無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

オンライン状態

« グーグル電子書籍と他の電子書籍との違い | トップページ | カナダの日本人留学生からのメール »

2010年6月27日 (日曜日)

ニフティはもうこれ以上答えるつもりはない

昨日下記の手紙が届きました。もうニフティは答える事ができないとの返事です。解約をしたのであれば納得のいく説明が必要ではないかと思います。

毎回矛盾する内容で、未だに何で私の回線が切られたのか根拠が分かりません。

”@niftyIDを一時的にお止した”とは言いますが、会員がそれが一時的か恒久的はどう判断できるのでしょうか。会員から見れば、回線の切断は契約の解消と同義となると思いますがそれでも”@niftyIDを一時的にお止した”と主張するのでしょうか。

もし、”状況を改善するまでに”@niftyIDを一時的にお止した”と言うのであれば私の何を改善すれば良いのでしょうか。

音のストリームのコメントが、”無意味な文字列”であるならば何を書いても無意味な文字列と判断するのではないでしょうか。

ニフティは回線は切断するには非常に速い行動を取ったのに、その理由を聞くと時間だけはかけ、まともな説明ができません。

これはつまり、司法の場で決着をつけると言う事を意味していると解釈しております。弁護士と相談の上、まず少額訴訟でニフティを訴える事にします。

私もニフティも司法の判断に従う事となりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年6月24日
ニフティ株式会社
カスタマーサポート統括部
サテライト運営部
部長:三浦信治
担当:西原正人
桜井恵三様

冠省

貴殿発信の「回線切断(解約理由)について」を三浦と共に拝読した上で当部より回答いたします。

前回もご説明致しましたが、貴殿の@niftyIDを一時的にお止したのは、会員の規約第23条に沿った対応です。本状を踏まえて上で、会員規約第33条則り対処しました。
<@nifty会員規約第33条(規約違反等への対処)>
ニフティは、会員が会員規約に違反した場合もしくはそのおそれのある場合、会員による@niftyサービスの利用に関してニフティにクレーム・請求等が寄せられ、かつニフティが必要と認めた場合、又はその他の理由でニフティが必要と判断した場合は、当該会員に対し、以下のいずれか又はこれらを組み合わせて講ずることがあります。
(5)IDの使用を一時停止とし、又は強制退会処分(会員契約の解約を意味し、以下同様とします。)とします。

すなわち、2ch規制担当者からの貴殿の書き込み内容が、無意味な文字列の投稿により掲示板のサーバや回線に無用な負荷を強いていると言った主旨の情報が齎され為、会員規約第23条に違反と判断して、会員規約33条により、貴殿の@niftyIDを一時的にお止め致しました。なお当社は@niftyIDを一時的にお止め致したのみであり、解約手続きはについては、貴殿が2010年5月24日に当社サポートセンタ―への解約の申し出を行われた為です

最後に当社から都合3度にわたりご返事を申し上げましたが、ニフティ株式会社からもうお伝えしたい事項はございません。また貴殿からの質問にこれ以上答えるつまりはございません。
以上、回答を申し上げます。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

« グーグル電子書籍と他の電子書籍との違い | トップページ | カナダの日本人留学生からのメール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/35517636

この記事へのトラックバック一覧です: ニフティはもうこれ以上答えるつもりはない:

« グーグル電子書籍と他の電子書籍との違い | トップページ | カナダの日本人留学生からのメール »