無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

オンライン状態

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金曜日)

EnglishCentral.comの会長から削除の要請

EnglishCentral.comの会長から次のメールをもらいました。

Dear Mr. Sakurai:
I think we have said all we can say on the Beta issue – the site clearly says Beta and we are not charging for our product yet.  Yes, you are right we are launching our V1 later than expected.  We want to make sure our product is as good as possible before charging for it.  Our investors are very experienced in Speech Recognition and stand firmly behind us.

If you would like to continue to help us improve our technology, I’m happy to continue the dialog.  However, your latest email however is simply repeating previous questions, which I don’t think it will be productive to respond again to.   

Also I understand that you have complained publicly about Mr. Matsumura on your blog calling him “not capable of solving problems”, despite that the fact that he did exactly the right thing with your queries and escalated them to the CEO of the company, and our technology team in the US.     I take great offense at this, as you are publicly slandering one of our employees.    Would you be so kind as to please remove this reference from your blog?   
Sincerely,
Alan

会長は松村氏は有能であるから私の松村氏は問題解決できないと言うブログを削除しろと言う要請です。

しかし、松村氏は彼が問題を解決できないから会長に直接メールを出せと言ったのです。そしてその会長が松村氏の記事を削除しろと言うのです。松村氏が有能であれば会長と話す必用は無いし、社長というなら日本の問題を解決するのは当然の任務です。

本当にそれを願うなら、松村氏は会長でなく私に要請すべきでしょう。松村氏からはメールも電話もスカイプも何もきません。そして会長に彼の記事の削除を私に依頼させているのです。これだけでも能力の無さが明白でないでしょうか。

本当に松村氏が有能であり、私の行動に間違いがあるなら私のブログにコメントなり、スカイプやメールで意見をいくらでも言えるはずです。私に間違いがあるなら私のブログで私の誤りを暴くことができるはずです。

社長も社長なら、会長も会長です。松村氏は技術に関する事は開示できないと言いましたが、会長は私が参考にできるかどうかも分からない音声認識の参考論文をたくさん紹介してくれました。

松村氏は投資会社からの資金が十分だから無料にしていると言うし、会長はまだソフトがベータで無料であるから認識が悪くて何が悪いと言います。

どうもEnglishCentral.comは日本の常識では推し量れない会社です。会長と社長の2人と対話をしてやはり会長の問題が大きいと見ています。

松村氏が会長に答えさせた段階で、会長が松村氏に答えるように諌めるべきだったでしょう。音声認識に詳しいと言う会長でも音声認識が難しい、だからEnglishCentral.comは正式版で音声認識よりはシャドーイングに依存度を高めるような説明しかもらえないのです。

音声認識の深刻な問題を松村氏は自分がいやだから、会長に言わせていると言う図式です。

そのような苦しい言い訳なら、技術者よりは、社長が説明すれば済んだはずです。松村氏が敢えて会長にその音声認識の説明させたのは、音声認識ソフトの扱いに社長と会長の意見の相違があり、その結果会長の下駄を預けたと言うのが真相だと思っています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月29日 (木曜日)

EnglishCentral.comの社長と会長の大きな意見の相違

前のブログで、会長からの返事をすべてを見てもらいました。しかし、以前に公開した松村氏からのメールの内容と大きな違いがあります。それよりも、今回松村氏が私に直に会長と話せと言われ、ちょっと不審に思ったのです。

本来であれば、松村氏が取り仕切るべきだと思いました。しかし、私に直接コンタクトさせたのは松村氏も会長から私にいろいろ直接聞いて欲しい気持があるのかもしれません。松村氏よりはネットヤクザのような私の方が自由に聞ける立場にあります。そうでなければ社長と会長で大事な事で意見が違う事はあり得ないからです。

会長のメールでもっとも奇異なのは現在の音声認識はまだベータであると言う主張です。ベータだから改善をしているし、無料でやって何が悪いと言うのです。EnglishCentral.comのヘッダーにもBETAの文字が表記してあるだろうと言うのです。

カプランの石渡誠氏はこう書いています。
「そして投資ファンドのGoogle VenturesやAtlas Ventures等の潤沢な資金のバックアップがあり、当初は期間限定の無料サービスとしていたものを、期間終了後も無料提供を続ける事ができているようです。」

つまり資金は十分にあるから当初の計画よりもっと長く、無料サービスを続けていると言う説明です。実体は有料にできる程の完成品でないのです。日本人スタッフの松村氏は会長の言うようにまだ、ベータだから無料とは言っておりません。

音声認識ソフトがベータと言う事は日本人の英語学習者をモルモットで使ってデータを集めているわけで、本来ならEnglishCentral.comは学習者に金を払っても良いはずです。

過去のニュースリリースではこういう説明です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
EnglishCentral、録音音声で発音を評価。英会話学習サービスを無料β公開 

2009/09/16 22:05  by Venture Now 編集部    
株式会社EnglishCentral(本社:東京都港区、代表:アラン・シュワルツ)は16日、独自開発の音声認識技術を活用した英会話学習サービス「EnglishCentral」β版を無料公開した。10月16日より、有料サービスの開始と併せて正式版に移行する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この説明から判断すれば現在でもベータ版と言うのは日本人をあまりにも馬鹿にした話しです。去年の9月16日には10月16日より有料サービスの開始と併せて正式版に移行する、と言っているのですから、この時点でソフトはほぼ完成の域にあったと考えるべきです。

このリースのベータの意味は音声認識のプログラムの改善でなく、トータルのシステムのチェックであり、このシステムチェックは去年の10月16日で完了させると理解できます。

会長は昨日のメールで実は彼の目指す音素のミステイク・モデリングの音声認識システムを完成させるのはほぼ無理な事を言っております。
”Did you see my previous email about mistake modeling and the references I sent you?  Mistake modeling on phonemes is one approach, but the state of the art accuracy levels as documented in those papers has a ways to go.”

社長の松村氏は去年の9月16日のリリースをそのまま信じて行動や発言しており、会長はまだ音声認識は未完だと発言しており、もっとも重要な事に意見が違っては大変に困った事です。

社長と会長のどちらが問題かは分かりませんが、事実は去年の9月16日も今日でも音声認識はベータ版で手直しをしていると言う事実です。

何よりも驚きは次の発言です。
I responded to this in my further email.  Our plan on launch of V1 is to rely on “shadowing” more and “aggregate error detection”. 

音声認識による発音の矯正よりはシャドーイングを重視すると言うのです。会長の経歴には次のようになっています。

”アラン・シュワルツ──代表取締役会長、EnglishCentralの創設者兼CEO。AT&T研究所、SpeechWorks、及びNuanceでの音声認識分野における経験は12年に渡る。同Nuance社の携帯電話及び車載関連部門の部門統括責任者を務めた後、2008年に同社を離れEnglishCentralを創設するまでは、日本含むアジアパシフィックの取締役としてオペレーションを管理していた。プリンストン大学でBAの修得後、ハーバード大学法学大学院でJ.D.を修得。”

少なくともEnglishCentral.comの重要な売りの一つは、音声認識による発音矯正であり、そのためには会長の経歴は魅力があるのです。ネットで調べてもEnglishCentral.comはどこにいても発音を評価してもらるのが良いと書いている人がたくさんいます。

しかし、音声認識による発音の矯正よりはシャドーイングを重視すると言うのであれば、会長はシャドーイングの効用やシャドーイングの使い方を知っているのでしょうか。多分に英語ネイティブの人間はシャドーイングをやったことすら無いでしょう。効果的に教えるのは無理でしょう。

音声認識がうまくいかないからシャドーイングを使うようですが、会長が当初に会社を立ち上げた時のビジネスモデルとは大きく変更を強いられていますがどうでしょうか。

カプランの石渡誠氏はこう書いています。
”まずEnglishCentralの創設者兼CEOであるアラン・シュワルツさんは、前職ではカーナビをはじめとした様々な組み込みの音声認識でプロダクトを展開していたのこと。そこで培った最先端の技術を他分野でも生かすことを考えた時に、この英語学習サイトを思いついたそうです。”

これは松村氏の説明を真に受けていると思います。最先端の技術とは音声認識の技術であり、シャドーイングなら石渡氏の方が会長よりはずっと専門家に違いありません。

投資家も音声認識の技術を含むビジネスモデルを評価したと思いますが、そうであればその投資家をも欺いている感じがしますが言い過ぎでしょうか。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

EnglishCentralの会長からのメール

EnglishCentralの会長から返事をいただきました。前回のメールでこの件ではもう説明をしないと言っていたのです、次のメールをいただきました。私の質問に答える形式になっています。このような建設的な意見の交換なら喜んで継続するとの言葉も頂きました。私の部分には桜井>>をつけました。オジリナルのメールには入っておりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RE: 貴社の音声認識ソフトは未完成‏
差出人:  Alan Schwartz (alan@englishcentral.com
送信日時: 2010年4月28日 22:46:55
宛先:  桜井 恵三 (sakuraikeizo@msn.com)
  1 つの添付ファイル
image001.png (35.8 KB)  (これはサイトの画面に”BETA”と言う文字が見える画像です。サイトのヘッダーに当たる部分のグラフィクのデータです。

ARS>> Please see responses inline.  By the way, as long as the conversations remains constructive, I am delighted to continue this dialog with you.  You clearly are well-versed in speech technologies and also have a user sensibility that I respect.
Best,
Alan

From: 桜井 恵三 [mailto:sakuraikeizo@msn.com]
Sent: Wednesday, April 28, 2010 7:38 AM
To: Alan Schwartz
Cc: englishcentral
Subject: RE: 貴社の音声認識ソフトは未完成
Dear Mr. Schwartz

桜井>>Thank you for your reply.
I did received your letter dated April 28, but this letter is only reply to your letter dated Aril 27.

I did understand your software is not the final product, but at your Japanese website, I cannot find any words that you are still working on your software. Why do you not make that facts clear?

ARS>> We think this is clear on every page where it clearly says “Beta” (image is included here)  However, I do agree we need to improve our Japanese FAQ section.   We will work on that and certainly have that much improved for V1.

桜井>>Do your Japanese staffs know about these facts including Mr. Matsumura?
I did understand your software is not the final product, but in your Japanese website, I cannot find any words to explain that you are still working on your software. Why do you not make that facts clear?

ARS>> Again, we think “Beta” is well understood by Japanese, but I agree we should supplement with an FAQ as well.

桜井>>Accoring to Venture Now, you planned to start to charge from October 16, 2009. I have a very difficult time to understand how you could know you could start to charge from that day.

ARS>> We don’t control what is written about us of course. You can see that we have NOT started charging yet, so I don’t quite understood your criticisms of us here.    We also haven’t yet announced a plan for coming out of Beta and launching V1—I can share that with you privately once we get to know each other better!  So far there is no announced date.  We are still offering a free service in BETA for our users to try and give us feedback on what they like and don’t like.   

http://www.venturenow.jp/news/2009/09/16/2205_007116.html

桜井>>Since you are still refineing your software, you have no idear when you could finish your software last year.

I wandered how you explained to your investors about the quality of your software. I am sure your investors invested in your business model but not for the development of your speech recognition software.  Your business model must have had the practical speech recognition tools at the time of your presentation to investors.

ARS>> A few  of us at the company have a long background in speech recognition and text to speech technologies – we know the challenges, and  we do hope we can improve the technology.  And, we agree with you that the State of the Art it is not where it needs to be yet for pinpoint error detection.  We do believe some use of speech recognition/assessment if very valuable for language learning – “shadowing” is one example.

桜井>>I have a more serious question. If you evaluate something, you have to have right and true answer. You can give 100 points because you can compare with the right answer. Nevertheless, in your case, you are not sure whethre you software recogunize speech sound right or not. You evidently do not have the right or true answer. 

ARS>> I responded to this in my further email.  Our plan on launch of V1 is to rely on “shadowing” more and “aggregate error detection”.  For instance, we plan to eliminate the “A-F Grades” on the line level.  Do you see value for the learner in shadowing functions?  What about aggregate error detection?

桜井>>How could you evaluate student's pronouciation without having right answer? At this stage, you are confident about your software yet.

In my opinion, your software should be evaluated carefully before you dare to evaluate students' pronouciation. You are taking advantage of Jananese students for your sake without informing that facts.

Steven Pinker, I hope you know of him, said in his book, he could not cut out all phonemes from human speech sound. Phonemes you think you can hear are illusion, not physical exisitance.

If that statements were true, then how you ever could possiblly recognize speech sound where there were no unique phoneme in human speech.

ARS>> Did you see my previous email about mistake modeling and the references I sent you?  Mistake modeling on phonemes is one approach, but the state of the art accuracy levels as documented in those papers has a ways to go.

桜井>>I firmly believe human speech sound is not a serial of phonemes rather simply the continuous change of sound. It is impossible to recognize human speech with current technologies including yours. Even you change from beta to V1, I do not believe you cannot inprove too much.

You cannot recognize human speech sound, not because of your software, but because of property of human speech sound.

It is scientifically evident that a human brain does not recognize speech sound either phoneme base nor HMM base.

Do you firmly believe you can fabricate high-level speech-recognition software?  If not, then how you could evaluate students’ promouciation?

If you are going to provide your service in Japan, you are responsible to explain how you are evaluating students’ pronouciation so that they can learn correct pronounciation. Otherwise, students may have some risk to adopt wrong pronounciation by following your software guidance.

ARS>> I fully agree with you here.  We should and will fully explain our grading system as part of the FAQ for V1.    Your input is appreciated.

Regards,
Keizo Sakurai

2010年4月28日 (水曜日)

EnglishCentralの松村社長に問題解決能力はない

前回よりはマシな答えが返ってきました。音声認識の説明はありませんが、音声を判定や評価するのは誤りだと認めたものです。驚き発言はこれ以上は社長の自分では問題解決できないからアラン・シュワルツ氏と直接話せと、ギブアップ宣言をしてきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RE: 評価の基準となるものについて‏
差出人:  EnglishCentral Info (info@englishcentral.com
送信日時: 2010年4月27日 17:26:04
宛先:  桜井 恵三

桜井様
電話番号については、会社の登録番号として03-6459-1925、フリーダイヤルとして左記番号に転送する番号が0800-800-1925として設定されています。0800番号については、広報問い合わせ番号となっているため弊社パートナー企業に取り次ぎをお願いすることがございます。一般ユーザーの電話お問い合わせ窓口は今後設置を検討しています。

先日も申し上げましたが、弊社からのご回答の可否及びご連絡の有無、タイミングは弊社で決めさせて頂いております。私がいつメール・電話着信を確認しいつ誰に連絡するのかについても同様です。これについて弊社の電話対応窓口に張り付き食い下がるのはご遠慮下さい。他の電話に対応出来ず困っています。一般の方のご訪問は受け付けておりませんこともご理解下さい。

「英語の音声を白とか黒とか、何点とか判断するのは間違ったあり方ではないかと」とは仰る通りだと思います。それを目にすることによって混乱したりやる気を削がれてしまうユーザーがいることも認識しており、現在改善案を検討しているところです。

今後貴殿には弊社Founder兼CEOのアラン・シュワルツがご対応致します。私及び日本法人からこれ以上の説明・議論を行うつもりはございませんのでご連絡はご容赦下さい。ブログで期待されていたような通訳対応はいたしかねますので、英語の教育者として音声のプロフェッショナルとして一対一でコミュニケーションをお取り頂ければと存じます。最初のお問い合わせメールの内容から、音声認識にはそれなりの知見をお持ちであると判断しております。

松村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前は忙しいから返事が遅れると言い、何日も待たせておいて、挙句の果てはボスでないと答えられないとの返事には正直びっくりです。これらは全て松村氏が理路整然と答えなくてなならない質問であるからです。

”それを目にすることによって混乱したりやる気を削がれてしまうユーザーがいることも認識しており、現在改善案を検討しているところです。 ”

まだ分かってないようですが発音を評価するのが間違いのなのは、認識率が悪いので改善をしろと言っているのでなく、音声そのものが機械やソフトで判断できるような物理特性を持っていないからです。

松村氏が手に負えないので、私が英語の教育者として音声のプロフェッショナルとして一対一でコミュニケーションを取れと言う意味は分かりませんが、不満はありませんからそれに従います。

松村氏が答えられない質問をアラン・シュワルツ氏がどう答えるのかますます興味が湧いてきました。松村氏が返答に困ったのは知識や技術の問題ではなく、不可能な事を可能と言った点であり、ボスがでてきても、納得いく解答がある訳でありません。

どうも松村氏が音声認識の精度を上げる事をアラン・シュワルツ氏に期待しているとすれば大きな間違いです。そして現在の音声認識のソフトがどれ程の完成度かも気になります。音声に45の音素があると考える事が間違いで、その45の音素がないのですから判定や評価はできません。

現在もっとも科学的な英語の発音の判定方法は録音して判断する事です。個人の判断に影響されます。日本語でも録音して聞いて判断する以外に判定方法はありません。日本語でも英語でもある単音をだけをとって正しい音だと証明もできないし、間違いだと言う証明もできません。人間の耳で聞くしかありません。

オーケストラの調音も人間の耳でやり、ピアノの調律も人間の耳です。ガス漏れの一番繊細な探知方法は人間の鼻で嗅ぐ事です。最高の料理は人間の舌で味わうのが最も高度な判定方法です。

音声認識ソフトはいろいろな細工で精度を上げる事は可能です。しかし、それは音素が無いためにエラーをリカバリーするようなものなのです。英語発音の判定や評価は音素という絶対的な音があればできる事であり、現在はEnglishCentralが勝手にその音素を多分周波数なので定義していると思われます。

ネットではEnglishCentralの発音判定は甘いと言う評判ですからその数値の幅を広く取っているようです。そのような大甘で非科学的な評価を与えて、英語学習者は喜ぶのでしょうか。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月27日 (火曜日)

EnglishCentral、影響は認めるが、技術的詳細を公開できず

昨日返事がないので夕方電話をしました。サイトに電話番号がないので104で聞くと携帯の番号が知らされ、電話するとヒットメディアと言う会社が出ました。留守電を担当しているそうです。

次に電話するとEnglishCentralらしき人がでてようやく用件を話しました。

そして、やっと昨日の深夜に次の返事がきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
RE: 評価の基準となるものについて‏
差出人:  EnglishCentral Info (info@englishcentral.com
送信日時: 2010年4月26日 23:03:33
宛先:  桜井 恵三 (sakuraikeizo@msn.com)
CC:  info@englishcentral.com

桜井様 まずはじめにご連絡が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

今回は電話の対応者からのメッセージ及び録音内容を聞き例外的に優先度を上げてご対応しておりますが、立場上桜井様だけ特別扱いする訳にはゆかないことご容赦下さい。 この度は貴重なご意見有難うございました。

弊社が英語学習者に対して与える影響については誠実に受け止め、極力広範囲のユーザー様にご理解頂ける形で対応してゆく次第です。評価についても様々な意見が社内外から発信されておりますので、取りまとめを行い極力ユーザー様に混乱を与えることのない様サービスを構築して参りますので応援の程お願い致します。

韻律の検出ほか様々な機能を将来的に追加してゆく予定であり、それらの内容については今後弊社サイトのフォーラムでご確認いただけるようになると思います。 その他、改善できる点などあればどのような形で改善することが出来るのかご意見頂ければ出来る範囲で対応致します。

尚、ユーザー様に対して技術的詳細を公開することは行っておりませんのであしからずご了承下さい。 今後ともEnglishCentralを宜しくお願いします。

松村 拝
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
返事が遅いのが問題ですが、私が出した以前の手紙への返事がこれです。

http://sakuraikeizo.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/englishcentral-.html

「弊社が英語学習者に対して与える影響については誠実に受け止め」の意味は音素ベースの認識が英語学習者に与える(悪い)影響を認めた発言でしょうか。

松村拝氏は返事が遅いだけなく、できの良くない日本人のような不明瞭な事を言います。しかし、ここはアメリカの有名な投資会社の資金を使い営業している優良会社(?)です。

自分達の間違いを認めたと解釈して良いのでしょうか。

「韻律の検出ほか様々な機能を将来的に追加してゆく予定であり」と言いますから、現在の評価システムは十分なものでない事は分かります。それなら現在の採点はどうしているのでしょうか。EnglishCentralは学習者の採点をするような会社でなく、彼らのシステムこそ採点を受けるべきでないでしょうか。

発音が正しいと言うのは基準となる音が存在し、それと比べて正しいか間違いの判定をします。するとどちらかと言えば相対的な動的認識である”韻律”の検出もすると言うのはおかしな説明です。

採点をする人は誰でも満足させる基準があれば、お願いしてその基準を理解してもらう必要はありません。もちろん「混乱を与えることのない」事は最低条件です。少なくとも現在のEnglishCentralの評価や採点がいい加減なものであるようです。

「ユーザー様に対して技術的詳細を公開することは行っておりませんのであしからず」と言う意味も分かりません。プログラムを見せろと言っておりません。評価や判定方法を明確しろと聞いています。インチキ教師でありませんから、採点するなら何が満点かを開示しなければ採点は許されません。

「韻律の検出」などは音声認識でもかなり技術的な用語で、私はそこまでの技術的な内容は聞いておりません。私は音声認識の技術者ではなく、音声英語を教えている通常の人間であります。

自分の都合の良い技術的詳細は話すけど、都合の悪い事は言えないでしょうか。

ネットは公器であり、そのネットで英語の発音を評価しているのなら、その評価の基準を明確にできないのなら、その評価は止めるべきです。

次の方が会長をしているにしてはあまりにもお粗末な対応です。会長はこの事実を知っているのでしょうか。

アラン・シュワルツ──代表取締役会長、EnglishCentralの創設者兼CEO。AT&T研究所、SpeechWorks、及び Nuanceでの音声認識分野における経験は12年に渡る。

その後のメールも出していますの返事が来たら公開します。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月26日 (月曜日)

ロゼッタストーンを意識した、株式会社EnglishCentralとは

ビデオを使い英会話教育を目指すEnglishCentralはロゼッタストーンを意識しており、ユーチューブの考えも取り入れています。コンテンツの売り切りでなく、サーバーの使用料を取るビジネスモデルです。

だからサービスは無料ではなく、有料が前提です。無料で使わせているのはそれなりの理由があるからであり、その辺は最初から明示すべきでしょう。

英会話を面白く、効果的に教えたいと言うのは私の目指すところと同じです。しかし、ネットで調べても昨年できたばかりの会社であまり情報がありません。最も目につくのが投資者です。この会社が最も、唯一自慢した事のようです。

私ができませんので負け惜しみを言えば、良識ある英語学習者を騙すよりは、一流の投資家を騙す方がずっと楽だと思っています。いかなる投資家もかなりのリスクを負う事を前提で資金を運用しております。100に一つの割合でも、その企業が100倍の益を産めば会社は利益を得ます。

良識ある英語学習者はリスクをなるべく少なくする事を前提にし、リスク軽減も学習要素の一つです。英語学習に関して音声認識よりは、かなりの事実が知られていることもあります。

EnglishCentralの投資者について
•EnglishCentralはGoogle Ventures、Atlas Ventures、その他の戦略的投資家から初期投資を受けました。
•Google Venturesからの投資はリッチ・マイナーが指揮を取りました。リッチはGoogleに買収されたLinuxベースのモバイル・ソフトウェア・プラットフォーム Android の共同設立者の一人であり、その前には、Orangeに買収されたWildfireという、ネットワークベースのコンシューマー音声サービスとしては最も早かったものの1つを共同設立した実績を持ちます。
•Atlas Ventureからの投資は、25億ドル以上の資本を管理するAtlas Ventureの業務担当社員であるアクセル・ビシャーラが指揮を取りました。彼はNuanceと合併したSpeechWorksの第1回増資時におけるリードインベスターであり、同社の役員でもありました。

残念ながら、会社の役員には音声認識の技術者も英語教育の職人もいません。会長にしても法科を出て、一時音声認識の部門を率いていただけで、叩き上げの技術者ではありません。

英語をネットを使い教えるための技術や経験を持った人がいません。全員がビジネスマンであり投資家を説得するには長けているようです。

アラン・シュワルツ──代表取締役会長、EnglishCentralの創設者兼CEO。AT&T研究所、SpeechWorks、及び Nuanceでの音声認識分野における経験は12年に渡る。同Nuance社の携帯電話及び車載関連部門の部門統括責任者を務めた後、2008年に同社を離れEnglishCentralを創設するまでは、日本含むアジアパシフィックの取締役としてオペレーションを管理していた。プリンストン大学でBAの修得後、ハーバード大学法学大学院でJ.D.を修得。

森田正康──取締役。教育エリアにフォーカスしたオンラインメディアサービスを提供する株式会社ヒトメディア代表取締役社長兼CEO。英語教育教材大手の株式会社アルクの取締役も務める。ハーバード大学の教育学修士号とケンブリッジ大学の哲学修士号を持つ。

松村弘典──代表取締役社長。技術者アウトソーシング大手の株式会社メイテックでエンジニアとしてキャリアをスタートした後、マイクロソフトでコンシューマー向けゲーム製品の責任者であるプログラム・マネージャーを務める。後にNuanceに加わり、国内の組み込み製品向け音声技術部門を率いて数々の携帯電話及び車載関連の顧客に対しプロフェッショナルサービスを提供した。オックスフォード・ブルックス大学情報システム理学士課程を修了。

創設者はハーバード大やAT&T研究所に関係のある方であり、ピンカー氏や藤村氏の事は知っているかも知れません。音声認識に関してどのような説明するのか大変に興味があります。

またこの会社は英語教育のベンチャーであり、英語のサイトもありますが最初から日本やアジアを対象にしています。非常に不自然です。それは米国には英語を習う外人が多くおり、その人達の方が日本やアジアよりは身近です。その米国で資金を集め、日本をターゲットにしているのは、ビジネスがし易いからだと思っています。

役員の中には日本人がいますが、日本でビジネスを楽にするための要人で、英語や英語教育のプロではありません。

個人でやっている私が言うは僭越ですが、もっと英語や英語教育に近い人間が会社経営に参加すべきだと思っています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月25日 (日曜日)

TOEIC895点保持者の方がモニター開始

TOEIC895点保持者の方がモニターとして始めました。先週は教材を渡した段階で断られた苦い経験がありました。でも今回は昨日コンタクトがあり、教材を渡し、そして昨日ブログも公開してくれました。取り敢えずは先週の失態の名誉挽回というところです。そのためにわざわざTOEIC895点の開示の了解を得ました。

当人がブログで公開しない事は、私も公開しないと言うのが原則です。私は大変に口が軽そうな男に見えるので、必用以上のプライバシーは聞いておりません。実際に英語を教えるのに夢中で、雑談の多い方もいますが、それでも直接間接、英語教育に関する話題(自慢)ばかりです。

http://blog.goo.ne.jp/louven_ck

タイトル:めざせ☆Intermediateからの脱出
音のストリームで「通じる」英会話力の習得をめざします。
中級者レベルから、どうやってそれ以上に進めるか楽しみです。

自己紹介
Name: cherry 会社員。元こども&初級者英会話講師。ずっと中級レベルのままの英語力で停滞しています。音のストリームで学ぶ成長日記です☆

初めてのブログ投稿でございます☆緊張しますね~

最近寒暖の変化が激しくて、風邪を引かれる方も多いみたい。皆さんも気をつけてくださいね

英会話、再度始めることにしました。私は、中級者なので、そこそこ話せるからいいじゃないか!と言われますが、そんなことはありません。なんとかしたいのです。

色々過去に教材など手は出しましたが、今回音のストリームは、私がずっと探してきた理想の学習法をやっと見つけたという感じです。ここに成長をご報告していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実はこの方は発音にもかなり自信を持っており、多くの例文を読んでもらいましたが、私が教えるのは音のつながりくらいのところです。

このcherry 氏の求めるものは、発音指導ではなく、英語を話す所にあります。現在5人の方がこのレベルにあり、どのような教育方法が最も効果的な学習であるかを検証中です。

先週から始めた新しい試みにはかなりの期待を持っており、現在2人の学習者の方にやってもらいとりあえずは好評です。

これから5月にかけ新たに3人の方にやってもらうつもりです。cherry 氏もそれ程の日数をかけずに500の基本例文を終える感じなので、アメリカ在米の方を加えると総勢が7人くらいになります。

なんとかおたまじゃくしがカエルに化けるように、最も大事な時期をそれほどの苦痛もなく超えてもらいたいと思っています。

聴覚を英語に適応した段階での英語習得方法です。ずばり目指す事は子供のように加速度的にリスニングできる英語、そして話せる英語を増やすかと言う事です。在米中の方は別にして、インプットやアウトプットの量を前提にしないと言う事です。

もしモニターを継続してくれたなら、この7人の方が半数以上がそこそこに話せるようにならなければ、音のストリームの教育方法はたいした事がない結果になります。

この7人の方々は平均的な英語学習者よりはかなり勤勉で、協力的な方々ばかりです。そのような方々でもそれなりの英会話力が習得できないのでありれば、教える手法、教える人間の問題と言わざるを得ません。

モニターの制度はやはり、学習者の方を試すのではなく、教える人(私)、教える手法(音のストリーム理論)が試されているのは間違が無いようです。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月24日 (土曜日)

株式会社EnglishCentralの松村弘典氏へのメール

EnglishCentralの松村弘典氏へメールを出しました。私は言語の音声認識は機械やソフトに頼るなと言っております。科学的に私に主張が正しいのか、EnglishCentralのやり方が正しいのかはっきりする必用があります。

http://www.englishcentral.com/ja/videos

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松村弘典社長様

サイトを見せていただきました。
大変素晴らしいサイトですが、深刻な問題があります。

それは音声認識や発音の評価に関するものです。英語の発音練習を機械を相手にできるのか、できないのかと言う非常に重要な質問です。

参考までに、機械的と思われるオーケストラやピアノの調律でさえ電子の時代の現在も人間の聴覚でやっております。その種の機械が存在しないのではなく、機械ではできないからであります。人間の音声は音楽よりは何倍も複雑な音であります。

カラオケの採点もあくまでも遊びであって、満点とってもプロになれないし、プロだから満点とれる保証もありません。人間が歌う歌の”うまさ”を数値で評価する事は不可能な事です。美男や美女も基準がないので、数値的で評価ができません。

私はこのサイトで使われている音声認識や発音評価を英語学習者はカラオケの採点のような遊びで使ってはいないと思います。

まず人間の音声には音声学で定義する音素は存在しません。元MIT、そして現在ハーバード大のピンカー博士はNHK出版の”言語を生みだす本能”の上巻でCATの音声から3つの音素をとりだすことができない、音素があると聞えるのは人間の錯覚だと言っております。

音響工学の東大の峯松氏は音素は学習した錯覚だといっております。

ベル研、MIT、東大で音声科学研究された藤村靖氏は岩波書店出版の”音声科学原論”で従来の音声学のように音声は時間軸に母音と子音が同格で並んでいると考えるのは科学的に非常に不自然だと言っております。子音は母音の一時的な逸脱に過ぎないと主張しております。

NTTコミュニケーションの柏野氏は音声認識は犯人逮捕のようなものであると言っています。それは全部の証拠を揃えるのではなく、犯人逮捕に十分な証拠があれば良いと言っています。つまり音素を全部揃えるのは無理だから、認識できる証拠が揃えば良いと言っております。その結果音声認識には、音声の変局点が重要なポイントだと言っています。

人間の音声には音素が存在しませんので、音声認識は音声の動的変化の分析、言い換えるとフォルマントの時間的変化を感じて認識しています。

http://www.oki.com/jp/rd/ss/speech.html

http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2006_14454/slides/12/114.html

人間は英語の音声に存在する、音声学の45の音素聞いているのではなく、フォルマントの時間的な動的な変化を感じて認識していると言うのは疑いのない事実です。

言語の音声は物理的に音素が同格で並んでいるものでなく、切れ目のない、連続的に変化する音のだと考える必要があります。すると発音で大事な事はフォルマントをどう変化させるかと言う事です。

そこで質問は貴社が発音を評価するための音声認識評価ソフトは音素ベースでしょうか。私は音声を動的に認識するソフトはまだ聞いた事がありません。音響工学的に大変難しい技術であるからです。

音声に正しい音素が存在しないのであればどうやって正しいとか、発音の点数を付ける事ができるのでしょうか。

もし、音素ベースのソフトであれば、サイトにある映画の不特定話者、フリートークの音声を認識させた場合には認識率は非常に低いと思われます。

音声認識ソフトで高い評価を得るためには音素ベースで発音した方が良い評価となります。しかしそれは英語ネイティブが会話等で発話する発音とは大きく異なります。

すると貴社のソフトの発音の評価が高い程、実は不自然な発音となると思われますがいかがでしょうか。

貴社の音声認識、そして発音評価に使用するソフトのベースとなるメカニズムを音響工学的にご説明ください。そしてそれが英語学習にどのように貢献できるのかを科学的に説明してください。

音声の認識や評価に関しての根拠を説明もせずに、オープンで英語学習者にこのソフトを使わせるのは大変に危険だと思われます。

私は例え機械が完ぺきに音声認識ができても機械を使うべきでないと主張しております。それは発音もリスニングも結局は人間の聴覚の鍛錬に他ならないからであります。英語の発音やリスニングの学習はいかに音声に鋭敏にそして繊細になれるかの過程だと思います。これからPCがいくら発達しても音声は裸の耳で聞ける事が最も理想的な形であるからです。

つまり料理人は舌の味覚を鍛えるべきで、電子調味計を使い有能なシェフの教育は無理だと思っています。

桜井恵三

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月23日 (金曜日)

カプランの石渡誠氏の音声認識に大きな間違い

カプランの石渡誠氏は発音矯正で次ブログでソフトで発音判断をする、ある発音矯正のサイトを勧めております。

http://www.kaplan.ac.jp/ishiwata_blog/

しかし、私は人間の発音矯正には機械やソフトを使うべきでないと思っております。そして次のコメントを書きました。以前と同様にブログで見せないだけでなく、何のコメントも無いかと思われますが、彼にメッセージを届ける事が目的なので、次の書き込みをしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q1.タイトル(50文字以内)※音声認識
Q2.ブログ発行日を08/7/19のように入力してください(50文字以内)※10/04/21

Q3.感想、コメント入力欄(500文字以内)※
音声認識ソフトは映画の台詞のような不特定話者、フリートークの音声の認識は非常に低いものです。音声認識は音素ベースでなく音の動的変化つまり、フォルマントの変化を感じ取っています。

あの映画の音声をソフトで認識させると、認識率はかなり低いものなります。

しかし、現在の音声認識では動的認識できるソフトは存在せず、音素ベースの認識です。そのために音素ベースの音声認識ソフトがOK出す発音はそのソフトを満足させているだけです。

これは正しい発音教育ではありません。

これは発音だけでなく、聞き取りの場合で音素を聞き取ろうと言う癖になり、聞きとりにも問題を起こします。

ハバード大の認知学者、ピンカー氏は英語の音声から音素は切り出せず、あると聞えるのは錯覚だと言っております。東大の音響工学の峯松氏は音素は学習した錯覚だと言っております。

コンピュータソフトと言えども、存在しない音素を感知することはできません。

英語の音声教育において音声に音素が存在すると捉えるか、音声は連続的に変化する音と捉えるかは大変重要な事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間の音声認識の仕組みはまだ完全に解明されておりません。少なくとも人間は音素のような絶対音でなく、相対的な音の変化を動的に感知していると言うのが解明されているだけです。

しかし、仮に機械が完全に音声を認識できる場合でも機械を使うべきでありません。自分の発音は自分で聞いて判断できなければなりせん。それを機械に委ねていては大変に面倒であり、判断の回数は減り、フィードバックが減ります、効果的な学習の障害となります。

人工調味計と言う電子機器が数千万円で販売されています。1回の感知で数十種類の調味成分をデジタルで表示します。しかし、そのような機材の購入に問題のない超高級のレストランでもホテルでも使っておりません。

それは使うのが面倒なだけでなく、人間の舌の方が数千万円の調味計よりも敏感であり、舌で味わう方がより簡便であるからです。人間の舌が感じているのは数十種ではなく、多分数百以上の調味成分を感じ瞬時に判断ができるからです。

調理人は舌を鍛える事が重要であり、言葉を話すなら発音でもリスニングでも耳を鍛える事が大事です。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月22日 (木曜日)

「脳トレ」効果に疑問…英で1万人実験

ネットのニュースで次のような記事がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンピューターを利用した脳トレーニング(脳トレ)は、健康な人の思考力や記憶などの認知機能を高める効果は期待できないことが、ロンドン大学などの1万人以上を対象にした実験で分かった。

脳トレは世界的ブームになっているが、大規模な検証はほとんどなかった。英科学誌ネイチャーで21日発表した。

18~60歳の健康な1万1430人を三つのグループに分け、英国で販売しているコンピューターゲームをもとにした脳トレを1日10分、週3日以上、6週間続けてもらい効果を調べた。

最初のグループは積み木崩しなどを使った論理的思考力や問題解決能力を高めるゲーム、もう一つのグループはジグソーパズルなどを使った短期記憶や視空間認知力を高めるゲームをした。残り一つは、脳トレとは無関係のゲームを行った。その結果、脳トレを続けたグループでは、ゲームの成績は向上したが、論理的思考力や短期記憶を調べた認知テストの成績はほとんど向上せず、3グループ間で差がなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筋トレと言うのは目的は違っても負荷を掛けて動かす事により筋肉のトレーニングになります。それは物理的に動かす筋肉は目的如何にかかわらず負荷を掛ける事で筋肉を鍛える事は可能です。

しかし、人間の脳は単に使ったからと言って鍛えられる訳でありません。筋肉と脳の大きな違いです。単に脳をの脳トレのように使ったからと言って、論理的思考力や短期記憶、認知の能力は上がるのではないのです。

私が英語学習でインプットやアウトプットの量に拘るのは効果的でないと言うのもこのためです。単に回数をこなす、量をこなすのは単なる脳を使っているだけで、英語を覚えるとか話すためには効果的でありません。

その結果、ネイティブの話すのをたくさん聞いても、ネイティブとたくさん話そうとする事が簡単には話す能力につながりません。

まず言葉を覚え、その発音練習をして、その覚えた表現を順序良く思い出す練習を連携させてしなけれ思うように話せません。

私もまだ明快な解決策が分かったのではありませんが、量だけに頼るのは効果的な方法で無い事が科学的にはっきりしました。

脳は単に使えば良いのではなく、賢く使う必要があります。脳を単に使えば良いのではない事が科学的に証明され、英語学習にも影響があるかもしれません。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月21日 (水曜日)

日本人のための発音矯正の第一人者??

昨日、スカイプのディレクトリを見たと言う中国の方からコンタクトがありました。私は日本人に英語を教えるのを得意としていると言いました。それは私が日本人であるが故に日本人の問題点を多く知っており、ほぼ解決できると自負するからます。

私は日本人に音声英語を教える第一人者となりたいと思っています。結構良い線を言行っていると思っています。

すると下記のサイトで”日本人のための発音矯正の第一人者”と言う方のサイトを見つけました。

この方からは以前にメールでも宣伝をもらった事があります。この先生には多くの日本人の教え子がおり、いろいろ発音を披露しております。

この方から学んだという方で英語を教えている人も何人か知っております。

私も発音を教えていますので、このようなサイトには興味があり、何度も見たり聞いたりしています。多くの日本人がこの先生を大変に誉めています。

私が同業者であるから私の批判がまともかどうかは別として、宣伝に使われた人は本当に誉めている感じはします。でもこの方達は本当に自分達の発音や教え方は良いと思っているのでしょうか。

この方達は多分生徒の中でもかなり良い方だけが選ばれていると思います。

この方の教え方には何の理論もありません。しかし、教えている方法は音素(発音記号)ベースの教え方です。もちろんそれなら音声には音素が並んでいるとかの説明が必用です。なぜこのような教え方をするかの説明が必用です。

残念ながらこのサイトにはそのような記述はありません。ひたすらに卒業生の発音サンプルと教え方のビデオ画像をたくさん見せているだけです。

私が主張するように音声は連続的に変化する音であり、音素が並んだものでなければ、音素ベースの教え方は間違いです。だから効果的でないと断言できます。

多くの生徒さんの発音も発音記号を意識した発音で良いとは思えません。典型的な日本語訛りが抜け切れておりません。発音が自然ではありません。

何度も言いますが、本当に当人達はこれで発音は良いと思っているのでしょうか。当人が満足しているなら第三者の私がとやかく言う事ではないかも知れません。

このブログを読んで頂いている方はどう評価されるでしょうか。もし、確かに良い発音とは言えないと思われるのであれば、教える人の問題でしょうか、それとも教えている人の問題でしょうか。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月20日 (火曜日)

加速度的な記憶はどう実現できるか

子供は聴覚が言語に適応する3才くらいになると加速度的に言葉を覚えていきます。これを大人が真似をする事は可能でしょうか。

私はかなり可能であると思っています。やり方によれば英語を話す必用性のある大人であれば、発音のレベルは抜きにして、表現力は子供より速く習得できると思っています。

現在基本の例文を覚えた段階ではDialogue (interviewer and interviewee) と Monologue (Jokeを話す)を使い練習をしております。

Dialogueは即興的な側面が強く,Monologueでは準備しておくことが出来る要素があり,それぞれの学習の特徴があります。

これらの学習方法は意欲や英語が好きな人には大変に刺激的であり良い方法ですが、完全なる自律学習であるため教える側の貢献は少なく、万人向けのものでありません。

子供が言語を習得する時には常に言語が聞け、使える環境にあります。覚えた表現は直ぐに使える環境にあります。この自分で選んで使うと言う条件が重要なカギだと思っています。学習している感覚無しで覚えているのです。

大人が第二言語として英語を覚える時は、好きな時に好きなように覚える事は無理な事です。自分が英語を学ぶと言う意志がなければどうにもなりません。

子供の言語学習ではたくさんの表現を聞いて、覚えた表現だけを直ぐに使える環境があります。

加速度的に大人が過疎度的に覚える場合にもたくさん聞いて、自分の好きな表現だけを確実に使えるようにする事が理想です。

これを実現するのに良い方法は映画を見ながら英語表現ををどんどん書き取るのは優れた方法です。しかし、この作業が面白いくらいのレベルの英語力と、その作業が面白くなる映画を選らぶ必用があります。

私は洋画をたくさん見ますが、見終わって時間の無駄であるような洋画は少なくありません。だから皆に勧められる方法でなく、各自が自分の好きな映画を見るのアドバイスしかできません。お勧めの映画タイトルくらいはできるかも知れません。

このようにたくさん聞けて、ストーリーが展開して飽きない、そして各自が好きな表現を覚えられるような方法を模索しています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月19日 (月曜日)

ネットでモニター制度を悪用される

先日、私はネットを乱用していると書きましたが、私が悪用されてしまいました。

それは先日TOEICの高得点者からの問い合わせという記事を書きましたがその人です。最初にスカイプで次のようなコンタクトがありました。

”初めまして。坂本真実と申します。
「英語を音のストリームで覚えて使う」のブログを見つけ、下記モニター受講をしてみたいと思います。
http://sakuraikeizo.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-1b07.html
私はFC2ブログのaccountを取得しています。お返事をお待ちしております。”

スカイプのプロフィールにはweb marketerと言う事になっていますが、検索しても該当する人は見つかりません。名前も職業もいい加減なのかもしれません。

最初のコンタクトをもらい、1時間以上は説明して、いろいろな疑問に答えています。そしてやりたいと言うので最初の教材を渡しました。教材は全部渡した事になります。

数日後に、その同じ人間から次のコメントをもらいました。

”桜井様、こんにちは。基本例文1-100まで一通り音読をやってみましたが、現在独習しているCD教材と似ているため、リーディング勉強のほうに英語学習時間を割こうと思います。お申込みをさせてもらって恐縮ですが、キャンセルしたく存じます。
何とぞ宜しくお願いいたします。坂本”

スカイプの音声でなく、文字での一方的な取り消しです。大変に不愉快なのは断られたからではありません。何時間も説明させ、やりたいと言うから教材等を送り、その挙句には止めたと言うのは、モニターの悪用でしかありません。

私は教材を売っているのでなく、音のストリーム・ベースの教育方法広めています。まだ私と同じ教え方をしている人はおりません。他の教材にしたと言うなら、なぜ私にコンタクトを取る必用があったかと言う事です。自分の目的を私はブログでもサイトでもメルマガでもくどいくらいに明快にしています。

モニター募集の当初は住所や電話番号など聞いていましたが、現在では聞くのは名前くらいです。悪用されても当人に電話をかけてまで文句を言うつもりはないからです。しかも、これ程までに悪用されたんは始めてであり、ネットであればこのような人間がいると言う事です。

私は教えている人のプライバシーの事はあまり知りませんし、興味がありません。ある程度話してくれる内容だけで教えるには十分な情報です。それでも今まで信頼してきた人に、このように悪用された事はありませんでした。

ネットと言う媒体であれ、私にコンタクトをくれる人はほとんどの人は信頼できると断言できるからです。ネットを悪用する私ですから、自分が悪用されてもしょうがないと悟っています。

英語を教えていると、どうすれば良く学んでもらえるかに必死で相手がどのような人かはどうでも良い事です。それでなくても音声を使いますから、感情や性格やその日の状態まで感じとれますから、満足して学習しているかどうかは言葉で言われなくても察知できます。

そのような不満に気付くのは大変に重要で、教え方に満足していないような場合はかなり時間をかけてその不満を解消するようにしています。

最後の言い訳をすれば、個人レッスンの前に断りをしてくれたのですから、怪しい人ではありますが、まだ良心的な人かも知れません。

人間年をとると、賢くなったと言うべきか、それとも無駄な事に体力を温存してズボラになったと言うべきなのでしょうか。

こんな川柳を思いだします。「無気力を、丸くなったと、人は言い」

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月18日 (日曜日)

音のストリームのモニター卒業生を送る

先日は音のストリームのモニター卒業生を送りました。最後のレッスンを終えたことになります。

http://english0624.blog18.fc2.com/

このエリック氏はブログランキング等でも上位にランクされておりましたが、最近では忙しなりブログは2月20日以降は更新されておりません。

レッスンの方は以前よりは間隔が開くようようになったものの、継続して順調に進んでおりました。そして卒業のレッスンとなりました。

最後はなるべく英語で話すつもりで、私がインタビューアーとなり、インタビュー形式で名前のとか個人データの聞きだしから、英語学習の経過を話してもらい最後に覚えたジョークを披露してもらうと言うものです。

スカイプで知った外人を装い聞き出すと言う設定です。英語で話す場合は英語を使うと言う事と、話す事が必用になります。そのために今までに英語学習でやった事を話してもらうのは鮮明な記憶が残っていますので、話し易い事になります。

途中日本語を少し使いましたが、50分くらいは英語で話した事になります。私は聞き出し役ですから、15分くらいしか話しておりません。するとエリック氏は35分くらいはずっと英語で話した事になります。

英文の量にすればかなりの英語を話してくれました。教えた私とすれば十分以上に満足です。24回のスカイプのレッスンで良くここまでやってくれたと言う気持ちです。24回と言えば約24時間のレッスンに自習時間が含まれます。仮に1回のレッスンに5時間の自習時間とすれば、それでもレッスンと自習時間の合計の時間は百数十時間です。

これは英会話学校でもできない事だと思います。もちろんこれは本人の努力や資質によるものが90%くらいあり、私や音のストリームの貢献は僅かなものです。

練習した部分の英語のやりとりは問題ありませんでした。しかし、英語学習のプロセスの説明とか音のストリーム学習の評価と言う質問になれば簡単な説明になってしまいました。

しかし、準備をしていない事を英語で話すのは通訳するより難しいものです。通訳は英語とか日本語にすれば済むのですが、英語話す場合はそのストリーの展開と英語での表現を瞬時に同時にやらなければなりません。

タレントなどがおもしろおかしく話すトーク番組でも、ほとんどが何度か話して受けたネタをテレビでは更に整理して話しているのであり、日本語でも作り上げながら話す事は簡単な事でありません。

エリック氏は答えはしたものの、十分な事が言えず、もどかしさを感じたと思います。それは多分準備をしていなかったために質問されてその場で十分な事が言えませんでした。

時間をかけて準備すれば今の英語力を持ってすれば十分に対応できます。多分、準備をすればかなりの事が言えると言う自信になったと思います。これは英語の問題よりは話す場合の話しではないかと思っています。

500の基本例文を終えてからは、なるべく話す内容と使う英語は自分で準備してもらうようにしてもらっています。通常の会話では何がでるか分かりませんから、シナリオを作ってそれを覚えるのはあまり意味がありません。

毎日使っている母語の日本語なら毎日のように話す練習をしています。しかし、日本で英語で話すと言う事になればそれなりの準備が必用です。単語とか言い回しが不足しているのです。準備をした事に関して言えばかなり使わなくても、十分に英語で話す場合に使う事ができるはずです。

どのくらい準備が必用かと言えば、それは自分の話したい事だけ必用になります。興味や関心のある人ほどその準備が必用になります。身の上だけ話すなら、大した準備も必用ありません。

話すためにはサービス精神が必用であり、エンターテインする気持ちが必用です。その気持ちのある人は際限のない準備が必用です。

最後にエリック氏から今までいろいろやっていたけど、効果的な英語の勉強方法を覚えた事は有意義であったと言ってくれまいた。

英語を話す、学ぶ楽しさを教えたいと願っていた私には最高の言葉だと思っています。

現在、基本の500例文を終えた方が4人います。なんとか上手に英語を話す楽しみを覚えてもらえればと思っています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月17日 (土曜日)

アメリカに滞在2年の方が音のストリームのモニターに

次の方がブログを公開してくれました。

プロフィール:二児の子を持つ母! 現在、アメリカに滞在2年。
ママ友との会話をエンジョイするため英語の勉強中です。日米変わらず、ママ友との交流はたわいのないおしゃべりと美味しいものの持ち寄りで盛り上がります。
英語の勉強は苦手です。

http://chat365.blog2.fc2.com/

最初の書き込みにこう書いてあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、お友達と、買い物中にお店の人と、近所の散歩をしているおじさんとおしゃべりしたい。気楽に。それが私の英語を話せるようになりたい理由。

テレビをもっと見るといいよ。簡単な言い回しを覚えてしまうといいよ。
人に言われるがままいろいろ試すうち、少しずつ効果が出てテレビも友達の話も大体なら理解できる。しかし、自分の言いたいこととなると、全くだめ。

聞き取りは出来ても、話すのができない。言葉が出てこないんです。
「こんな時にいう短いフレーズ覚えたはずだったよね?」と一人脳内会議。
「そのイントネーションおかしくね?」と一人脳内つっこみ。

そこで見つけた、桜井恵三さんの英語を音を覚える  音をストリームとして覚えることにより話せるようにする方法。

実際我がこども達は、文法も習っていないけど、学校で多くの英語を耳にすることによりなんだか英語のリズムを身に付けている。そのお陰で話すときに、自然に on とか in とか  at とか分かっている。なんで分かるのか聞くと、だってそういう風にみんな言ってる という。
口に出すと自然にそうなるらしい。ということは、そう覚えればいいだけ。

Native の話すスピードで話す。なぜなら英語にはそれが適しているから。
適したスピードで話せば、話しやすく、話しやすければ耳にも残り覚えやすい。これが桜井さんの提案。
I agree with you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英語文化圏に住めば英語が話せるようになると思っている人が多くいます。しかし話す練習をしないと自由に話す事はできません。私も同じ体験をしていますので、十分に理解できます。

それでは英語で話すには、どのような方法が最も効果的な方法でしょうか。英語漬けになっている人に試しもらい、その効果の程を知りたいと思っています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月16日 (金曜日)

ネットワークを意識的に乱用する

先日紹介した2chの勢いランキングでは私の作った”音のストリームの評価”のスレッドは堂々の8位となっています。

http://www.ikioi2ch.net/thread/english/1269926696/

1位 108.36 学問・文系 /
ENGLISH  翻訳関係者の泥舟 102艘目  詳細298res    

2位 46.17 学問・文系 /
ENGLISH  ★☆★日本語→英語スレPart351★☆★  詳細725res 

3位 39.39 学問・文系 /
ENGLISH  中高生の英語の宿題・質問に答えるスレ lesson136  詳細814res 

4位 37.58 学問・文系 /
ENGLISH  Interpals 無料で英語ペラペラ 世界の人と友達に 3  詳細 815res   

8位 23.31 学問・文系 /
ENGLISH  音のストリームの評価  詳細394res

しかし、これは私の努力の結果でもあります。私がこのスレをたて、書き込みをしているので、注目を浴び、さらにアクセスを呼んでいる面があります。

では誰も参加しない場合は一人相撲が取れるかと言えばそれは無理です。2chに連続8投稿のような規制もありますから、一人でどんどん書き込む事はできません。

この勢いランキングは書き込みの数はアクセスをデータとして使っていると思われます。このアクセスに関してはとても一人で数を稼いでランキングの上位にさせるのは無理な事です。

このレベルになると一人でのアクセスではどうにもなりません。多分これ以上は上にいくのは無理だと思っています。

しかし、ネットワークではランキングに入っている事が注目に値しますので、ある程度までは意図的にネットを乱用して上位に上げる努力は可能です。

もちろん良い事ではありません。現実的には有料でブログを書いてもらっている企業もたくさんでありますから、私のよりは酷いネットの乱用です。

音のストリームのモニター氏のブログに関しては書いてくれと言う条件以外は何もありません。少なくともブログに関しては意図的な乱用はしておりません。無料で教えている事が既に自然でありませんから、少なくとも書く内容に関してはモニターの方に自由に書いてもらっています。

ネットの乱用はしますが私一人がコソコソ乱用をするだけであって、知っている人を使ってまでの乱用は以前にお願いした事も、これからもやるつもりもありません。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月15日 (木曜日)

TOEIC860点保持者からのコンタクト

昨日はTOEIC860点保持者からのコンタクトがありました。英語学習でまだ問題があるのでモニターになりたいと言う希望があり、まずスカイプでのチャットで打診がありました。

スカイプはダイレクトに電話する事もできますが、通常はチャットで打診をして了解を得て、電話で呼びだすと言う方がマナーの沿っています。現在ではスカイプを使いそのマナーも知っている方からのコンタクトが多くなりましたので、大変に教え易くなりました。

時々、英語を教える前にスカイプの使い方を教える場合もあり、私はスカイプやパソコンの使い方を教えるのはあまり好きではありません。

この方はTOEIC860点保持者と言うだけでなく、英語の発音もかなり勉強されており、典型的な日本人の英語学習者よりはレベルの高い方です。つまりTOEICでのリスニングの問題はないと言うのです。最もTOEICの点数と発音やリスニングの能力は比例するものでありません。

この方は以前は外資系の会社で働いた事もありますから、かなり英語ができる人です。始める前に必ず教材を送って英文を読んでもらいますから、音声英語のレベルはかなり推し量れます。

しかし、音のストリームに関しては多少の誤解がありました。この方は文法を勉強されており、インプットとアウトプットの重要性を考えている方でした。でも聞き取りなどではまだ問題があると言うのです。

このような方はかなりレベルの高い方で、発音よりは聞く方が何倍も難しいと肌で感じている人です。

私は聞き取りの問題はインプットとアウトプットの量の問題ではなく、英語の音と意味を覚えている絶対量が少ないのが原因だと言いました。レベルの高い方には何が問題か、そしてどのような対策をするのかかなり具体的に説明します。

私の教える手法は生徒によって変えるのでなく、全員まったく同じです。変える事さえできません。そのために私が何を目的に、それをどう解決するかを詳細に説明します。レベルの高い方はその原因と解決法に納得してもらえなければ、時間の無駄で始める意味がないからです。

現在は私は教えている方や教えた方を増やしたいのですが、願わくば驚く程の効果を感じてもらたいと思っています。非科学的な方法であれ、信じてやればそこそこの効果は上がります。それなら何でも良いと言う事になります。

応募された方はインプットとアウトプットをこなすために音のストリームを考えていたようです。音のストリーム学習の初期はインプットとアウトプットの多様性は非常に低く、限定された文例を練習するだけです。

その理由は英語は覚える事にあると信じるからです。覚えるのであれば限定された表現を覚えるべきであり、多様性を持った教材は効果が上がりません。

話を聞いてみると、その方は自分の発音を聞いた事はありませんでしたし、なるべく多くの量の英語聞く練習をしているようでした。音を全体的にとらえ、発音やリスニングをする意識に欠けていたのは事実です。

私はその学習は間違いだから、英語の例文をベースに音の特徴を確実に覚える事の必用性を説きました。

音のストリーム・ベースの学習はレベルによって教える事は違うもののその教え方は全く同じ手法です。繰り返しの練習により、自然な音の発音練習を軸に音を覚えるだけの事です。ひたすらに記憶量を加速度的に増やそうと言う事です。

音のストリームは教える教材も同じです。TOEIC860点の方も300点の方も同じ教材です。進め方とその発音のレベルが違う事です。

第一回目から例文の発音練習から始め、レベルの高い方はどんどん先に、そして高いレベルを目指してもらいます。

来週、第一回のレッスンがあります。うまくリスニングの問題が解決してくれると良いと願っています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月14日 (水曜日)

英会話学習8つの提言

現在先日紹介した、Flow Englishと言うサイトから無料のメールによるアドバイスをもらい、8つの提言をもらいました。これが最後のアドバイスです。

Hi.  How are you?  You have now received all of our Flow English tips.   Here they are again:

1. Learn Phrases
2. Don't Study Grammar
3. Use Listen & Answer Mini-Stories
4. Learn English Idioms
5. Learn Phrasal Verbs
6. Focus on Listening, not Reading
7. Use the 80/20 Rule
8. Use Lots of Contractions

Imagine speaking FAST-- like a native speaker.  Imagine speaking English automatically-- without thinking, without translating.   
Imagine using correct grammar fast, without thinking about grammar rules.  Imagine feeling relaxed every time you speak English.   

このFlow Englishは音声を音のストリームとして扱う事はほとんど言っておりません。理由は英語を母国語として話しているため単に自然に発音してだけと言う感じがするだけだからだと思います。

音のストリーム・ベースとまったく同じではありません。しかし、文法を否定して音で覚えると言う重要な部分は同じです。

これは言語は文法により構成されるのでなく、音の連なりから構成されていると言う考えがあるからです。英語の母国で文法を否定する教え方はまだ珍しいものです。

8つの提言の中でも終始うるさく言うのが発話の速度です。具体的には単語を発音する4倍の速度で言えとアドバイスしております。

私の場合にも音のストリームで教える時にはかなり速度にはうるさく言っており、彼らの教え方と同じなのは、多くのメリットを感じているからだと思います。

発音を速めにすると自然と音のストリームとなり、発音が楽になり、覚え易くなると言うのが最も大きなメリットです。

しかし、発音を速くする場合には自然な音のストリームにしないと、発音運動が逆に大変になりますから、注意する必要があります。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月13日 (火曜日)

英語で言いたい事と英語で言える事

現在4人の方が基本の500例文の練習が終り、それを使う対話の練習をしています。ここからはシナリオに準じて対話をするのではなく、自由に話す事を基本練習にします。

練習中では対話の返事に困ったらすぐに日本語でアドバイスをするようにしています。事前のシナリオを書かないのは実際の会話では相手が何を言うのかはまったく分からないからです。

だから何も準備ができないのではなく、話す事を予想して時間が許す範囲で事前の準備をします。その準備はいろいろな表現を予想して対応しておくことが重要です。

基本の500例文の後はレストランとかインタビューの場面を想定して表現を覚えてもらい、自由な対話をします。与えられた場面内で自由と言う意味です。

子供が言語を学ぶ場合には覚えた事をどんどん使います。そしてどんどん言いたい事や、言える事を増やしていきます。

大人が第二言語として英語習う場合にはそうはいきません。どうしても言いたい事が先に出てきてしまいます。理想的には自分の知っている表現を駆使して、どんどん表現を覚えていく事ですが、話しが始まれば興味の赴くままでそうはいきません。

臨界期を過ぎて英語を学ぶ場合の問題がそこにあります。やはり知っている表現を最大限に駆使する事が大事です。そして言いたい事をどんどん覚える事です。

そうなると新しく覚えるべきか、覚えている記憶にあるものを使うかの判断になります。それは時間の問題で時間が、許すなら調べる事ができるし、そうでなければ知っている表現を最大限使うようにします。

この事前の準備ができるなら、大人でも子供以上の速度で言語が習得できます。多くの場合は時間の制約やモチベーションが維持できず、カメのような遅くても堅実な速度の子供の学習に及びません。子供は与えられて環境で覚えた表現を使いますから、学習している感じはなく、飽きずに言語習得の学習が可能です。

使っている間にどんどん上手な言い回しが欲しくなりますから、英語力に合わせて自分の思っているように英語で言えるようにします。この良い表現を使いたいと言う願望があると英語の表現が覚え易くなります。記憶への定着も良くなります。

表現を覚えようとしても、自分では言いたいけどどうも覚えられないと言うのであれば、自分が確実に言える表現を選ぶ工夫がなされます。覚え難い、言い難い表現を無理して覚えるのはあまり効果的でありません。子供が言語習得に飽きないのは覚えた事しか使わず、無理をしないからです。

こうすれば自分が使える表現が増えていきます。会話では相手が何を言うかをコントロールできません。それに対応するためにはかなりの英語表現が聞きとれ、その何分の1かが使える状態でないと、自由な会話は苦しくなります。

音のストリーム・ベースの学習では基本の500例文を終えた段階がカエルで言えばおたまじゃくしのしっぽがなくなり、陸に上がり始めた頃です。

これからどう新しい陸上の生活に慣れていけるの不安と、どんな事ができるのか期待に満ちた時でもあります。

言語習得は繰り返して練習して聴覚を英語に適応させるフェーズが終了したら、英語を運用するまったく違ったフェーズで学習する事がもっとも効果的であると思っています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月12日 (月曜日)

”2chの勢いランキング”における音のストリーム

このサイトの説明には”2ちゃんねるにある約40万のスレッド全てを対象に最大で1分ごとに自動解析を行い、勢いを算出してランキング形式で提供しています”と説明してあります。実際には何が分かるは私にも良く分かりません。

http://www.ikioi2ch.net/thread/english/1269926696/

私は下記にはたくさん投稿しています。これは私が作ってものでありません。以前には無かったようなスレッドで、音のストリームの考えに沿ったものです。

10位 25.30 学問・文系 /
ENGLISH  文法、発音の自動化、無意識化 (中上級者)  詳細
869res  03/09 00:34:46   文法  発音  自動化  無意識 

もちろん次は私が作ったスレです。もちろん書き込みもしております。多くの人はこれを無視して、私一人ががんばっているような感じです。

16位 15.81 学問・文系 /
ENGLISH  音のストリームの評価  詳細
202res  03/30 14:24:56   ストリーム 

以前にも何度か音のストリーム関連のスレッドを作った事はありました。しかし、以前は物凄い人気でランキングがあれば1位か2位くらいだったと思われます。

以前は私が音のストリームを語ると、多くの悪童が誹謗中傷の類を書き込み、それが他の書き込みを呼び込み大変な人気でした。

今では音のストリームの事を2chに書いても反応は非常に少なく、意図的に無視している感じがします。2chの英語の住人は空気を読む力に長けており、現在では音のストリームに触れる事はそれが誹謗でも中傷でも、音のストリームを利すると感じているようです。

私からすれば正常に戻った感じがします。私が2chに書いてきたのは誹謗中傷されたり、音素ベースの事が書かれるとそれを黙認したくないので、書いておりました。

しかし、現在では音のストリームに関しても、英語の発音関連に関しても非常に書き込みが少なくなりました。そうなると私の書く意味も、理由もありません。

私は業者が2chに書きこんだ場合にどうなるか興味があり書き続けてきました。業者が音のストリーム理論を展開した時に永遠に誹謗中傷を続ける事ができるかどうかと言う興味です。

今まで私を誹謗中傷していたのは数十人以上はいると思います。しかし、こちらは商売を意識してやっており、相手は面白半分でやっており、それはどうなるかと言う事でした。

結果的には2chの住人ももう商売の相手はできないと言う判断のようで、最終的には2chの住人もかなり良識的な判断ができる事が分かりました。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月11日 (日曜日)

靜哲人氏の”絶対発音力”の問題点

靜哲人 (シズカテツヒト)氏が”絶対発音力”と言う本を書いています。
著者紹介ではこのようになっています。

靜哲人:関西大学外国語学部教授。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。コロンビア大学ティーチャーズカレッジ英語教授法修士号、レディング大学応用言語学博士号取得。中学高校英語教員対象の発音・授業法ワークショップの経験が豊富である。小学校の先生対象の発音トレーニングも行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)。

”絶対発音力”の要旨と出版社商品紹介は次のようになっています。

発音記号が読めなくても英語らしい発音を身につけられる本。スピーキングとリスニングに役立つ知識と発音を体得できる。CD2枚付き。 
ひらがな・カタカナを利用した日本語ネイティブのための英語発音訓練。英語発音版「百ます計算」で、効率的にトレーニング。 

目次は次のような内容になっています。

第1部 英語発音のポイント(発音力は英語力;超入門:母音と子音 ほか);
第2部 子音をマスターする(海は「シー」じゃありません;音楽は「ミュージック」じゃありません ほか);
第3部 母音もこれで完璧(基礎訓練:母音ストレッチング;3タイプの「ア」 ほか);
第4部 リンキングとポンポンで英語らしさを(リンキングの大切さ;ポンポン・メソッドで強弱を)

著者は英語教育では伝統的な教育を受けているようですが、それ故に完全に調音音声学の音素をベースにした発音教育です。

音素を子音と母音に分けてそれを「百ます計算」のように練習しようと言う考えです。残念ながら音声は子音と母音が時間軸に同格で並んでいるのものでなく、子音は母音の定常的な状態を一時的に逸脱したものですから、子音や母音を単独で、そして「百ます計算」のように練習するのは根本的な無理があるのです。

言語音は前後の音がほぼ同時に発話される調音結合が多く、その調音結合こそが重要になります。その結合を学ぶとなると、算数的な組み合わせでは前後に45の母音と子音考えられますから、1つの音素に45x45=2,025個の結合があります。その45倍あるので91,125個の組み合わせが存在します。

音素のように音を区分けで教えると、前後の音で影響を受けると言うだけで、簡単にするつもりが非常に面倒な事になります。

その理由は音声を切り刻んでも45の音に分類できる音が取りだせないと言う事です。その結果45の音をどう並べても、「百ます計算」のように練習してもネイティブのような発音にはなりません。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月10日 (土曜日)

音のストリームはtwitterを使用せず

現在、英語教育者がtwitterで英語の輪を作るためのネットを構築しております。下記のメンバーがコアになりそうな先生仲間のtwitter IDです。

@HIROTOONISHI     ハートで感じる英文法、NHK TV英会話の大西泰斗先生
@mayumi_ishihara     著書多数の石原真弓先生
@cainarita          中学英語も不安なあなたへ…瀬利善郎先生
@rishizaki                    発音指導のRie先生
@HanadaTetsuya            TOEICの花田塾長
@yutaka_uda                 30音のUDA先生
@k_matsuzawa                英語耳の松澤先生

2chなら「お前(桜井)はいくら入りたくても、その輪には入れないだろう。」と言われそうな面々です。

2chなら負け惜しみと言うでしょうが、私もtwitterを使っていますが音のストリーム・ベースで教えるために使う予定はありません。私はサイトや掲示板やブログやメルマガや無料レポートスタンドやスカイプを使ってきました。

私なりの媒体を持ち、自分の意見を発したいからです。しかし、twitter を数ヵ月使ってみましたが音のストリームで使える媒体ではありません。

その理由はつぶやく事にあります。しかも140以内でつぶやけというのです。英語の単語や表現を説明するのには最適ではありますが、英語を教えるものがそれをするのはあまり意味がありません。

なぜなら辞書やネットにはそのような情報が満載されており、参照するに整然とまとめられ、検索できようになっています。しかし何十万語の辞書でも十分なものでありません。

英語であっても日本語でも、プロでもアマでも、大人でも子供でも自分が使える表現は自分自身が管理するしかありません。それが言語習得の最も重要な部分です。先生とは言え、あまり口をだす部分ではありません。

子供に小言を言いながら、仕送りをする親のようなもので、親がすべきことは子供が完全に自律する事であり、親の方からそれを促すべきだと思うのです。パラサイトのように家に居着くよりは、親なんか知らんと言って家を出る子供の方が健全だとは言えるのです。

英語を教えるならどのようなするのが最も効果的な方法かの基本を教えるべきだと思っています。言ってみれば親が子供を自律させるように、早く教える必用なくなるように教えるべきです。

英語学習はこうあるべきだと言いたいなら、私などとても140字では収まりません。それはtwitter ではとてもできない事だと思っています。

英語の先生方はこれからどうtwitter を使っていくのか見守っていきます。私はやはりこのブログのような媒体が教える者には最適だと考えています。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月 9日 (金曜日)

英語教育において「ネイティブ並みのきれいな発音」は意味があるのか?

上記の議論が下記のブログで公開されています。私も参加しております。詳しい事はサイトを参照してください。

http://d.hatena.ne.jp/souheki1009/20100330/p1

このブログを書いている方は大変オープンな人で私のコメントを全て公開してくれました。ブログに書かれたコメントは納得いかなけば、それに対する意見を書けば良いし、場違いでない意見であるなら公開するのがスジであると思われます。

例え自分に都合の悪いコメントであっても場違いの発言でなければ公開するか、さもなければ少なくともメールで自分のコメントを送るべきです。

私は自分のブログにもコメント書いて欲しいし、ネットワークの最大の利点はオープンに対話ができる事にあると思いますので、コメントを書いたり書いてもらい、意見を交換するのは大事な事だと思っております。

英語喉の上川一秋氏や英語脳の石渡誠氏などは私のコメントはまったく公開しないばかりか、何のコメントも、何の知らせもありません。大変失礼な事だと思っています。私の意見が批判的であるなら、私のブログに彼等の批判的なコメントを書き、それぞれが自分の主張をして、読者の方が双方を読んで判断してもらうべきだと思います。

公開ができないと言う事情が既に私のコメントに負い目があるような気がします。何もなくても、それなりのメッセージは感じとる事ができます。

上記ブログへの、私のコメントの重要な部分はここで何度も書いていますが、次のような内容です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

英語とは「言いたいことを伝えられる」レベルの発音ならばそれでいいのではないでしょうか?”と言われていますが、極論とは言え間違いはありません。それなら発音でもどうでも良いのかどうかと言う質問です。

水泳の種目に自由形があります。これは泳ぎ方は自由に選んでも良い、速ければ良いと言う競技です。この自由形の選手になりたい若者に、水泳コーチは泳ぎ方はどうでも良いから、遮二無二に速く泳げと言いますか。

オリンピックでも日本でも自由形とは言え、レースで泳ぐ選手の100%がクロールと言う泳法で、しかも全員がきれいなフォームで泳ぎます。現在ではビデオで撮ってそのフォームをチェックします。

速く泳ぐのが目的だから、泳ぎがどうでも良いと言うコーチは世界中でどこにもいません。その理由は速く泳ぐにはフォームは非常に大事だからです。速く泳ぐためにきれいに泳げと言います。

英語を話す場合も筋肉と動かす運動ですから、かなり水泳に似ています。ただし、言葉を話す時は水泳の場合の相手が水と違い、相手は空気ですから、フォームの悪い発音も慣れてしまうと苦にならなくなる場合があります。

だからその発音はどうでも良いと言う結論には絶対になりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながら私の後にコメントがどんどん増えて盛り上がると言う事はありませんでした。でもコメントを公開してもらえただけ幸運でした。

これからもどんどん機会があればコメント書いていくつもりです。もし、よろしければ私のブログへのコメントも大歓迎です。例え私の主張や手法に不都合な事であっても公開します。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月 8日 (木曜日)

野口悠紀雄氏の”図解超英語法”のまやかしの数々

講談社から野口悠紀雄氏の図解超英語法と言う本が出版されました。この本の中には英語を習得するための方法が図解されております。しかし、その内容はまやかしが非常に多くあります。

英語法と言う言葉が胡散臭いです。何を意味しているのでしょうか。中身は英語学習方法が図解されています。

もっとも大きな間違いは「正確な発音は必須ではない」と言う事です。英語の音声に音素が並んでいる訳ではありませんから、英語の正確な発音と言うのは存在しないし、科学的な定義がありません。

正確な発音ではなく、ここでは良い発音と言う事で理解します。しかし、野口氏は「大切な事は”聞ける”こと」と言っております。

私も”聞ける”ことの重要性を重視して音のストリームは聴覚を英語に適応させる手法と位置付けています。

発音と言うのはそもそも自分の発音を聞いて調節する方法です。本当に聞ける力がああればまず自分の発音こそまず聞くべきであるし、自分の発音を聞いて判断できない人が多様性のある他人の発音聞くのは無理な事です。

私は聞く力を養うために、最も易しい発音学習を軸に練習をして聞く力を学ぶ方法を取り入れております。最も聴覚を鍛錬する理想的な学習方法です。

「専門用語が大事」と言うのは、これは専門家同士の場合のみに有効であり、専門語は日本人同士でも分野が違えば理解できません。専門家同士が専門分野を話すなら言語能力などなくても数式や図解で理解できる場合が多いかも知れません。

しかし、英語を習うのは国際的な学会に参加するだけが目的でありません。現在私は大学で教えている方に音のストリームのレッスンをしています。その先生はパーティーとか食事の時にいろいろ話したいと言う願望で英会話を習われています。学者としてはこちらの先生の方法が本当の国際人だと思います。

「インターネットには無料のよい教材がいっぱいある」と書いています。それは事実ですが、問題は日本人が英語が話せないのは良い教材が不足しているからでしょうか。

英語を学びたい人であればかなり予算を持っています。英語が習得できないのは、予算不足で良い教材が買えないからではなく、どうやれば効率的に学習できるから分からないからです。有料の本が効果がないが、インターネットの無料のよい教材が効果があると言うのはあり得ないと思います。

野口氏のように科学的な根拠もない、自己流の考えを本にして販売する人が多く、英語学習者は何を信じて良いかが分からないのです。

また日本人が英語が話せないのは英語のインプットやアウトプットの量ではなく、学習の方法が正しくないからです。インプットやアウトプットの量を増やす事が英語学習に効果的なら、数十年前と比べ日本人の英語力がすでに上がっているはずです。

現実的には現代の生の英語がふんだんに聞ける現代の若者の英語のレベルが特に上がっていないのはインプットやアウトプットの量ではどうにもならない壁があるからです。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月 7日 (水曜日)

英語文化圏に在住の方への音のストリームで最初のレッスン

昨日は北米滞在2年の方へのレッスンが始まりました。毎日生の英語を聞いている方へのレッスンですから気を使います。

それは英語文化圏在住の方にはネイティブの発音を良く聞いてくださいとか、英語漬けになってくださいとか、たくさん英語で話してくださいとか、毎日練習してください、と言う安易なアドバイスは無用です。

ネイティブの発音を四六時中聞いて、機会あれば英語を話す努力をして、現地の人の発音を毎日聞いていても英語が話せないからです。

幸いにも英語文化圏の環境が英語を学ぶのに最適で無い事は自分でも知っています。英語文化圏と言うのは英語の使い手はたくさんいますが、皆が英語の使い手のプロです。プロはあまりアマは初心者を相手にしたがりません。

このような環境で、英語を学びたい人と特別に話したい人はごく少数です。英語文化圏は英語を運用するにはベストですが、英語の初心者が学び始めるには必ずしもベストでありません。

自分の場合にはいろいろやっているうちに話せるようにはなりました。でも現在は何が最も大きな問題で、どうするのがベストなのかを知りたいと思っています。

昨夜はスカイプを使い発音を聞かせてもらいましたが、日本人の英語学習者としては上手な方であり、音素の発音から見れば特に悪い部分はありません。

でも話せないと言う現実があります。つまり英語のインプットやアウトプットの量で
も、英語の発音の問題でもありません。

発音できれば聞きとれると言う事実はないし、発音できても話せないと言うのが事実なのです。

話せない原因が分かればその対策を立てる事ができます。実は原因は分かっています。英語を話すレベルまで多くの英語の音や意味を覚えていないのです。記憶の絶対量が少ないのです。

その記憶の絶対量はインプットやアウトプットの量ではうまく克服できません。もちろん英語文化圏で英語が話せるようになった人はたくさんいます。でもそれはインプットやアウトプットの量が主として作用したのでなく、他の要因こそが大きな貢献をしています。

その要因とは英語の音と意味をたくさん覚える努力をした人です。もちろん英語文化圏に在住してたくさんの英語聞いて、英語を話して覚えて人が多く存在します。しかし、英語文化圏の生活が2年や3年では流暢に話すのは大変に困難な事であり、そういう私も例外ではありませんでした。

覚える努力をしない人は英語文化圏で何十年生活をしても、言葉がその期間に応じて上達しておりません。量だけではどうにもならない証明です。

音声英語だけで考えてみると、通常の会話であれば1年以内でもかなりのレベルでも話せるようになれるのではないかと思っています。このような短期間で覚えるならインプットやアウトプットの量に依存するのは賢明ではありません。

そのような事は本当に可能でしょうか。現在多くのモニターの方がいます。その内の何人かは1年以内にある程度の会話ができるようになるものと期待しております。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月 5日 (月曜日)

まさか、あの英語耳の松澤喜好氏が私の高校の後輩とは

昨日、英語耳のサイトを見ると松澤喜好さんがツイッターのログを公開しておりました。私もツイッターのアカウントを持っているのでフォローすると、松澤喜好さんが川高の同窓会に行ったと書いてありました。私はサイトでも出身高校を開示しております。

川崎には県立川崎高校と市立川崎高校があり、川高と言う場合には県川(けん・かわ)とか市川(いち・かわ)とか呼んでおりました。川高だから同じとは言えません。

しかし、県川の同窓会名簿は柏葉会会員名簿と呼ばれており、それをみると松沢喜好の名前がありました。住所や電話番号や学歴をみると間違いなく、英語耳の松澤さんでした。私の数年後輩に当たります。

私がネット活動を始めてたのは2chではなく英語耳の松澤さんの掲示板です。音声認識に詳しいと思われる松澤さんと音声認識の議論をして、長い期間が掛かりましたが、英語耳で言う音素ベースの音声認識は間違いで、音のストリームの動的認識である事を認めてもらいました。

松澤さんは英語耳で”発音できる音は聞きとれる”と言っておりますが、それは科学的には間違いであると認めた時であります。

当時は英語耳はそこそこに売れ、多くの人の関心を集めていましたから、掲示板での動的音声認識の話題はかなり多くの興味を持って読まれました。

そして松澤さんからは私が頻繁に引用するピンカー氏の本「言語を作り出す本能」を紹介してもらいました。

しかし、松澤さんはマラソンに例えると英語耳で音声英語教育のコースの半分を完了したので、これから残りの半分をやると言うので、私は松澤さんはマラソンのコースを間違えているから、スタートからやり直すべきだと主張しました。

その結果、松澤さんの掲示板の多くの英語耳サポーターの方々から桜井の態度が悪いからアクセス禁止にしろと言う声が上がり、遂に私は松澤さんの掲示板から”荒らし行為”と不名誉な理由によりアクセス禁止にされてしまいました。

松澤さんの掲示板に私が荒らし行為をしたと書かれ、その噂は直ぐに2chで公開され、それ以降はネットで私は不名誉な荒らしの桜井と呼ばれるようになりました。

次々と英語教育者の間違いを指摘する私の得意なパターンは英語耳の掲示板で学習したものです。その度に私は荒らし行為と呼ばれるようになりました。

私は人間が音声を音素ベースでなく音声の動的認識しているので、音声に音素を並べる必用はないし、多くの科学的な論文により、ネイティブの音声には整然と音素は並んでいない事が確認できました。

そして、それなら音声を学習するなら音素(発音記号)ベースでなく音のストリーム・ベースの方が学習効果が上がるのではないかと言う事で、3年前ころにサイト公開して現在に至っております。

私を最初に荒らしと呼んだのも、私に多くの人の関心を集めてくれたのも松澤さんなのです。今でも悔しさと、感謝の気持が半々ですが、私のネット活動のきっかけを与えてくれたのは松澤さんなのです。

その松澤さんが私の高校の後輩とは、世間は小さいものです。

残念ながら昨日までフォローできていたツイッターの松澤さんのアカウントはもうフォローできません。明らかに後輩が先輩の私のフォローをブロックしたからだと思われます。

高校の後輩とは言え、英語耳の松澤喜好氏とはこれからもコミュニケーションがうまくとれないようです。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月 4日 (日曜日)

北米在住2年の方から音のストリームのブログモニターへの問い合わせ

さっそく北米在住2年の方から問い合わせがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桜井様 はじめまして。

ブログモニター4月生募集を拝見し、メールをさせていただいております。 現在、北米に夫の仕事都合で2年間滞在しております。小学生の子供が二人、現地校に通い、私は専業主婦をしています。こども達はゼロからのスタートでしたが、一年半を超えた辺りから、英語を話し始めました。

一方私は、アメリカ人ママの友達もたくさん出来、英語が話せないなりにもコミュニケーションは上手くいっています。私も聞き取りは同じ時期から、60~70%出来るようになりました。

しかし、自分のことを話すのができないのです。ですから、その友達との会話をもっと楽しみたい、そしてもっと思いを伝えられるようになりたいのです。 言おうと思うことが口から出てこない。

子供たちとの違いは断然、英語を耳にする量の違いだと思います。こども達は自然な英語を使うのです。しかし、私は、本から覚えた英語しか話せません。こんな言い方するのかな?と思うと、言うのも躊躇してしまいます。

単純に覚えたつもりの言葉が出ないこともあります。 以前からブログを拝見し、ICレコーダーに録音、家事をしながら聞いています。他にはこどものテレビ番組も録音し、何度も聞くようにしています。

ただ、自分ではやはり自分の声を録音することはしていません。気が重いというか、意思が弱いんですね。そこで、やはり助けて頂くことで、頑張りも続くんではないかと思っています。 条件については、ブログの公開・公開予定以外は全てクリアーしています。もしモニターとして、レッスンを受けさせて頂けるのであれば、ブログ立ち上げをしたいと思います。

ご連絡をいただけると幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この方の場合には単純に、私が言う自動化ができていないだけだと思われます。そのためにはまず最適化された音を身に付ける必要があります。

現在北米に住んでいますので、覚えた英語表現を直ぐに使って試す事ができますので、教える方も気合いが入ります。北米は私も長い事住んでいましたのでなつかしく思います。

以前、オーストラリアにワーキングホリデーで滞在している日本人の大学生に教えた事があります。この時も非常に貴重な体験となりました。

もし、この方がモニターとなり、ブログが公開されましたらお知らせします。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月 3日 (土曜日)

音のストリームの無料ブログモニター4月生募集

音のストリーム・ベースで英会話を学習したい方の無料モニターを募集します。

ブログモニターの方のブログが公開されていますので、参考にしてください。

私は多くの方に教材を販売して、スカイプで教えてきましが、非常に驚異的な効果を発揮した方には共通の条件があります。それはスカイプを使い時々チェックさせていただけ、メモリボWか単語カードで例文の練習カードを作り独自にICレコーダーでこまめに着実に勉強された方です。

このような方であれば英会話習得は100%間違いがありません。この条件が揃えば英語のレベルや年齢に関わらずだれでも英語が話せるようになります。

そこでまた、音のストリーム・ベースで英会話を習得した人を増やすために、無料モニターを募集します。

以前の募集ではほとんどのモニターの方が9~18回のレッスンで500例文の練習を完了させています。

無料モニターになる方の条件は次のごとくです。

無料モニターの方には現在メルマガで配信している500例文を使い、期間3ヵ月で1回約1時間のスカイプのレッスンを合計で10回から20回受けていただきます。500の例文をなるべくネイティブのような発音で覚えてもらいます。そして学習の進行具合とレベルにより、必要に応じて現在販売されている教材もどんどん無料で提供していきます。必要と思われる市販されている全ての教材と個人レッスンが双方とも無料です。

500の基本例文を繰り返し練習してもらい、ネイティブに近い発音になり、映画やDVDの英語が聞き易くなります。聞いた英語で、自分の気に入った表現はどんどん覚えられように、聴覚を英語の適応させるのが目的です。応募された順からレッスンを開始します。

1.500の例文を3ヵ月で覚えたいと希望する方。
2.ICレコーダーを持っているか、購入予定の方。
3.500の例文を単語カードに作成できる人かメモリボWを持っているか、購入予定の方。
4.週に合計で4時間以上の独自の学習のできる方。
  スカイプの個人レッスンは週1~2回くらいですが、夜間や土曜日、日曜日の週末でも構いません。
5.ブログを公開しているか、公開予定の人。英会話習得の経過についても書いてもらいます。
6.ブログの内容はなるべく学習の状況を正直に書いていただければ、うまく学習が進まない場合でもかまいせん。但し、故意に実体よりも悪く書かれているような場合はレッスンを中止させてもらいます。
7.募集人員は若干名です。
8.都合が悪くなればブログもレッスンもいつでも止めてかまいません。もちろんいつ止めても無料です。
9.スカイプが使える環境にあること。

応募方法:スカイプかメールで桜井恵三にコンタクトしてください。音のストリームのサイトにスカイプのボタンが容易されています。メールアカウントもサイトにあります。応募の動機を話してください。質問も受け付けます。

個人レッスンについて:
学習意欲に合わせて進行させますので、週に2回や3回のレッスンも可能です。しかし、独自の学習時間もそれに合わせてもらい必要があります。個人レッスンでは発音の状況や覚えているかどうかのチェックと発音と覚え方の指導させていただきます。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月 2日 (金曜日)

音のストリーム教育の熱意が伝わった時

昨日は音のストリーム学習の重要なポイントである音を連続的に変化させ、その連続音にメリハリを付けて聞き易い音にすると言う基本が分からないモニターの方のレッスンがありました。

ブログを見ても、その辺がどうも分からないと言う内容で終わっており、その後どうなっているかが気掛かりでした。私はオンラインの状態が多いのでレッスンが無くてもチャットで問い合わせてくれる方もいます。

この方の場合はブログにも途中経過がありませんし、スカイプのコンタクトもありませんでした。ブログに書いてあればこちらからコンタクトますが、そうでないのにこちらがあまり積極的になるのは気がひけます。

以前は私が積極的に成りすぎて、やる気を無くさせたようなケースもありました。教える側と教わる側の距離感は学習者により適度の距離が必用だと思っております。

幸いにも昨夜のレッスンではほぼ壁を乗り越えたようでした。スカイプの場合は音声ですから、相手の感情が十分に感じられます。前回のレッスン終わった段階では釈然としないと言う感じがしました、スカイプの最初の声を聞いた時に明るい声だったので大丈夫だと思いました。

まず第一声は「自分で練習してその後はどうですか。」の質問をしました。「自分で発音している段階ではかなり良く言っているつもりですが、録音して聞いてみるとそれ程でもありません。」

聞かせてもらうと、明らかに前回と違う生きの良い発音が聞かれました。もちろん練習の賜物です。

「非常に上手になっていますが、どうやって練習したのですか。」と言うと「教えたもらったように映画やサンプル音を聞いて、自分でも真似てみました。道を歩きながら発音すると変に思われるので、携帯電話を使っている振りをして、練習してみました。」

「桜井さんが命をかけて考えてた方法を、私が台無しにする訳にはいかないと思い練習しました。」私の熱意が伝わったのでしょうか。この方はブログを公開しているので、責任を感じていたのかも知れません。

モニターの方には上手くいっても、まずく言ってもありのまま書いてくださいと言っています。もちろん上手くいかないのは何か問題なのですが、学習において誰も何も問題がない方が不自然です。いろいろな山や谷を越えるのが学習であり、発音学習はそのためには格好の題材です。

発音の習得はあくまでも話者主体であり、誰がどう教えてもできるのはアドバイス程度で本人の気付き以外は何もできません。

しかし、本人が聞くべきポイントが分かると先生すらも必用ありません。自分や他人の音声を漫然と聞くのでなく、ポイントを定めて聞くとだんだ分かるようになります。

そのポイントが最初の内は分からないようです。こうやって自分の自分の発音のコントロールができるよになると面白いように練習が進み、上達します。

次回のレッスンが楽しみになってきました。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

2010年4月 1日 (木曜日)

アメリカ版の音のストリーム・ベースの教育サイト

アメリカで音のストリームと同じようなサイトを見つけました。彼らは Flow Englishと呼んでいます。全てはないのですが、教え方、英語の捉え方はかなり酷似しております。

彼らはこのような主張をしています。

http://www.flowenglish.com/

* The incredible Way to Learn Vocabulary and Grammar Without Study-- Listen & Answer Mini-Stories. These lessons are simple and amazing. You learn grammar and vocabulary without study or memorizing.

* The Deep Learning method that helps you use English automatically. No more translating. No more thinking. The words just come out.

* The way to learn English in a relaxing way by listening to real English stories about interesting topics.

* The way to avoid grammar study and instead learn grammar like children-- naturally.

* How our best students learn, how they study,-- and how you can learn English faster.

* How to raise your iBT TOEFL speaking and listening scores 20%, 30%, or even 40%.

* Lessons that help you learn English 4X faster.

* How to meet other English speakers and talk with them.

私はこのサイトの無料のメールアドバイスと登録しました。その中でいろいろなアドバイスをしてくれます。特に似ているのは文法を覚えるな、表現を覚えろと言う事dす。音のストリームとは読んでおりませんが音の流れを重視する方法は同じです。

メールのアドバイスで普通の4倍の速さで読むように言ってます。私も個人レッスンでは速度には大変にこだわっており、速い方が覚え易いと思っています。

彼らと協力するつもりはありませんが、参考になるところはあると思っています。

最大の問題は第二言語の英語を英語で教える矛盾です。英語でアドバイスできるならかなり英語ができる人と言う事になります。

メルマガ(音声付)500例文を音のストリームで最適化と自動化して覚える練習

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/otherfiles/merumagaform.html

最も効率的に英語を覚えて、使うネットショップ

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/

自動化と最適化による、最も効果的な英語学習方法

http://www.eikaiwanopl.jp/shop/contents/kihon/kokateki.pdf

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »