無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

オンライン状態

« TOEIC900点で100万円の報奨金 | トップページ | エブリデイイングリッシュの教育事業責任者への質問 »

2013年1月12日 (土曜日)

ジェームス・スキナー事務所からの怪しい返事

次のビデオを見てジェームス・スキナー氏の事務所にメールを書きました。

http://www.youtube.com/watch?v=WO0YqPnxtAA&feature=player_embedded

ジェームス・スキナー様

貴殿の英語学習のセミナーを見ました。
そのセミナーでは英語教育で幾つもの重大な基本的な間違いをしております。

1.言語の習得は母語(日本語)も第二言語の英語も同じです。
世界的な言語学者(英文法博士)であるクラッシェンは次の動画で言語の習得は母語(日本語)も第二言語の英語も同じだと言っております。私はこの考えは自然であり、科学的であると思っています。

クラッシェンは文法は言語を学ぶだけであり言語を話す助けにはならない、言語は習得する必要があると言っております。

http://www.youtube.com/watch?v=vh6Hy6El86Q

立花隆氏の”東大生はバカになったか 「知的亡国論+現代教養論」”(文藝春秋社)と言う本の中で英語教育についてこう言っております。

”P274~275 エピステーメーはラテン語のスキエンティアにあたり、これが英語のサイエンスの語源で、要するに知識です。それに対して、テクネーは技術です。 -中略-知識が頭で覚えるものであるのに対し、テクネーは体に覚えこませるものです。知識は講壇講義で教えられますが、テクネーは講義だけでは教えられません。

実習が必要です。実習を繰り返して体に覚えこませることが必要です。 -中略-頭で覚える知識は、陳述記憶といって、内容を言語化することが可能な記憶です。それに対して、体で覚えるテクネーは、非陳述記憶で、そのエッセンス部分は言語化することができません。これは手続き記憶ともいって、 -中略-テクネーの大部分は言語化不可能で、その技の伝承も実践を通じてするしかありません。

つまり立花隆氏も言語は体で覚えろと言っております。つまり日本語も英語も同じ習得の方法になります。

ジェームス・スキナー氏は文法を学べと言っておりますが、ジェームス・スキナー氏の自身も文法を学ぶ前に英語を話していたはずです。

2つの文型と8つの品詞を教えるのは間違いと言う事になります。文法にしても2つの文型と言うのはどう考えても無理があると思われます。

2.発音は耳で聞かないで音の作り方を学ぶ

ジェームス・スキナー氏のセミナーでは耳から学ぶなと言っておりますが、言語は母語でも第二言語でも耳から学ぶ以外にありせん。

言語音と言うのは音素(発音記号)を並べたものでありません。つまり音声認識は静的な音素ベースではなく音の動的は変化を感じ取っております。もちろん発音方法教える調音音声学の教えは間違いです。

極端な話をすれば英語の腹話術師を連れてくれば口を動かさずにすべての英語を音を発音できます。それは英語の音声は口の形で決まるものでなく、音の動的変化を感じているからできることなのです。

こう考えると言語の発音は英語でも日本語でやったようい、耳から聞いて、反復練習して覚えると言うは大変に自然で科学的な学習方法だと思われます。

ジェームス・スキナー氏は言語の良き使い手ではありますが、教育者には必須の言語や教育や学習の基本的な理解を欠いていると思われます。

日本の英語のレベルの低いのは教える者の責任も大きいと思っています。特に英語ネイティブと言う人達が正しい科学的な教育をしておりません。

貴殿の誠意ある解答をお待ちしております。

ふじみ野市北野2-11-1
桜井恵三

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次のような怪しい返事がきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桜井恵三様
お世話になっております、ジェームス事務所事務局の山本です。
ご連絡をいただき、ありがとうございます。

ジェームス・スキナーの英語教材は弊社では販売をいたしておりません。
販売しているのはジーニアスファクトリージャパン株式会社になりますので
恐れ入りますが、そちらにお問合せいただけますでしょうか。

連絡先はこちらになります。
ジーニアスファクトリージャパン株式会社
je_contact@genius-factory.jp
03-5823-6012

お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

有限会社トゥルーノース 
ジェームス事務所事業部(Team James)事務局

« TOEIC900点で100万円の報奨金 | トップページ | エブリデイイングリッシュの教育事業責任者への質問 »

コメント

桜井恵三さま

横レス的になってしまい申し訳ありません。
Webにて偶然発見したので、こちらにて失礼致します。

私、ジェームス・スキナー氏の成功英語を
企画販売しておりますジーニアスファクトリージャパン株式会社の齋藤と申します。

ジェームス事務所様のおっしゃるとおり、同じジェームススキナー氏のコンテンツではありますが、先方はセミナー事業等を扱われており、英語教材に関しては弊社が専任で販売しております。
ですので、ジェームス事務所様の返答は事実を正確に表していることを、先方の名誉のためにこの場で表明させて頂きます。

弊社の表現がわるくて混乱をさせてしまったようで申し訳ありません。桜井さま、ならびにジェームス事務所さまにお詫び申し上げます。

成功英語の内容については、あらためて弊社までご質問いただければ誠実にお話させていただきます。
電話番号が間違っておりましたので訂正して以下、記載させていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

ジーニアスファクトリージャパン株式会社
執行役員 齋藤靖之
je_contact●genius-factory.jp (●を@に読み替えください)
03-5823-6011(平日10-18時)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/48709991

この記事へのトラックバック一覧です: ジェームス・スキナー事務所からの怪しい返事:

« TOEIC900点で100万円の報奨金 | トップページ | エブリデイイングリッシュの教育事業責任者への質問 »