません。
Googleの音声認識は勝手に判断しています。
音声には音素が並んでいないので、それをソフト等を使って、
物理的に確認する方法はありません。
基本的にはpの音は唇で作り、tの発音は舌で作ります。
それよりは聞いた音を真似る、録音してチェックするのがベストです。
一般には語末のpとtは聞こえない場合が多くなります。
意味が通じる音であればそれで十分です。
言葉の音の判断は聞いた人が判断して、調整する以外にありません。
音声認識ソフトを発音練習に使うのは最悪の方法です。

435 :名無しさん@英語勉強中:2014/08/16(土) 12:00:20.82 ID:sIpQPMM7>音声認識ソフトを発音練習に使うのは最悪の方法です。

音声んは規則正しい音素が並んでいないからチェックはできません。
仮に判断ができたにしても、発音とは自分の音を調整する能力です。
音を聞く能力を高めるためには自分の発音を聞くことです。
その音の判断を他人やソフトに任せては、自分の音の判断ができなくなります。

2014年8月17日 (日曜日)

リディア・ホワイトの研究

リディア・ホワイトは、フランス語話者に対して、二週間にわたり、7時間ずつ英語の文法項目を教えました。ひとつのグループは疑問文を教わり、もうひとつのグループは副詞の位置について教わりました。

その結果、直後のテストではどちらのグループにも効果が見られました。しかし、一年後に再度テストしてみたところ、疑問文に関しては効果が一年経っても続いていたのに対し、副詞の位置については、その効果が全く消えてしまったのです。つまり、何時間もかけて文法を徹底的に練習させても、一年経ったら、一方については無駄になってしまったわけです。

外国語を教える教師は「文法を教えれば身につく」というような幻想は持たないほうがいいかもしれません。

これは人間の脳は文法をベースに覚えているのではありません。忘れない記憶つまり長期記憶で覚えております。

特に初期の段階では繰り返しによる反復練習で覚えます。これは手続き記憶と呼ばれるものです。何度も繰り返して自動化をする事により、手続き記憶として忘れずに記憶されます。

2014年8月16日 (土曜日)

英語勉強のための良サイト

英語というとなかなか難しいものです。新しい語学への挑戦という難しさもあると思いますが、勉強法がわからないという方もいらっしゃると思います。

そんな方のために英語勉強のための良サイトをまとめました。

勉強法

急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法

http://anond.hatelabo.jp/20091026215137

まず始めに何を使って勉強すればよいのかを紹介しているページです。参考書やフリーソフトなので懐にも優しいため、一読をお勧めします

初級者のための英語学習法まとめ

http://d.hatena.ne.jp/kagakaoru/20090118/1232269455

英語学習方法のまとめページです。たくさんの情報量な上、見やすいです
よ。

英語落ちこぼれ→取りあえずTOEIC935点のsergejOが贈る 大人から始める英語講座 index&まとめCommentsAdd Star

http://d.hatena.ne.jp/sergejO/20080624/1214234591

かなり詳しく英語勉強法をまとめられているページで、14回にわけてありとても豊富です。

最短距離で英語を身につけるテクニック

http://japan.internet.com/column/busnews/20091008/8.html?rss

1ページに凝縮された英語勉強法。ネットを使ったりもしていて、楽しいと思います。

インターネット時代のお手軽英語勉強術――“最後の手段”編

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0611/08/news082.html

手軽さに重点を置いてあり、ゲームなどでの学習法です。実力がつくまでに時間がかかりそうですが、かなり楽しく長続きできそうですね。

英語翻訳・学習方法まとめ

http://d.hatena.ne.jp/sirouto2/20070314/p3

まさにまとめ。とても豊富なリンク集です。

Web 2.0 時代の TOEIC 900点超え英語勉強法 9ヶ条

http://blog.bulknews.net/mt/archives/001853.html

webを使った勉強法。えぇ、便利な世の中です!

英語の勉強に無料でおすすめのサイト・ポッドキャスト

http://d.hatena.ne.jp/watanabi/20090118/1232254523

こちらもwebを使った学習方法。いやもう本当に便利な世の中

英語コンプの馬鹿でも投資ゼロでTOEIC900に達するたったひとつの方法

http://anond.hatelabo.jp/20090716175613

無料で出来る学習。口調が怖いですが的確なアドバイスです。

中学生レベルの英語力の奴が4ヶ月でTOEIC「Bクラス」を出す方法

http://d.hatena.ne.jp/bambix/20070312/1173628642

TOEIC用の勉強法。参考書消化の期間が決めてあり、ちゃんとペース配分して勉強できます。

2014年8月15日 (金曜日)

英語学習用動画サイトのLingoo!

Lingoo!は、YouTubeなどの動画投稿サイトにあるたくさんの動画のうち、英語学習に適した動画を集めたサイトです。

http://lingoo.jp/

レベルが細かく分けられているので、自分のレベルにあった動画、自分の興味の持てる動画がたくさん見つけるはずです!

Lingoo!の主な特徴は次のごとくです。

興味の持てる動画で学べる!
Lingoo!には、あらゆる分野の、英語の動画が豊富にあるので、自分の興味にあった分野の動画で、楽しく英語に触れることができます。
『楽しい』は続ける上でもとても大切です。興味のある映像は、集中力が増すだけでなく、情報が記憶に残りやすいというデータもあるんです。

自分のレベルにあわせて選べる
Lingoo!では、話される英語の難易度をレベル1~8に細かく分けることで、自分のレベルにあった動画を見つけやすくしています。
難しすぎない、簡単すぎないレベルで学ぶことは、集中力を保ち、学習を継続させるのに役立ちます。

生きた英語に触れられる
英語教材の英語ばかりに慣れてしまうと、実践的な英語が身に付かない、ということになりかねません。

Lingoo!にある動画の中では、生きた英語が飛び交ってます。文法的に正しくない表現もあるでしょうが、映像付きの臨場感のあるシーンの中で話される英語を、たくさん聞いて、生きた英語に触れることはとても大切です。

受験勉強が目的でないなら、参考書から離れて、生きた英語に触れてみましょう。一度で分からなくても何度も繰り返し見ることで、日常的によく使われる言葉がどんどん身に付いていきます。

2014年8月14日 (木曜日)

TOEICテストで325点から885点になれた

タイトルからして明確な本です。その名も『ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法』(杉村健一著、アスコム)。ハンディタイプの一冊には、TOEICで高得点を獲るための心得がいくつも紹介されていました。

内容は非常に明快かつ具体的です。本の前半だけでも役に立つと感じたので、ポイントだけを8つ紹介します。

1:著者は半年勉強しただけで、「頑張らずに」885点を取った。
2:TOEICのスコアを上げたければ、英語に関する力すべてを上げる必要はない。
3:著者の勉強時間約200時間のうち、家での勉強は合計20時間ほど。あとはスキマ時間を活用。
4:中学&高1レベルをちゃんと復習できれば500点くらいは取れる。
5:単語力を上げれば600点台まで上げられる。
6:「聞き流すだけでOK」はあまり効果がない(と著者は感じた)。
7:映画、ドラマ、英字新聞などは効率が悪い。
8:リスニングテストで大事なのは「設問を先読みすること」。
大事なのは、テストのために必要なものが何か見極め、そこにのみ集中して勉強するということのようです。amazonのレビューにも、本書に対する信頼を裏付ける言葉が並びます。

どれも極めて合理的なもの。根性も不要。凡人でもできるます。

著者は半年勉強しただけで、「頑張らずに」885点を取ったと言っていますが、その前にかなりの調査をしております。だから効率的な学習ができたのです。その準備の時間は英語とはほとんど関係がないのです。

しかし、同時に英語の試験であるTOEICがいかに名目的なもので、英語力と関係ないかも分かる本になっています。

TOEICのスコアが仮に満点でもあまり意味のない数字なのです。

2014年8月13日 (水曜日)

英語学習のiKnow! の特長

英語学習のiKnow! の特長である身につくしくみと継続できるしくみの説明があります。

〜 身につくしくみ 〜

効率的な学習アプリ:
単語、スペリング、センテンス、リスニングなど言語習得に必要とされるスキルを複数同時にトレーニングできるから効率的。目標達成までの時間短縮にもつながります。

特許取得の学習システム:
特許取得の学習システムが、一人ひとりに最適なスケジュールで学習をガイド。記憶の低下に合わせ、効果的なタイミングで出題されるから、学習したことが記憶に残りやすい。

豊富なコンテンツ:
ビジネス、TOEIC、留学準備、旅行、映画など200以上の公式コンテンツが使い放題。あなたの興味に合わせて学習すれば、趣味のように楽しく身につけることができます。

〜 継続できるしくみ 〜

マルチデバイス、クラウド管理:
PC、スマホ、タブレットからいつでもどこでも学習可能。学習データはすべてクラウドで管理されるので、通勤電車の中やお昼休みなど、ちょっとしたスキマ時間を活用できるので気軽に続けやすい。

プログレス管理:
自身の成長を目で確認することは、学習を継続するモチベーションに繋がります。あなた専用のダッシュボードでいつでも成果や計画通りに進んでいるかを確認することができます。

ユーザーコミュニティ:
一人で学習するのは心細いもの。 iKnow! には、同じ目標を持つユーザー同士が互いに支え合い・励まし合いながら学習できる環境があります。一人じゃないから楽しく続けられるし、学ぶことも沢山。

********************

残念ながら言語が話せる仕組みの説明がありません。ここが最も大事な事になります。

英語を話すなら、英語の表現をたくさん覚える必要があります。すると忘れないで覚える学習が必要となります。

忘れないように覚える学習は自動化が必要になります。この自動化ができなければ、豊富なコンテンツがあっても、マルチデバイス、クラウド管理されても、プログレス管理をされてもあまり意味がありません。

2014年8月12日 (火曜日)

LINEのグループのトラブル

次のように報じられています。

大阪維新の会の山本景(けい)大阪府議(34)=交野市選出=が、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を通じてトラブルになった交野市内の女子中学生らに威圧的なメッセージを送っていた問題で、維新府議団は11日、綱紀委員会を開き、山本氏を最も重い除団とすることを決めた。処分は12日付。

 団則では、議員としての自覚と品位を保つことが義務付けられており、青野剛暁(よしあき)団長は「(一連の問題の)社会的影響の大きさに対する理解が欠けている」と処分理由を説明した。維新は看板施策の大阪都構想実現のため、過半数に満たない府議会で多数派工作を図ってきただけに、身内の不祥事による議席の減は大きな痛手となりそうだ。

 山本氏は、謝罪の意を表すため頭を丸刈りにした上で維新の綱紀委員会に出席し、事情聴取を受けた。出席後、記者団の取材に神妙な面持ちで「府民の皆さまに大変ご迷惑とご心配をお掛けしたことを深くおわび申し上げます」と述べ、深々と頭を下げた。

 交野市によると、山本氏は昨年10月に地元の祭りで知り合った女子中学生らとLINEでやり取りするうちにトラブルに発展。LINEのグループから外された山本氏は生徒らに「絶対に許さない」「身元を特定している」などのメッセージを送ったという。

私にも同じような事が起こりました。私の作ったグループなのに、その参加者が私を削除したのです。大変に不愉快な事です。

「絶対に許さない」「身元を特定している」などのメッセージを送ったのは行き過ぎとしてもそのような常識に欠けた行為を注意することは許されるし、LINEを使う人ならやるべきではないと思っています。

2014年8月11日 (月曜日)

発音できれば聞き取れる

131 :名無しさん@英語勉強中:2014/08/11(月) 00:07:58.86 ID:HY+2yJPq自分で発音できない音は聞き分けられないのとは言うね。
前後の文脈や状況とアクセントで話の内容はわかるけど。
音が聞き取れるようになればそれに越したことはない。

132 :名無しさん@英語勉強中:2014/08/11(月) 00:46:29.44 ID:rg0w4tnm発音できる音は聞き取りやすいのは確かだな

133 :名無しさん@英語勉強中:2014/08/11(月) 00:49:32.03 ID:4VJ9DwZD自分で正しい発音できなくても聞き取れはするが
教えることはできないのは確か

2chに上記のような書き込みがありました。それは科学的に言えばウソです。リスニングは聴覚情報の認識であり、発音は運動するための筋肉運動です。

音声の認識に筋肉運動の履歴を参照するというモーターセオリーは非科学的な俗説に過ぎません。
その根拠は人間が発音した筋肉の動きを覚えてはいますが、それを参照できるはずはないからです。

人間の発音運動は反復練習による手続き記憶として覚えています。しかし、その手続き記憶は暗黙知という記述や説明のできません。発音できるのは身体で覚えた学習です。その暗黙知は体でできるけど記述や参照はできない記憶です。

音声認識は音の要素、つまり音素を聞き取っているのではありません。聴き取れるのは音のストリームとしての単語や文章なのです。 純粋の意味での音を聞き取れる事はあり得ない。

単語の意味や文章の意味を理解するのが音声認識です。 音を聞き取る必要もないし、音素を聞き取る事は物理的には無理な事なのです。

会話では音素換算で1秒間に25~35音素になります。 人間がそのような調音はできないし、そのような音を聞くことも 聴覚の解像度から言えば不可能な領域なのです。

2014年8月10日 (日曜日)

英語学習ベスト30選

英語学習に使えるお勧めツールの総まとめをしたいと思います。

以前に、活用せよ!英語学習を無料で行えるおすすめサイト紹介!という記事の中でいくつか紹介したのですが、今日は総まとめと言うくらいなので、Webサイトからアプリ、ゲーム、参考書などと幅広く網羅していきます。

まとめこちらが今日の目次です。

・英語学習をサポートするWebサイト10選
・英語学習をサポートするアプリ7選
・英語学習をサポートするゲーム3選
・英語学習をサポートする参考書10選
・【おまけ】僕がいつもお勧めする英語学習ツール

では上から順番に紹介していきますね。

http://www.toeiclab.com/studying-english-tool-best30/

上記のサイトに30の英語学習ツールが紹介されています。
もし気に入ったものがあればぜひトライしてみてください。

2014年8月 8日 (金曜日)

ヘッチャラ英語学習

ヘッチャラ英語学習と言うサイトがあります。

http://www.geocities.jp/gyouseikowa/eigo/index.html

まず、英語が出来ないというのは、もちろん一つ一つの単語の意味や発音を知らないという事もありますが、単語の意味が分っても、文章にするとその意味が分らなくなることがよくあるからです。

その理由は、まず、日本語と比べると、伝える言葉の語順が違ったり、言葉の使い方や考え方が違うからです。 また、英語は一つの単語でも、別の違った意味を持つものもたくさんあり、複雑な文になればなるほど、どの意味で考えればよいか分らなくなるからです。

例え、正しい意味でとらえても、全体を日本語で訳そうとすると、ちぐはぐなものになってしまいます。 文法にとらわれ過ぎるあまり、人前で英語が話せなくなる事が日本人の大きな欠点ともなっているようですが、とにかく簡単な基本を身に付けておくことが少しでも英語学習の役に立つものと考えています。

しかし、勉強が進んでいくにつれて、基本だけでは理解できなくなることもあります。その時には、英文を丸暗記する方法を同時に行っていくことも、もちろん効果的です。

******************

文法を理解する、丸暗記をすると2つの事を勧めています。これは本当に必要でしょうか。 逆に文法を覚えても英語を話す事はできません。

大事な事は覚える事です。丸暗記とは意味合いが違います。自然な音で自動化して覚える事です。

丸暗記だけでなく、使える状態で覚える事です。すると表現も発音もネイティブように真似る事が重要です。すると発音が良くなり、覚えるのも楽になるからです。

2014年8月 6日 (水曜日)

グーグル翻訳の実力

現在のグーグルで翻訳すると次のような結果になります。
英語の原文です。

Doctor: Yes... That looks like it healed nicely.
Guard #2: Be careful doctor, your patient's dangerous.
Guard #1: You got anything you wanna say to the judge, you better start thinkin' of it now.
Guard #2: You're wasting your time... let's get a hold of Troy.
Carlos: Psst! Hey!
Carlos: Is it really you?
The Protagonist: Do I know you?
Carlos: My brother was in the Saints and he told me all about you... listen, we gotta get you outta here.
The Protagonist: Well, I'm sure if we ask nicely...
Carlos: I know a way out.
The Protagonist: Yeah? Then why are you still here?
Carlos: I heard you were in here and I wanted to bust you out.
Carlos: Getting out of here's a two man job and no one else will give it a try.
The Protagonist: You really expect me to trust some guy I don't even know?
Carlos: Come on, I just got myself shanked so I could get a chance to talk to you. Doesn't that show I'm loyal?
The Protagonist: It shows that you're dumb enough to let yourself get stabbed.

次が翻訳結果です。

医師は「それはうまく癒さようにはい...それが見えます。
ガード#2: は、あなたの患者の危険な慎重な医者になる。
ガード#1:あなたは裁判官に言いたい何かを持って、あなたはより良い今の'のthinkin開始します。
ガード#2:あなたはのはトロイを手にしましょう​​...あなたの時間を無駄にしています。
カルロス:「!PSSTねえ」
カルロス:「それは本当にあなたですか?
主人公:私はあなたを知っていますか?
カルロス:「私の弟は聖人であり、彼は我々がここを離れるあなたをもらわなく、聞く...あなたについて私のすべてを語った。
主人公:「まあ、私は我々がうまく頼めば確信している... 
カルロス:「私は道を知っている。
主人公:「うん、なぜあなたはまだここにいる?
カルロス: 私はあなたがここにあったと私はあなたをバストに思ったと聞きました。
カルロスは、「ここから出て取得する2人の仕事だと誰もがそれを試してみるん。
主人公:「あなたは本当に私は私も知らないいくつかの男を信頼するように期待して? 
カルロス:「私はちょうど自分自身ので、私はあなたに話をする機会を得ることができるshankedしまった、さあ、そのショーは、私は忠実だしません。? 
主人公は:それは、あなた自身が刺さ取得できるように十分なダムだということを示しています。

上記の会話レベルでも翻訳で使い物になりません。グーグルグラスになってもこの翻訳のレベルは変わりません。

それ以上に音声認識は翻訳以上に難しいので更に問題が大きくなります。つまり英文が音声認識により上記に英語より多くの誤りが存在するからです。

正しい英語を入力しても、上記の翻訳にしかならないのです。

2014年8月 5日 (火曜日)

グーグルグラスで英語学習は無益化?????

2chでグーグルグラスで英語学習は無益化と言うスレッドがあります。

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/english/1406497613/l50
1 :名無しさん@英語勉強中:2014/07/28(月) 06:46:53.26 ID:AFzf0A96今年の年末にも一般発売されるグーグルグラス
現在、翻訳技術はかなり高く、すくなくともコミュニケーションを図るレベルであれば
翻訳機と音声が一体になったグラスをかけていればできる時代がすぐそこに来ている。

これらには技術翻訳なども含まれており、数年後に人間の手が介されるのは小説翻訳のみとなるだろう。

日本では現在でもTOEIC熱が高いが、TOEIC990点レベルの非ネイティブが話す英語よりは、グーグルグラスのほうが能力が上であることは明白である。
ビジネスにおいてグラスが各所に配られれば、楽天が全社をあげてやろうとしてることが、低コストで簡単に実現できてしまう。

発売から数年で価格は誰もが手にできるレベルまで落ちることは確実で、グラスをつけていれば会話の翻訳は可能になる。(入門から初級)
この簡単な会話レベルは普通の社会人が1~2年学習したレベルに相当し、日常会話レベルは全て網羅することになる。

英語学習終了やTOEICが潰れる時代は、すぐそこまで来ている。

20 :名無しさん@英語勉強中:2014/07/29(火) 18:16:17.97 ID:kBsB0Kf+>>15
>文脈の理解は必ずしも必要ない。
>何故?

意思の疎通ができればいいので、小説などのような一方的な文脈依存型の会話ではなく、複文レベルの会話文を問題なく翻訳できればいいため。

>映画の会話が翻訳出来なかったら現実の会話も翻訳出来ないだろ。

できるよ。映画は一方的に進む。グラスを使った翻訳機経由だと一文一文を訳して、それを基に相手が喋ることを翻訳するので、文脈性は必要ない。
もちろん、現状より多少の進化は必要だろうが、もう大体のアルゴリズムは出来てると思う。グラスの発売と合わせて、大型のアップデートしてくる可能性も高い。

*********************

グーグルグラスでも現在でグーグルでできない事はできません。翻訳にしてもそのレベルはお粗末なものです。

明日その翻訳結果をお見せします。

2014年8月 4日 (月曜日)

マーティ・フリードマンが『ジョジョ』英会話本に込めた思い

マーティ・フリードマンが作った英語教材が発売されました。

http://topics.jp.msn.com/entertainment/general/article.aspx?articleid=5295204

連載27年を誇る荒木飛呂彦氏の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズを題材にした英会話の学習書『「ジョジョの奇妙な冒険」で英語を学ぶ!』(集英社)が10月24日に発売される。「ジョジョ」の明言やせりふから、実際に活用できる英語表現を紹介し、監修は世界的人気バンド・メガデスの元ギタリストで、日本にも精通するマーティ・フリードマンが担当している。マーティは「教科書の英語は絶対使えない」と断言し、同本に込めた熱い思いを明かした。

――今回、人気漫画の「ジョジョ」を題材にした英会話本を監修していますが、引き受けた理由は?

マーティ・フリードマン(以下、マーティ) 僕が実際に使う英語でいいというのが、受けたポイントですね。一番注意したところは、教科書で習う英語じゃなくて、僕が普段話す英語でやること。そこにこだわりました。中にはスラングもあったりするんですが、100%ネイティブに伝わる英語です。少しロックっぽくて、男性的とも言えますけど、とにかく大事なのは、教科書の英語じゃないこと。

――ネイティブから見たら、そんなに日本の英語教科書はダメなんでしょうか?

マーティ 教科書の英語はありえないし、絶対使えない。みんな頑張って勉強してるのに、全然通じないよ。堅苦しすぎて、逆に難しくなってる。むしろ教科書で勉強したら通じない英語になると思う。

*************

この英語教材の効果を知りたいところです。

2014年8月 3日 (日曜日)

スマホで発音を徹底的に鍛えよう

英語を話せるようになりたい。

こう思う人はかなり多いのではないでしょうか。海外旅行へ行ったとき、仕事先で外国人の方と話す機会があったとき、自分の子供の方が英語を話せると感じたとき...。

わたしも毎年元旦に「今年こそは英語を話せるようになる!」と抱負を立てるのですが、なかなか上達することなく時だけが過ぎていきます。

スマホのアプリでも英語上達を目的としたものがたくさんリリースされていますが、最近「OKpanda英会話」というアプリに出会い、感動しています。

なんとこのアプリ、スピーキングまで上達させてくれるのです!

設定を何も変えなければ、淡々と英語の会話が繰り返されていきます。このアプリ、リスニングの効果を高めるためなのか、日本語はまったく聞こえてきません。

しかしさすがについていけない部分もあるので、字幕を出すことができます。

会話の再生と一時停止の切り替えは簡単なので、分からない単語があったら即座に辞書で意味を調べると良いでしょう。分からないまま流すのは、よくありません。単語は調べることで覚えていくのですから。

しかしここまで英会話をひたすら聴いていると、嫌でも耳が英語に慣れてくるものです。会話をしっかり聞き取れるように、何度も繰り返し同じものを聴くことで、次第に自然と意味も理解しながら聴けるようになってきます。

**********************

言語はたくさん聞けば良いものでありません。なによりも覚えないと使えません。聞き取りもできません。そのためにできることは反復練習しかありません。

確実に反復練習をして自動化して手続き記憶として長期記憶に保存する以外にないのです。

そして自分がどこで何を使うかの練習が必要になります。

2014年8月 1日 (金曜日)

EPUB教材の3分の1が完成

現在、対話集と例文集の教材をEPUBで作成しています。昨日までで、対話集が26冊、例文集が10冊できました。

取り敢えず100冊近くを作るつもりですから、3分の1が終わりました。このペースで行くと9月末までには終わりそうです。

例文集は以前のPDFをEPUBに変換します。しかし、単なるフォーマットの変換だけでなく、EPUBでは音声を個別に対応させています。

そのために音声を100に細分して、英文と和訳に対応させます。音を切って確認いして番号を打って対応させますからかなり面倒な作業です。

それでも最近はかなり手馴れてきましたから、ペースが上がっております。

これらの教材が揃ってからいよいよサイトの改訂にとりかかります。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »