無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

オンライン状態

« 音素ベースとストリーム・ベースの違い | トップページ | 2chへの挑戦 »

2008年11月26日 (水曜日)

会話をしても話せるようにはならない

私の所にはスカイプやメールで多くの問い合わせがきます。その一部の方が教材を購入してくれたり、レッスンを受けてくれます。

多くの人が納得できないのは反復練習をする事のようです。ほとんどの人は英語を話す外国人と対話をしていれば英語が話せるようになると思っています。

英会話でも日本語会話でも練習しないと話せませんと言うのですが、理解されません。それは子供は練習なしで会話を覚えているように見えるからかも知れません。

臨界期前の子供と言えども練習なしで話せるようになりません。日本語文化でも英語文化でも練習なしで話すだけで、会話ができるようになりまえん。

我々が日本語を覚えるのも遊んでいる間に覚えたように勘違いをしますが、人間は最初の単語話すのに12ケ月くらいかけていますし、その後も覚える単語は数日に1つとか大変に遅いスピードなのです。

3才くらいから急速に言葉が話せるようになりますが、それは生まれてからそれまで、つまり3年間くらいの練習期間があるからです。

私は3才くらいを聴覚が言語に適応した状態と言っています。つまり聞いた事をそのまま話せるような状態を言っております。この状態に至るまでには反復練習を済ませているために、聞いた音をそのまま記憶して覚える事ができます。

英語を臨界期を過ぎて習う場合には聴覚が弱くなりますので、子供が言葉を覚えるよりは厳しい条件となります。そのために子供以上に反復練習が必要です。

外国に長年日本人が、日本に長年住む外国人がじょうずな会話ができないのは、基本的な練習をしないからです。練習をしないで話すだけでは、日本に長年住む外国人のように片言の言葉しか話せないのです。

しかし、これは言葉で説明してもなかなか理解されません。スカイプを使い外国人と話せば、英語が話せるようになると信じているのです。

英語文化圏の外国に住んでも上手な会話が覚えられないのですから、基本的な練習なしではスカイプで何十時間話してもそれほど上手にならないのです。

« 音素ベースとストリーム・ベースの違い | トップページ | 2chへの挑戦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218265/25659285

この記事へのトラックバック一覧です: 会話をしても話せるようにはならない:

« 音素ベースとストリーム・ベースの違い | トップページ | 2chへの挑戦 »