無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

オンライン状態

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木曜日)

2日で3800の英語単語を覚える

下記のスマホのアプリがあります。

「2日で3800単語」とか、「2週間で8000単語」とか、いままでちょっと聞いたことがないスピード感で英単語が学習できるとするアプリ「mikan」は、これまでの単語学習アプリと毛色がだいぶ違う。6月に株式会社mikanを創業した宇佐美峻さんは、「圧倒的にいちばん速く覚えられるアプリ」を目指していて、すでに実績も出始めているという。

mikanでは左右にスワイプすることで次々とカードをめくっていくようなUIを採用している。これは、去年あたりからアメリカの若者の間で流行している出会いアプリの「Tinder」が生み出し、多くのアプリが採用しているスマフォ・ネイティブといっていいUIだ。デート候補として表示される相手を「いやー、ないわー」「会ってみたい!」みたいに直感的に分けていくTinderに対して、「これは色がイマイチ」「このパンツいいね!」というようにファッションアイテムの好き嫌いをユーザーごとに学習するファッションアイテムのキュレーションのようなサービスでの応用がある。

10単語が1分だとすると、3800単語なら、どのぐらいか? 答えは2日だそうだ。試験的に3800単語を2日間で覚えるというこを7人にやってもらい、2日目の最後に400単語のテストをしたところ、平均定着率は82.4%だったという。記憶というのは時間とともに薄れるので、集中的に暗記をした直後のテストの定着率をもって3000語を「マスターした」ということはできないだろうが、従来の学習法から考えると驚くようなパフォーマンスだ。単調な暗記作業とは異なる、ちょっとしたゲーム感覚で細切れ時間が活用できるのは面白い。

**********************

単語をこのような覚え方をしても英語の試験以外に何の意味もありません。

英語は忘れないように使える状態で覚える事が肝心です。このように覚えた記憶は忘れてしまい、試験勉強の一夜漬けと同じです。

英語はつまり言語はたくさんの表現を覚える必要があります。忘れない方法で覚えるのは掛け算のように手続き記憶で反復練習をして長期記憶に保存する事です。

「2日で3800単語」とか、「2週間で8000単語」とかを手続き記憶で長期記憶に保存する事はできません。

2014年7月30日 (水曜日)

英語は、何はなくともまずは現在形

このような英語のブログがあります。

今日から数回にわたって英語習得のカギとなる、動詞と時制についての話をします。

■英語のカギ・・動詞と時制

英語は動詞がとても重要な言語と言われています。文の頭が必ず主語から始まるため、もちろん主語の重要さも外せませんが(日本語は主語を省いて表現できますが英語ではたまの例外を除いては必ず主語を明確にします)、その主語の後に必ず動詞が来てまず『誰が何をするか』という結論の部分を先に伝える必要があるからです。

だから『英語を斬りたければ動詞を制覇せよ!』ということをよく言われますし、これは正解です。

■まずは現在形をおさえよう!

英語の時制で最初に習うのは現在形ですね。ここから派生して過去形・未来形・現在進行形・過去未来進行形・・・現在完了などの文法を習って行きます。

時制を表すために動詞の形を変化させるわけですが、現在形以外の時制は現在形を元にしつつ、現在形を変化させているものなので、その他の時制の方が難しいイメージがあって、その他の時制が意識せずに使えるようになると現在形なんてチョロイチョロイ・・・(というか、現在形でなんて使わないし!)なんてなおざりにされがちです。

でも現在形をあなどることなかれ!なぜなら、現在形を使いこなすことなく、他の時制が使えるようになるわけがない!また、現在形でないと表現できないことがある!

**********

言語の現在形が大事だと言うのは文法の世界だけです。人間が話す事は過去形の方がずっと多いのです。

日本語を覚えた時には現在形から覚えたでしょうか。幼児も過去形は早い段階で覚えています。現在形と過去形とか意識する必要はありません。必要な表現、覚え易い表現から覚えるのが鉄則です。

英語のgoの過去がwentだから、wentを使うと言う事はできません。表現の中にwentを含む例文として覚えておかなければ使う事はできません。例えば”I didn't go there.”の英語はgoの過去の否定形を作文するつもりでは実際には使えません。助動詞を使ったら動詞は現在形になると言う知識は英語を話す時にはまったく役に立ちません。

2014年7月29日 (火曜日)

英語は、「エピソード記憶」ではない

福井 一成医学博士は次のように言っております。

日本人が何年勉強しても英語を話せない理由の多くは、使いすぎの左脳に、英文法や単語を機械的に詰め込む勉強法にこだわるからです。いやいや詰め込む暗記法では、脳内にノルアドレナリンというホルモンが分泌され、海馬への記憶能力が低下するといわれています。

一方、『スピードラーニング』は、空っぽに近い右脳に、英語を言語としてではなく音としてインプットする方法です。感性を担う右脳は、左脳よりずっと英語を吸収しやすいうえに、聞いたままをきれいな発音で再現しやすいのです。また、各シーンを楽しい気分で想像しながら聞くことで、脳内にβエンドルフィン(幸せホルモン)が分泌され、「エピソード記憶」としてしっかり定着させられる作用もあります。

『フリートーク』(受講者が月2回、無料で外国人スタッフと英会話できるサービス)を利用し、外国人スタッフと会話することでも、「エピソード記憶」としてしっかり脳に定着します。

『スピードラーニング』は、脳科学的に見て、とても効果の高い教材です。

*************************

言語は体で覚えるものでこれは非陳述記憶の手続き記憶で記憶されます。 、「エピソード記憶」として覚えるの話の展開であり、話したり、聞いたりするの手続き記憶として学習したものです。

学習、つまり記憶は出力依存ですから、入力依存の聞き流し教材は効果がありません。

2014年7月27日 (日曜日)

リーディングを伸ばす効果的な方法

リーディングに関して次のようなブログがあります。

でも、できれば楽しく勉強を続けるためには、自分が興味があって楽しく読めるものをチョイスするのが一番効果的です。

どんなものでもスラスラ読めるようになりたいイメージを持ちつつ、日本語でも読みたくないものは読まないのだから、英語でもそんなスタンスでよいのだと思っています。

でもこんな一つ一つを積み重ねて、いつの間にか『単語を覚えなくてもイメージでわかるようになる』段階まで来るのだから、努力は絶対に報われるんだと確信します。

******************

好きな事だけを読むのは英語学習でありません。英語学習がある程度のレベルに進んだ段階です。食べ物に似ています。好きな物を食べるのが基本ですが、バランスがあります。

英語をでも英語習得するならそれに適した英語を読む必要があります。いつの間にか『単語を覚えなくてもイメージでわかるようになる』段階などは存在しません。

単語で言えば知っているか、知っていないかだけです。知らない単語は辞書で調べれば良いのですから、イメージでわかる必要はありません。

知らない単語は理解できないだけなのです。どんどん覚える事が大事です。

2014年7月25日 (金曜日)

洋画で英会話学習で長続きするコツ

洋画で英会話学習で長続きするコツを説明しています。

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO64814010T00C14A1W05001/

週末など休みのときに自宅で洋画や海外ドラマの映像ソフトを見る人は多いだろう。英語を母国語とするネーティブの日常会話が満載で、セリフを聞きながら字幕で意味をすぐに確認できるため、うまく活用すれば英語力のアップが見込める。洋画のDVDなどを英語学習に生かすコツをまとめた。

ネーティブが話す英語を聞き続けていると、耳が音に慣れて自然に聞き取れるようになるという見方がある。DVDを字幕なしで見れば、同じ効果が期待できるだろうか。「初級者はいきなりやってはいけない」と話すのは「捨てる英語勉強法 ネイティブ英語は海外ドラマで学ぼう」の著書がある英語講師の井上大輔さんだ。

自分が文字で覚えた英語と聞こえる音が一致せず、聞き取れないからだ。井上さんもかつて映画のDVDをみていた時、主人公が言った「アヌゥーイ」を何度聞き返しても分からず、英語字幕で確認すると「I knew it」だったという。

初級者の多くは「アイ・ニュー・イット」と1単語ずつ覚えがち。実際に会話で使われるときに聞こえる例との違いに気付いて修正しないと、英語だけを聞き続けてもリスニング力は向上しにくい。

では英語字幕をみながらセリフを逐一確認していくのはどうか。「初級者はこの方法も避けた方がいい」と井上さんは助言する。英語字幕を見ても分からない単語や構文が多く、挫折しやすいという。

まず日本語の音声や字幕で多くの作品を見て、何回見ても飽きないぐらい好きな作品を見つける。それを教材にして、気になるセリフだけを英語字幕で見ることから始める。分からない単語があっても辞書は引かず、先に進む。楽しく見ていき、もっと知りたいと思った段階で辞書を引いたり、文法を調べたりしするのが長続きするコツだ。

******************

これはあまり良い方法とは言えません。非常に時間の掛かる方法であり、面白くないから続きません。

「アヌゥーイ」が「I knew it.」で聞き取れなかったのはその音を知らなかっただけです。英語の音声は連続的に変化する音のストリームになるからです。

その音を覚えてしまえば、聞き取りは可能です。そのためには確実に覚える方が効果的な学習が可能になります。

2014年7月24日 (木曜日)

中学英単語だけで充分に話せる???

世界とつきあう心得 海外旅行からビジネスまで』(植山周一郎著、阪急コミュニケーションズ)は、50年以上の国際経験を持つ著者が、グローバルな観点から「知っておくべきこと」を記した書籍です。

http://topics.jp.msn.com/wadai/lifehacker/column.aspx?articleid=5171404

そのアプローチは、「心構え」「語学術」「海外旅行&主張術」「ビジネス術」「海外赴任術」「おもてなし術」とさまざま。その中からきょうは、Chapter 2「世界とつきあうための語学術」に焦点を当ててみたいと思います。

ビジネス交渉も含め、ほとんどの会話は中学校の英語の授業で習う語彙で間に合う。著者はそう断言しています。

その英語は皆が知っていっている英語で書かれているからです。だから中学英語で済むと言う事はできません。

英語の話すネイティブはそのような英語を使わないからです。もっと豊富な表現を使います。するとそのような英語を理解できません。それでは言いたい事も言えないのです。

言葉は日本語でも英語でも多くの表現を必要とします。その結果どう多くの表現を覚えるかと言う事が最も大事です。

2014年7月23日 (水曜日)

ブリティッシュ・カウンシルのmyClass

myClassは、「ビジネス」「日常」「ソーシャル」をベースに実践的な18のテーマがあり、テーマごとに4つの異なるトピックでレッスンが用意されています。myClassの受講生は、ビジネス英語を強化したい、社交上手になりたい、日常会話をもっとスムーズにしたい、リスニングやスピーキング力をアップしたい、綺麗な発音で話したいなどそれぞれの目的に合わせて学びたいトピックのレッスンを自由に、好きな順番で組み合わせることができます。1レッスンは90分。ひとつのレベルを終えるのに60レッスンを受ける必要があります。テキストはブリティッシュ・カウンシルのオリジナル教材を使用します。

コースの特徴
1.リスニング・スピーキング力を強化
レッスンでは、さまざまなニーズに対応する、72の身近な話題や実践的な場面を想定したトピックで生きた英語を重視します。リスニングとスピーキングの力をつけることで、自信をもって英語を話せるようにします。

2.発音を強化
どのレッスンにも発音の練習を取り入れているので、明瞭かつ自然で、相手が理解しやすい発音をできるようにします。

3.目的に合わせて選べるレッスン
ビジネス:仕事での成功につながるレッスンを選びます。就職活動、会議での積極的な発言、プレゼンテーションなど、どんな状況でも的確な英語で対応できるようにします。

日常:自己紹介、海外での観光、ショッピング、そしてホテルの予約など、外国人とのコミュニケーションで役立つ具体的な場面を想定して日常会話を学んでいきます。どんな時でも自信を持ってコミュニケーションが取れるようにします。

ソーシャル(社交):どんな話題でも積極的に会話に参加できるようにします。基本的な単語やフレーズを学習し、英語を母語とする同僚や友人を相手にしても自信をもって会話し理解できるようにします。

4.myOnline Resources
myClassのウェブサイトには、それぞれのレベルに応じて学習できる18のユニークなオンライン文法レッスンがあります。このオンライン・レッスンはレッスンテーマとリンクしています。また、それぞれのレッスンに対応するオンライン文法演習問題にもアクセスできます。これらを使って文法を勉強すれば、授業時間をできるだけ有効活用することができます。

5.myClub
毎週行われるmyClubは、無料で参加できる ブリティッシュ・カウンシル 受講生限定のプログラムです。映画、音楽、カルチャーなどをテーマに、レッスンとは少し違った雰囲気で英語を使う機会を提供します。

**********

言語は基本の音が存在する訳でも、文法のようなルールが存在する訳でありません。その結果、発音を強化したから全ての発音ができる訳でありません。

文法を覚えても全てが表現できる訳でありません。日本語でも、英語でも、覚えている事しか話す事はできません。

使える表現を覚える事が最も大事な事です。

2014年7月22日 (火曜日)

英語をやっていないのになぜか英語が上達する?

英語学習者のブログに次にような書き込みがありました。

むしろ、今躍起になって英語をやっていない間にも、密かに自分の英語が熟して(上達して)いるだろうと感じます。

※まるで寝かしている間にうまい具合に漬かる漬物みたいに(笑)

そういう時期にはどうしようもなく『英語を話したい!』『英語を読みたい!』という衝動に駆られるのでわかります。もちろん逆に、全然英語が出てこないときもあるのですが、確実に気分アゲアゲ↑という時期がある。間違いなくこの時期に上達しています。

※長い学習期間を思えば確実にそういう時期が何度かあったと思われます。確かに亀の歩みではありましたが…(苦笑)

面白いことに、ある日本語ペラペラの外国人さんもご自身の動画で証言していましたが、意外にも全くその言語から離れているときにこそ上達していたりします。その方も3か月、まったく日本語を話さずにスペインを旅している間に日本語がものすごく上達していたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漬物は微生物を使っていますから時間で醸成する事はあります。人間の脳は学習した事しか覚える事ができません。

寝ている間に脳が整理するようですから、不必要な情報は削除するでしょう。しかし、やっていない間に上達する事は絶対にありません。

理想的には夢中になって継続的にできるのが最も効果が上がるはずです。

2014年7月21日 (月曜日)

英語を覚える事は楽しい

昨日からふじみ野市の市民講座の英語会話の実質的なクラスが始まりました。私は自動化学習と言う方法で教えており、現在ネットで教えている方法と同じ手法で、同じ教材で進めています。

昨日から始まり、2時間の間何度も何度もロールプレイをしてもらいました。パートナーを替え、何度もロールプレイをします。

幸いにも半数の人は覚えて、英語で話す事は楽しいと言ってくれました。この楽しさを知った方はどんどん英語学習が進みます。

この先が楽しみです。

半数の方は十分に楽しが分かりません。それは十分な勉強せず覚えていないからです。これは教える方もどうにもなりません。

次のクラスまでにはどのくらい覚えてもらえるか大変楽しみです。覚える事は教える者が何もできない事です。

2014年7月20日 (日曜日)

One Shot リピートの間違い

One Shot リピートを提唱しているサイトがあります。

https://www.english-native.net/new/public/?utm_expid=88648502-4.4iYcD9kfTXqbmGwMAV8kmw.1

「日本語を頭の中で英語に翻訳するスピード」ですが、私達大人は完全に日本語の思考回路が出来上がっています。ですから英語で話そうと思った時、必ず日本語→英語という順序で脳の中で処理されるのです。

そこで「日本語を頭の中で英語に翻訳するスピード」を上げるために、現在効果的であると言われている、日本語で聞こえたものを頭の中で瞬時に英語翻訳して口に出すトレーニング「One Shot リピート」というメソッドです。

このトレーニングをすることで、日本語→英語の翻訳のスピードが高まり、瞬発的に口から英語がスラスラ出てくる状態を作ることができます。次に「英語を英語として聞き取るスピード」ですが、聞こえた英語を「そのまま」瞬時に口に出すことで英語の瞬発力ばかりでなく、発音やスピーキング力、そしてリスニング力までも同時に高められます。

***********

この問題点は日本語を頭の中で英語に翻訳するスピードを上げようとする事です。英語を話すのは日本語で言っている事を英語に翻訳する事ではありません。これは通訳者とか翻訳者が特別な訓練をしてやるものです。

言葉を話すためには瞬時に日本語を英語に訳す事でなく、事前に練習なり、訓練しておくことです。日本語を話す時にほとんど発音には気を使いません。それは自動化がされているからです。

すると英語を話す時も自動化されている表現をどんどん増やす必要があります。One Shot リピートで翻訳スピードを上げても脳にそのような能力がないため、英語を話す度に苦痛を感じるはずです。

自然な英語を自然な音で覚えて自動化する事が最も英語を話す近道です。

2014年7月18日 (金曜日)

英語学習のススメ

このサイトには英語学習の情報が満載です。

http://valuecommerce-english.jp/

何十と言う情報が掲載されています。これがネット社会の大きな問題です。何が問題かと言えば英語では何をすれば良いのでしょうか。

何をしたら良いか分かりません。好きなものを選べと言うのでしょう。しかし、好きなものでなく、効果のある方法を知りたいのです。

ここにある事を全部試そうとするなら一つの半年を掛けるだけでも人生が終わるまでやりきれません。

言語習得には最低は数年はかかります。本格的には10年以上はやらなければそれなりの成果はでないかも知れません。

そうなるとなるべく早い段階で良い方法を選び、確実に英語学習を進めなくてはならないのに、ネットにはいろいろな選択肢を紹介するだけです。

本当に必要なのは科学的な方法論であり、その方法論が明確になれば後は自分の好みで選ぶ事ができます。

2014年7月17日 (木曜日)

英語の発音のリエゾン

次の動画で英語のリエゾンを説明しております。
 
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-UZ_2TrQBpE#t=174

喉の奥で発音すると自然につながると言っております。これはまったく違っ多説明です。英語をどこで響かせるかと言う事と、音をどう扱うかは別のものです。

リエゾンの練習をしなくても喉の奥で響かせると音がつながると言う説明をしています。言語音が音のストリームとしてつながるのは喉でやっているのではありません。

良きが連続的に出ると言う事は横隔膜が連続的に動くから、音がつながる事になるのです。

どちらかと言えば、リエゾンが起きると言うよりは、言語音はリエゾンのまま発話されると言う方が正しいのです。

2014年7月16日 (水曜日)

オンラインでの幼児向け英語学習

大分県豊後高田市がレッスン料を全額補助 DreamPIEの幼児向けオンラインレッスンの提供を開始しました。

株式会社デジタルブティック(東京都港区 代表取締役:安西正育)と、大分県豊後高田市 (市長 永松博文)は、子どもたちが、将来自然に英語を話すことができるようになるために、幼児の時から楽しく英語と接することができる新しい英語学習の形として、DreamPIEのオンラインレッスンを豊後高田の3歳児の親子に提供することを開始しました。

子供も場合には文字を読めないので英語学習する環境が言語の習得は難しくなります。せめて周りの人が英語が話せないと教える意味がありません。

幼児の時に英語文化圏に在住した子供も英語を使わないと忘れてしまいます。すると英語を話す環境がないまま、幼児の英語教育は無意味のような気がします。

2014年7月15日 (火曜日)

ネイティブの発音に近づけば話せる

次のページではネイティブの発音に近づけば話せるはウソだと言っております。

http://diamond.jp/articles/-/51669

今や、20億人の英語人口のうち、「非ネイティブ(英語以外を母国語として、英語を話している人)」は、17億人となり、全体の85%を占めるので、ネイティブの発音に近づけることは、もう、すでに重要ではない。

だからネイティブの発音に近づけば話せるとは言えないと主張します。これは下手な発音でも英語を話す事ができると言うだけです。

英語を教えている立場から言えば、やはり発音がネイティブに近くなると、覚えるのも速くなり、英語を話す事が楽になります。

またネイティブのような発音ができる頃には手続き記憶で長期記憶に保存された状態になるため、忘れなくなります。

またネイティブのような発音がお手本となり、一つの英語学習の励みともなります。

2014年7月14日 (月曜日)

言語のインプット理論と自動化理論

言語の理論を解説するサイトがあります。

http://www.u.tsukuba.ac.jp/~ushiro.yuji.gn/Doctor/Lecture/2012/20120521Shirai_2012_Takaki.pdf

言語習得のための大事な理論としてインプット理論と自動化理論を解説しております。

そして、まとめは次のようになっています。

「インプット理論」と「自動化理論」の両方を最大限利用することが肝要である。
日本の英語教育においては「インプット理論」に基づいた教育が不足している傾向にある。
「インプット」により明示的・暗示的知識を身に付けさせ、その後「明示的知識」を用いてそれらの
知識の確認、知識の自動化、そしてインプットだけでできなかった気づきを促すことが大切である。

言語の習得は明示的な知識の習得でなく、体で覚えるスキルの習得です。それが自動化と呼ばれるものです。

日本語を習得した時に文法等の明示的な知識を学習しておりません。それでも正しい日本語が習得できます。

多くの日本語表現を自動化するのが言語習得です。多くの表現を覚える事により暗黙知として類似のパターンを学習します。明示的な知識の確認は必要としないのです。

2014年7月13日 (日曜日)

ふじみ野市民講座の英会話の参加者

2chに次のような書き込みがありました。2chの熱狂的な私のファンはここまで熱心に調べてくれます。何の利害もないのにこれほどまでに関心を持たれて大変に嬉しい事は事実です。

市民企画講座 №17 いつでもだれとでもどこでも英会話 参加者の状況について

生涯学習係 <shogaigakushu@city.fujimino.saitama.jp> 2014年7月11日 11:10
To: **************

返信が遅くなりまして申し訳ありません。
お問い合わせの件ですが、現在5名で講座がスタートしております。

以上、ご報告させていただきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  ふじみ野市教育委員会 生涯学習課 生涯学習係
                    ** **
   〒356-8501
   埼玉県ふじみ野市福岡1丁目1番1号
   直通電話   049-220-2087
   FAX    049-261-9750
   E-Mail shogaigakushu@city.fujimino.saitama.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

往復はがきで生涯学習課が把握しているのは5名です。しかし、生涯学習課から許可をもらい市の掲示板にチラシをはって、私が電話番号を入れ募集した生徒もいます。

そして締め切り後も申し込みがありますから、参加者は最終的には10人前後になるようです。

2014年7月11日 (金曜日)

英語で話す時に重要なもの

英語を話すために重要な事を書いているブログがあります。

でも先生のそのアドバイスを聞いてから、まず大切なのは自分の意見で、次にその意見の筋が通っている(通じる)かどうかだ!と思うようになり、細かい部分に対しては以前ほどのネガティブな意識を持たなくなりました。

もちろん、上達という意味では、細かい部分にまで意識(知識)がある方が望ましいです。些細な部分を大切にしないと間違い自体に気づくことがそもそもできません。

だから上達が頭打ちになる。 普段細かい部分に気づける自分でいようと努力しながらも、やはり自分の意見を伝えるという大きな目的を忘れてはいけないと思うのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

英語を話す時に自分の意見を持たなければという意見ですが、これは英語で話す事とは違います。

英語で話すと言う事は自分の言いたい事を英語で言う事です。自分の意見を持つか持たないは違う次元のものです。

自分の意見を持たずに他の人の意見を取り入れても英語で話す事ができます。

英語で話すと言う事は言いたい事を英語で言う事ですから、自分の意見を持っても、持たなくても英語で話す事には何の問題もありません。

2014年7月 9日 (水曜日)

「ふくらはぎ本」はインチキ

『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』はインチキだそうです。次のような説明があります。

「ふくらはぎをもめば、少しは血流が良くなると思います。しかし、そういうことなら足裏をもんでもいいし、太もものほうがさらに効果があるでしょう。筋肉部分が大きいですから。

もっと言うのならウォーキングをしたほうが効果はある。大股で腕を振って歩いたほうが、よほど健康になります」(愛知みずほ大学特任教授の佐藤祐造氏)

   『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』(アスコム)が95万部も売れているという。実をいうと私も買ってみようかなと思い始めていたのである。これほど売れているのだから「何か」あるのだろうとAmazon.co.jpで中古本を取り寄せてみようと考えていた矢先、『週刊文春』が「この本はインチキ本だ!」「詐欺商法だ」と決めつける記事が出たのである。

   この本、ふくらはぎをもむだけで「高血圧から糖尿病、がんにまで効果があるというのだ。この本が売れるきっかけになったのは「中居正広の金曜日のスマたち」で3度にわたり特集されたことからだという。3回目には高血圧に悩む芸能人やお笑い芸人が、著者の指導を受けて「食事制限なし」で1か月続け、正常値になったと手放しでほめたから、売れ行きに拍車が掛かった。

   だが、医者たちは医学的に何ら根拠がないインチキ本だと一刀両断なのだ。ふくらはぎが知らせる不調のシグナルとして、<熱くてかたい→高血圧><冷たくてやわらかい→糖尿病>と分類しているが、おない内科クリニックの小内亨院長は「こじつけだ」とにべもない。

<「冷たくてやわらかいのは、結果であって原因ではありません。それはここに書かれているすべての病気に言えますね。結果を治しても原因は治りません」>

肺がんで背中が痛いのにマッサージを受けるようなものだろう。

この本を書いたのは2人。監修者として鬼木豊氏、著者として槙考子氏。お茶の水にある治療院「心身健康堂」の理事長と院長である。

2014年7月 8日 (火曜日)

「英語ができる」といってもいいTOEICの点数

一般的に「英語ができる」といってもいいTOEICの点数はどのくらいでしょうか。次のサイトでは下記のように説明しております。

http://topics.jp.msn.com/life/topics.aspx?topicid=358

社内文書や通達を理解できる、日常業務についての説明を理解できる
中高6年間、英語を勉強した人は多いと思います。さらに大学で2年以上勉強していれば、学習時間はかなりのもの。それでも、自信を持って「英語ができる」と言える人は少ないはず。TOEICのスコアがどのくらいあれば、英語ができるといえるでしょうか。

読者477名に聞きました。

Q.「英語ができる」といってもいいTOEICの点数を教えてください(単一回答)
1位 700~795(社内文書や通達を理解できる、日常業務についての説明を理解できる) 39.2%
2位 800~895(英語のサイトから必要な情報を収集したり、問題点を議論する同僚の話を理解できる) 23.1%
3位 600~695(簡単な仕事のメモやゆっくり話してもらえれば目的地の順路を理解できる) 12.8%
3位 900~990(時運の専門分野の高度な専門書を読んで理解できる、英語を話す人たちの最近の出来事等に関する議論を理解できる) 12.8%
5位 500~595(打ち解けた状態で「How are you?」などの簡単な質問を理解できる) 6.5%

■700~795
・「日本ならこのくらいできれば立派だと思う」(31歳男性/商社・卸/営業職)
・「日常業務について説明ができるなら、相当レベルは高いと思う」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「自分で話せてはじめて『できる』と言えると思っているから」(31歳女性/運輸・倉庫/営業職)

■番外編:話したもん勝ち!?(1~395)
・「高くても話せないというケースも多く、一概に言えない」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学)
・「250点くらいで十分会話できるから」(36歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「英語に興味ないので、受けようとすること自体ができる証だ」(44歳男性/商社・卸/販売職・サービス系)

700点以上あれば、「英語ができる」と自信を持っていえそうですね。転職時や外資系で働きたいと思ったときにも、応募条件はクリアできるでしょう。しかし、TOEICで高スコアをとっても英語がペラペラとは限らないとか。

やはり、実践のほうが会話力を身につけられることもあるかもしれませんね。

2014年7月 7日 (月曜日)

店頭で買える電子書籍『Booca(ブッカ)

売り場の什器が本棚からカードホルダーに総入れ替えされるかも知れません。

街の本屋さんで電子書籍を買える取り組みとして、トライアルが行われているのが電子書籍カード『BooCa(ブッカ)』。出版・書籍に関連する企業が集まって、リアル書店の魅力である「空間」を活かした電子書籍の陳列販売を目指したテスト販売を実施しています。

『BooCa』は、現在コンビニ等で手に入る「iTunesカード」などのプリペイドカードに似た仕組みで、書店でカードを購入するとダウンロード型の電子書籍を入手できるようになります。

BooCa事業のコンソーシアム参加社のひとつである楽天は、『東京国際ブックフェア』出展ブースの壁面を大きく使ってBooCaカードの店頭での陳列イメージをアピール。

今のところBooCaの電子書籍カードとして買える本は約3000タイトル。いま実証事業としてテスト販売している書店では各店舗の裁量で、このなかから取り扱いタイトルを決めているのだそう。

実証事業に参加しているリアル書店(4店舗):

今井書店(本の学校 今井ブックセンター)/三省堂書店(神保町本店)/本の豊川堂(カルミア店)/有隣堂(ヨドバシAKIBA店)

使い方はプリペイドカードそっくり

BooCaカードは、裏面に取り扱い電子書店へリンクしているQRコード、およびダウンロード用コードが記載されている方式。iTunesやGooglePlayなどのアプリストアのプリペイドカードとよく似た仕組みですね。

使える電子書店は楽天のkoboと凸版印刷グループのBookLiveの2つ。電子書籍のダウンロード時にユーザーがどちらかのストアを選ぶようになっています。

2014年7月 6日 (日曜日)

英語と文法の関係

あるブログで次のような書き込みがありました。

先生は『でも・・・』と付け加え『君には文法を過剰に気にする書き手になってほしくはない』と言いました。
『それよりも、意見を明確に表現できる書き手になってほしい』そして『日本人には文法の間違いを気にする人が多すぎる』とも。
そうかも知れません。確かに日本人は細かいことが得意な分、細かいところを気にしがちです。でも先生曰く、大学レベルでさえも、些細な間違いに関しては指導者から指摘はされないと。

"If you have a good argument, and your writing makes sense, then you do not need to worry much about them (mistakes)."

きちんと主張すべきことがあって、筋が通るものであれば、過剰に気にする必要はない。そしてもっと面白いことに、世に出ている小説家の作品を読むと、文法書が『間違い』とみなすであろうものを見つけることができると!小説家がいかに文法のルールを破って好き勝手に(クリエイティブに)言葉を作り出しているかってことでしょうか!

実はそれまでは、先生は英語のネイティブだから、どうしても自分の英語の微妙さ(たぶん小さな間違いがたくさんあるだろうってこと)に自信が持てなくて、課題で文章を書くときはまだしも、毎回のメールのやり取りのスモールトーク的な、いわゆる"自由英作文"みたいな部分で先生に対して英語で表現することに気後れしてしまっていたんですね。

あ~たぶんこの私の英語、ヘンだと思うなぁ~~。合ってるか間違ってるか微妙にわかんないしなぁ・・・。うーーん、じゃあ書くのやめよ・・間違ってたら恥ずかしいし・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文法を間違っていたら恥ずかしいと思うのは大変に自然です。英語は文法を構わずに書けば良いものでありません。皆が使う言葉を使う必要があります。皆が使う言葉は一般的に文法に沿っています。

しかし、だからと言って文法をベースに英語を話すのは正しくありません。それは言語が文法をベースにできていないからです。

皆が使う英語を覚えるためには、シンプルにネイティブの皆が使う表現を使う事です。文法をベースに作り上げてはいけません。

皆の使う表現を無視して、筋が通るものを作るのは非常に難しい事です。まず真似る事が先決です。

2014年7月 5日 (土曜日)

英語学習の5つコツ

「ベストセラー英語本の研究で次の事が分かると言う人がいます。

23冊の本を分析した結果、私が得た「英語学習のコツ」は、次の5項目にまとめることができる。

1.学習の抵抗感をなくす。
2.音読と暗誦を繰り返す。
3.リスニングを他の三技能に先んじる。
4.継続が不可欠。
5.まず磐石の基礎を築くことが肝要。

こうして書くと、「それだけのことか」という印象を持たれるかもしれない。では、これらを逆の言い方にしてご覧に入れよう。

1.英語に抵抗感を持っていたら、学習は続かない。
2.体を使わない英語学習は身につかない。
3.音の伴わない英語は、使いものにならない。
4.一朝一夕に英語力がつくというのは幻想に過ぎない。
5.基礎を手抜きすると、どんなに勉強をしても砂上の楼閣になりかねない。

いかがだろう、この否定形のほうが説得力を持つのではなかろうか。これにもう一項目付け加えるなら、「文法も大事だ!」であろう。

同時通訳者として名高い國弘正雄氏や村松増美氏の言い方を踏襲すると、「きちんと文法を学ばないと、いくら話せるようになってもブロークンのまま」である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここにまず磐石の基礎を築くことが肝要と言うのは正しくありません。、「きちんと文法を学ばないと、いくら話せるようになってもブロークンのまま」と言う事はありません。

日本語だって文法を習わないけどブロークンでありません。その理由は自然な表現を覚えれば文法を知らなくても正しい英語を話す事ができます。

否定型で言えば、文法を習っても、英語を覚えて自動化しなければブロークンな英語のなると言う事です。

2014年7月 4日 (金曜日)

Facebook・LINE・Twitter、やめるならどれ?

SNSの調査で次のようなものがあります。

コミュニケーションツールとしてすっかり定着したFacebook、LINE、Twitter。コミュニケーションだけではなく、情報収集にも使えますよね。実際に、3つのSNSのどれかを経由してこの記事に辿り着いた人も多いのではないでしょうか?

そんな、コミュニケーションにも情報収集にも欠かせないSNSですが、人間関係の繋がりから「Facebook疲れ」や「LINE疲れ」などが叫ばれています。人と繋がりたいからはじめたはずのSNSで、人が原因で「疲れる」というのは本末転倒な気もしますが、他人の投稿にイラっときたり、自分の投稿に返信やコメントがつかない現状を突きつけられて、「疲れ」を通り越して「やめたくなる」瞬間すらありますよね?

自分が知らないところで、仲の良い(と自分は思っている)友達たちがみんなで飲み会や旅行に行っていることをSNSで知った時なんかは、特にやめたくなるものです。とはいえ、簡単にやめられないのがSNS。「今まで築き上げてきた人間関係が終わってしまうかも!?」なんて考え出したら、怖くてやめられません。

今回はFacebook、LINE、Twitter、どれかひとつを強制的にやめなければいけないとしたら、どれをやめるかについてアンケートしてみました。アンケートは、20代から60代の男女計297人を対象に実施しています。

まず、気になる全体の結果は…

1位:Twitter:32.3%
2位:Facebook:29.3%
3位:LINE:18.5%
(どのアカウントをもっていない:19.9%)

私もやめるならなんといってもTwitterですね。他の2つは継続する価値はあると思っています。

2014年7月 3日 (木曜日)

スマホ・タブレットで英会話学習

スマホ・タブレットで英会話学習を学ぶためのアプリが紹介されています。そしていくつかのアプリが紹介されています。

http://www.yomiuri.co.jp/it/column/mobile/20140701-OYT8T50158.html 

英会話を習得したいと思っても、英会話学校に通う時間はないし、授業料も高い。そこで活用したいのが、どこでも手軽に使える英会話学習アプリだ。

iOS(アイオーエス)向けにアプリを配布する「App Store(アップストア)」、Android(アンドロイド)向けの「GooglePlay(グーグルプレイ)」とも、「英会話」や「英単語」をキーワードに検索すると相当数の英会話学習アプリが見つかる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここには面白そうなアプリが揃っています。しかし、このようなアプリを10本やったからと言って英語が話せるようになりません。

英語を話すためには最低でも数千以上の英語表現を覚えないとどうにもなりません。するといろなアプリはそれぞれ目的が違いますから、仮に10本勉強しても10の違う要素を勉強する事になります。

表現集が揃っていれば良いかと言えば、そうではありません。その表現集をどう覚えるかの方法論も必用になってきます。

アプリを探すならどうやって英語を話すかの手順を明確に決めてから始める事が肝要です。

2014年7月 2日 (水曜日)

与沢翼は秒速で転落

与沢翼が次のように報道されています。

http://topics.jp.msn.com/wadai/spa/article.aspx?articleid=4897338

高級外車を乗り回し、高級マンションに住む。毎晩、六本木の夜を闊歩しては、札束をまき散らしながら大勢の美女と浴びるほどの高級シャンパンを飲む。「ネオヒルズ族」と称され、31歳にして絵に描いたようなバブルな世界を体現していた男――それが、与沢翼だった。

しかし2014年4月26日、自身のフェイスブックとブログで「経営危機のご報告」と題したエントリーを投稿し、税金の滞納により会社が経営破綻寸前になっていることを告白。ネットニュースをはじめ、さまざまな媒体で報道され、大きな話題となったのはご存じのとおりだ。

「あのときは、『ざまあみろ』『思ったとおりだ。あいつはやっぱり悪いことをしていた』『与沢翼は、もう終わりだな』――そんな世間の声が聞こえてくるような気がしました」と当時を振り返る与沢翼氏。「秒速で1億稼ぐ男」と言われているのに、なぜ3億円の税金が払えなかったのか?

「“与沢翼”が高級外車を乗り回し、一等地の高級マンションを借り、華やかな女性たちを伴って豪遊し、それをメディアに取材してもらうことでウェブサイトへのアクセスが集まり、会社は増収していったのです。“金持ちの与沢翼”“成り金の与沢翼”だからこそ、世間は私に注目をしてくれていました。恥ずかしい話ですが、すべてのお金は“与沢翼”という像を作るために使いました。あの頃はもう、後戻りはできなかったのです」

 会社を維持するためには、“与沢翼”というシンボルでい続けなければならなかったというのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は彼の商売を最初に見た時からこれはネットのマルチ商法だと思いました。昔流行ったマルチ商法と同じでどんどんチャンネルを増やしてそのチャンネルが増える事で儲ける仕組みです。

与沢の場合は商品でなく、サービスですが、そのサービスを末端で買う人はほとんどいなかったのです。そして儲かっている振りをして他を勧誘するのです。物がサービスになっただけで、仕組みそのものはマルチ商法とまったく同じです。

高級車に乗るとか豪邸に住むと言うのもまったく以前のマルチ商法の胴元と同じです。インチキ臭い商法で転落するのは当然の結果です。

2014年7月 1日 (火曜日)

SIMロック解除

SIMロック解除に関して次のようなブログがありました。

産経ニュースによると、総務省が携帯キャリア各社へSIMロックを解除させる方針を決めたそうです。平成25年度にも解除が始まるとのことで、来年からはスマートフォンの買い方が結構変わってきそうですね。

そもそもこのSIMロックの解除を促す方針は今回初めて決まったわけではありません。2010年には総務省がガイドラインを作成したものの、強制力がなかったため、いまいち進展が見られませんでした。その後、ドコモがiPhone以外の複数の機種でSIMロックの解除サーヴィス(有償)を始め、ソフトバンクもわずかではあるもののそれに続きました。

昨年の11月にはアップルジャパンがSIMロックフリーのiPhone 5s・5cの販売を開始。ぼく自身、すぐにSIMロックフリーのiPhone 5sにドコモのSIMを挿して使い始めたくらい興奮しました。

まず2年契約をベースとしたプランが崩れるため、キャリアの乗り換え(MNP)が簡単になります。大手キャリアだけではく、SIM販売をベースに月額1,000円前後で通信サーヴィスを提供しているMVNO系事業者への乗り換えももっとメジャーになるかもしれません。そうすると通信費用の相場が変わってくる可能性も見込めそうです。

他にはSIMロックフリーの端末だと海外に長期滞在する際にも手持ちのスマートフォンがそのまま使えます。ただし、その端末の対応周波数が海外事業者の展開する周波数帯域に適合すれば、という条件があるのですが。それでもこのメリットは大きいはず。

このとおり、ユーザ目線で見ると選択肢の幅が広がって嬉しいことづくしなきがします。ただ、2年縛りがなくなったら本体価格が上がるかもしれませんね。今回の総務省の動きは、SIMロックの手続きを基本的に認めていないKDDIや、わずかな機種しか対応ていないソフトバンクへの影響が大きそうです。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »