無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

オンライン状態

« 英語は教え過ぎない | トップページ | 英語学習ではいろいろ工夫 »

2014年4月 4日 (金曜日)

脳の言葉をつかさどる場所

人間が言語を話す場合には、発音に関してはあまり考えたりしません。考えついた事をどんどん順序良く話しているに過ぎません。

ネイティブスピーカーは言葉をつかさどる場所で言葉を聞いたり話したりしています。ものを考える場所が理性的な場所だとすると、言葉をつかさどる場所は、もっと感覚的な場所で、むしろ無意識的に近い領域であるように思えます。

なぜなら、私たちが日本語で話しているときは、日本語を意識せずに話をしているからです。つまり言葉を発音する事だけを考えるなら運動をやっていると同じです。

歩く、自転車に乗る、泳ぐ、楽器を弾く等と同じです。これは全部が手続き記憶で長期記憶に保存されています。

長期記憶に保存された記憶は忘れる事がありません。時々思い出せないのは忘れたからでなく、想起する時の問題です。しばらくすると思い出したりするのはそのためです。

« 英語は教え過ぎない | トップページ | 英語学習ではいろいろ工夫 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/55639508

この記事へのトラックバック一覧です: 脳の言葉をつかさどる場所 :

« 英語は教え過ぎない | トップページ | 英語学習ではいろいろ工夫 »