無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

オンライン状態

2017年5月26日 (金曜日)

子供に「ABC」から始めてはいけない理由

廣津留真理氏が次のように言っています。

あなたのお子さんが、今日から英語を始めるとします。単語と音読にすぐに取りかかります。

決して「ABC」から始めてはいけません。 そこから入ると、出口がありません。 いつまでも、何年も初歩レベルを繰り返すはめになります。 そんな親子が私のもとにたくさん救いを求めてやってきます。

 では、何から始めるのか?単語の暗記と、英語の音のモノマネです。

「難しい」「難しくない」にフォーカスをあてていない子どものピュアな感性で英語を学ぶには、ホンモノに触れさせるのが一番!

 単語帳は、絵がついた、文字の大きいものではありません。 私が本書で紹介している単語帳のような、英語と日本語の文字のみの単語帳です。

 え、子どもに文字だけ読ませるなんて。実物があったほうが覚えやすいのに……。わかりました。
 では、開始後1週間は絵で覚えましょう。または実物で示しましょう。

 でも、そこからは、英語と日本語だけで大丈夫です。 親が賢かろうとそうでなかろうと、まず、子どもの実力を信じます。

 単語帳を開始するときは、子どもではなく、親には次のような覚悟がいります。イメージしましょう。うちの子は、単語を1万語も2万語も覚えて、あらゆる英文が読めるようになる。そこから興味関心が出てきて、好きなことを夢中になってするようになる。

 世界のどこにいても、人の役に立ち、しっかり生きていける人間になる。うちは、英語はお遊び感覚ですからと、ABCやゲームばかりやる児童英語教室に行かせていると、親に覚悟は不要です。

 なんとなく英語に慣れてくれればいい、 親がそんな気持ちでいたら、子どもはまったく英語に慣れません。
 単語力も読解力も、英語コミュニケーション能力も育ちません。

2017年5月25日 (木曜日)

私の英語勉強法(金井宣茂さん:宇宙飛行士)

宇宙飛行士の金井宣茂さんが英語学習を説明しています。

宇宙飛行士の金井宣茂さんは、12月頃から約半年間、国際宇宙ステーション(ISS)に初めて滞在し、宇宙環境が人体に及ぼす影響を調べて医療の向上に役立てる「宇宙医学」の実験などに取り組む。海上自衛隊の医官だったが、転身を決意させたのは、持ち前の冒険心だ。英語は管制センターや飛行士仲間との意思疎通に欠かせないツール。苦手意識はあったが、日々の勉強で克服した。

危機管理は意思疎通がカギ
初飛行を半年後に控え、米国人、ロシア人との3人一組で、打ち上げ、ISSとのドッキング、帰還など、本番を見据えた模擬訓練が続いている。その中でも重視されているのが確認作業。確認を怠れば、大事故につながりかねない。船内の火災や故障を想定した危機管理の訓練では、細心の注意が要求される。飛行士は、火災が発生しアンモニアなどの薬剤が漏れた場合、ガスマスク越しに意思疎通を図らなければならない。先輩飛行士からは「increase、decrease では発音が似ているので、increase の代わりに raise を使う」「Aの字で始まる単語は船内で漏れると危険な ammonia を思わせるので、使わない」「声は大きく、発音ははっきりと」などと注意された。「コミュニケーションが肝。(能力が)試されます」

ISS の日本実験棟「きぼう」では、自身の体を検体にして、宇宙環境で弱くなりやすい骨や筋肉をどう回復させるか、あるいは健康に保つかをテーマに実験を行う。自ら運動したり、薬を飲んだりして、データを記録していく。

帰還後は、ISSで得た成果を医学に還元したいと考えている。加齢を遅らせる研究などに応用できる可能性があるからだ。アジア地域では、日本が宇宙開発の先導役。それだけに「研究者だけでなく、宇宙飛行士を志す国内外の若者や一般の方にも、宇宙医学のことを分かりやすく伝えなければいけない。そのためには、ますます語学力を磨かないと」

今でこそ、ある程度英語を使いこなしているが、もともと帰国子女ではないし、留学したり、外国人と接したりした経験もなかった。学生時代、英文法は学んだが、楽しさは感じられず、「自分には才能がない」と思い込んでいた。防衛医科大に進み、英語の医学論文を読みこなす必要はあったが、語学には「義務的に取り組んだ程度」。2002年、海上自衛隊に入隊し、防衛医科大や広島、青森両県の自衛隊病院で医官として勤めたが、診療では英語が必要とされなかった。

米軍との交流で一念発起

英語を学び直すきっかけになったのは05年、米国の軍基地内で半年間行われた、潜水艦乗組員の健康管理に役立つ「潜水医学」の研修を受けたことだった。米軍の仲間たちと宿舎で共同生活を送りながら、講義や潜水訓練を受けたり、週末にはバレーボールを楽しんだりした。「英語を話せない人に対する心の広さを感じた。言葉や文化が違っても分かり合えた」。研修を通じて世界観は広がったが、講師や仲間たちが使う言葉が聞き取れず、伝えたいことがうまく表現できなかった。「英語でもっと意思疎通ができるようになりたい」と一念発起した。

当時勤務していた青森県むつ市の自衛隊大湊病院への通勤時間や余暇を生かし、TOEICの教材CDを聞き流したり、英字紙を読んだりした。事前に日本語で読んで内容を把握していた科学や国際情勢のニュースは、英語で読んでも分かりやすかった。

地道な勉強が功を奏し、990点満点中560点程度だった TOEICのスコアは900点にまで伸びた。徐々に上がる点数が励みになり、「学ぶことの楽しさを感じた」。しかし、宇宙飛行士になるには、さらに上を目指さなければならなかった。

海上自衛隊に入隊したのは、船医の活躍を描いた旅行記「どくとるマンボウ航海記」に憧れて。少年時代は冒険小説が大好きで、よく読んだ。宇宙飛行士を志したのも冒険心から。宇宙医学に興味があり、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の08年の飛行士募集に応募。約320倍の難関を突破し、翌年に選抜された。

約2年に及ぶ基礎訓練を受けたが、当初は講師との意思疎通が難しかった。「金井は本当に英語を分かっているのか。大丈夫か」と心配され、マイナス評価を受けて情けなく思ったこともある。「宇宙飛行士に向いているのか」と自問した時期もあった。それでも、宇宙に出たい情熱は衰えなかった。

本格訓練は16年1月から。当初は先輩飛行士らを講師とし、管制センターとのやり取りなどを練習したが、「管制センターに状況が分かるよう、正確に短く、明瞭に説明する必要があるので大変だった」

2017年5月24日 (水曜日)

ディープラーニングのAlphaGo が勝利

WIRED.によるとディープラーニングのAlphaGo が勝利しました。

人類の歴史において注目されるべき対局が、中国で始まった。2017年5月23日から27日まで開催される「フューチャーGOサミット」(Future of Go Summit)において、グーグル傘下のDeepMindが開発した人工知能(AI)「AlphaGo」と、世界一と目される棋士・柯潔(カ・ケツ)の対決が行われているのだ。

本戦は、囲碁における人類とAIの最終決戦といわれているが、先ほど4時間を超える戦いの末、柯潔は1戦目を落とした。3番勝負のため、25日の第2戦もしくは最終日の27日を迎えるまで、その決着はわからない。だが、AlphaGoの全貌がまったくの謎だった2016年のイ・セドル戦とは異なり、その敗北はある種予想されたものだった。

AlphaGoを開発したDeepMindのCEO、デミス・ハサビスは、サミットの開会式で「柯潔が勝とうとAlphaGoが勝とうと、それは人間の勝利である」と語った。AIはあくまで人間が使う道具であり、これまで見通せなかった領域に人間を導いてくれる「ハッブル宇宙望遠鏡」のような道具となるのだと強調した。そしてそれは、囲碁の世界においても同じだという。

ハサビスのこの説明も、試合の結果をある程度予測したうえだったのだろう。2016年のイ・セドル戦の直後に柯潔は「自分なら負けない」と発言していたが、昨年末にオンラインで非公式に実施されたAlphaGoとの戦いで、柯潔は3連敗を喫している。さらに、そこからAlphaGoは進化していることが予告されていたのだ。

人間らしい人工知能と、AlphaGoらしい人間

第1戦において興味深かったのは、柯潔がAlphaGoの打ち筋を明確に意識した一手を放ったことだ。2016年末、オンライン上に「Master」という名前で登場したAlphaGoは、柯潔を含むプロ棋士をなぎ倒し、60連勝を記録した。このときの棋譜は、いまも多くの棋士によって分析されている。

そして、今日の戦いの序盤で柯潔は、AlphaGoに特徴的な「三々入り」と呼ばれる手を打った。昨年に続いて実況解説を務めた囲碁棋士のマイケル・レドモンドは、「柯潔の打ち方は、AlphaGoのやり方を意識したうえで、彼なりに理解して進化させようとしている」と語った。その一方で、柯潔は試合後の会見において、「AlphaGoの打ち手は、まるで人間のようだった」と脱帽の意を示した。人間がAIから囲碁を学ぶ時代が、確実に来ていることを実感させられる。

2017年5月23日 (火曜日)

英語嫌いでも英語が好きになる

「英語か?嫌い」「英語学習のやる気か?出ない」「英語学習方法か?わからない」「「TOEIC」の点数か?全然伸ひ?ない」など英語が苦手!と堂々と宣言している人にこそ効果のあるセミナーを、千田潤一氏が登壇。
「英語難民救済」をミッションに、英語トレーニング法指導の第一人者として20万人以上に5000回以上の講演を開催し、英語嫌いに夢と希望とやる気を与える英語の神様、千田潤一氏による第一回GoGetterz LIVEを5月27日(土)開催します。

動画でeラーニングを提供するオンライン学びマーケットプレイス GoGetterz (ゴーゲッターズ:https://gogetterz.com/)【運営会社:株式会社ユイコモンズ(本社:東京都港区、代表取締役:松原春男)】は、オンラインの世界を飛び出し、滅多に会えない各界の第一人者をセミナー講師に迎え、ライブ会場でナレッジスキルを学んだり、生き様、考え方、夢や志についてのトークを伺う新しい学びの場GoGetterz Live をスタートします。GoGetterz Live は、メンバー限定の無料セミナー。LIVEセミナーは撮影し、GoGetterz の動画コースとして展開し、リアルなセミナーとeラーニングの併用学習を可能にします。

記念すべき第一回は、英語の神様・千田潤一氏。「こう言えばよかったんだ!」「こう学べばよかったんだ!」という気付きが満載。英語嫌いでも英語が好きになるほど効果的なTOEIC・ビジネス英語などの学習法を学びます。千田潤一氏は「英語難民救済」をミッションに、英語トレーニング法指導の第一人者として20万人以上に5000回以上の講演を開催し、英語嫌いに夢と希望とやる気を与える英語の神様。日本人の英語苦手克服に貢献しています。

英語の知識を学ぶのが英語が嫌いになる原因です。TOEICのための学習が楽しくないのです。英語を好きになるなら、英語知識ではなく、英語スキルの向上を目指すべきです。
だれがおしえてもTOEICなら知識を教えるしかありません。

2017年5月22日 (月曜日)

瀬戸康史が英語教師

次のようなニュースがあります。

 俳優の瀬戸康史(29)が、10月期の日本テレビ系連続ドラマ「先に生まれただけの僕」(櫻井翔主演、土曜・後10時)で、アクティブ・ラーニング(AL)のエキスパートの英語科教師役を演じる。

 ALとは「課題の発見、解決に向けた主体的、共同的な学び」を指す。教師による従来の一方向的な講義形式の授業とは異なり、グループディスカッション、ディベートなど生徒の能動的な参加を取り入れた学習法。新しい授業のスタイルとして注目を集めている。

 瀬戸は、エリート商社マンの鳴海涼介(櫻井)が校長として赴任した私立高校勤務の島津智一役。英国への留学経験を持ち、英語が堪能。人見知りする性格で校内での存在感も薄かったが、鳴海が「学校改革第1弾」として打ち出したALの授業を見事に実践。改革の担い手として、次第に存在感を発揮していく―。

 瀬戸は役作りのため、中学校を訪れ、英語のALを見学。現場の声を聞き、イメージを膨らませた。「生徒たちにクエスチョンを投げかけ、考えさせる。授業中に席を離れたり、話し合ったりは(経験が)なかったこと。積極的に参加する形が素晴らしかった。先生と生徒との隔たりがなくなると思った」と話した。

 役どころに共感する部分が多かったという。瀬戸は「何かに挑戦することは不安、恐怖が付きものだけど、やってみたら意外とうまくいったり、知らなかった世界が見えてきたりする。自分自身が変わるきっかけになる作品だと思った。僕自身も、可能性を広げるために、いろいろなことに挑戦していきたい」と誓った。20代ラストイヤー、役者として成長あるのみだ。

2017年5月21日 (日曜日)

英語は「仕組み」が8割

井津川倫子氏は次のように言っています。

「英語に挑戦したいけど才能がないからダメ」と最初からあきらめていませんか?

   じつは、英語力の差を分けるのは「才能」よりも「仕組み」です。効率よく学び続ける「仕組み」さえできれば8割は成功! 学生時代に英語が苦手だった人でも必ず上達します。必要なのは、「仕組みを実行する才能」です。

集中して駆け上がれ!
3か月だけ集中! やる気を維持する「腹八分」の仕組み

英語に挑戦する(もしくは英語の学習法を見直す)と決めたら、短期決戦型の計画を立てましょう。学習計画は3か月単位がオススメ。3か月だけ集中して、一気に山を駆け上る作戦です。

まず、3か月後に達成したい具体的なゴールを設定します。たとえば、「TOEIC(R)L&Rの目標スコアをクリアする」「英文メールを書けるようになる」「ニューヨークタイムズの記事を50%くらい理解できるようになる」などです。夏休みに海外旅行に行くことが決まっていたら、「現地の人と会話ができるようになる」というゴール設定もタイムリーでしょう。

3か月単位でゴールを設定する一番のメリットは、モチベーションを保てることです。 英語の学習は効率がすべてです。ダラダラと長い時間をかけるより短期間で集中するほうが、やる気が維持できて生産性が上がります。

最初の1か月で基本をマスターし、2か月目で土台を固めて、最後の、3か月目で応用力を磨く、というパターンでメリハリをつけましょう。

そして、3か月が過ぎたら次のゴールを設定します。走り高飛びのバーのように、3か月単位で少しずつゴールを引き上げていく「仕組み」です。

コツは、少し低めに「腹八分の目標」を設定すること。達成可能な目標を一つずつクリアすることで、自分に自信が持てるようになります(これ大事です!)。

英語学習は受験勉強のようなものではありません。何年もの時間が必要になります。すると学ぶ仕組みはネイティブを真似る事であり、点数を稼ぐ事でなく、スキルを向上させる仕組みが必要です。

2017年5月20日 (土曜日)

英語ミニマリスト宣言

ダイヤモンドオンラインで次のような紹介があります。

文法・和訳・書き取りの3つを断捨離したら、小学生でも大学入試レベルが読める!

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要!
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4~18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が5月25日に発売される。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか? 

「英語の不要3兄弟」とは?

 文法不要! 和訳不要! 書き取り不要!
 この3つを「英語の不要3兄弟」と名づけます。

 最近、世の中は、ミニマリストでいっぱい。
 ミニマリストは、最小限(ミニマル)のモノで暮らす人のことです。
 断捨離、ミニマルとモノにあふれてストレスいっぱいの暮らしを見直す人が増えています。
 これからの時代、英語も徹底的に断捨離です。

文法不要!の意外な理由とは

 私が常々しつこく「文法は不要」というのには2つの意味があります。
 中学・高校で教える「あれら」は実は文法ではないのです。教える時間がムダなのです。

「あれら」は、例文を暗記すればすむ、どちらかと言えば「言葉の使い方」の問題です。

 私が不要、と言っているわけは、暗記すればすむレベルの「あれら」が文法と思われたら困る。しかも、初めて英語を習うときにいきなり「あれら」の説明をされても、子どもたちは何にも感動しない、ここです!

文法不要という考えは私も賛同します。

2017年5月17日 (水曜日)

なぜLearn to Speakを選ぶのか

英語教材のLearn to Speakの説明があります。

数百万もの人々がLearn to Speakを気に入った言語学習法として選択しています。その理由の幾つかをここに挙げてみましょう:

あなたの学習をカスタマイズする

可動性投入システムはeLanguageが特許を所有するメソッドで、あなた個人の学習スタイルに一番適合した学習軌道をあなたに選択させます。基準コースを選択、又はあなた独自のパーソナル学習プランを作成してください: 事前の査定テスト、カスタム学習プラン、言語ワークショップ、及び進行度トラッキングはあなたが適合したレベルで必要な学習事項に集中することを可能にします。

自信を持って話す

Learn to Speakで素早く自然に言語を話すことができます。言語ワークショップはあなたに新しい言語の練習をさせ、習得させます。スピーチ認識ツールはシュミレート式ビデオでネイティブ・スピーカーとの会話を可能にするためにプログラムを通して組み込まれています。あなたは日常の状況設定で質問、及び対話したりしながら、会話を保つのに必要な自信を獲得していきます。

あなたのアクセントを正確なものにする

先進的なスピーチ認識、及び分析ツールはあなたのアクセントを正確なものにし、調整するために即時のフィードバックを提供します。あなたは短期間でネイティブのように話すようになるでしょう!

楽しむ

休憩が必要?あなたの言語スキルを強化するために考案されたゲームやパズルでリラックスして楽しみましょう。あなたはGo Fish、Hangman、及び Crossword Puzzlesをプレイしながら実際には学習していることに気付くことなく楽しめます。

ネイティブ・スピーカーによる無制限の翻訳

新登場のBenegoランゲージ・コミュニティを使用してネイティブ・スピーカー達による無制限の無料翻訳を得ることが可能になりました。著名オンライン翻訳ツールは恥ずかしい間違いを度々することがあります。あなたはもはや、マシーンの翻訳に頼る必要はありません。あなたは自信を持って正確にその言語を話すことを確実にするためにネイティブ・スピーカーのコミュニティに参加することができるのです。

オンライン資料

言語学習は語彙や文法ルールを暗記することだけではありません。それは前後関係と文化も必要とします。Learn to Speakは弊社のオンライン資料センターで旅行や文化的情報を提供します。旅行文書にアクセスして今後の準備を行なってください。それに加え、あなたは弊社のFacebook及びTwitterページの言語学習者とドイツ語スピーカー達のコミュニティに参加することもできます。

英語学習はネイティブを真似るディープラーニングが基本です。音声認識はスピーチ認識ツールではなく、自分の耳で聞かなければなりません。

«スピーキング上達のための日々の習慣