無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

オンライン状態

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月曜日)

2chの英語板、音のストリームで大騒ぎ

2chの英語板では音のストリームやニフティの回線切断の話しで大騒ぎでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

559 :名無しさん@英語勉強中:2010/05/30(日) 01:54:03
ぶっちゃけ何とかストリームアタックには全然興味なかったけど、プロバ訴える話はおもしろいw
巻き添え規制で書き込めない他の会員からのクレームの圧力と法的な義務の板挟みという構図
一掲示板の通報でISPが通信記録から本人を特定する行為は合法なのかという疑問に答えが出るかも 、おじいさん頑張れw

562 :名無しさん@英語勉強中:2010/05/30(日) 02:36:27
だがおじいさんの言う通り、ドコモは自ら違法性があるとして2ちゃん利用者への対応を拒否してる
おかげで2ちゃんでドコモ携帯ユーザーは全滅してるけどなw

563 :名無しさん@英語勉強中:2010/05/30(日) 03:23:42
>>562
へえ面白いね。とりあえず整理すると
1.じじいの2ch荒らし行為で運営がルールに従ってじじいをアク禁処分。これは無問題。
2.ニフティユーザーからのニフティへのクレーム。これも当然。無問題。
3.それを受けてニフティがじじいの回線切断。ここが焦点。

結局じじいは自らの荒らし行為によって他のニフティユーザーに多大の迷惑を掛けたことになり、ひいてはニフティ自体に多大の迷惑を掛けたことになるのでニフティは自社の利益保全のためにじじいの回線を切ったが、 その特定の際に法に抵触する可能性がある。

じじいはニフティだけでも4回のアク禁歴があるので、すでに警告のメールは何度も受け取っている。それでも荒らし行為を止めることがなかったためニフティは回線切断に。
このあたりはニフティに有利。だがじじいは電気通信事業法を盾にニフティに対抗。
はたしてどちらの法益が優先されるか。たしかにこれはくだらん音のストリップとかよりは面白いな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私をこのように年寄り扱いにするのは恒例の事です。こんなやつらでも今では私の行動に理解を示し始めました。

この後直ぐに、2chは私の現在使用している新しい回線も規制し、2ch専用の有料のブラウザの使用も規制してきました。私は2chに書きたいのではなく、注目を浴びたいのですから規制をして、大げさに反応してくれる事は歓迎です。

私のブログやサイトへ桜井恵三とか音のストリームで検索する人は急増しています。宣伝するつもりではありませんが、知名度を上げてくれている事実はあります。

そして多くの2chの住人が私とISPの回線に関する問題に関心を示してもらい、これもうれしく思っています。2chが音のストリームと書く事を荒らし行為と言って回線を規制をしたり、その規制行為をプロバイダーに依頼する事は法に触れる事を理解してくれたと思います。

しかし、現在の問題は私と2chではなく、ユーザーとプロバイダーの法的な権利に関してです。まだニフティからは返事がきませんが、どのような返事になるか大変興味があります。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月30日 (日曜日)

音のストリームでTOEIC825からの再挑戦

昨日はスカイプで次のようなコンタクトがありました。

はじめまして、こんにちは。
http://www.eikaiwanopl.jp/shop/を拝見し、ぜひモニターに応募したくSkypeにてご連絡させて頂きました。どうぞよろしくお願い致します。

コンタクトのプロフィール欄にはブログのURLがあり、次のような書き込みがありました。

英語の音ストリーム   [ English ]   freemlのiPhone APPをダウンロードして、久しぶりにfreemlを眺めていたら、http://www.eikaiwanopl.jp/「音のストリームで英語の発音とリスニングを学ぶ」
と言う文字が飛び込んできて、早速サイトを見てみる。
「効率的に覚える」、発音、スカイプ...うんうん!
やってみたい1(単細胞...)モニターになれるといいな。

その前のページには次のような書き込みがありました。

また英語の勉強をしないで、英語の勉強の方法を探しまわっていました...(汗)
「英語 得意 でも話せない」で検索したら、
「お金をかけると、英語は話せない」のを実体験したようなA子さんが、まるで私のように感じられ、
目を覚まして、久しぶりにブログ更新!www

今日気がついたのは、
いろいろ手を出すよりも、気に入った方法を毎日やる、って言うのが良いんじゃないかと...
あ、これ、基本か~。
現状を書いておこう。悩みは、上記の検索語の通りで、英語大好き!
でも、英語が母国語の方々に、ちょっと話せるって思われて、がーって話しかけられると、はい?ってなってしまう...

文字に依存しすぎたのよ、そう......
私が英語力をぐーーんと伸ばしたときは、まだ文字でのチャットがせいぜいだったから、
ひたすらチャットで外国人に話しかけていて...
それで、チャットでは飽き足らなくなり、オーストラリアに2ヶ月ホームステイさせてもらって...
オーストラリアに居た頃は、覚えた表現喋りまくってたなぁ。
でも、Riceって単語が通じなかったことを今でも鮮明に覚えている...笑

それから紆余曲折あり、いろんな教材や、英会話スクールもいくつか行ってみたけど、
楽しいものはお金が掛かって続かないし、
きっちりやれば結果が出るものは、きつくて続かないし...
で、何度も挫折して、諦めては、ああ、やっぱり必要...ってことで、今に至る...

この方は今週の火曜日が第一回目のレッスンとなりました。ブログが公開されたらまたここで紹介させてもらいます。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月29日 (土曜日)

ニフティが2chの管理者に対応完了(回線切断)の報告

私がニフティから回線の接続を切断した報告が2chの管理者に届いています。

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1272658245/

このスレッドには多くのISPが私のように回線を切断して対応完了の報告をしています。2chが特定のユーザーを排除する仕組みがこれなのです。

私などは見ただけで気分が悪くなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
報告人作戦返答処理スレッド★18
550 :きじとら@報告人 ★:2010/05/25(火) 06:13:06 ID:???0
>>524
>>540
>>543
おはようございます。
御連絡遅れまして申し訳御座いませんでした。
解除ありがとうございました。

ニフティ株式会社様より、以下の件につきまして御対応完了の御連絡頂いております。
非公開の旨頂いておりますので、内容の転載は控えます。

infoweb.ne.jp規制 No.7
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2ch/1266678022/157-158

reffi@報告人 ★さん宛てに転送致します。
御確認宜しくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が年間に10万円も払っているプロバイダーのニフティが、言われも無き妨害の書き込みで一方的に回線を切られ、そしてその対応が完了したと、2chの管理者に報告が行っているのです。

私の書面が23日付ですらからこの25日の対応完了受理は時間的に納得がいきます。

私にはまったく理解ができません。今回は私と2chのガキの喧嘩みたいなものです。その喧嘩に私が年間10万円も払うISPが介入して、私の回線を切り、その報告をしているのです。

ニフティは大事な顧客を失い、信用も失う事になります。ニフティが自ら客を失うその必用性、法律的な根拠ななんでしょうか。

唯一の理由は2chが回線を規制すると、その回線を使っているユーザーが多数います。当然不満がいきます。その不満はニフティに行って、問題を起こしている桜井恵三を回線から外せと言う事になります。

私は音のストリーム理論を書いただけで、2chから問題とみなされ、2chでは回線が規制され、その結果プロバイダーから私はその回線を切断されたと言う事になります。

これが2chが荒らし行為をISPを使い、コントロールしているメカニズムです。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月28日 (金曜日)

プロバイダーのニフティと会員のそれぞれの権利

ニフティは私の音のストリームの書き込みが妨害を確認されたので次のニフティの規約に触れ、回線を切断したと言うのです。それでは利用規約はどうなっているのでしょうか。

第18条(禁止事項)
第16条(著作権の保護)及び第17条(営業活動の禁止)の他、会員は@niftyサービス又は提携サービスを利用して以下の行為を行わないものとします。
18. 上記各号の他、法令、又はこの会員規約に違反する行為。公序良俗に違反する行為(暴力を助長し、誘発するおそれのある情報又は残虐な映像を送信又は表示する行為。心中の仲間を募る行為等を含みます。)。@niftyサービス、提携サービス又は他者サービスの運営を妨害する行為。他の会員又は第三者が主導する情報の交換又は共有を妨害する行為。信用の毀損又は財産権の侵害等のようにニフティ、提携先、又は他者に不利益を与える行為。

第23条(他者サービス)
1.会員は、接続サービスを経由して他者サービスにアクセスし、これを利用する場合は、第18条(禁止事項)各号に該当する行為を行わないとともに、当該他者サービスの管理者から当該他者サービスの利用に係わる注意事項が表示されているときは、これを遵守するものとします。
2.ニフティは、他者サービスに関し一切責任を負いません。
3.会員は、他者サービスの利用においても、第15条(自己責任の原則)が適用されることを承諾します。

しかし利用規約では会員は次の条項で守られ、保証されています。

第38条(通信の秘密)
1.ニフティは、電気通信事業法第4条に基づき、会員の通信の秘密を守るものとします。
2.刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)その他同法もしくは犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の定めに基づく強制の処分その他裁判所の命令もしくは法令に基づく強制的な処分が行われた場合には、ニフティは、当該処分、命令の定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。

ニフティの規約は次の法律に従います。規約よりも、この法律が優先されます。

電気通信事業法
(昭和五十九年十二月二十五日法律第八十六号)
(検閲の禁止)
第三条  電気通信事業者の取扱中に係る通信は、検閲してはならない。
(秘密の保護)
第四条  電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密は、侵してはならない。
2  電気通信事業に従事する者は、在職中電気通信事業者の取扱中に係る通信に関して知り得た他人の秘密を守らなければならない。その職を退いた後においても、同様とする。

つまり、プロバイダーは刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)その他同法もしくは犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の定めに基づく強制の処分その他裁判所の命令もしくは法令に基づく強制的な処分が行われた場合以外は会員(ユーザー)の通信を見てはいけないと言うのが正しい解釈のようです。

例え犯罪を犯しそうな内容でも、それが公開され犯罪と特定できれば誰が契約者かを確認できますが、そうでない限りプロバイダーとは言え、事前にその内容を見る事はできません。

すると私の場合にはニフティが2chの書き込みを私が書いたと確認した行為が既に通信法と自らの規約違反していることになります。

それを2chの管理者に私が書いた事の確認を報告しているのですから、私の情報の洩漏と言う解釈ができます。

会員は電気通信事業法以前のニフティの利用規約でも、会員であるユーザーはかなり守られているようです。少なくとも2chからの妨害の報告で一方的な回線切断は規約違反である事は間違いありません。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月27日 (木曜日)

プロバイダーのニフティが2chに”音のストリーム”を書くな

先日下記の方から速達を受け取りました。

ニフティ(株)
カスタマーサポート統括部
サテライト運営部 部長三浦

丁寧な表現をしています主旨とすれば、私の2chの音のストリームの書き込みが妨害と確認できたので、回線を切ったと言うものです。

回線に関しては”お客様のニフティIDを一時的にご利用いただけない状態にさせていただきました。悪しからずご了承いただきますようにお願い申し上げます。”

これは単に私の回線を一方的に切断しただけを、こんな廻りくどい表現を使っております。余計に腹がたちます。

実はこのブログの運営もニフティであり、不満を書けばブログの利用を停止されるかも知れません。しかし、それまではISPとユーザーの紛争をここに書き続けます。

その掲示板の運営を妨害と”確認”されたのは次のコメントです。2chの管理者からの報告からこれを書いたのはニフティの会員である事判明し、そのログからニフティが私の契約した接続(書き込み)から書いたものと確認したものです。

■発言内容
> 69:名無しさん@英語勉強中[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:00:50
> 1. なぜ音のストリームで学ぶのか
>
>
> 従来は英語の音声には45の音素(発音記号と同じようなもの
> )があると教えられてきました。しかし、音素は辞書でも定義されているように概念の音であり架空の音で、そのような45の物理的な音は存在しません。
> 45の音素に分けると音を分類したり、比較したりするのに便利なだけです。しかし架空の音をつかう、音素ベースでは発音はし難くロボテックな発音となり、
> 聞き取りも難く、その結果として覚え難い音でもあります。
>
>
> 最近の科学的な研究で詳細に調べると
> 言語の音声を音素が並んだものでなく
> 、連続的に音が変化する音のストリームであることが判明しました。

まず、私は他社サービスの妨害や迷惑行為は働いておりません。他の書き込みを見れば私の上記の書き込みは英語教育に関するもので、あの掲示板において迷惑になるような特別なものでなく、妥当な書き込みである事が分かると思います。他社サービスを私が妨害したと言う貴社の判断は絶対に納得できません。

私と2chの関係は、誹謗中傷を始めたのは2chが先であり、私からすればアク禁にして欲しいのは2chの方です。しかし、今回は2chと私の子供の喧嘩のようなものです。しかし、その喧嘩の判定に私が年間10万円近くも支払っている貴社から私が悪いと判断されたのは大変に心外です。怒り心頭の感じであります。

あの評判の悪い2chよりは私の方が悪いと、私が年間に10万円近くを払う会社から判断されたのです。金が惜しいのでなく、貴社にそう判断されたのが非常に悔しいのです。

まずキャリアーであるNTTに相談しました。2chと私の議論にISPが口を出すのは越権行為だと言っておりました。しかし、NTTは管理する立場にないから、1000近くあるプロバイダーから好きな会社を選ぶと良いと言う事で、他のプロバイダーを選らび、その回線を使いこれを書いています。

まず、改善予告の期限の設定もなく回線を切られました。それよりもプロバイダーは私の発言を規制できるのでしょうか。


メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月26日 (水曜日)

英検を目指す人からのモニター応募

先日、英検の1級を目指している方からスカイプで直接問い合わせがありました。

30代の方でTOEICはかなり900点に近いようですが、次に英検1級を目指しているそうです。音のストリームは音声英語の習得ですから、英語の資格試験には驚く程の効果があると訳で無い事は理解していただけました。

幸いにもその方も実用的な英語の習得を望んでいるようで、双方の話はかなりの部分で一致しました。

応募された方はモニターになってもらう前に、必ず教材を渡し数十の英文を読んでもらいます。この診断により音声英語のレベル、何が問題かが判明します。

そして何が問題であるかを伝えています。それに対して私が何ができるかを説明するためです。

同時に学習者の方も自分なりの評価をしていますので、私の診断がいい加減なものか、妥当なものかを判断していただきます。私の診断が間違っていればこの先に進むのは障害が大きく、双方が納得のいく問題点とその解決策を話す必要があります。

もう私は数百人の方の発音を聞かせてもらいましたから、日本の英語学習者の方の共通する問題点はすでに十分以上に把握しております。

正しい発音ができないんでなく、正しい発音があると思いそれに拘る事です。これは私自身も数十年悩まされてきました。

この方も発音は丁寧なのですが、全体的な音のストリームが生成されておらず、英語の表現を覚えている状態にはなっておりません。

そこで音のストリームで最適化し、自動化する事を提案しました。応募された方も納得してもらい、31日からレッスンと開始します。

ブログが公開されましたら、ここでお知らせします。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月25日 (火曜日)

EnglishCentralが音声認識の考えを変更

EnglishCentralから、システムの変更の知らせがありました。そして音声認識の考えを大きく変えるようです。

”英語能力の向上において重要なステップの1つは、自分の発音とネイティブの発音との間にある「違いに気づく」ということです。違いが「分かる」ようになれば、学ぶチャンスが訪れます。当サイトではこの面でお客様の手助けをする「発話を比較する」ボタンを追加しました。録音した単語のいずれかをクリックすると、単語の定義とこのボタンが載ったボックスが表示されます。ボタンをクリックすればネイティブ・スピーカーによるその単語の発音とお客様による発音を自動的にプレイ(そしてループ再生)します。特に、文中の「光り輝きながら点滅する」単語に注意しましょう。それらの単語は、お客様にとって特に難しいものであろうと弊社のシステムが判断したものです。

今までは、個別に録音された単語は緑、黄、赤の三色でハイライトされていました。学習者の皆さまや教師の方々からのご提案を元に、この度、上手に録音された単語は光り輝き、上手に録音されなかったと思われる単語は光らず、苦手と思われる単語は点滅して注意を促して「違いに気づいて」頂けるように変更しました。弊社では音声認識という一面にとらわれることなく、お客さまが発音の苦手部分を理解するのを助け、どうすれば発音を上達させられるかというご提案をするために、常にシステムの改良と新機能の開発に注力しています。

これからは学習者の録音において、個別の単語に対する発音のフィードバックの提示を取りやめます。詳細なネイティブ・スピーカーの発音情報は引き続き表示致します。 ”

英語の発音で違いを知ることが重要です。しかし、その違いをどこに、どう見付けるかは非常に難しい問題です。音声には英語の45の音素が並んでいませんから、その音素ベースでの比較はできません。

EnglishCentralが最も自慢していた、個別の単語に対する発音のフィードバックの提示を取りやめる事になったのは、個々の音や単語を比較するのが無理だと分かったからだと思われます。

しかし、「発話を比較する」ボタンを追加されましたので、何らかの比較をしているのですが、どのような比較をするかで大きく結果が違います。

EnglishCentralの会長のメールのやりとりでは統計的な数値との比較のようですが、それは学習者には良いフィードバックとはなりません。

言語音とは相対的な音のバランスですから、他人と比較するのは意味がなく、自分の発音を聞いてそのバランスや音の変化を調節する以外にはないと思っています。


メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月24日 (月曜日)

長時間のネットワーク・トラブル

昨夜はレッスンの途中で急にスカイプが使えなくなってしまいました。何度も使っているソフトですから相手の問題かと思っておりました。アイコンを良く見ると私の方の問題でした。

そしてまずはスカイプを数度立ち上げ直しました。問題は解決しません。それではパソコンを数度立ち上げ直しました。それでも復旧しません。

これは私のパソコンの問題かと思い、バックアップのマシンを立ち上げたましたがつながりません。無線LANを使っているのでその問題かと診断しましたが無線は問題ありません。

それでは光端末の問題かと思い、ルーターの電源を切って、やり直しました。最後にはルーターもパソコンも全部電源を落とし、2台のパソコンで試してみましたがつながりません。

ニフティーへの支払いは自動引き落としですら、未払いで回線が切られていることはありません。

多分落雷かなにかのハードウエアの障害と思い、翌日の朝ならつながると思っていました。しかし、今朝は05時に起きて試したみたのですが、つながりません。

まさかとは思いケーブルをつなぎNTTのサーバーにつないでみました。これはプロバイダーに接続した時に教えてもらった方法です。

NTTの光端末は、NTTのサーバーの端末となっていますのでIPアドレスとパスワードが分かるとインターネットを介在させずに、サーバーにつながります。そして私の端末がどのような状態になっているかの接続状況を知らせてくれます。

サーバーの表示はPPP接続エラーでした。これはインターネットへの接続ができていない事を意味します。ここまで分かるとプロバイダーも原因が明確ですから、トラブルシュートが楽になると思います。

しかし、残念なことにニフティーのサポートセンターは09:00から21:00までです。

障害が起きたのは昨日の18時過ぎでしたが、本当の原因が分かったのが今朝の05時です。最初からその原因が分かれば良かったのですが、そのような問題が起きているとは予想もつきませんでした。

不都合な事は都合の悪い時に起きるもので、今朝の09時までには他の二人のレッスンが控えていました。すべてをネットでやっている私には他の通信手段がありません。

もちろん電話番号を聞いておく方法も考えられますが、海外の方も多くあまり実用的ではありません。一応はバックアップのパソコンがあれば十分だと考えておりました。

このような長時間の通信回線の障害は始めての体験です。以前は落雷などで一時的な通信障害であり、数時間で解決した事ばかりでした。

結局はこの障害で3人の方に迷惑をかけ、回線が普及するまではこちらから何の連絡を入れる事ができず、大変に失礼してしまいました。連絡を入れなくてならないと思いながら、何もできませんでした。

そして直ぐに問題は解決しました。原因は落雷か何かでプロバイダのIDかパスワードの登録がおかしくなったようでした。

本当に迷惑をかけ大変申し訳ありませんでした。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月23日 (日曜日)

英語の発音は話者の便宜のために

先日、モニターで応募され、一回目のレッスンが終わり、ブログに次のような記録がなされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年5月21日金曜日
一回目のレッスン
"しゃべるの早っ"というのが一番に思った事です。
私はあまりおしゃべりの方はなく、普段はぼそぼそしゃべります。旦那さんには滑舌悪すぎと言われるほどです。
でも英語だと聞き返されるのがいやで、隣の家まで聞こえるような大きな声で、しかも意識してゆっくりめに話すようにしてきました。
レッスンでは終始、もっと早く、もうちょい、と指摘されました。要求される早さで話すためには、したい発音が一つ一つできず、今まで習ってきたことが壊されていっている、、、と心の叫びを聞きました。それが先生の目的なのかな。今は練習あるのみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は少し気になりましたので、次のコメントを投稿しました。学習者の方にブログを書いてもらうとこのようにフィードバックを得る良い機会となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発音は個性を含むものですから、どのような速さや音色にするかはすべて話者が決めるべきものです。私はそのコーチ役としてアドバイスをしているものです。

そして今回は英語を話すと言う目的がありますから、どうすればその目的に達する事ができるかを私の経験や他の生徒の経験から模索しております。しかし、最終的には全ての事は話者が決めるべきものです。

言語音とは音の変化で認識していますから、ゆっくり大きな声で言う事が必ずしも明瞭に聞こえるものでもありません。どうしてもある速度が必用になります。

空気を使って話す言語音は話者の肺活量にも関係しますから、どんな言語でも普通の会話では省エネ、音のストリームで発話され、その言語の外国人には機関銃のように聞こえるものです。

第一回目のレッスンではかなり自然にできていいる表現もいくつかありましたから、私が変化を求めたのは事実ですが、身に付いていることを壊した感じは受けませんでした。

どちらかと言えば、私は不足分を強化したと、自分では満足しておりました。

ゆっくり明瞭に発話したいと言う願望があれば、言語の発話の重要な要素ですから、これも最終的には話者が決めるべきものです。

英語を話したいと言う願望を、どのくらいの速さで英語を調音して覚えていくかは、話者の方がこれから折り合いをつけていかなければなりません。

少なくとも現在の英語の発音速度は最適化された音であるとは思われません。私が求める速度もxxxxさんにとって最適であるかも現在では分かりません。これから何回か発音、録音、再生を繰り返し速度を含む最適化された調音方法を探しだしたらどうでしょうか。

これからも私は同じような事を言う可能性は高いのですが、もし好まないのであれば、自分の最適と思う速度で練習を継続してください。このような学習の葛藤の中で、xxxxさんとして最適な発話速度が決まると思います。

いかなる理由や目的であろうとも、調音方法に関して教える者が話者の好まない事を強要するのは言語道断とも言うべき事です。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月22日 (土曜日)

音のストリームのメルマガ読者のモニター応募

昨日は1年以上も私のメルマガを読んでいる方からのモニター応募がありました。最近で直接スカイプでコンタクトしてくれますので、直ぐに音声で話す事ができました。

そして来週からレッスンが始まります。

メルマガを配信を開始してもう2年以上になります。メルマガでスカイプでサポートするとは言っているのですが、スカイプで問い合わせをする方は今までに数名したくらいです。

この結果、メルマガは独白に近く、こちらが一方的に発言する場合が多く、実際にはどのような学習が行われているかを知ることができません。

今回はも1年以上も音のストリームのメルマガを読んでいる方なので、どのくらいの実践ができているかが楽しみであり、不安でもあります。

個人レッスンのモニターに応募してくれたので、私が実際にどのような学習をされ、どのようなレベルにあるかが判断できます。

現在の個人レッスンを受けている方は応募の前から、音のストリームの重要性は十分に理解されております。しかし、実際の発音と言う事になると、音を連続的に変化させるだけは十分に伝わっておりません。

ネイティブの音をサンプルとして渡してはいますが、それでも十分ではないのです。しかし、スカイプでちょっとアドバイスすれば、ほとんどの人が短期間でどんどん上達していきます。

実際には発音練習は文字や、サンプルの音を聞くだけはどうにもなりません。もちろん、音を聞いてそれが真似が出来るなら、英語文化圏に居住するかたは、発音の訓練などはいらない事になります。

また発音とは自分の発音を調整する能力ですから、その能力をつけるためにはその判断する練習が必要になります。その練習がのために対話形式で学習者の判断が良いかどうかのアドバイスが必用になります。

メルマガ読者の方へのレッスンにより、これからのメルマガの配信にもその経験を生かすつもりです。またブログが公開されましたら、ここでお知らせします。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月21日 (金曜日)

日本にいる日本人に英語を習うなんて

昨日紹介した方がブログを公開してくれました。

http://itsunohika.blogspot.com/

このようなページで始まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「音のストリーム」始めました!

アメリカに住んで早5年、恥ずかしながら未だ英語を自由には操れません。
いえいえ、怠けていたわけではありません。渡米当初は張り切って英語のクラスを取ったり、本を買ったりと真面目に勉強しました。もちろんある程度までは上達しましたし、買い物程度の会話はできます。でもどうしても乗り越えられない壁があるのです。
英語での会話が疲れます。
いつの間に日本人とつるみ、日本のテレビ番組を見る生活。
わからない英語が流れていることが平気になります。
日本にいるのほぼ一緒、、、周りの日本人も同じようなかんじです。

今更、英語を習うなんて、しかも日本にいる日本人の先生に習うなんて不思議に思う方も多いと思います。
私の試行錯誤でたどり着いた理想の勉強法は
- 先生は non native(native の良い発音をきいても真似できない。日本人の先生の方がどこが問題なのかをよく理解している事が多い)
- 本による自分での学習はNG (自分に甘いもので)
- 英文丸覚え(Thank you, Good bye のように頭をつかわず反射的に!)
- 口筋肉を鍛える(言いたい事があっても口が回らない事が多々あるので)
その結果、音のストリームにかけてみることにしました。

さあ、どうなるか乞うご期待

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現在教えている方の半数近くが海外の在住の方です。それだけ英語の必用性が高く、音のストリームの教え方を理解してもらえるからだと、自負しています。

しかも、習った事をすぐに使ってもらえる良さもありす。でも怖いのはそれが実践に使えなければその結果も直ぐに分かる事でもあります。

また、本当に英語ネイティブよりも効果的な教育ができるかどうかも、私に課せられた大きな課題でもあります。

またこの方の場合にはこのブログを読んでくれて興味を持ってくれましたので、ネットが生みだしたネット英会話教育で、形的にはすべてが進んだスタイルです。

形は最新のものですが、さて結果はどうなるか、”乞うご期待”と言うところです。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月20日 (木曜日)

uda 式30音の教材の問題点

昨日次のようなメールをもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無料ブログモニター5月生募集について‏
差出人:  xxxxxxxxxxxx
送信日時: 2010年5月19日 11:38:58
宛先:  sakuraikeizo@msn.com

はじめまして。xxxxxxと申します。
英語の勉強を模索しているうちに桜井先生のページにたどりつき、音のストリームで覚えるという理論に共感を覚えました。ちょうど5月生モニタを募集を拝見したので、もし条件があえば応募させて頂きたいです。

まず私の紹介をさせていただきます。現在アメリカに在住、5年目になります。英語は何度か集中して勉強しました。
community college の ESL:約一年
uda 式:web site と本で数ヶ月
American Accent training : DVD + book をやったりやらなかったり
読み書きは比較的できますが、発音には自信がありません。口が回らないこと、とっさに言葉が出てこない事がよくあります。
メールもしくはskypeでご連絡いただけると有り難いです。今朝Skypeリクエストをお送りしました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
早速スカイプでコンタクトとり、話してみました。私が関心があるのは何が問題かを見抜く事です。その問題点に本人が納得がいけば、実際のモニターが開始となります。

数十の例文を読んでもらい、音声英語のレベルを判断しました。発音教材の観点から見れば大変に素晴らしい発音で大きな問題はありません。

でも現実的には口が回らないこと、とっさに言葉が出ない、と言う事です。

原因はなんでしょう。それは使える状態で覚えていないと言う事です。私が言う自動化がされていないと言う事です。そのためには最適化をして自動化するのが理想的です。

発音において各音素への注意が優先し、全体の音の配慮が少ないのです。音素教材の最大の弊害と言うべきものです。人間は各音素などは聞いておりません。

音素教材は音声には正しい音素が並んでいると言う前提で教えます。その音が正しく発音できるなら聞きとれると言うような乱暴な事を言う教材も多いのです。音素の正しい音が定義できないから、発音できたかどうかはネイティブでも判断できません。

音素ベースへの学習はそれぞれの音素へ正しい発音への配慮となり、一般的に速度が遅くなります。速く発音しようとすると口が回らなくなります。

これは練習不足による場合もありますが、かなり勉強された英語学習者の場合は無理な動きをしている場合がほとんどです。練習不足ではなく、音の捉え方のまずさです。

ネイティブは発音記号のようには発音しておりません。かなり手を抜いています。しかし、大事な部分はかなり強く意識して発音しています。その大事な部分とは音の変わり目であり、大事な部分とどうでもいい部分を適当に使いわけ、発音をしているのです。

そうでなければあの速度はでません。音素ベースでは1秒間に20から25音素を発話しますから、いかに音素の発音の手を抜かなければ発音できるわけがありません。発音は音素を並べるのではなく、音を連続的に変化させ、音のストリームを生成する事です。

この方の第一回目のレッスンは22日から始まります。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月19日 (水曜日)

音のストリームがblogram.comの英会話ランキングで3位と5位

blogram.comでブログのジャンル別のランキングがあります。

http://blogram.jp/categories/ranking/?category=D.exp.%E8%AA%9E%E5%AD%A6.%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1&page=0&refPage=0

英会話分野で音のストリーム関連が3位と5位にランクされています。上位にランクされるためにはそれなりの努力を無いと、ランクされない事は事実です。

3位のランクが次のブログです。

エリックの初級英会話勉強方法日記
http://english0624.blog18.fc2.com/

この私のブログが5位にランクされております。

この数年、音のストリームを啓蒙しており、段々と認知度も高まってきました。そしてモニター氏の実践報告におり、その結果も報告させてもらっております。

幸いに他にも多くのモニターの方のブログ公開により実践者の声を知ってもらうのは、音のストリームに興味のある方には重要な情報だと思われます。

そのためになるべく、モニターの方には自由に書いてもらっております。

このようなサイトで多くの人に注目してもらう事は大変に光栄であります。私は出版会社からの本を出しておりませんで、自らが自分の考えを啓蒙して、理解してもらう必要があります。

そのためには、まず注目してもらい存在を知ってもら必要があります。認めてもらえるかどうかは又次の問題です。

ネットワークはどこからでもアクセスできますので、どこからでも人気が盛り上がってくれればどんどんと知ってもらる事になります。

このような小さい努力を重ね、英語学習の基盤の改革を目指しております。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月18日 (火曜日)

2chの勢いランキング、”音のストリームの評価”が4位と12位

以前にも紹介した2chの勢いを評価するサイトがあります。

http://www.ikioi2ch.net/thread/english/1269926696/

”音のストリームの評価”が間も無く終わりに近づき、”音のストリームの評価 その2”を作ったところそのスレッドも人気があり、現在2位です。その前の”音のストリームの評価”は現在12位です。

2chの英語板には700以上のスレッドがありますからトップ20に入いるだけでも快挙と言えるかも知れません。その中に2つとも入っているのです。

”音のストリームの評価 その2”一時は第2位にランクされた事もあります。興味を持ってもらえるのは嬉しい事です。私も書いていますが私一人ではどうにもなりません。

”音のストリームの評価”の方はあまり内容はありませんが、、”音のストリームの評価 その2”はいろいろなためになる質問もでており、それ程荒れずに進んでいます。

過去数年は私が音のストリームに関して書けばすぐに宣伝と言われました。でも今年くらいからはそうやってヤジを入れる人が激減しました。

これは音のストリームを認めていると言うよりは、根気が無くなったのでしょう。数年前には数十人くらいの人が私を誹謗や中傷していましたが、もうそのような書き込み事はほとんどありません。

何かを書き込むためのはその掲示板を見ている必要があり、そのための時間が必用です。私は空いた時間に書いていますが、それに反応するためにはかなりの時間が必用になります。

私にとっては2chがどうしても必要な媒体ではありません。しかし、不特定の多くの人に伝えるには大変に便利な媒体です。

私や音のストリームを探してくれる人なら、ブログやサイトを直ぐに見つけてもらえます。しかし、そうでない人には人の集まりに私が出向くのが最も効果的です。

もちろん、2chに書き込みをすると、このブログもサイトも確実にアクセスが増えます。そしてこのように勢いランキングの上位にいけるのであれば、更に弾みをつけてくれます。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月17日 (月曜日)

フランス語学習に音のストリーム

昨夜次のようなメールをもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
桜井様

こんばんは

私は大学でフランス語を専攻している学生です。

私は英語を専攻しているわけではありませんが、音でとらえる勉強法に興味があり、
フランス語ではありますが参考にしています。
フランス語でもこのような勉強法を語っている人はいないと思います。
最近従来の勉強法での限界を感じ、特に会話においては伸び悩んでいます。
何とか話せるようになりたいのですが。

そこで質問です。
フランス語でも音のストリームでの勉強法はあてはまると思いますか?

英語専門の職人の方にフランス語の質問をするのは失礼だとは
思いましたがぜひご意見を伺いたくてメールしました。

よろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は次のような返事を書きました。

もちろんフランス語にも有効です‏
差出人:  桜井 恵三 (sakuraikeizo@msn.com
送信日時: 2010年5月17日 8:03:10
宛先:  xxxxxxxxx
  1 つの添付ファイル
kokateki.pdf (311.5 KB) 

メールありがとうございます。

もちろんフランス語にも他のすべての言語にも有効です。
地球上の人種は総て同じ種から生まれています。
すると現代言語のすべては同じ言語から発達したと言っても間違いはないと思います。

現代言語の元である、プロト言語は3つまでが特定されているそうです。

その日本語や英語の元のプロト言語は音のストリームである可能性が高いのです。
そして人間の脳は音素のようなデジタルライクなデータよりはあいまいなアナログのデータを処理するのに向いています。

フランス語も音のストリームから発達しており、人間の脳で処理しますから英語の習得との違いはありません。
日本語と英語は音のストリームの特性がかなり違いますが、英語とフランス語はかなり近いものがあります。

フランス語でも英語とまったく同じ方法で学習することができます。

また言語学習のモデルとしているのは人間の3才から5才児くらいの頃でなんであんなに表現を覚える事ができるのかに興味があります。それに近づける事を目指しています。

もうダウンロードされたかもしれません、とりあえず効果的に英会話を学習する方法のPDFファイルを添付します。

もし、本格的に始める場合には教材の作り方、そして学習の進め方が重要になりますので、お知らせください。

私がどう教材を作ったかの作り方やポイントを説明します。スカイプで話せると習得方法に関して更に具体的に説明ができると思います。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月16日 (日曜日)

同時通訳が一瞬でやる英訳術リプロセシング????

”同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング”と言う本があります。次のような説明があります。

ひたすら英語力を磨いても、英訳は楽になりません。言語構造、思考パターン、価値観のギャップの調整が必要です。同時通訳者養成クラスで行われている方法で、英訳コンプレックスを克服しよう。

1 日本人同士でないと通じない日本語の英訳100問
2 日本語の再加工リプロセシング(分かりやすい日本語にする;英訳できる日本語にする ほか)
3 英訳100問の解答前半(お知恵を拝借させてください。;少しだけお時間よろしいでしょうか?)
4 英訳100問の解答後半(つまらないものですが、どうぞお納めください。)
5 アテンド通訳の疑似体験(見送りの駅で;自販機の缶コーヒー ほか)

本書で紹介する「リプロセシング」メソッドは、日本語を英訳しやすい日本語に加工する方法。最終的に作り上げる英文に限りなく近い日本文をいったん用意してから、英文に置き換えてアウトプットするという同時通訳者のための訓練法”

私はビジネス通訳をやっていたのでこの辺は良く分かります。

この本は英訳し難い日本語表現をリライトして、それを英語にしろと言う提言です。少なくともほとんどの通訳はこれをやっていないでしょう。

日本語の「ありがとう。」は「Thank you.」です。どうすれば「Thank you.」になる日本語がでてくるのでしょうか。「Thank you.」と言う英語を知っていればそれに対応する日本語は分かります。日本語はあくまでも後付けでしかありません。

翻訳モデルでは中間言語と言うモデルがあります。何かを訳すときに言いたい事を中間的な言語で表現してターゲットの言語で探すと言うモデルです。

「ありがとう。」と「Thank you.」の関係では中間言語では何かをしてもらい感謝をする時に使われる表現として説明できます。それに対応するターゲットの英語表現が「Thank you.」となります。

「ありがとう。」を分かりやすい日本語にするのは無理な事です。会話や商談中に分かり難い日本語であったとしてもそれをリライトして、その日本語を訳す暇はありません。

ほとんどの人は直訳にする暇さえないのです。それを日本語をリライトしてそれを英訳するのは無理な事です。

では通訳はどうやって対応するのでしょうか。それは事前に準備するだけの事です。つまり覚えておくのです。

ビジネス通訳で最も困ったのは商談後の「よろしくお願いします。」です。実はそれを言った人も主語や述語をほとんど意識せず、慣用的に言っています。通訳が「何をどうするのですか。」と聞けたらほとんどの人が困惑するでしょう。

だから事前にいくつかの英語作って、主語や述語のある英文にします。それらは通訳にお任せと言う事です。だから言っている人の意志に沿わない英文の場合もあるかも知れません。

通訳はそれが同時通訳でも事前に練習して覚えており、その表現数が普通の人より圧倒的に多いだけの事です。

通訳になったからと言って脳の動きが変わるのでなく、先に覚えておいて、それをタイムリーに思い出す能力に長けているだけの事です。量と速度だけの問題です。

通訳だからリプロセシングができるのではありません。それを習おうとするのはまったく意味がありません。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月15日 (土曜日)

音のストリーム・無料ブログモニター5月生募集

このブログでも時折紹介していますが、音のストリーム・ベースで発音やリスニングを改善して英会話を習得した方が増えております。今回は5月生の無料モニターを募集します。初心者の方にも中級者の方にも非常に効果的な学習方法です。 ブログモニターの方のブログが公開されていますので、参考にしてください。

めざせ☆Intermediateからの脱出

http://blog.goo.ne.jp/louven_ck

Chat!Chat.Chat!!

http://chat365.blog2.fc2.com/

Hogefoobar's Blog

http://eslsoundstream.wordpress.com/

やっぱり英語が好き

http://10170703.blog61.fc2.com/

GOOブログ始めました

http://blog.goo.ne.jp/sawadii2010/

海外で英語を習得したい!

http://saitekika-jidouka.seesaa.net/

HappyEveryDay

http://yaplog.jp/kuppyramune/

英語初級者エリックの勉強日記

http://english0624.blog18.fc2.com/

私は多くの方に教材を販売して、スカイプで教えてきましが、非常に驚異的な効果を発揮した方には共通の条件があります。それはスカイプを使い時々チェックさせていただけ、メモリボWか単語カードで例文の練習カードを作り独自にICレコーダーでこまめに着実に勉強された方です。

このような方であれば英会話習得は100%間違いがありません。この条件が揃えば英語のレベルや年齢に関わらずだれでも英語が話せるようになります。 そこでまた、音のストリーム・ベースで英会話を習得した人を増やすために、無料モニターを募集します。

以前の募集ではほとんどのモニターの方が5~18回のレッスンで500例文の練習を完了させています。 無料モニターになる方の条件は次のごとくです。

無料モニターの方には現在メルマガで配信している500例文を使い、期間3ヵ月で1回約1時間のスカイプのレッスンを合計で10回から20回受けていただきます。500の例文をなるべくネイティブのような発音で覚えてもらいます。 そして次はそのような音を聞きとるために、リスニングを主体として練習で聞き取りを練習しながら新しい表現を覚えていきます。そして学習の進行具合とレベルに合わせレッスンを進めます。全ての教材と個人レッスンも無料です。

500の基本例文を繰り返し練習してもらい、ネイティブに近い発音になり、聴き取り練習により映画やDVDの英語が聞き易くなります。聞いた英語で、自分の気に入った表現はどんどん覚えられように、聴覚を英語の適応させるのが目的です。応募された順からレッスンを開始します。

1.500の例文を3ヵ月で覚えたいと希望する方。

2.ICレコーダーを持っているか、購入予定の方。

3.500の例文を単語カードに作成できる人かメモリボWを持っているか、購入予定の方。

4.週に合計で4時間以上の独自の学習のできる方。  スカイプの個人レッスンは週1~2回くらいですが、夜間や土曜日、日曜日の週末でも構いません。

5.ブログを公開しているか、公開予定の人。英会話習得の経過についても書いてもらいます。

6.ブログの内容はなるべく学習の状況を正直に書いていただければ、うまく学習が進まない場合でもかまいせん。但し、故意に実体よりも悪く書かれているような場合はレッスンを中止させてもらいます。

7.募集人員は若干名です。

8.都合が悪くなればブログもレッスンもいつでも止めてかまいません。もちろんいつ止めても無料です。

9.スカイプが使える環境にあること。

応募方法:スカイプかメールで桜井恵三にコンタクトしてください。音のストリームのサイトにスカイプのボタンが容易されています。メールアカウントもサイトにあります。応募の動機を話してください。質問も受け付けます。

個人レッスンについて:学習意欲に合わせて進行させますので、週に2回や3回のレッスンも可能です。しかし、独自の学習時間もそれに合わせてもらい必要があります。個人レッスンでは発音の状況や覚えているかどうかのチェックと発音と覚え方の指導させていただきます。

音のストリーム・ネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

2010年5月14日 (金曜日)

子供のように加速度的に覚える条件

子供が3才くらいになり、聴覚が言語に適応すると加速度的に言葉を覚えます。大人なもそれを真似することができないでしょうか。音のストリーム・ベースで覚えるのは、加速度的に覚える事をどう克服するかの学習方法だと思っています。

大人でも、ある程度はできると思っています。いくつかの条件があると思います。

最も重要な条件は覚え易い音から選択的に覚えると言う事です。子供は言いたい事から覚えるよりは、覚えた音から使い始めていると思います。考えてみると大人でも本当に言いたい事を言葉で言うのは大変難しいもので、言いたい事をどう言うかが言葉を話す永遠の課題かも知れません。

人間はプライマリ効果で似ている音、関連していることは覚え易くなりますので、記憶が次の記憶を呼ぶ事は既に知られています。

覚え易い条件の一つは、聞いたままに話すと言う事です。関東の人が関西に数年ぐらい住むと関東弁をベースにした変な関西弁を使い始めます。

大人でも聞いた音をそのまま使う傾向が強いのです。そのまま真似るのが最も楽です。しかし、英語の場合にはこれは簡単ではありません。それは第二言語として英語を学ぶ場合には日本語が母語として干渉しますから、これをどう最小にするかは大きな課題です。

バイリンガルのようにその干渉をゼロに近くするのが理想的です。

音のストリームではこの母語の干渉の克服のため基本の500例文を反復練習します。そしてかなり聞いたままの音で発音できるくらいまでやります。

覚え易い表現から覚えるためには、市販されている教材を全部覚えようとするのは効果的でありません。どのような人であれ他人が選んだものは良くありません。特にコーパスとか統計とか頻度とかで選んだ単語などは最悪です。

英語の資格試験の勉強が楽しくないのは、試験で高得点を得るためには統計的に出そうな事を覚える必要があり、定められた事を覚えようとするからです。学習者の選択的な意志が反映されなからです。

使われる頻度が多いものは一般的に言い易い音が多いのですが、その人にとって覚え易いと言う事はありません。各自が全部違いますから、これは自分で決めるしかありません。

そして覚えて使ってやろうと興味を持つ事です。子供などは下品な言葉などは好んで使いますが、これも使って面白いからです。

このためには自然に使われている言葉に触れる時間がある程度必用になります。しかし、母語の干渉を克服せず、簡単な表現も言えない人が、自然な英語を何時間聞いても単なる時間の無駄です。

それは聞いたままに話せないし、自分が覚えようとする英語を選べ無し、選ぶ作業をしていないから聞き流ししているだけだからだからです。

聞き流すだけで英語が話せると言う教材は詐欺に近いと思っています。それは子供は聞き流すだけなく、短い表現から発音練習を何度もして聞いたままに発音するようにしており、自分が何を覚えようか選択的な行動をしているからです。

聞いて理解できたとか、自分が言って通じたとか、通じた結果の反応をもらったとか、多くの様々な記憶を付加して覚えていると思われます。

子供はかなり言葉を能動的に捉えておりそれが記憶の源泉であり、単なる受動的に聞き流している時間だけで覚えているのとは、非常に大きな違いがあるからです。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月13日 (木曜日)

音素ベース教材のモデル音の欠陥

音素ベース教材に添付されているモデル音には大きな欠陥があります。それは音声には音素が並んでいると教えていますから、モデル音はそれを意識した音声となります。日本人には大変聞き易いのですけど、実際の会話ではそのような発音がされる場合はほとんどありません。

自分達の教えた音素を聞かせるためのモデル音であり、聞き易くするためのモデル音となっています。本当に聞くべき音は普通に使われているつながった音声です。

更に困る事は、聞いた生徒は比較的に音素が聞えたように感じますから、通常のリスニングでも音素を聞く癖がつきます。しかし、通常の会話ではほとんどの場合モデル音のようには話しませんから、聞き取れなくなります。

そして多くの人が速すぎると言います。音がつながっているのが原因ですから、音を遅くしても音素が聞きとれる訳はありません。音素で聞こうとするから速すぎると感じるのです。

実際には聞いた瞬間に理解できるかどうかの判断ができますから、話す速度が2倍になれば2倍難しくなる訳でありません。

その点、音のストリームとして考えるとその点が明快になります。現在リスニングを主体の練習に入った人が5人います。その方には知らない音のストリームは聞きとれないのは当然であると言っています。

だから音のストリームを覚える事が重要だと言っております。音の速度を遅くして聞くような事はしません。覚えれば良いだけです。また音のストリームに対応する意味も覚えますから、訳す必要もありません。

なによりも教えていて楽なのは、知らない音は覚えてくださいで説明が完了する事です。そしてなるべく自然な音のつながった音を教材として聞く事により、慣れてしまえばどんどん覚えれらる事を実感してもらえる事です。

音素ベースで教えている人は実際には英語の音声に45の音素などはありませんから、音の変化とかの屁理屈をつけその音を説明しようとします。あくまでも理屈でしかありませんので、自然な音のストリームを聞くとどうしても納得できない事が多くなります。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月11日 (火曜日)

音のストリームでリスニングの訓練

現在音のストリーム学習の基本例文500が終了した音の学習を大きく変えつつあります。これまでは話す事を重視する学習でした。しかし、500例文くらいの表現で英語を話すにはかなりの苦痛が伴います。

そこで使える表現を増やすために、例文で学習するのでなく、実際の対話を聞いてもらいその自然な対話を理解する練習をしています。もちろん狙いは話せる表現を増やす事ですが、同時にリスニングの練習にもなっています。

現在5人の方にこの練習をやってもらっています。ブログの更新が遅れている人がいますが、多分次のリスニングの教材を聞くのが楽しくてブログなど書いている暇が惜しいのかも知れません。

ブログよりは実体の学習が重要ですら、それで良いと思っています。

人気の秘密はどんどん新しい英語を聞いて理解していくところのあります。完全に訳すのなく、どのような意味かが分かれば良いのです。翻訳の作業ではないので、良い日本語にするかどうかはあまり重要でありません。

もちろん聞いた英語もスペルまで厳密に調べるのでなく、いい加減な発音はそのまま覚えてもらいます。音の曖昧さをそのまま捉えます。

同時に発音をしてもらいます。この発音もシャドーイングのようなもので、聞いた音をそののままの速さで言ってもらいます。正しい発音などはほどんどできません。狙いは気に入った表現だけを覚えてもらう事です。

単語も前後の関係から推察がつくような場合はいちいち引かなくと良いとアドバイスしています。気になる単語はスペルを予想して引いてもらいます。

通常の会話の速さで聞いてもらいますから、かなりの速度の音声です。でも何回か聞いてもらうと大体のストーリーが把握できます。

そして聞いた音をこうではないかとか、その音の単語はこうでないかと、いろいろと考えてもらいます。発音も聞き取りも意味も同時にあいまいのまま理解してもらう練習です。

その理由は日本語でも英語でも音声で聞いたものは全部を正確に覚えているのではありせん。ストーリーの展開や論理性で覚えています。そうであれば英語でもそのストーリーの展開や論理性が把握できれば十分でないかと考えるからです。

すると、同じ時間でいろいろな事を覚える事ができ、楽しさが増します。この方法で、言語だけでなく、習慣とか文化とか、使われる状況とかも同時に学べます。意味や単語を推測する楽しみも増えます。もちろん分からないストレスも感じます。

この訓練は非常に曖昧で何を覚えるかは明確でないのですが、いろいろ学んだり、考えたり、推測したり、頭を常時使う必用があり、これが多くの人に心地良く感じるのだと思います。

子供は聴覚が言語に適応すると加速度的に覚えるのは、いろいろな事を同時に学びそれが非常に楽しい行為であるからだと思っています。

このプロセスは大人でもかなりのレベルで真似ができると思っています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月10日 (月曜日)

英語の音素(発音記号)発音教材の功罪

昨夜、TOEIC高得点者の3回目のレッスンが終わりました。音素ベースの発音教材のお手本のような発音で、良い悪いから言えば直しようがありません。

基本例文の400までを終えました。

しかし、この方は発音は良いのですが、英語を話すと言う事になると発音記号に忠実すぎて、違和感があります。

速く発音できないから、覚え難い調音方法となります。だからリスニングにも影響を与えます。

速度を上げ、イントネーションやリズムを強くするような練習をしています。分かっているけど中々音が繋がらないと言うのが実情です。

でも、3回目で400例文をこなしていますので、学習の方は順調以上に進んでいます。

音のストリームは決して難しい発音ではなく、慣れたら音素ベースよりは発音が楽になります。なによりも英語を覚えるのが楽になります。聞くのも楽になり、更に表現を増やす結果となります。

音声教育だけに限定すれば英語を最初から音のストリーム・ベースでやれば、中学高校でもかなりの事が学習できると思います。

しかし、その変更は教科書やテスト方法にも影響を与えますので、英語教育からみれば大変革です。

そのために、私は学校教育ではなく一般の方の教育を優先して、一人でも英語の上手くなる方を育てたいと思っています。

音のストリームで多くの人に教えて分かるのは日本人は英語を覚えるのが苦手でない、j下手でないと言う事です。ただ、現在の教育のあり方に問題があるだけで、それが日本人の英語力となって反映されているだけなのです。

非難されるべきは、生徒でなく教える教師ではないかと思います。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月 9日 (日曜日)

グーグルの桜井恵三の他のキーワードから”荒らし”が消えた

グーグルで検索すると、他のキーワードで検索するは現在は次のように表示されます。

他のキーワード: 桜井恵三 英語

しかし、以前は”荒らし”も表示されていました。そのような検索をした人が多かった事を表します。もちろん私も私の関係者もそのような検索する人はおりません。

その理由は2chの悪童達が作りあげていたのです。私のこのブログにも以前は”荒らし”の検索語で訪問する人が多くいました。

そして2chではだからあたかも私が荒らしをしているというもような書き込みをしていました。自分達がその事実作り上げておいて、それを題材に証明するのは大変姑息な手段です。

多くの人が協力すればネットでは簡単にできます。しかし、意図的に作ったものはその努力を継続しないと、消えてしまいます。以前は2chの悪童達が桜井恵三と荒らしで検索をして、実績を作っていたのですが、もうその努力をしなくなったために荒らしの表示がでなくなったようです。

”松澤喜好 ”検索すると次のようになります。

他のキーワード:松澤喜好 盗作 英語 発音 語彙 松澤喜好 松澤喜好 英語耳 松澤喜好の語源の扉

”英語喉”では次のようになります。

英語喉に関連する検索キーワード: 英語喉ブログ 英語喉 トンデモ 英語喉 50のメソッド
英語喉 効果 英語喉 批判 英語喉 発音の方法 英語喉 難しい amazon 英語喉
英語喉って kaz 英語喉

実体はともかくとして、検索す人が多いとそのような表示がされます。桜井恵三の場合には英語ですから、これなら表示されてもうれしい感じがします。

ちなみに”音のストリーム”で検索すると何もありません。良いか悪いかは分かりませんが、幸い良くない単語で検索する人は少ないようです。

ネットでは短期的にはいろいろな評判を作り上げる事が可能ですが、長期的にはかなり努力しないとできないようです。2chの悪童には根気がありませんから、どのような評判を作れても時間さえ待てば心配がないようです。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月 8日 (土曜日)

在米2年の方は5回で500例文を完了

昨夜は在米2年の方が5回目のレッスンで最後の500シリーズをやりました。そして次回は記憶しているかのテストして、次のリスニングを主体にした練習に入ります。

始めてから1ヵ月で500例文を完了することになります。最近では覚えるのが楽になったと言われ大変にうれしく思っています。

英会話を教えるのに現地で通用しなくてどうにもなりません。日本でやっている英会話教育は生徒を満足させる事に注目がいき、実用性に欠けると思っています。英語を覚えてしまえと言うような英会話学校は非常に少ないのです。多くの日本人がそれを嫌うからです。

在米の方に日本から教えるのは多少奇異に感じるかもしれませんが、私の留学の体験から思えば当たり前の事です。今になってああすれば良かった、こうすれば良かったと言う事がたくさんあります。

アメリカでは英語使いのプロがたくさんいます。外国人もたくさんいます。英語のできない人は相手にされません。日本人用の英語教育が充実していることはありません。

むしろ日本の方が充実していると言えます。そしてスカイプを使い、日本から英語文化圏在住の方へのレッスンが可能です。

第二言語の習得には母語である日本語をどうテコに使うかがカギです。第二言語の習得に第二言語である英語で教える方が効果的にするためには、学習者の英語力がかなり高くなってからです。

在米の方は英語が必用としている環境もあるとは言え、勉強熱心な方でどんどん先に進むような努力をされています。500の基本例文で使えるのが多いと言うのも嬉しい事です。

練習だからと言って、練習を目的にするのでなく、実際に使う例文をネイティブが実際に使う速さやイントネーションで練習します。

音のストリームには基本になる音がないので、最初から通常に使われている表現を、英語ネイティブのような速さで発音すること練習します。学習意欲のある方にはベストの方法だと自負しています。

しかし、基本の音を教えませんから、学習者が自らその音を習得する以外にありません。習得できれば自信となり、意欲も増します。

基本の音を教えませんので、自分で学べない方には過酷な教え方です。日本語にも英語にも基本の音がないのですから、これ以外に教える方法はないと思います。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月 7日 (金曜日)

英語にはglottal stop が存在する、ゆえに英語は喉発音である????

現在、英語喉の実践者がブログを公開しています。

http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/

私は上川一秋氏のブログを読んでいますので、実践者がでると彼のブログで公開されます。私と同じように、教える者はそれぞれ宣伝活動をしています。

このブログには上川氏も私もコメントを書いたのですが、この管理者の希望でコメントは受け付けない閉鎖的なブログとすると言う事で何も書けません。

良く研究しており、おもしろいブログです。残念ながら基本的な知識がないために間違った判断が多く残念な事です。

glottal stopと言うのは英語だけにあるのではなく、調音の一つで日本語でも使います。日本語の「あっ」の小さい「っ」に当たる部分です。サウンド・オブ・サイレンスなのですが、音を止め、それを音のように聞こえさせる調音です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひょっとすると英語音声学の個々の知識は,すべて,
直接,間接に英語が喉発音であることの証明となるのではないか,

命題.「glottal stop が存在するのは,その言語が喉発音である
とき,かつ,そのときに限られる.」

同様に,喉発音と glottal stop は独立でないだろう.
つまり,喉発音だからこそ,glottal stop が可能になる.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまりここで言おうとしているのは、英語にglottal stop があるから喉発音でないといけない、だから英語喉は有効であると言う言い方をしています。

この方は喉発音と口発音を区別していますが、それは個人的な違いで日本語を話す人の中で喉の奥で響かせる人は存在します。日本人は母音を正確に発音するために喉のスペース少なくして話す人が多いだけの事なのです。

地球上の現代言語は多分同じ言語から出発しているので、非常に違うように聞えてもそれほど大きな違いではありませんn。日本語が口発音と区別するのがナンセンスに近いのです。

この方は英語と日本語に大きな違いがあると言う前提で書いていますが、日本語にもglottal stop が存在するし、双方とも音のストリームであることは違いはありません。

音が連続的に変化していると言うのは音声認識も英語も日本語も動的認識で同じです。同様に母音がベースとなり、子音で一時的に音が逸脱する音の基本も同じです。

その音のストリームの特徴が日本語と英語とかなり違うだけで、基本となる音のストリームは同じです。だから英日のバイリンガルがそれ程の混乱もなく英語、日本語を話せます。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月 5日 (水曜日)

TOEIC高得点者の2回目のレッスン順調に進む

昨晩はTOEICが895点の方の2回目のレッスンでした。敢えて2回目を書くのは最も気になる時であるからです。1回目はレッスンがどう進むかまったく分からないままやりますから、双方とも評価のしようがありません。取り敢えずは興味を持ってくれた訳ですから、どんな事をやるかは関心があると思われます。

しかし、2回目はレッスンの内容はほぼ分かっております。そしてその間に自分で練習して録音して聞いていますから、自分で学習して本当に上手になったかどうかは聞けば判断できます。

レッスンはたまに数時間を超える場合もありますが、ほとんどが約1時間くらいです。それにしてもレッスンでできる事は大した事でなく、自分での学習でどれほど上手になってもらえるかが非常に重要です。

うまくいかない場合の手法や教え方の問題はあるものの、うまくいった場合には本人の資質なり努力が90%くらいだと思っております。自分で学んだ時にどれほど学習できるかが一番重要になります。

自分が判断でき、自分で工夫でき、自分の自分の上達が感じられれば最も理想的です。この実現はかなり難しいものです。

私は必ずレッスンを何も受けいない前に500例文の音声を録音してもらっています。そして常に比較してうまくなっているかどうかを判断してもらっています。

レッスンの内容が分かり納得できたとしても、自分が練習して上手くならなければモチベーションが下がります。そのモチベーションが維持できているかどうかを判断できるのが2回目のレッスンです。

幸いに約束の時間のかなり前からオンラインになっていましたのでまずほっとしました。そして実際に練習の成果を聞かせてもらうと驚く程上達していました。

ご本人も自分の発音を聞くのがいやで無くなったと言いますから、自分でも上達を十分に感じ、満足しているようでした。

発音が上手な人でしたから、伸び代の部分は少なくなっています。その分上達を感じる幅は小さくなっています。そして従来は音素(発音記号)ベースの学習の反対の事をやる訳ですから、新しいやり方に戸惑う人もあります。

かなり練習はされているようで、発音を聞きながら、さてどこを直して教えれば良いのか困る程でした。

もちろんそれははっきりと伝えました。そして音のストリームの存在を前から知っていたかどうかを聞いたのですが、偶然に少し前に知ったようでした。

教える事はあまりないのですが、上手な方に実践してうまくなっもらう事は嬉しい事です。上手な人には効果がないのであっては、やはり教え方に問題です。

通常は10回から20回のレッスンで500例文を完了させますが、この方はこのままいけばあと数回で終わりそうです。

今から500の基本例文の次の練習が重要であると感じております。幸いにも現在3人くらいの方にリスニングを主体とした学習を試してもらっており、良い感触を得ていますので、それを最も効果的な状態でやってもらうつもりです。

もちろん目指すところはどうやって効果的に英会話を話すかと言う事です。話すためには英語を覚える事、そして覚えるために音声の捉え方が重要である事を分かってもらい、これからが期待できそうです。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月 4日 (火曜日)

音のストリームで実践的な英語を教えたい

現在、在米2年の方に音のストリームで教えています。私は英語の職人と言っておりますから、実際に使える英語、通じる英語を教えたいと思っています。そのためには英語文化圏で生活されている方は大変気になりますし、期待している面も大きいのです。

昨日更新されたブログにはこう書いてあります。

http://chat365.blog2.fc2.com/

3回目のレッスンは2回目から一週間後に受けた。

何度も練習するうち、自然に状況を想定して言葉も発せるようになっていた。
想定できないと、どんな場面で使っていいか分からないからそれじゃ、ただの暗記で終わってしまう。
前回4回目のレッスンは、中2日でトライした。

さすがに100語暗記には至らなかった。文章が長くなってきたからかな。
音のリズムがとりにくくて一気に言えないのかな。それでも、使えるなって表現は先に覚えていく。

  "Move a bit to the right."
    こども達が右に動く
  "Move a bit to the left."
    こども達が左に動く

  あーほんとに通じてる。
   やっぱり、2回は練習してみないと。
  
  "One! Two! Three! Smile!!!"
  ガールズ!ご協力ありがとう。
    写真にも私にも。

実践英語が必要な私には、使う場面が想定できないフレーズは宝のもちぐされ。でも、桜井先生の基本例文は、 「これ言いたかった。」 「これ、覚えたいな。」ってものがたくさんあっていいなって思う。

そして、最近は明らかに日常生活で変化あり。人と話している時の、反応が早くなった。
相手の話の理解をするまでの時間が短くなって、自分も言葉を発するまでが短くなった。 

相手の呼吸のタイミングが分かるようなって人の話がかたまりごとで理解できるようになったみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
音のストリームの基本例文では通常使われる表現を多用しており、それをネイティブが言うような感じで、会話する速さになるように練習してもらうものです。最初からこれを覚えてもらいますから、大変に効率が良いのです。

そして、それを使ってもらい、十分に通じたた事はまさに教えている目的を達成できた事になります。上手くなった実感、使える実感がないと継続的な学習はいやになります。

次のレベルではどんどん覚えられるような、聴覚が英語に適応した状態を感じてもらって欲しいと思っています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月 3日 (月曜日)

科学者とその危険性

科学技術を十分な検証もなく教育に使うのは、金儲けが優先して、効果がいい加減になり、危険をはらんでいます。

そういう私も科学者でありませんが、危険な要素を含んでいます。将来的には金儲けを目指しているからです。しかし、英語教育に関しては十分であるかどうかは別にして、自他ともに認める40年以上の英語の職人としての経歴があります。

そして私に協力していくれる方は全員が大人であり、私も考えや手法等に関して十分に公開して、私が何を考え何を目指しているかは明確にしています。無料で配布するPDF資料もサービスもその目的を明確にしています。

もし、私が他の人を利用したとすれば私が悪人である事は間違いがありませんが、利用された人にもその責任の一端があると開き直れます。

それ以上に私をネットで調べれば”危険そうな男”くらいの認識は既にあるかもしれません。

ネットで分かるのは私にとって都合が良いか悪いか分かりませんが、まだ私の方がネットでもEnglishCentralよりは調べやすい対象である事は間違いありません。

EnglishCentralの音声認識技術のように、私は科学者が教育の分野に簡単に進出するのは問題があると思っています。その理由は科学者は儲からなくてもその技術を直ぐに使いたがる傾向にあり、原爆や水爆を作ったのも賢い科学者達でした。

音のストリーム理論を研究されている東大の峯松氏は音響工学の技術者ですが、同時に自分の技術を英語教育に使おうとする、ビジネスマンであり、大変危険です。

峯松氏は自分の理論を使った教育ソフトを教育に使おうとしており、文科省からの補助ももらい研究しています。私も峯松氏の幾つの研究論文を見ました、残念な事に私には十分に理解できず、正しいとも、どこが間違いかも指摘できません。

何が危険かと言うと、峯松氏の言語音声の普遍的な理論は考えとしては理解できますが、その理論が正しいと証明されていません。その理論をベースにソフトを使い、効果が上がれば自分の理論が正しい事が証明されると言う考えをもっています。

英語学習は非科学的な方法でも信じてやれば、やらないよりは効果があり、多くの英語本が次々とでるのもそのためです。

私は子供達を実験台に使う峯松氏に「科学者が科学を冒涜している。」と言いました。峯松氏は「医学の世界で常にやっている。」と言いました。命に限りがある人ならリスクを冒す意味がありますが、前途有望な子供が英語教材の実験でリスクを冒す必用はありません。

音声認識に関してはまだ全てが科学的解明されておりません。音素ベースのような単純でない事は判明しています。かなりレベルの高い音素ベースでも音声を認識できないからです。そのあやふやな技術を教育に使いビジネスに使うのは以ての外だと思います。

だから私は自分の耳で聞く事を勧めています。少なくとも現在ではその方法が最もベストであるからです。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月 2日 (日曜日)

EnglishCentral.comの学習者が抱える問題点

あるブログでEnglishCentral.comについて書いてあるブログがありました。学習者からみた、このサイトの問題点ならびに多くの教材の問題点を指摘していると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな英語学習ツールが欲しかった。プレスリリースによると、10月15日までは無料。それ以降は、有料コンテンツと無料コンテンツが混在するようになるのだとか。

試してみたが、私の発音でも高得点が取れる、なんだか緩い評価となっている。ただ、th, v, r, l、だけは、日本人として、やはりどうも苦手だ。頭では分かっているが、舌が回らない。

追記:ふざけて、いかにもジャップっぽいアクセントでやってみたが、それでもCはとれたりする。評価が緩すぎると思う。まあ、通じればいいのかねぇ。

EnglishCentral がいかなる場面で役に立つのか理解に苦しむ
自分の話す英語の発音を採点してくれる EnglishCentral.com が話題になっているけど、こういうものを嬉々としてありがたがる人たちの心境がさっぱり理解できない。で、いわゆる「正しい発音」とやらを会得した人たちは当然、下のような英語を楽々と聴き取れるんだよね? すごいなぁ。

"And..." - smart.fmのMP3ファイル
"Wow..." - smart.fmのMP3ファイル
オイラの場合、恥ずかしながら10回ぐらい聴いても聴き取れない部分があった。スロー再生できるメディアプレーヤーを駆使すればわかるが、発音をはしょっている。

こういう現象は英語だけでなく日本語にもある。「これはひどい」という音声の「これは」の部分は日本語ネイティブによって「こりゃ」「こりゃあ」「これぁ」「こら」「くりゃ」などと発音されることがある。よく知られているように、国際音声記号(発音記号)なるものは言語学者が脳内ででっちあげた符丁であり、これに忠実にしゃべっている人間は地球上に一人もいない。だから発音記号厨は永遠に英語が身につかない。

日本人向けに丁寧にしゃべっている英語を聴いて満足している人はTOEICの点数を上げる以上の水準にたどりつけない
オイラは「ペラペラ話す」ことに全く関心がない。重要なのは「ペラペラ話す」人の英語を聴き取ることだからだ。聴き取れなかったら会話は成立しない。こちらが片言でも相手は大目に見てくれる。しかし Sex and the City の出演者は決して日本人向けにゆっくりしゃべってくれないし、BBCニュースのキャスターは英会話の教材みたいに美しく発音してくれない。

英語のリスニングが苦手だ。「セサミ・ストリート」や「リトル・チャロ」さえ聴き取るのに苦労する。だからスピーキングには時間を割かずリスニングの訓練をやっているんだ。勉強ではなく「訓練」。自動車の運転を覚えるのと同じだよ。「book の母音は『オ』と『ウ』の中間ぐらいです…」などの厨房向けのインチキ屁理屈をこねてる暇があったら場数を踏んだほうがいい。

冒頭にあげた音声のスクリプト。
"And is the weather nice?" - smart.fm
何度聴いても nice の部分が nounce に聴こえる。フランス語によくあるような、鼻から息を抜く鼻母音みたい。こういうふうに聴こえるのが普通なのだ、と理屈抜きに割り切るしかない。
"Wow, I bet you get a lot of Christmas presents!" - smart.fm
a lot of の部分が a lolv または a lov に縮まっている。Christmas の先頭の子音 (k 音) に引きづられて of の v 音が無声音化して f 音になっているようにも聴こえる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発音とリスニングを分けて学習する事には問題があると思いますが、音が連続的に変化する音のストリームにどう対応するかが大事だと言う事は同感です。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年5月 1日 (土曜日)

EnglishCentral.comの犯した大きな間違い

カプランの石渡誠氏はブログでEnglishCentral.comをベタ誉めしています。

http://www.kaplan.ac.jp/ishiwata_blog/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学習者の英語は録音すると採点されるだけでなく、間違えた箇所のアルファベット(音韻)が黄色で表示されます。

そもそも私が興味を持ったのは、これほどのサービスが無料で提供されているということでした。カプランの受講生ほか、皆さんに自宅学習用としてぜひ勧めてみたいと直感的に思ったのですが、何か間違いがあってはいけないので日本法人代表取締役である松村さんに来ていただいたのです。

そして説明を受ければ受けるほど感心させられるものでした。

そして投資ファンドのGoogle VenturesやAtlas Ventures等の潤沢な資金のバックアップがあり、当初は期間限定の無料サービスとしていたものを延長して、無料でも楽しめて且つ付加価値には対価を払える、というモデルを模索しているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この石渡氏の経歴は次のようです。

南アラバマ大学 コミュニケーション学・英語学 学士号取得。ジョージタウン大学院 英語教授法修士号 取得。帰国後、松本亨高等英語専門学校を引き継ぎ、14年間のフィニックス英語学院の教務部長を経て、カプラン ジャパン代表就任。

このような”立派”な経歴の方が日本法人代表取締役である松村さんに来てもらい説明を受け、完全に騙されたのです。

間違えた箇所のアルファベット(音韻)が黄色で表示されるのは事実ですが、その判定が正しくされているかどうか定かではありりません。間違いが多いので、V1では発音のエラー表示からシャドーイング依存に変更するのでしょう。

資金が豊富だから無料ではなく、ベータ版であり、ソフト改善のためのデータを集めにその音声認識を使ってもらっています。投資家からの金が豊富にあるなら使用者に金を払っても投資家は納得するでしょう。

日本人が米国人のビジネスマンために知らない間にモルモットとされているのです。そのビジネスモデルを売るのも、それを誉めるのも我らの同胞の日本人なのです。無念でなりません。

ずるいのはそれを使っている人に告知せず、無料で使わしてやっているような姿勢をとっています。
私は下記の”Japanese speaker database”のための無料公開だと思っているのです。

I can tell you that we are doing research on that area here in the US using our Japanese speaker database,

フィードバックを生かすのは良い事ですが、なんでそれを正直に言わないでしょうか。松村社長が技術面の公開をひたすらに拒否したのはこれらを隠すためだと思っています。

”無料でも楽しめて且つ付加価値には対価を払える、というモデルを模索”これは真っ赤なウソでビジネスモデルは既に投資家に説明しているはずです。投資家は音声認識の開発やビジネスモデルも模索にに投資したのでなく、有料のサービスで利益を得るビジネスモデルに違いありません。これも会長にも質問したのですが ”Our investors are very experienced in Speech Recognition and stand firmly behind us. ”と言うだけで、明快な説明はありませんでした。

投資家からの投資資金でビジネスモデルを模索すると言うのを信じたいては(xx)の毛まで抜かれても文句は言えないでしょう。投資家は核融合とか宇宙太陽光発電のような人類を救うような魅力はあっても利益が見えない案件にビタ一文も投資をしません。

もし松村社長と石渡代表がこれを読んでいたら、私が書いた大罪にコメントをください。私は連休中も英語教育の研究(?)を継続しますので、望むならスカイプでもメールでも何時間でも対応できます。

また松村社長に伝えます。私のブログへの削除しろ等の要請は貴社の会長ではなく、私(桜井恵三)に直接伝えてください。あなたの会長は私のブログに関して何の権限も影響力もっておりません。滑稽に聞こえるかも知れませんが、少なくとも勝手に私はあなたの会長は本気でビジネスのライバルだと見ております。

私は投資家からの資金を得ず(得られず?)自己資金(数十万円?)で研究(趣味?)をしていますので、貴殿の会社の社長や会長よりははるかに自由な立場におります。媒体としては管理者個人の考え以外は何の影響も受けません。

研究者(桜井恵三)も過去の実績も、研究施設も、資金も、笑い出す程お粗末なものです。しかし、ネットを介在した社外の協力者(特にモニターの方)は大変に質の高い方々ばかりです。教育の質は集めたデータのインプット量ではなく、その洞察力と実行力によるもので、数少ない研究例でも十分に機能するビジネスモデルを模索中です。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »