無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

オンライン状態

« 続ける事が目的ではない | トップページ | 英語学習の三種のネットワーク »

2014年4月20日 (日曜日)

不自然で、間違いの英語は減らす

次のようなブログがあります。

一度お試し添削をさせていただきやはりネイティブの英語は精錬されているな!!すごい!!と実感しました。

毎回このように添削を受ければ自分の書く英語も上達して行ったかも知れません。世に出す自分の動画の英語もより完璧で自慢できるものだったかも知れません。

でも、私はそれをするのは違うんじゃないかと思いました。それに頼っていたらいつまでも自分の言葉で英語を話せないいつでも間違っているかどうかを気にして話すことができない気がしたのです。

それでJayさんにはその旨をお話しご理解をいただきました。その時にいただいたアドバイスには本当に励まされました。Jayさん、ありがとうございます。

結局、今自分の英語が不完全なものであってもそれが自分の現状であるしもっと大切なのはそれをより上達するように努力し続けることではないかと思ったのです。

私は帰国子女でもないし30代近くなってから英語を勉強し始めてもしかしたら限界というものがあるのかも知れません?

でもそんなことどうでもいいのです。結局限界なんて自分で勝手に作ってダメだ~とか思っているアレでしょ?私が英語をいくら上達させようとしても誰も困らないワケですよ。だったら限界だろうとナンだろうと好きなだけやろうと(笑)。

でも最近思うようになりました。英語と言う言葉に真摯に向きあって文法などもきっちりと丁寧にやっているとだんだんしっかりとした語感が養われて間違っている部分、不自然な部分その英語でいいのかどうかが自然にわかってくるように感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

間違いを恐れないで英語を話すのは良い方法と言えません。ではスポーツや芸能を見てみましょう。スポーツや芸能は上手な人の芸やプレイを見に行きます。楽しいからです。

言語習得の目的もネイティブのような表現と発音を真似る事です。上手になるために練習するのが英語学習です。上手に人と英語を話すのは楽しいものです。

その英語学習で自分の知っている英語でごまかすのは上達につながりません。どうやって新しい英語を覚えるかと言うプロセスがないと単に自分の知っている英語の使い回しになってしまいます。

英語を学ぶなら間違いのないような、自然な発音を常心がけて、その上達を楽しむべきだと思います。

« 続ける事が目的ではない | トップページ | 英語学習の三種のネットワーク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/55854996

この記事へのトラックバック一覧です: 不自然で、間違いの英語は減らす:

« 続ける事が目的ではない | トップページ | 英語学習の三種のネットワーク »