無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

オンライン状態

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月23日 (金曜日)

30日まで海外に出張

今日から30日まで通訳の仕事で海外に出張します。スマホを持参しますのでここをのぞく事はできますが、書き込みはほとんどできません。

スマホのアプリも持っていますから、テスト的に数行は書いてみるつもりです。

2014年5月21日 (水曜日)

独学の英会話学習法

独学英会話学習法と言うページで次のような紹介をしています。

http://dokugakueikaiwa.makotomo.com/

1.学習前の準備
2.英文法の学習方法
3.発音の学習方法
4.語彙力のつけ方
5.表現力のつけ方
6.会話に慣れよう

言語は覚えるだけですから、文法とか発音とか語彙力とか表現力をつけるのは無駄な事です。英語でも日本語でも言葉を話す時にはかなりの多くの表現が自動化されていなければ自由に話す事はできません。

また、覚える事は聞いた音ですから、本や教科書にある文字を読むのはあまり得策でありません。その理由は文字を認識しているのであり、英語を覚えている事にならないからです。

自然な英語の音とその意味をたくさん覚える事により英語が話せますから、独学で英語を話す事は可能です。

しかし、かなりの英語表現を覚える必要があります。少なくとも数千以上の表現を覚えないと話す事はかなり大変になります。

自動化して記憶が増えると、累積効果で新しい表現を覚えるのが大変に楽になります。

2014年5月20日 (火曜日)

ビジネス英会話向け「厳選アプリ5」

効果的な英語力習得へ向け、まずは英語に触れる時間を増やしてみてはどうでしょうか。勤務先や仕事内容のレベルアップを考える度に「英語を身に着けたい!」と思う人も多いかもしれません。そこで、なかなか英会話学習に時間を割けないビジネスパーソンでも、手軽に活用できる、ビジネス英会話向けのアプリを勧めているサイトがあります。

1)通勤英語

 ビジネス英語に特化したアプリ。「依頼メール」や「回答メール」、「議事録文例」、「プレゼン文例」などジャンルに分かれ、フレーズ約2900、略語も含めた英単語・熟語・用語を約230収録。(Android/無料)

2)とっさに頼れる! オフィスのスマート英語

 「お世話になっております」、「添付資料をご確認ください」、「お忙しいところ恐縮です」など、ビジネス英語ならではのフレーズを掲載。突然の電話やメールにも対応できるよう、接客、アポイントメント、プレゼンに面接など、場面別にマナーも併せてチェックできる。(iTunes/前編・250円 後編・350円)

3)英語で「おつかれさま」を言いたくないですか?

 『日常編』と『ビジネス編』に分かれており、「あいさつ」や「役職・立場」、「トラブル」に「アフターファイブ」などシーン別で約300フレーズを展開。ビジネス英会話をネイティブ目線で解説した、デイビッド・セイン著の書籍のアプリ版。(Android iTunes/800円)

4)スティーブの英会話ペラペラビジネス100

 NHKラジオ講座でお馴染みのスティーブ・ソレイシィ氏が、ビジネスシーンで使える“パワーフレーズ100”を厳選。日本人が特に間違いやすい注意点を詳しく解説している。(iTunes/1000円)

5)TOEIC英単語カード

 TOEIC英単語を暗記するためのアプリで、TOEIC600点、730点、860点レベルの2000単語を収録。(1)単語学習、(2)単語一覧、3)テスト、4)復習、5)レポート、6)設定が主な機能で、学習を選択すると全2000単語を40単語ずつの50レッスンに分けることによって、効率よく学習することが出来る。(Android iTunes/無料)

より効果的に習得するためには、とにかく英語の表現を覚えて自動化する事です。

中国式英語、米ネットで人気

ネットでは中国式英語が流行っているようです。

8日、中国のネットで「you can you up」といった中国式英語が流行しているが、その影響は中国国内にとどまらず、米オンラインスラング辞典に登録されるなど海外でも注目されている。

2014年5月8日、中国のネットで「you can you up(できるなら君がやればいい)」といった中国式英語が流行しているが、その影響は中国国内にとどまらず、米オンラインスラング辞典「Urban Dictionary」に登録されるなど海外でも注目されている。人民日報が伝えた。

中国式英語は、中国語の文法にピンイン(中国語の発音をローマ字で表したもの)と英語を組み合わせたもので、今では米サイトでたびたび登場している。同オンライン辞典には、「tuhao(土豪=金遣いが荒く品のない金持ち)」や、「dama(大媽=中国のおばさん。世界の金市場に影響を与える新勢力)」も収録されている。

中国の外国人留学生らは取材に対し、「中国式英語から中国を理解することができる」と話し、北京語言大学の教授は「中国式英語には中国の文化などの特色がみられ、中国社会の発展や変化を反映している。中国式英語が海外のメディアやサイトでたびたび出現していることからも、国際社会が中国に注目していることがわかる」と指摘している。

しかし、これは一時的な流行だと思います。ハワイではピジョン(Pigeon English)が流行った事があります。

A pidgin, or pidgin language, is a simplified language that develops as a means of communication between two or more groups that do not have a language in common.

日本・中国・フィリピン・ポルトガルなどから多くの人々が、ハワイに移り住んできた移民時代コミュニケーションの手段は、英語しかなく、しかも皆、英語は初めてと言う人ばかりです。

そんな状況下、移民達の中で生まれた独特の英語がピジョン(Pigeon English)です。いまだに、ハワイ英語として、根強く残っています。

有名な所ではサーフブランドの名前(DAKINE)にもなっているDa Kine(ダ・カイン)通常英語では、the Kind になります、”そんな感じのもの~”のような意味です。

しかし、現在はハワイでも教養のある人、言葉に敏感な人は普通の英語を話します。

これからの英語が人口が多いからと言って、中国やインドの影響を受けるとは思われません。

2014年5月18日 (日曜日)

英語脳は存在しない

つぎのような宣伝があります。

いちばん大切なのは「とにかく英語を話すこと」。筋トレでカラダの筋肉を鍛えるように、英会話で英語を話すための運動神経を鍛える。

その繰り返しが、英語を話すための神経回路 = 「英語脳」をつくりだすのです。

QQイングリッシュには、そんな「英語脳」を育むために必要なカリキュラムがそろっています。

「英語脳」(英語に対するパターン認識と処理スピード)を徹底して訓練する学習法です。カランメソッドのレッスンでは、先生の質問に対して生徒が瞬時に答えることを繰り返すのに加え、先生が通常より速く喋らなければならないという決まりがあります。ネイティブが話すスピードが1分間に150~180単語であるのに対し、カランメメソッドコースの先生はあえて1分間に200~230単語のスピードで話します。実際、25分のレッスン中で5,000語もの単語を聞いたり話したりします。この状況で生徒は常に先生の言葉に神経を集中せざるを得ず、また、先生のガイドにより強制的に瞬時に答えていくことで、母国語で翻訳するプロセスを強制的にストップさせます。

これによって無意識のうちに反射的に英語を返答できる「英語脳」を訓練します。「英語脳」が形成されることにより、自分の持っている「英語力」(語彙・熟語・文法など)へのアクセススピードが格段に向上します。特に「これまで英語の勉強は沢山したけれど、英語が話せない、話す自信がない・・・」と痛感している者には最適の学習法です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大事な事は話す前に覚える事です。自動化して覚えるのがベストです。話すから、話せるようになる訳でありません。覚えているから話せるのです。

そのためには話す事でなく、反復練習をして覚える練習をする事です。英語脳で話しているのではありません。

英語脳を獲得する事などできません。

2014年5月17日 (土曜日)

物忘れにつながる2つの対策

物忘れにつながる2つの対策として次の記事を見つけました。

誰だって、時には物忘れをします。買い物を忘れた、鍵が見当たらない...些細な物忘れだけど、イライラしますね。米紙「Wall Street Journal」の記事によると、物忘れには2つの要素が関わっていて、対策は割と簡単だそうです。

物忘れを引き起こす原因はたくさんあって、ストレス、疲労、マルチタスクなどが関係している場合もあります。ただし、「何かをどこかに置いた」ことを思い出せるかどうかに限って言うと、直接問題になるのは次の2つです。

このような(記憶のメカニズムの)途切れが生じるポイントは2つあります。記憶のスイッチをオンにして、今やっていること(つまり、鍵やメガネをどこに置いたか)を「エンコード」するのに失敗する場合と、その記憶を呼び起こすのに失敗する場合です。プリンストン大学のKenneth Norman心理学教授によると、記憶のエンコードとは、脳の中で記憶機能の中心的な役割を担っている海馬という部位で「スナップ写真」を撮って、それを一連のニューロンの中に保存しておくことだそうです。何か思い出すきっかけがあると、そのニューロンが再び活性化されます。

なので、何かをどこかに置く瞬間、つまりエンコードの最中に、注意を払っておくことが重要です。また、記憶をエンコードする時と思い出す時で心理状態が違っていると、問題が起きやすいそうです。よくある例を挙げましょう。家に帰って鍵を置く時はお腹がペコペコ。だから、お腹が一杯になった後で鍵を探そうとすると、記憶へのアクセスが難しいのです。

もちろん、注意の妨げになる要因はたくさんあるので、解決はそれほど簡単ではありません。でも、リマインダーやToDoリストは確実に役に立つし、歩いたところをもう一度たどってみるのも有効です。ほかの方法としては、例えば何かをしながらその行動を声に出してみる(「携帯はドレッサーの上に置いた」)、周囲の景色を思い出してみる、なども効果があるそうです。

2014年5月16日 (金曜日)

ふじみ野市・市民企画講座

ふじみ野市の生涯学習の市民講座の広報の校正原稿が郵送されてきました。

全部で51の講座があります。

私の英会話の講座は次のごとくです。申し込み締め切りは6月13日までです。ふじみ野市在住の方に限定されております。

予定では対話集の001から005までをやるつもりです。

講座名:いつでも、だれとでも、どこでも英会話
説明:スマホやPCを使った英語学習です。英語の対話集を使い自然な音声の英語を真似て体で覚える英語学習です。コミュニケーションのツールとして現場で使える英会話を学習します。
スケジュール:7/6,7/20,8/24,9/7,10/5,10/19
場所:西公民館集会場
定員:40名

何人が応募してくれるかは分かりません。なんとか5人以上の参加がある事を祈っています。5名以下の場合は断る事ができますが、私は一人でも応募者がいればやるつもりです。

西公民館は近くなのでポスターを貼ってもらい、独自にも募集活動をします。

行きつけの散髪屋さんを口説いておりますから、少なくとも一人は確保できそうです。

2014年5月15日 (木曜日)

緻密に計算され教材

2chに次のようなコメントがありました

おまえが「へんてこ」とおもっている瞬間英作文の例文は、
「日本語話者が、外国語として英語の文型練習を行う教材」として、
じつに緻密に計算され、練りに練られたものなんだよ。

「覚えやすい」し、「第3ステージで"英語文化圏で通じる英語"を乗っける
土台をつくる」という目的のためには最強♪

「音読パッケージ」の教材は、「自然な表現と自然な音」だしね♪

結論:森沢教材は最高♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
言語の基本は文型や文法を習う事ではありません。言語は文型や文法がベースではないからです。 文型とか文法がないのですから、ち密な計算ができません。

言語には多くの自然な事例や文例が存在するだけで、それらを覚える以外に習得方法はありません。
多くの表現の中に類似のパターンが存在するのですから、データを集める事が大事です。

森沢氏の緻密に計算されているのはそれが英語の試験のためのものだからです。 残念ながら自然言語を緻密に計算して文型や文法を探す事ができません。

それは我々が言語を話す時に文型や文法をベースに話しているのではないからです。単に自分の記憶にある、表現を使っているに過ぎません。自然な事例や文例を覚えるのが言語習得なのです。

もちろん、文型や文法のようなものは存在しますが、その多くの事例を調べてとそのような文型や文法が存在するだけの事です。

人間が走る時に必ず手も振ります。しかし、手を振っても走る事ができません。それは走る場合には足を動かさないと走れないからです。走る時に手を振るのはその結果であって、その行動自体が人間を走らせているのではありません。

文型や文法と言うのは人間が走る時の手の動きと同じです。確かに存在しますが、それ自体が言語を話す基盤となっていないのです。

2014年5月14日 (水曜日)

これが日本一のメソッドだ?????

このタイトルでプレジデント誌の2014年の6月2日号が発売されました。

そして購入してみましたが、これはまったくの嘘でした。

世の中には悪い教材は存在しないから自分の目標や学習教材を絞る事だと言うのです。

そして英語学習のための7つの目的について解説してます。それはTOEIC、メール、電話、会議、プレゼン、情報収集、海外旅行となっています。

英語には正しい教え方と間違った教え方があります。つまり人間の脳が学習する仕組みはもうほぼ解明されていますから、その仕組みに沿っていれば正しいし、沿っていなければ正しくありません。

そして英語の目的も7つではなく無数にあるはずです。TOEICのために英語を勉強する事に意味があるかどうかを論じるべきです。

英語を含めた言語において分けるとすれば音声英語と文字英語の2つであり、せめてこの2つに関する良い方法なり、悪い方法を書くべきだった思います。

出版社は他の教材を批判しないと言うのが鉄則のようですが、良い方法を説明するのであれば、必然的に悪い方法は批判しなくてはならないでしょう。

2014年5月13日 (火曜日)

英語は文法を使って訳すな

多くの英語は文法的に日本語に訳すことができません。多くの日本語も文法的に英語に訳す事がありません。言葉の使い方が違うのです。次はほんのその一例です。

Thank you. 感謝するではなく、ありがとう。

You are welcome. あなたは歓迎されましたではなく、どういたしまして。

How much do you weigh? どのくらいで計れますかではなく、体重はどのくらいですか。

May I come in? 来ても良いですかではなく、入っても良いですか。

He is at the door. 彼がドアに居るではなく、彼がドアに来ました。

I have a cold. 私は風邪を持っているではなく、風邪を引きました。

I was born. 私は生まされたではなく、私は生まれました。

How tall are you? どのくらい高いですかではなく、身長はどのくらいですか。

Let it go. それを行かせろでも、ありのままでもなく、解き放て。

Let's call it a  day. それを1日と呼ぼうではなく、今日は終わりにしよう。

Two times in a row. 1列に2つではなく、2回連続。

You can say that again. それをまた言う事ができるではなく、良く言うよ。

May I use your bathroom? 便所を使っても良いですかではなく、便所を貸してください。

言葉にルールや法則があるのではありません。皆が使うかどうかの問題です。言語は皆が使う表現を使うしかありません。自分で作ると通じない場合が多くなります。

しかし、この英語を聞いてみると分かるのですが、どれも非常に響きが良く、発音が楽なのです。

文法通りに訳す事ができないのですから、英語の表現は一つずつ覚える以外に方法はありません。

ホンモノの英語を話すなら、文法ベースではへんてこな英語ばかりになってしまいます。

2014年5月12日 (月曜日)

言語は文法でなく手続き記憶で自動化

言語の基本は文法でなく、用例を体で覚えるものです。繰り返し覚えるのですがこれは手続き記憶と呼ばれており、長期記憶として保存されますから、忘れません。

文法と言うのは文の決まりであり、知識です。文法には例外がたくさんあり、文法が言語の基本でないからです。

日本語を話している時には文法など使っておりません。自分の知っている日本語を使っているからです。これは手続き記憶で覚えているから自動化されており、あまり意識無く言葉が話せます。

用例を覚えて、音声を認識する脳の仕組みは臨界期の前も後もまったく変わりません。

手続き記憶として自動化すれば少なくともその自動化された英語を使う事が可能です。そして脳はその記憶を使い主語や述語を替えたり、フレーズを組み合わせ新しい表現を作る事ができます。

自動化して手続き記憶で覚えると、その記憶が累積効果を生み、累積効果となり新しい用例を覚えるのがどんどん楽になります。

言語を手続き記憶で覚える説明は日本の学者も米国の学者も言っておりますので、参考にしてください。

http://www.backbonecommunications.com/wp-content/uploads/dyned-2008-a-brain-based-theoryrev.pdf

http://www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/799.pdf
https://www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/819.pdf

2014年5月11日 (日曜日)

毎日の英単語

英語ができない理由の多くは、英単語を知らないからではなく、使えるようなかたちで単語を覚えていないから。そして、使えるようなトレーニングをしていないからだと著者は言います。

http://www.lifehacker.jp/2013/11/131101book_to_read.html

たとえば「book=本」と日本語訳だけを覚えるのではなく、「buy a scientific book=科学の本を買う」「book an express ticket=特急券を予約する」というように、その一単語だけではなく、前後を含めた、ネイティブがよく使うかたちでマスターする必要があるというのです。

さらに「特急券を予約する」という日本語から「book an express ticket」という表現が出てくるようになって、はじめて「使える英単語」といえるわけです。(10ページより)

しかし、使えるようなかたちで単語を覚えていないからではなく、使える表現として覚えていないからです。単語だけで覚えるのではなく、事例として覚えなくてはそれは無理だと思います。

言ってみれば多くの事例の中で単語を覚えるべきなのです。そうすれば使えるようなかたちで単語を覚えることになります。

それがつまり自動化なのです。

2014年5月10日 (土曜日)

2chで”自動化をすれば英語は話せる”のスレッド

2chで自動化をすれば英語は話せるのスレッドを始めました。

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/english/1399593740/

1 :名無しさん@英語勉強中:2014/05/09(金) 09:02:20.72 ID:7tuK0tUD英語はどんどん覚える事です。

2 :名無しさん@英語勉強中:2014/05/09(金) 09:03:32.84 ID:7tuK0tUD英語話すためには反復練習をして自動化することです。
すると意識なく正しい事が言えます。
そして自動化すると手続き記憶で覚えるため長期記憶に保存されますから
忘れる事がありません。

3 :名無しさん@英語勉強中:2014/05/09(金) 09:14:24.85 ID:jlpz4rI+400 名前:名無しさん@英語勉強中 :2014/05/09(金) 08:37:46.59 ID:jlpz4rI+
>そのためには自然な表現を自然な音で覚える事だ。

だから、「自然な表現」、「自然な音」を正しく定義しない限り
他人を「擬似英語」だと揶揄したところで自己満足の範囲内の無意味な文字列。

4 :名無しさん@英語勉強中:2014/05/09(金) 09:31:04.20 ID:7tuK0tUD>「自然な表現」、「自然な音」を正しく定義しない限り

自然な表現、自然な音とは英語ネイティブが通常の会話で使う発音であり、
通常の会話で使う英語表現の事だ。
発音教材にある音声は不自然であり、ネイティブは会話であのような発音はしない。
自然な言語が脳のニューラル・ネットワークの処理に最も適している。

5 :名無しさん@英語勉強中:2014/05/09(金) 09:32:21.13 ID:7tuK0tUD>通常の会話で使う英語表現の事だ。

もちろん、これは文法がベースではない。
言語の基本は文法ではないからだ。
言語に基本はなく、多くの表現を自然な音で自動化されたものに過ぎない。

現在は英語板の勢いランキングもダントツのトップです。

http://2ch-ranking.net/index.html?board=english&q=english

1位 = 自動化をすれば英語は話せる  223 252
2位 = TOEIC公開試験各回統一スレ 690 86

2014年5月 9日 (金曜日)

下手な英語は晒すな

下手な英語を人前で話したり、最悪のケースは動画でネット上に晒す人がいますが、まったく無意味な学習方法です。

英語は素晴らしい英語を聞かせ、自慢するものであり、無理をして英語を話し、恥を晒したり、馬鹿にされたりするものでありません。

それを下手な英語を人前で話したり、動画でネット上に晒すのは醜悪であるだけでなく、英語学習意欲を削ぎます。

ひそかに努力をしてその恰好良い英語を披露するのです。長い長い努力の成果を見せるのが英語なのです。

これはプロのスポーツ選手、芸術家、音楽家全てがやっている事です。練習を見せる事はしません。それは恰好が悪いからです。

プロでなくても素人でも同じです。練習を見せるのは裸で歩くようなもので、どんな人でも外出する時は着飾って見せるものです。

恰好良く見えるサーフィンも実は99%はパドルつまり手で漕いているだけで、立って見せる事ができるのは1%しかありません。

せめて恥を晒す事が学習につながれば良いのですが、得る事は何もありません。単なる無駄な時間です。笑われてやる気を失うだけの事です。

そんな暇があるなら、まともな練習をすべきです。そして自慢できるような英語を披露できるような力をつけるべきです。

間違いの数が上達させるのではなく、良い英語を話そうと練習した結果が上達させ、学習につながるのです。少なくとも自分は上達していると言う実感を得るべきです。

今は自分でどんどん発信できる時代ですが、それは自分がジャンプするために使うべきなのです。

2014年5月 8日 (木曜日)

「英会話を覚える」はずせないコツ????

全国の日本女子に捧ぐ!秒速で「英会話を覚える」はずせないコツが次のように発表されています。
.
6年後に開催される東京オリンピックに向けて、着々と準備が進められています。でもちょっと待って。あなたの準備はできていますか!? 全世界からアスリートを応援しにやってくる外国人が、街に溢れることが予想されますが、対応できるのでしょうか?

この機会に英会話をモノにしてしまいましょう! 今回は毎日できる英会話対策を5つご紹介します。

■1:プライベート管理はすべて英語で行う
仕事を持っている女性なら、一日に数回予定表を開くことがありますよね? まずはその予定表に英語で書き込む習慣をつけましょう。わからない単語はその都度ネットで検索して、自分の中でその単語の意味を再構築します。

■2:1日に5分、英語だけで会話する
家族と住んでいる人は、5分でいいので英語だけで会話をする時間を作ってください。正しい英語を話したいのに自信がないという人は、単語をとぎれとぎれに口にするのでも構いません。

大切なのは、言いたいことを英語で相手に伝えるという練習です。英語でゲームを行ったりしてもいいかもしれません。

■3:いつでも接続できるオンライン英会話教室を活用
一人暮らしのため、自宅で英語の会話をする相手がいないという方は、スカイプなどの無料通話を使ってできるオンライン英会話をおすすめします。

24時間対応しているスクールもあり、自宅やオフィス、カフェなど、ネット環境さえ整えばいつでもあなたの都合のいい時に数百円から始められます。

■4:苦手でも文法は大切
ある程度英語を発することに慣れてきたら、少しずつ文法も覚え直しましょう。日本人が苦手とされるものの代表は、an apple なのかapplesなのかというプルーラル(複数形)のSと、過去形の使い方です。

ここを混乱して覚えてしまうと、変な英語のまま進んでしまいがちです。話す時に徹底しましょう。でも間違えたって大丈夫ですよ!

■5:発音は専門的に学ぶ
日本語英語の発音でも、伝われば問題ありません。自信を持って大丈夫です。発音が悪いのが恥ずかしくて、どうしても会話ができないという人は、thやRとLなど、まずは日本人が苦手とされる発音を学びましょう。

発音に特化したクラスを見つけて、専門的に教え方を学んだプロに習うことが、発音習得の近道です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

英語を話すなら上記のようないろいろな学習をしては効果的な学習になりません。その理由は蓄積が無いからです。

英語を話すなら、話せる英語を増やす事です。つまり自動化して忘れないように覚えるだけです。すると使える英語表現も増えます。その覚えた記憶が次の記憶を楽にしてくれます。

すると更に覚えのが楽になります。多くの表現を覚えることにより文法も覚えて発音も良くなります。

2014年5月 7日 (水曜日)

英語習得は究極の真似

言語習得とは学ぶことつまり、”真似ぶ”事が基本です。とことん真似る事です。発音も表現もどこまでも真似る事です。

その結果として、自分の言いたい事を自分の英語で言えるようになりますが、事実は多くの英語ネイティブ表現を覚えたからできる事です。英語で自分独自の創作的な英語を作るのはもう翻訳や通訳のやる仕事で、英語を習得する事とは違う目的になります。

英語の発音は日本人は日本語の訛りがあった方が良いとか、たどたどしい方が日本人っぽくて良いと言うのは言い訳です。努力ができないから、能力が無いから、言い逃れをしているに過ぎません。

英語の習得はどこまで本物に迫るかが楽しいのであり、僅かな違いをどう克服するかが最も面白い事なのです。

単にコミュケーションの道具であるならブロークン英語で十分です。身振り手振りでも可能かも知れません。しかし、人間はもっと理解レベルの高いコミュニケーションをしたいものです。

それが他の言語を学ぶ究極の目的です。とことん真似る事ですから、発音も表現も真似る事です。知っている語彙数も真似るべきですが、これは大変な事です。

それでも発音だって、表現だってネイティブのように真似るのは難しいものです。やはりどこか日本的な部分が残るものです。

だから面白いのです。しかし、日本人は日本語の訛りがあった方が良いとか言うのは逃げであり、負け惜しみに過ぎません。

このような考えで英語を学ぶなら、結果的には碌な発音や表現しか話せないでしょう。

2014年5月 6日 (火曜日)

飽きっぽいのは最悪

英語学習で飽きっぽいのは最悪です。その理由は脳は新しい仕組み作りが好きなのですが、その好奇心がいろいろな方向に向いてしまい、ある事を突き詰める事ができなくなります。

脳は新しい仕組み作りが好きですが、英語を話すような場合に脳が反復練習をしないと学習できません。つまり手続き記憶により長期記憶として保存する必要があります。

言語活動は多くの用例(事例)を覚える事が最も重要な学問ですから、飽きっぽいのは最悪ともいえます。

脳は新しい仕組み作りが好きなのですが、どんどん違う事に興味が移っては本当に一流のスキルは身に付きません。芸術家などはほとんど同じ事を何十年もやっております。

例えば1年間をとれば、その間わずかな違いを、僅かな向上を目指して努力を続けております。それが何十年も継続できると凄い事が達成できます。

直ぐに飽きてしまうと、どんどん興味が変わって探す事が目的となります。するとわずかな違いを、僅かな向上を目指して努力できなくなります。

この僅かな違いを知る事が報酬系として脳が最も楽しい事です。次から次に目移りがするのはあまり楽しい事でありません。だからまた次の事に興味が移ります。

これは脳は新しい仕組み作りが好きな事を乱用している、非常に無駄な努力であり、時間とも言えます。

2014年5月 4日 (日曜日)

漫然と英語を口にするな

英語をただ話そうとする人がいますが、これは使い回しで勉強でありません。

英語の学習は使い回すよりは、覚える方が何十倍も時間がかかります。そのためにどう効率良く練習するかはいかに自然な表現を効率良く覚える事になります。

これは辞書で覚えるのは非常に効果的でありません。いろいろな意味や例文を見ても覚える事ができないからです。

最も効果的な方法は自然な英語表現を反復して自動化して覚えきる事です。使える状態で覚えきる事です。

単語の定義や用例をたくさん見る事でなく、使われている用例を確実に覚える事です。多くの用例が記憶にあると、脳はその記憶からパターンを見出し、自分の新しい表現を作る事できるようになります。

数千から数万の表現を覚える必要があります。そのためにこの学習方法は数ヵ月でできるものでなく、英語学習の始めから、終わりまで自然な英語を覚える事に徹するべきです。

すると記憶が増える事におり、音声の認識率も高まり、覚えるのも楽になります。するとどんどん英語学習が楽しくなります。

2014年5月 3日 (土曜日)

学習理論を理解する

英語を話すためには英語の音をそのまま覚える事です。そしてその意味を覚える事です。しかし、その習得を進めるに当たり、言語習得理論とか音声認識とか言語を学ぶ仕組みを理解しておく方が効果的な学習が可能となります。

英語習得には長い時間がかかります。そして効率良く覚えるためには人間の脳がどう英語を習得するかも分かっていた方が楽しくなります。自分が英語を学んでいる時にその仕組みを理解する事で、自分が何をしているかが分かるからです。

人間が話す場合の聞き取りとか、言葉を発することはほぼ直感型思考です。しかし、人間は論理的に自分のする事を常に評価しおります。そして脳はどの時点にとっては精神的な報酬が最適化するような行動をします。英語学習をするなら人間の脳は納得する方が覚えも良くなります。

学習理論を理解することで、学習する事が楽しい体験になります。すると自己効力感が向上して学習意欲が増してきます。

2014年5月 2日 (金曜日)

言語の用例基盤モデル

近代の学習理論では、言語の用法基盤モデル(Usage-based Model)と言うのがあります。言語は具体的な言語経験から学習可能であり、言語の知識とは使用された具体的な言語表現を抽象化することによって得られたスキーマの膨大なネットワークであると捉えています。このような考えでは、言語知識の表現を生成する抽象的な規則や原理の体系である文法の獲得不可能だと考えます。つまり生得説を唱える生成文法理論とは対照的ものです。

用法基盤モデル(UBM)は、言語に特化した学習機構や処理システムを想定せず、一般的な学習メカニズムの範囲内で言語の習得を説明できる点で優れており、また実際の言語使用データに基づいて理論を構築できる点で堅実であると言えます。

しかし、その詳細を子細に検討してみると、上記のUBMは二つの大きな問題があります。二つの問題とは次の事です。まず、学習メカニズムの根幹を成す「スキーマ」の抽出や学習プロセスの詳細が明らかでなく、特にその言語習得の始目方を説明することが難しい事です。その次に、獲得した知識の運用の説明が不十分であり、言語産出や理解が正しく説明されていない事です。

事例基盤モデル(Exemplar-based Model)であれば、このような問題も納得できる説明が可能となります。上記の問題を解決するには、「スキーマ」のような抽象度の高い宣言的な知識に依存するのではなく、もっと情報的に豊かで、可変的な振る舞いを許す実体に依存した言語知識のモデルを構築する必要になります。それが事例基盤モデルの言語モデルです。

まずEBMの基本想定として、言語記憶は抽象化無しの)エピソード的な非常に高次元の情報の事例 (exemplar)の集積であると考えています。事例には無数の特徴量が素性として規定されており、実際の処理はこの素性を基に行われる。このような記憶構造においては、抽象的な知識はそれ自体では実在していないことになります。基本的に抽象性は素性に基づく計算によって達成されます。その結果スキーマのような相対的に低次元の構造は複数の素性の組織化の結果と考えます。

2014年5月 1日 (木曜日)

ふじみ野市生涯学習の英語教室

7月から始まるふじみ野市生涯学習の英語教室が決定しました。

4ヵ月間のコースで12回のクラスを希望していましたが、公共施設のスペースの関係上6回となりました。公民館の教室を使います。

このクラスでは現在使っている対話集を使います。同時にグループも作りネットでの練習も促進します。そしてやる気のある生徒は現在あるグループにも参加できようにします。

この英語教室では反転授業をする予定です。反転授業とは私は講義をしないでクラスで実践をしてもらいます。実際にはクラスで対話集を使いロールプレイをしてもらいます。

すると全員がペアになって練習を繰り返す事になります。そしてさらにLINEのグループを使い、好きな時に、好きな相手と対話練習をします。

そして勉強の進む人は、どんどん対話集を与え、努力する人が最も報われる仕組みとするつもりです。

私は今までネット主体の英語教育をしてきましたので、クラスを持って教えるのは初めての事ですから、大変に楽しみにしております。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »