無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

オンライン状態

2017年12月16日 (土曜日)

子ども英語の新常識「CLIL(クリル)」を知っていますか

斉藤 淳氏がCLIL(クリル)を説明しています。

「英語のためだけの英語学習」を避けるべき理由として、前回は「モティベーション維持」の観点からお話してきました。これにもまして重要な第2の理由が、ただ英語“を”学ぶよりも、英語"で"何かほかの知識を学んだほうが、学習効率が高くなるからです。

CLIL(Content and Language Integrated Learning:内容言語統合型学習)という学習法をご存知でしょうか。これで「クリル」と読みます。これは文字どおり、その他の教科のコンテンツ理解と言葉の習得を統合した学習であり、世界中の語学授業で取り入れられている手法です(Coyle et al.,2010)。

さらに外国語教授法の世界では、生徒が興味を持っている教科分野を第二言語で学ぶことで、新たな知識の獲得と語学習得を同時に実現させようとするCBI(Content Based Instruction:コンテンツに基づく指導法)という考え方も以前から提唱されています(Snow & Brinton,2017)。

アスリートの外国語能力が高くなるのは、コンテンツに基づいた語学学習の有効性を示す一例でしょう。外国人力士の日本語があそこまで流暢なのは、相撲という文化的コンテンツのなかで言葉を吸収しているからです。
J PREPキッズが毎年夏にイングリッシュ・キャンプを開催しているのも、「拡大版CLIL」を意図してのことです。山形の自然のなかで3泊4日、オールイングリッシュ環境で過ごすと、ほとんどの子どもたちがみごとに英語を話すようになります。

ただし、実際のCLILは、相撲やキャンプよりも、通常の教科学習やもう少し専門性の高い学びとセットで語られるのが一般的です。

J PREPではヘミングウェイの『老人と海(The Old Man and the Sea)』やハーバード大の経済史学者であるファーガソンの『文明(Civilization)』を読ませています。ほかにも古代ローマ史とか初等物理学、プログラミングの授業を英語でやったり、ラッセルの『西洋哲学史(History of Western Philosophy)』を読んだりもします。

先日、最高レベルのクラスでは、ウェールズ大学の国際関係論の大家E・H・カーの『危機の20年(The Twenty Years’ Crisis)』を素材に、「なぜドイツ・ヒトラー政権と交渉したイギリスは、戦争を防ぎきれなかったのか」について生徒たちがディスカッション(もちろん英語で)をしました。

興味を軸に学ぶということは、ただ「好きかどうか」だけではありません。本当に知的好奇心を刺激するようなコンテンツかどうかを吟味することと表裏一体なのです。

「本物」の英語ですか?――素材のオーセンティシティ
日本の教育では、無味乾燥な素材を使って、ひたらすら基礎固めの“修行”をしてから、そのあとに大して面白くもない応用編がおまけのようについてくる、というのがお決まりの流れになっています。
しかし、「学習用に調整された英語」ではなく、噛み応えのある「本物の英語」を味わう機会は、年齢に関係なく必須です。

SLAの世界でも、素材となる英語が本物であること(Authenticity)が、学習効率に大きな影響を与えるという報告があります(Snow & Brinton,2017)。
逆に言えば、ネイティブが絶対に口にしない「加工済みの不自然な例文」ばかりをインプットしても、英語力はなかなか高まりません。英語をスムーズに身につけたいのなら、英語を母語とする人たちが生み出したオーセンティックな(本物の)英文素材を選ぶべきなのです。

英語は世界中で話されている共通語ですから、何が本物で何が偽物なのかはかなり曖昧なのも事実です。ただし、社会に出たときには、自然な英語を使えるかどうかは、現実問題としてその人の評価を大きく左右します。そんな事情も考慮すると、やはり学習素材には「本物として通用する英語」を選ぶべきだと思います。

さて、これまでの連載を少し振り返って、まとめておきましょう。子どもの外国語学習においては、次の3つを意識することが大切でした。

1 「文字」ではなく「音」から学ぶ
2 「断片」ではなく「かたまり」で学ぶ
3 「英語を」ではなく「英語で」学ぶ

これが基本中の基本です。とてもシンプルですよね。

「英語を」ではなく「英語で」学ぶのは無理な事です。歩けない人に、歩いてみろと言うようなものです。 「英語で」学ぶのではなく、自然な英語を学べと言う事です。それが本物の英語です。

2017年12月15日 (金曜日)

専属コーチが英語学習支援のサービス

リクルートマーケティングパートナーズ(RMP、東京・中央) 2018年2月にも、専属コーチの支援を受けながら英語を学習できるサービスを始める。通話やメッセージのやり取りができるアプリを通じて学習の計画を立てたり悩みの相談に応じたりしてくれる。学習へのモチベーションを維持してもらう。18年度中に1万人の利用者を獲得する目標だ。

 英語能力テスト「TOEIC」の受験に向けた学習を支援する。RMPは17年8月からTOEICを自主的に学習できるアプリを提供していたものの、自学だと継続が難しいとの声が利用者から相次いでいた。アプリにコーチの指導を加えるかたちで新たに提供する。

 RMPはTOEICの受験経験があるコーチを既に50人程度採用済み。各コーチが10~20人の学習者を担当する。学習者はアプリを通じてコーチと1週間ごとの学習計画を立てるほか、勉強実績を毎日報告する。学習にはネットやアプリから視聴できる映像講義や紙の講座を使ってもらう。

 サービスは3カ月間か6カ月間にかけて提供し、料金はそれぞれ6万8000円(税抜き)、9万8000円(同)。

言語は自主的なアクティブラーニングの時代です。そのアクティブラーニングにコーチを受けるのは正しい方法でも、効果的な学習方法でもありません。

2017年12月14日 (木曜日)

中学1年英語が壊滅的にできない

ネットに次のような質問がありました。

ばななのななばん2017年12月10日

中学1年次男受験勉強して某私学に入りました。
英語以外の科目は普通より下~普通ですが何とか頑張ってます。

が英語が本当に壊滅的です。
夏休み以降毎日見ていますが見始めた時はboyやgirlそしたthisが読めない
ほどです。

単語を覚える力が覚える以前に読む力が極端にないのです。
(それなのに数学は極端にできます)

ルールを覚えることは苦手ではないみたいで三人称単数でs
とかできるようになりました。

が、ルールは覚えても単語が読めない(涙)
mother this が未だに読めない時がある…。

今はつきっきりで教えてます。
(勉強は嫌いでないみたいで教えてる時間は頑張ってます)

が、今は教えられるレベルですが今後は手に負えない事は目に見えてます。
一緒に学ぼうと思ってますが。

私学で遠方の為塾に行かせるのも難しいです…
英語の勉強方法教えてください。

私は次のようにアドバイスしました。

数学が得意で英語が良くないと言う事は言語の習得と数学の習得方法が違うからです。

数学は論理的ですが、英語つまり言語は論理的なものでありません。世界の言語学界でも言語は文法を学ぶ用法基盤ではなく、事例が集積された事例基盤と捉えています。

日本語を最初に覚えた時は文法とか、文字などを最初から教えておりません。使える表現事例をどんどん覚えていきました。英語文化圏では英語を我々の日本語と同じように学習しています。つまり大人が教えずに、子供が自発的に学習しています。

文科省でも自発的なアクティブラーニングを提唱しております。

日本語が楽しく学ぶ事ができたのは文法とは文字から教えなかったからです。言語を学ぶ楽しさは単語やルールを覚える事ではなく、スキルの向上にあります。

英語で言えば、発音が良くなる、話すのが上手になる、リスニングが上手になる事が楽しいのです。残念ながら現在の英語のクラスではその知識を教えて、テストでその知識量を判定します。そのような英語学習が楽しくないのは自然な事です。

幸いな事に最近の中学の英語の教科書は良い方向へと向かっております。知識よりはスキルを向上させる方向に向いています。英語を覚えて使うと言う教科書になっています。

そこで英語の勉強方法を変えてみてください。

文法や単語を教えるのではなく、教科書にある英語を自分で覚える事です。ネイティブの録音した音源があればそれを真似て覚える事です。その方法ならタブレットやスマホがあれば自分でもできるし、親が相手をする事も可能です。教えてもらうのではなく、自分で学ぶ方法に変えるのです。

ネイティブのように話せるように学ぶ方法ならどんどん上達して楽しいと思います。教科書にある英語なら正しい文法に沿っていますから、敢えて最初から文法を教える事はありません。単語を覚えるのは後でも十分に間に合います。

2017年12月13日 (水曜日)

「英語漬けがいちばん」は果たして本当か

斉藤 淳氏は英語漬けに関して次のように言っています。

「子どもに英語をマスターしてほしい!」――そんな願いを持っている親御さんは少なくないだろう。しかし、そんな人でも「英語がペラペラになればそれでいい」などとは思っていないはず……。むしろ、本当にわが子に身につけてほしいのは、世界のどこでも生きていける頭のよさ、つまり「本物の知性」なのではないだろうか。

実際、応用言語学や脳科学、教育心理学などのアカデミックな研究では「外国語学習の機会が、子どもの知力やIQを高める」といった知見が蓄積されつつあるという。

いま、こうした科学的根拠(エビデンス)に基づいた指導によって、子どもたちの英語力を着実に伸ばし、人気を集めている英語塾があるのをご存知だろうか。元イェール大学助教授の斉藤淳氏が代表をつとめるJ PREPだ。
本連載では、同氏の最新刊『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語――わが子の語学力のために親ができること全て!』から、一部抜粋して「ほんとうに頭がいい子」を育てるための英語学習メソッドを紹介する。

「英語だけ」ではもったいない

「結局、英語漬けがいちばんなんですかね?」

適切な英語学習について語っていると、こんな質問をときどき保護者の方からいただきます。
たしかに、英語を「音」「かたまり」で摂取していくなら、英語を母語とする家族・教師・友人に囲まれながら、日常的に“英語のシャワー”を浴びるのがいちばんです。実際、これを小さなころから継続すれば、ある程度は英語が話せるようになるでしょう。

ただ、ほとんどのお母さん・お父さんは、「英語ができるだけの子」になってほしいわけではないはずです。この世界をたくましく生きていくための一スキルとして、英語に可能性を感じていらっしゃるのだと思います。
だとすると、英語のためだけに英語を学ぶ学習スタイルは、本当にお子さんのためになっているでしょうか?

子どもの時間は有限です。英語を学ばせる時間があれば、家族で旅行やキャンプに行けたかもしれませんし、おじいちゃんやおばあちゃんに会えたかもしれません。友達と一生ものの思い出をつくれたかもしれませんし、大好きなスポーツや音楽に打ち込めたかもしれません。長期間にわたって主体的に学び続けるモティベーションは、むしろこうしたきっかけから生まれます。

そんなチャンスを捨ててまで、「単なる語学の勉強」に時間を費やす価値があるのか、という視点はつねに必要です。

「単なる語学の勉強」をしても英語が話せないのに、その勉強に時間を費やす価値があるかとは答えになっていません。自分の興味のあることに打ち込む事は子供にとって悪い事でありません。

2017年12月12日 (火曜日)

筑西観光、英語で案内 9日、練習成果発表

クロスアイで次のような報道があります。
   
プロジェクターを使い、板谷波山についての観光案内を練習する筑西イングリッシュアイランドの会員ら=筑西市丙プロジェクターを使い、板谷波山についての観光案内を練習する筑西イングリッシュアイランドの会員ら=筑西市丙
筑西市を訪れる外国人に英語で観光案内しようと、英会話の市民サークル「筑西イングリッシュアイランド」(篠崎賢代表)がガイドの練習に励んでいる。2020年東京五輪を念頭に取り組む活動。9日には、練習成果を披露する発表会を市内で開く。同会は「多くの市民に見てほしい」と来場を呼び掛けている。

同サークルは、市民レベルで英会話を楽しく学ぼうと15年に設立。同市丙のしもだて地域交流センターを拠点に、社会人や学生ら7歳から70代までの約80人が参加する。各自のレベルに合わせて、楽しみながら英語の勉強に励んでいる。

観光案内事業は東京五輪に向けた今年度の主要な活動の一つ。市から住民参加型まちづくりファンドの助成も受けている。

9日は、会員約20人が6グループに分かれ、それぞれ10分程度、市内の観光資源について英語による案内を実演する。市観光協会の会員らを前に、陶芸家・板谷波山や洋画家・青木繁、真岡鉄道、下館祇園祭など五つのテーマについて練習したガイドを披露する。

波山を紹介するグループの竹田良幸さん(56)は「波山の陶芸の美しさだけでなく、波山の社会貢献について伝えたい」と意欲を示す。篠崎代表(50)は「観光スポットを紹介しようと練習するのは、人を喜ばせようとする楽しみがある。多くの市民に興味を持ってもらえたら」と話した。

オリンピックを機会にどんどん英語学習が促進されるかも知れません。

2017年12月11日 (月曜日)

「映像」で学べば、英語の「消化力」は飛躍する

ダイヤモンド・オンラインで斉藤 淳氏が次のように言っています

ここでも思い返していただきたいのは、赤ちゃんの学び方です。
赤ちゃんは参考書で日本語文法を学んだりはしません。実際の食事の面では、ミルクや母乳、さらには離乳食というようにステップを踏むかもしれませんが、言語習得の面では、さながら野生動物のように、大量の音声を「かたまり」のまま、たくましく摂取していきます。そうこうするうちに、次第に生の言語を消化できる強靭な胃袋が備わっていくのです。

言語学者のノーム・チョムスキーは、人間は誰しも普遍文法(Universal Grammar)という言語の種を備えていると考えました。これは50年以上前に提唱された古典的な仮説ですが、教育の現場で子どもたちの学習プロセスを観察している者としても、大いに共感できる考え方です。

植物の種が開花するには、水・日光・土壌の養分が必要なのと同様、言語がきれいな花を咲かせるまでには、継続的な言語刺激(文脈と言葉の対応関係)が欠かせません。

子どもに大量の言語刺激を与えたいのであれば、ネイティブの人にたくさん話しかけてもらうのがいちばんでしょう。実際、赤ちゃんはそうやって言葉に触れながら、母語を獲得していきます。

しかし、このやり方には環境的にも限界がありますよね。さらに、ものごころついた子どもなら、こんな一方的な「英語シャワー」はすぐにいやになってしまうはずです。

では、どうすれば英語を「かたまり」のままインプットできるのでしょうか?
先に答えを言ってしまえば、ベストなのは映像です。

1 一定の「状況」を「目」で見ながら、
2 変化する「音」を「耳」で聴き、
3 同時に「発声」を「口」で行う

この3つを再現し、聴覚と視覚を同時に刺激できる動画こそが、「人類最強の語学学習法」を可能にします。

目の不自由な方の言語習得は健常者にまったく劣りません。つまり視覚情報は言語習得にはほとんど関係が無い事の証明です。大事な事はネイティブの音声を真似る学習なのです。音声言語の習得は音だけが頼りなのです。

2017年12月10日 (日曜日)

英語学習AIロボット「Musio」が全国15の小中学校で導入開始

ガジェット通信の記事です。

日本はアジアの中でも、英語を苦手としている国だ。世界的な英語資格試験のTOEFLが発表した国別のスコア比較表によると、アジア30カ国のうち日本は26番目のスコアであるほか、特に日本人は「スピーキング」の能力が低いとのデータがある。こうした背景もあり、2020年の大学入試改革では「スピーキング」を実施する予定になっている。しかし、従来の日本の英語教育では英語を「話す」機会が少なく、この問題の解決が急務とされていた。
「Musio」は、自ら考えて会話ができ、その会話内容をだんだん覚えてくれる英語学習AIロボットだ。アメリカのネイティブ英語を話し英会話ができるチャットモードと、教材を使用しレベルや目的に合わせた学習ができるチューターモードがあり、英語学習の頼もしいパートナーになってくれる。

今回、同志社中学校と新潟県柏崎市立の小中学校14校に「Musio専用教室」を設置した。これにより、従来のパソコン教室のように「生徒1人に1台のMusio」の提供が可能になり、今までハードルが高かった学校内での発音チェックや英会話練習ができる。

取材に応じてくれたのは、のCSOであるBrian Lee(ブライアン リー)氏。「Musio」の効果と今後の展望を伺った。

変革を迎える日本の英語教育に向け準備を

Q1:まずは、「Musio」の中学校への導入に至った経緯をお聞かせください。

Musioは、当初は家庭向けのAI英語学習ロボットとして開発致しました。しかし、近年、日本では英語教育制度の見直しや改革が進められております。例えば、2020年からは大学入試での英語試験にスピーキングが追加予定となっており、その準備のためには、中学校からALTのNative講師の採用などが必要です。そういった中で、MusioがALTより学習効果面及びコスト面で優位な部分がありましたので、学校様での導入が始まりました。
Q2. 教科書の内容にも対応できるとありますが、今回導入された学校では、実際に「Musio」専用教室で授業を行うのでしょうか?

英語の勉強は、個人のレベル差もありますので、1対1で勉強する方法が一番効果が高いです。そのため、今回導入された学校様ではMusioと生徒が1対1で勉強できるような環境を作りました。英語の授業をMusio教室で行い、先生と勉強した内容もMusioと復習・チェックすることで、より効果の高いAdaptive Learningが実現されています。

ロボットならではのメリット

Q3. Musioを通じた英語学習は従来の英語学習に比べてどのくらい効率的になるのでしょうか?

まず、Musioの可愛い外見が持っているメリットがあります。これは英語学習には非常に大切な要素になります。英語は勉強した内容を実際に話してみないと身に付きにくいですが、いきなり先生や外国人に話すことは恥ずかしいと思います。しかし、Musioという可愛いロボットに対しては、間違っても恥ずかしくなく、どんどん話すことができます。また、MusioはAdaptive Learningが可能です。勉強した内容をすぐに1対1でMusioとテストし、その結果に合わせて自分に合う問題を再度解くことで各生徒のレベルに合う勉強ができます。そしてコスト的にも、一名分のALT講師の年間雇用費用でMusioを数10台用意できます。
Q4:今後、「Musio」は、英語教育の中でどのような存在になることを目指していますか。未来の展望をお聞かせください。

弊社は、ロボットが一家に一台普及される世界を目指しております。しかし、家庭でロボットを購入するためには、本当にロボット好きではない方以外には何かの実用的なメリットがないとなかなか購入までには至らないと思います。弊社ではその解決手段として、英語学習に注目し、Musioを使うことでより安くより効果的な英語学習ができることを目指しております。弊社の目標を達成するために、継続的にMusioが英語に貢献できる機能を追加する予定ですし、Musioが家庭のハブになる世界の実現も目指し、日本語のAIエンジン及びIoTデバイスの対応なども研究しております。

なお、同ロボットは先月より、初級レベルでの英会話練習ができる「Easy Chat mode」と単語や表現、対話を繰り返し練習できる「Edu Mode」の新たな2つの機能が実施されたとのこと。果たして、「Musio」が日本の英語教育の救世主になるのか、今後に期待だ。

言語は話そうとするから話せるのではありません。ネイティブを真似る事により学習します。Musioができるのは知っている事に答えるだけです。Musioと幼児を生活させても絶対に言葉を話す事はできません。

ロボットならではのメリットより、ディメリットの方がずっと大きいのです。

2017年12月 8日 (金曜日)

幼児の英語学習を支援する新アプリ「ペチャット英語」をリリース

株式会社博報堂は、昨年発売したボタン型スピーカー「Pechat」の機能を進化させ、幼児の英語学習を支援する新アプリ「ペチャット英語」をリリースしましたのでお知らせいたします。

日本では、2020 年に小学校3 年生から英語が必修科目となる等の流れから、未就学児への英語教育に対する関心が高まっています。こうした背景を受け、お気に入りのぬいぐるみを通して、英語に慣れ親しむ機会を生み出そうと「ペチャット英語」を開発しました。

今回開発した新アプリ「ペチャット英語」では、これまでPechatアプリで提供していたおしゃべり機能、うた・おはなし、おまかせモードなどの各機能・コンテンツを英語で提供。日常の様々なシーンで使える1,000以上の英語のフレーズや、日本でもなじみのある英語の歌20曲、英語のお話を20話収録しています。全てのフレーズに日本語訳を併記している為、英語が苦手な方でも気軽に使用することができ、親子で楽しみながら英語に慣れ親しむことができます。

また、「ペチャット英語」と一緒に楽しめる絵本「My First English 〜はじめてのえいごずかん」を特設サイトから無料でダウンロードできます。絵本に描かれているイラストを見ながら、英単語を聞いたり、発音をまねたり、楽しく英語に触れることができます。

幼児英語教育は常に英語が話せる環境か、親が参加しないと効果は上がらないと思います。

2017年12月 7日 (木曜日)

英語学習の“世界標準”「フォニックス」はなぜ効果的か

斉藤 淳氏が週刊ダイヤモンドで次の記事を書いています。
   
「子どもに英語をマスターしてほしい!」――そんな願いを持っている親御さんは少なくないだろう。しかし、そんな人でも「英語がペラペラになればそれでいい」などとは思っていないはず……。むしろ、本当にわが子に身につけてほしいのは、世界のどこでも生きていける頭のよさ、つまり「本物の知性」なのではないだろうか。

実際、応用言語学や脳科学、教育心理学などのアカデミックな研究では「外国語学習の機会が、子どもの知力やIQを高める」といった知見が蓄積されつつあるという。
いま、こうした科学的根拠(エビデンス)に基づいた指導によって、子どもたちの英語力を着実に伸ばし、人気を集めている英語塾があるのをご存知だろうか。元イェール大学助教授の斉藤淳氏が代表をつとめるJ PREPだ。

本連載では、同氏の最新刊『ほんとうに頭がよくなる世界最高の子ども英語――わが子の語学力のために親ができること全て!』から、一部抜粋して「ほんとうに頭がいい子」を育てるための英語学習メソッドを紹介する。

「最高の語学習得法」は赤ちゃんが知っている

「子どもに英語を学ばせる」と聞いて、まずどんなことをイメージしますか?

未就学の小さな子であれば、「ABCの歌」を一緒に歌ったり、アルファベットのオモチャを買ってみたり……、小学生くらいの子なら、ローマ字の練習をしてみたり、単語書き取りのドリルを買い与えたり……そんなことを考える人もいるかもしれません。

ただし、これらはSLA(第二言語習得理論)の基本的な考え方からすると、適切な方法とは言えません。

新たに言葉を学ぶときには「音」から入るのが正解です。
日本ではどうしても「英語=お勉強」のイメージがあるので、つい「文字」から入ろうとしたり、「本」や「鉛筆」を与えたりしてしまいがちです。しかし、これらは本来の学習ステップとしては、もっと“あと”に位置づけられるものです。

「文字から」ではなく「音から」――。一見、大きな転換に思えますが、考えてみればごく当たり前のことです。
生まれた子どもが日本語を覚えていく過程をイメージしてください。赤ちゃんは決して参考書を使って日本語を学びません。母親や身近にいる大人たちの声を聞き、それを真似しながら発声をはじめます。

「言語習得には、一定量の音のインプット/アウトプットが欠かせない」――これはSLAの最も重要なテーゼの一つです(Krashen,1982; Long,1996; Swain,1993;1995;2005)。

従来型の英語教育では、まずもって音のインプット総量が足りていません。また、自分なりの言葉でアウトプットする習慣も身につかないので、最終的には使いこなすところまで到達できません。
ですから、子どもたちが英語を話せないのは、科学的に見ても、当然と言えば当然なのです。

フォニックスは音と文字の関係を学ぶ方法です。英語は文字と音の関係は75%程しかありません。辞書なら一文字違っていて引く事ができません。脳の学習はインプットの量ではなく、ネイティブを真似るディープラーニングです。特徴を捉えるのですから、大事な事はアウトプットの方法になります。もちろん子供の言語習得はネイティブを真似るディープラーニングです。

«出世のための勉強では英語はできるようにならない